fc2ブログ









【咲-Saki-】美穂子「最近久が冷たい」

1 : ◆jBL8Qe1.Ns 2014/11/13(木) 09:17:03.15 ID:4UAss+Qb0



美穂子「どうしてだと思いますか?」

ゆみ「さあ?私には見当もつかないな」

美穂子「先日の私の誕生日前後から、急に冷たくなったんです」

ゆみ「きっかけがあるのか。具体的にどう冷たいんだ?話しかけても無視されるとかか?」

美穂子「そういうわけではないのですが…」

ゆみ「ふむ、単純な話ではなさそうだな。長くなるだろうから、注文を済ませてしまおうか」

美穂子「では、私はメロンソーダを」

ゆみ「私はコーヒーと日替わりパフェを」

美穂子「店員さんを呼ぶにはこれを押せば良いのでしょうか?」

ゆみ「ああ、私が押そう」ポチッ


ピコーン


店員「はーい、ご注文伺いまーす」


ゆみ「メロンソーダとホットコーヒー、それから日替わりパフェ」

店員「はい、メロンソーダとホットコーヒー、日替わりパフェですね。承りました」


ヒガワリヒトツデース リョーカーイ


ゆみ「で、美穂子の誕生日以来、久が冷たいんだったか?何があったか話してもらえるか」

美穂子「そうですね…まず…」





続きを読む
スポンサーサイト



[ 2014/11/13 21:30 ] 咲-saki-SS | コメント(0)
タグ : 部キャプ 美穂子

美穂子「これから、第15回ヘタレな恋人をどうにかしようの会を始めます」

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/21(月) 17:54:24.45 ID:CcotdFHZ0


美穂子「みなさん、本日も遠方から集まっていただき、感謝しております。司会を務めさせていただく風越女子の福路美穂子です。よろしくお願いいたします」

宥「阿知賀女子の松実宥です。よろしくお願いします」ペコリ

怜「千里山の園城寺怜です、よろしゅうな」

咲「清澄高校の宮永咲です。よろしくお願いします」ペッコリン

モモ「鶴賀学院東横っす。よろしくっす」

美穂子「全員揃ってますね」

怜「相変わらずすごいメンツやなぁ」

宥「もう15回目なんだね~」

咲「みなさんとお話するのはとても楽しいですけどね」

モモ「私も同じ境遇の人がこんなにたくさんいるって思うと支えになるっすよ」

美穂子「こうして誰も欠けることがなく集まれたのはみなさんの協力のおかげです。あ、飲み物は松実さん以外はアイスティーでよろしいかしら?松実さんには温かいものを持ってくるわ」

怜「おおきに」

宥「ごめんなさい、ありがとう」

咲「あ、手伝います」

モモ「私も手伝うっすよ」

美穂子「ありがとう。だけど大丈夫よ、座ってて?」

咲「すみません……」

モモ「申し訳ないっす」





続きを読む
[ 2014/04/27 21:30 ] 咲-saki-SS | コメント(6)
タグ : 美穂子 桃子

久「ねぇ、美穂子」

1 : ◆kki2TKFLsM 2014/03/29(土) 23:22:00.52 ID:mce5fjNLo


美穂子「はい、なんでしょう」

久「それ、ロンだわ」

美穂子「……あら」

――――――――――

・オムニバス形式で咲SS
・基本百合
・部キャプ以外も書く予定
・溜めなし
・落ち無し
・考えなし
・才能なし
・のんびり
・リハビリ
・現実逃避



2 : ◆kki2TKFLsM 2014/03/29(土) 23:41:15.66 ID:mce5fjNLo


久「ねぇ、美穂子」

美穂子「はい、なんでしょう」

久「最近暖かいと思わない?」

美穂子「……そうですね」
    「連日の暖かさで東京都心ではすでに桜が開花しているみたい」

久「結構速いように思えるけど、実は去年より9日くらい遅いのよね、開花宣言」
 「平年よりは早いけれど」

美穂子「長野ではいつごろ咲きますかね」

久「……ちょっと調べてみようかしら」

久「……」

久「飯田市が4月1日で一番早いみたいね」

美穂子「4月1日ですか」

久「うん……だからこの辺りはもう少し遅いかもね」
 「あっ、そうだわ」

久「桜がいい感じに咲いたらお花見に行きましょうか」

美穂子「えっ!?」

久「みんなで」
 「鶴賀や、龍門渕の人たちも誘ってね」

美穂子「……ですよね」

久「ん? どうかした?」





続きを読む
[ 2014/04/13 17:30 ] 咲-saki-SS | コメント(4)
タグ : 部キャプ 美穂子

美穂子「上埜さんと付き合いたいです」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/21(金) 23:04:19.55 ID:hH3RRkeN0


美穂子「(インハイの団体戦が終わりました)」

美穂子「(宮永さんも無事にお姉さんと和解することができました)」

美穂子「(ただ、和解した後お姉さん、そして大星さんも清澄の控室に来るようになり――)」

淡「テルー、ここに入り浸らないで戻ってお菓子食べよーよー」スリスリ

照「咲が長野に戻るまではできるだけ一緒にいてあげたい」

咲「淡ちゃんは学校で一緒なんだからちょっとは我慢してよ!」

華菜「わー他校の控室でギャーギャー騒ぐな!迷惑なんだし!」

美穂子「(今まで以上に騒がしくなってしまいました)」





続きを読む
[ 2014/02/22 21:30 ] 咲-saki-SS | コメント(4)
タグ : 部キャプ 美穂子

美穂子「―――さようなら、久」 久「…そっ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28(木) 00:45:58.00 ID:3Bu/A7rH0


美穂子(中学3年の大会であなたと出会い)

美穂子(高校3年の大会であなたと再会した)

美穂子(それから決して多くはないでも確かな日々を2人で過ごして)

美穂子(今ではもうあなたがいない毎日なんて考えられないほどで)

美穂子(それはきっとこの先もずっと変わらず)

美穂子(もう二度と、例え何百回生まれ変わっても、あなたのような人には会えないと思う)

美穂子(本当に、本当に大好きです、今でも、心から。だから…)

美穂子「―――さようなら、久」

久「…そっ」

ゆみ「………すまんな、福路」





続きを読む
[ 2013/11/28 21:30 ] 咲-saki-SS | コメント(12)
タグ : 美穂子 ゆみ

美穂子「あら、お弁当の材料が一人分足りないわ……」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 17:44:17.76 ID:lJkxnVPX0


美穂子「しょうがないわね、華菜達の分を減らすなんて出来ないし私は我慢しましょう」

久「……」ジー

久(美穂子は相変わらずいい子ねぇ……部員のために自分が我慢するなんて)

久「……よし、いい事思いついたわ!」

華菜「キャプテンの家の前で何やってるんだし、あの人……」





続きを読む
[ 2013/10/09 17:30 ] 咲-saki-SS | コメント(8)
タグ : 部キャプ 美穂子

咲「洋菓子店リッツ」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 22:06:22.22 ID:UBif9s5t0


咲「ありがとうございましたー」

咲「ふう…」

美穂子「お疲れ様。はい、お茶」コトッ

咲「ありがとうございます。材料はまだありますか?」

美穂子「大丈夫だとは思うけど、一応補充した方がいいかも」

咲「クリスマスですからね。足りなかったら明日の分を使って、夜までに予備を仕入れておきます」

美穂子「そう、お願いね」

咲「ケーキやお菓子作りは美穂子さんの方が多くやってるから、こっちは任せて下さい」

美穂子「あら、そうだったかしら」

池田「にゃー……」カランカラン

咲 美穂子「「いらっしゃいませ」」

池田「キャプテン!」

美穂子「あら、華菜」

咲「池田さん、これですよね?出来てますよ」

池田「おお、よくやったし!」





続きを読む
[ 2013/09/10 07:00 ] 咲-saki-SS | コメント(4)
タグ : 咲×美穂子 美穂子

美穂子「上埜さんとお留守番」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/01(木) 21:32:40.71 ID:EviwrP2d0


池田家

華菜「……城菜、本当にいいの?」

城菜「うん!」

星夏「私たちが残った方がいいんじゃ……」

純代「」ウン

華菜「そうそう。緋菜も菜沙も一緒にお出かけだよ?」

城菜「だいじょぶ。わたしはおうちでみほこおねえちゃんとあそぶ」ピース

華菜「まぁ、夕飯までには帰るけど……」

城菜「いてらっしゃい!」

華菜「……すいませんキャプテン。悪いですけど、城菜をお願いします」

美穂子「ええ。任せて」ニッコリ

華菜「ありがとうございます。それじゃ行ってきます。城菜、また後でね」

城菜「はーい!」

美穂子「いってらっしゃい」





続きを読む
[ 2013/08/02 00:00 ] 咲-saki-SS | コメント(4)
タグ : 部キャプ 美穂子

ゆみ「美穂子の恋愛相談」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15(金) 21:43:59.57 ID:kOooG2Ae0


<ファミレス>

美穂子「今日は呼び出してしまってごめんなさい」

ゆみ「謝る必要なんてないさ。福路と二人で会うのは新鮮だから個人的には楽しみにしていたよ」

美穂子「ありがとうございます。あの……呼び出したのには理由がありまして」

ゆみ「ふむ」

美穂子「……実は相談があるんです」

ゆみ「相談……久の事か?」

美穂子「っ!?ど、どうして分かるんですか!?」

ゆみ「驚く事ではないよ。福路が悩む事といったら久が第一候補だろう?」クス

美穂子「でも、加治木さんとは上埜さんについて話した事ありませんけど…」

ゆみ「自覚ないのか?いつも久に熱い視線を送っているじゃないか。どう見ても恋する乙女だ。皆気付いているさ」

美穂子「っ///」

ゆみ「それなのに何故当人である久が気付かないのか不思議でしょうがない……ま、あいつの場合は人から好かれたり尊敬されるのに慣れているからかもしれんが」

美穂子「え?どういう事ですか?」





続きを読む
[ 2013/03/16 12:00 ] 咲-saki-SS | コメント(5)
タグ : 部キャプ 美穂子 ゆみ

久「私たちもう別れましょ」 美穂子「…え?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02(土) 02:17:35.61 ID:NQuFsC2F0


美穂子「冗談…ですよね?」

久「いえ、本気よ?」

美穂子「なんでですか!?悪いところがあれば直します!言ってください!!」

久「はぁ~。あのね、私はあなたのそういうところが嫌なの」

久「正直もうこっちも限界なのよ。ここまで言われれば幾らあなたでも分かるでしょ?」

美穂子「嫌です!私は絶対に別れません!!」

久「………」

久(私だって本当は別れたくなんかないわよ…。)

久「…さよなら、美穂子」

美穂子「待って!!上埜さ……」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





続きを読む
[ 2013/03/02 19:30 ] 咲-saki-SS | コメント(15)
タグ : 美穂子 ゆみ 華菜
Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ