玄「咲ちゃん、みかん食べる?」

2 : ◆.4Vb7WGlxQ 2017/09/10(日) 21:07:48.22 ID:2xsIsNWg0




~よこどり~



咲「……」ペラ


玄「食べない??」


咲「……」

咲「……」ア-ン


玄「それは食べるってことだね。ていうか、食べさせてって事?」


玄「もー、ダメだよ咲ちゃん!ちゃんと自分で食べなきゃっ」





続きを読む
[ 2017/09/12 17:00 ] 咲-saki-SS | コメント(2)
タグ : 咲×玄

憧「勝ち続けてる宥姉から運を分けてもらおうと思って…あと胸も」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/19(火) 01:28:18.46 ID:31TSN0Id0



宥「良いけど…私ので良ければ」

憧「ありがと…。良し!宥姉もあったまったし、私もあったまった!」

憧「でもやっぱごめんね。いきなり抱き着いて…」

宥「ううん。玄ちゃんとも良く抱き着いたり抱き着かれたりするし…」

宥「さっきも白糸台の人に通路ですれ違った時、何故か抱き着かれちゃった」

憧「うーむ…宥姉の包容力はとどまるところを知らないわね…」

憧「さて…それじゃ、行ってくる!」

宥「頑張ってね」


-翌日-


憧「ふあぁ…。もう朝かぁ…」

憧「今日は和の高校の試合か…。ちゃんと勝ち上がってくるんでしょうね、和…」

憧「まぁ良いや、とりあえず顔洗って…」

憧「ん?何か服がきついんだけど…やば…。太ったかな…。ボタン外してっと…」


ぷるんっ


憧「!?」




続きを読む
[ 2015/05/19 21:30 ] 咲-saki-SS | コメント(1)
タグ : 穏乃

穏乃「マッサージチェア欲しいなあ…」

1 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/14(火) 14:37:32.79 ID:+ug2QLag0




穏乃「麻雀してると肩こるなー。マッサージチェアが欲しい!」

憧「!」

憧「じ、じゃあシズ、私がマッサージチェアになったげよっか?」

穏乃「? 何言ってんだよ憧」

憧「だから!あたしがマッサージチェアになってあげるって言ってんの。ほら座って」

穏乃「え?憧の膝?別にいいけど…」ポスン

憧「じゃ、いくよシズ」モミモミ

穏乃「ちょ!くすぐたいって憧!」





続きを読む
[ 2014/01/26 00:00 ] 咲-saki-SS | コメント(9)
タグ : 穏乃 晴絵 健夜 えり

玄「灼ちゃんは私に謝らなきゃいけないよね?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 00:13:25.44 ID:ZrHVAGWyO


灼「は?意味が分からな…」

玄「灼ちゃんは私にひどい事したよね?」

灼「私何かした?」

玄「…灼ちゃんそんなに私を怒らせたいんだね…」

玄「しょうがないからヒントをあげるよ」

灼(いったいなんなんだろ?)





続きを読む
[ 2013/12/31 17:30 ] 咲-saki-SS | コメント(8)
タグ : 玄×灼

照「せいこー!!私のせいこー!!」誠子「はいはい」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 18:33:08.78 ID:owmB0CSd0


白糸台高校 麻雀部部室


菫「…」ズーン

淡「スミレなんか元気ないねー」ヒソヒソ

誠子「最近阿知賀の松実宥さんから連絡なくて落ち込んでるらしい」ヒソヒソ

尭深「…」ズズ

菫「うう、宥…」

誠子「弘世先輩、きっと今はいろいろ忙しいだけですよ」

菫「そ、そうかな…」

淡「てか自分から連絡したらいいじゃん、へたれ」ボソッ

菫「…大星なにか言ったか?」

淡「いえ別に」

ガチャ

照「せいこー!!私のせいこー!!」バーン





続きを読む

玄「お姉ちゃんと喧嘩した」ズーン

1 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/04(水) 00:06:01.63 ID:ZbaCXQXD0


朝 阿知賀女子学院2年教室



ガラッ

モブ「おはよー」


灼「おはよ・・。」


モブ「今日はゆっくりだねー」


灼「うん、朝練なかったから・・」


モブ「あ、だから玄ちゃんもまだなのかー」


玄「・・・」ガラッ


ア、クロチャンオハヨー





続きを読む
[ 2013/09/15 00:00 ] 咲-saki-SS | コメント(2)
タグ : 玄×宥

穏乃「胸大きくしたい!」和「はあ……?」

1 : ◆P43x9CVJ02 2013/09/08(日) 20:13:04.29 ID:0wSYjxf/o


和「久しぶりに会いに来た友人にかける言葉がそれですか……」

穏乃「久しぶりってインハイで会ったじゃん!」

和「それはそうですけど、奈良に来たのは久しぶりじゃないですか。もっとこう昔を懐かしむような……」

穏乃「そんなことより、どうやったらそんなに胸大きく出来るの!?」

和「そんなことって……特に気にしたことはありませんよ。自然にこうなっていたんです」

穏乃「嘘だ! 絶対なんか秘密があるはず!」

和「ありませんってば」

穏乃「い~や! 小学生の頃からあんなに大きくなるなんておかしい! 和は普段の生活で何か胸を大きくするようなことをしてるんだよ!」

和「胸を大きくするようなこと?」

穏乃「……もしかして毎日自分で揉んでたり――」

和「してません!」

穏乃「だよね~、効果ないもんね」

和「いえ、適切にやれば大きくなると何かで見ましたけど……というか穏乃、その言い方だともしかして……」

穏乃「う、うるさいな! 私は必死なの!」





続きを読む
[ 2013/09/12 17:30 ] 咲-saki-SS | コメント(6)
タグ : 穏乃×玄 穏乃

シロ「潜り込む宮守SS」

1 : ◆Xk..svTef9j1 2013/07/22(月) 16:40:19.05 ID:2YO//sjqo


宮守短編一本投下



2 : ◆Xk..svTef9j1 2013/07/22(月) 16:42:18.71 ID:2YO//sjqo


 私はダルかった。

 生まれてこの方、ダルくなかったことなんてなかった。

 倦怠感に支配され続け、常に重い体を引きずって生きてきた。


 幼稚園の頃も、小学生の頃も、中学生の頃も。


 きっとこの先も変わらず、ダルいまま生きていくのだと思う。


 そんな確信を抱くほど、私はいつもいつでもダルかった。


 ダルいのがデフォルト。

 ダルくない時なんて、ほぼ無いといっていい。

 歩くのがダルい。

 喋るのがダルい。

 生きるのがダル――――


 …………。


 生きるのがダルいは、ちょっと大袈裟かな……。

 言い過ぎかも。





続きを読む

玄「小さいおもちも良いよね」咲「えっ」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/21(日) 12:06:21.17 ID:SEwdKzj+0


阿智賀女子控え室


玄「ちょっと飲み物買って来るね」

憧「あ、私にもお願い」

灼「私もお茶買ってきてほし…」

玄「おまかせあれ!」





続きを読む
[ 2013/07/26 17:30 ] 咲-saki-SS | コメント(7)
タグ : 玄×咲

宥「実家に帰らせて頂きます!」 菫「勝手にしろ!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/24(水) 23:19:22.76 ID:PDl2N6CO0


ピンポーン

ガチャリ

菫「はい……ってなんだ。照か」

照「こんばんわー。夕飯ご馳走になりにきました」

菫「全くお前は……ウチはお前専用の配給所じゃないんだぞ」

照「まあまあいいじゃない」

照「たまには暑いときに熱い物を食べたくなったから、宥さんのあったか料理を頂きにきました」

菫「残念だが、今日はご期待には添えないな」

照「え?」

菫「とりあえずあがれ」

照「お邪魔しまーす」





続きを読む
[ 2013/07/25 12:00 ] 咲-saki-SS | コメント(14)
タグ : 菫×宥
Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ