fc2ブログ









塞「胡桃は全然分かってない!」胡桃「そっちこそ!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/21(金) 21:14:27.69 ID:svRhr8lY0


塞「照×咲でしょっ!」

胡桃「咲×照!」

塞「照咲!」

胡桃「咲照!」

塞「てる✩さき」

胡桃「さきてる!」

塞「……」グルルッ

胡桃「……」フーーッ

塞「もぉっ!胡桃はぜんっぜん分かってない!」

胡桃「分かってないのは塞のほう!」

塞胡桃「ねぇ、シロはどう思うの!?」

シロ「…え、私?」

シロ(どうしよう聞いてなかった…)ダルッ





続きを読む
スポンサーサイト



塞「みんな大変! 胡桃にバッテリー寿命がきたみたい!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/28(火) 20:15:58.98 ID:jRN8iMQW0


 ――昼 岩手>宮守女子 麻雀部室


胡桃「」

エイスリン「クルミ! オキテ!」

塞「うぅ……だからあれほどシロで充電するときは
   体のシロ成分が全部ぬけてからにしろって言ったのに!」

白望「……」

姉帯「充電しながら電力を使うと長持ちしないもんねー……
    携帯電話の電池とかとか……うぅ」

白望「……」

白望「……」

白望「え……?」





続きを読む
[ 2014/01/29 21:30 ] 咲-saki-SS | コメント(4)
タグ : 白望×胡桃 白望 胡桃

胡桃「シロと一緒に表情筋を鍛える!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/27(月) 18:55:29.54 ID:qjMw5vJf0


 ――昼 岩手>宮守女子 麻雀部室


胡桃「ねっ」

白望「いや いらない」

胡桃「めっ! 来週からインターハイなんだから!」

胡桃「全国デビューなんだよ? テレビ映りは大事なの!」

白望「もっと大事なことがあると思うけど……」





続きを読む
[ 2014/01/28 07:00 ] 咲-saki-SS | コメント(3)
タグ : 白望×胡桃 白望 胡桃

久美子「百合雑誌!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 21:56:34.76 ID:BXHwnB0s0


※咲SS

久美子「別冊WEEKLY麻雀TODAYで百合特集!」の続きです




右……西田 順子

左……久美子



2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 21:59:05.68 ID:BXHwnB0s0


<出版社>

久美子「鶴田さん、記事出来てる?」

姫子「はい!チェックお願いします!」

久美子「ふむ……この写真はまずいわね」

姫子「いかんやか」(ダメですか)

久美子「ええ。三尋木プロと針生アナのコンビは最高なんだけど、完全にキスしてるでしょ?一応そのあたりは映さないようにしないと」

姫子「そんなら……キスしてる部分に、きんいろんモザイクば入れたらどげん?」

久美子「ダメよ。余計に綾しく見えてしまうわ」

姫子「この写真……ちかっぱカレンっちゃけどな……」(すごくカレンだけどな)

久美子「もちろん私もそう思うわ。でも雑誌に掲載されることを考えるとね……悔しいでしょうけど、ここは勇まずに耐え忍ぶのよ」

姫子「あり(がとうございま)す!」

久美子「いいの。いつも仕事が早いし、鶴田さんには期待してるわ。未来は明るい、視界り陽子うね」ニコリ

姫子「はい!仕事に戻ります」

久美子「うん、よろしく」

久美子(……真面目で本当にいい子)フフッ





続きを読む

胡桃「とよねーとよねー」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/12(月) 20:54:14.16 ID:CObkRi6q0


豊音「はいお茶だよー」

胡桃「……」ゴクゴク

胡桃「!」

胡桃「ブーーー!!!」ケホッケホッ

豊音「あわわわしまったこれお茶じゃなくてそうめんのおつゆだったよー…」

豊音「ごめんなさいー」フキフキ

胡桃「とよねーとよねー」





続きを読む
[ 2013/08/13 00:00 ] 咲-saki-SS | コメント(2)
タグ : 豊音×胡桃 豊音 胡桃

シロ「潜り込む宮守SS」

1 : ◆Xk..svTef9j1 2013/07/22(月) 16:40:19.05 ID:2YO//sjqo


宮守短編一本投下



2 : ◆Xk..svTef9j1 2013/07/22(月) 16:42:18.71 ID:2YO//sjqo


 私はダルかった。

 生まれてこの方、ダルくなかったことなんてなかった。

 倦怠感に支配され続け、常に重い体を引きずって生きてきた。


 幼稚園の頃も、小学生の頃も、中学生の頃も。


 きっとこの先も変わらず、ダルいまま生きていくのだと思う。


 そんな確信を抱くほど、私はいつもいつでもダルかった。


 ダルいのがデフォルト。

 ダルくない時なんて、ほぼ無いといっていい。

 歩くのがダルい。

 喋るのがダルい。

 生きるのがダル――――


 …………。


 生きるのがダルいは、ちょっと大袈裟かな……。

 言い過ぎかも。





続きを読む

エイスリン「ミヤモリジョシコーコーマージャンブ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/02(火) 00:10:10.46 ID:Lthykd7v0


〈マッサージ〉


ガラッ


塞「あれ、まだシロだけしか来てないの?」

シロ「…ん」

塞「ん…って、ちゃんと返事くらいしなさいよ。まったく、だらしないんだから」ドサッ

シロ「…体育ダルかった…」

塞「そーいやサボろうとしてるところを捕まって、一人先生とマンツーマンだったもんねー」

シロ「ん…身体中がダルくて、喋るのも…」ダルー

塞「いや、ちゃんと喋るならちゃんと最後まで喋りなさいよ」





続きを読む

白望「朝起きたら全裸のトヨネが隣で寝てた」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/25(木) 23:27:09.95 ID:ELSg9+yD0


豊音「」スースー

白望(何でトヨネがここに・・・?昨晩は確か皆で食事して、えーと・・・?)

白望(トヨネが私の布団に入ってくる経緯が一切分からない・・・)

白望(・・・まさか無意識に襲っちゃったりしたのかなぁ)

豊音「ん・・・ふあーぁ・・・」ムクリ

白望(起きたよ!本当に犯しちゃってたらどうしよう!)

白望「お、おはよう、トヨネ」

豊音「んー、おはよー」

豊音「あれ?何でシロがいるの?」

白望「それが私にもサッパリ。・・・ところで何か着たら?」

豊音「え?・・・・・・うわぁっ!」

白望(このリアクションなら嫌われるような事はしてない・・・のか・・・?)





続きを読む

白望「楽園計画?」

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/09(土) 22:55:47.01 ID:a6hZJrEv0


チュンチュン

白望「……」

白望「……」

白望「……んっ…… 」ゴロッ

白望「……」

白望「……ぅん………あ……朝…」

白望「…起きなきゃ……ダルい…」フニュッ

白望「……」

白望「……フニュッ?」モミ








豊音「…シロってば、ちょー積極的だよー///」

白望「」





続きを読む

白望「勉強とか…ダル…」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 01:57:12.09 ID:sqlCOQks0


シロ母「ちょっと白望!何なのこの成績は!」

白望「ダル…インハイ終わったばっかりなんだからちょっとぐらいいいじゃん…」


白望(勉強する気おきないな…そうだ、胡桃と遊ぼう)ピッピッ

プルルルルルル

白望「胡桃…ヒマ…」

胡桃『シロ?悪いけど今日これから塾だから!また今度ね!』

白望「えっ…塾…?」

胡桃『もうすぐ受験なんだからシロもそろそろ本気で勉強しないと危ないよ!それじゃ!』ガチャッ

白望「あっちょっ…」ツー…ツー





続きを読む
Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ