とある女王の超電磁砲

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/06(金) 22:15:00.90 ID:BP238CV00


美琴「なによ、食蜂・・・」

食蜂「そんな睨まないでよぉ。あなたに話があって来たんだからぁ」

美琴「話ぃ?いやよ。あんたが絡むとろくなことがないからね」

食蜂「私からすると、御坂さんが絡むとろくなことないわねぇ」

美琴「・・・」

食蜂「まぁ、大事なことだからぁ」

ニヤッと笑みを深くする。




美琴「大事なことって・・・これ?」

食蜂「ごめんなさいねぇ。付き合わせちゃって」

美琴「文字通りね・・」

帽子を目深に被り、Tシャツに半ズボンといういでたちの美琴。

対する食蜂はいつも通りの制服のままだが、普段と違うのは、まるで仲良さそうに美琴と腕を組んでいるというとこか。

そんな二人は、休日にデパートにいた。

美琴「なんで、私があんたなんかと恋人のふりをしないといけないのよ・・・」

食蜂「別に、御坂さんじゃなくてもよかったんだけどねぇ。あの人とか・・」

美琴「だめよ!」

食蜂「あれぇ?今のでわかったのぉ?」

美琴「っ!んなわけないでしょ!ただ、あんたが私以外とだと、何か起きても大変だからね!」

食蜂「確かに、私の能力は御坂さんには効かないからねぇ」

美琴「でしょ!だから、今日だけ、特別にあんたに付き合ってあげるわ!」

食蜂「あらぁ。助かるわぁ」

美琴「てか、なんで私なの?あんた、側近は?」

食蜂「だって、女の子にしか見えないじゃないのぉ」

美琴「私だって、男には見えないわよ」

食蜂「・・・ぷっ」

美琴の胸を一瞥して笑う食蜂。

その意図は美琴にも伝わった。

美琴「・・・」ビリッ

食蜂「やぁねぇ。こんなところで能力なんか使わないでよぉ」

美琴「わかってるわよ・・・」

食蜂「それに、御坂さんとのデート、楽しみにしてたんだゾ☆」

ウインクする食蜂。

美琴「気持ち悪いわ・・・」

食蜂「ひどいわぁ」

美琴「あんま、くっつかないでよ」

食蜂「あらぁ?彼女にそれはないんじゃないのぉ?」

美琴「誰が彼女だ!」

食蜂「今日だけでも、付き合ってくれるんでしょぉ?」

美琴「今日だけね・・・」

食蜂「はいはい♪」





続きを読む
[ 2015/11/08 00:00 ] とあるSS | コメント(2)

「お姉さまに性的行為のお手伝いをして頂きたいと、ミサカは...」【とある 百合SS】

2 : ◆vJEPoEPHsA 2015/08/25(火) 01:17:45.00 ID:Qap4Lh7B0


いつも通りの口調で話す御坂妹。
その姿からは羞恥の匂いすら感じ取れない。
9月2日正午少し前。ここは、カエル顔をした医者の病院の近くの公園。
10秒間程だろうか、沈黙が続いた。
この時期になるとセミの声もしない、聞こえて来るのは公園の前を通る仲が良さそうな10歳くらいの姉妹の無邪気な笑い声。
御坂妹と一緒にベンチに腰掛けている美琴だが、彼女は呆気に取られた様な表情で御坂妹を見つめる。
何かの聞き間違いに違いない。
どこの何を聞き間違えてしまったのかを瞬時に探る。
そんな美琴を、覗き込む形で凝視する御坂妹。
聞き間違いようがない、美琴の顔が途端に赤くなる。

「あ、あんた、何言ってんのよ!?大体、性的行為って何よ?」

気付いていた時には自分も妹と一緒になり「性的行為」という言葉を使って反論していた。

「性的行為とはいえ、お姉さまの興味のあるお方と、と言う訳ではありません。」

御坂妹の少し弱気な口調からは、諦めが見受けられる。
そんな口調から一転し、御坂妹は、

「ミサカはお姉さまに自慰のお手伝いをして頂きたいのです、とミサカはミサカの要望を簡潔に言います。」

とはっきりと滑舌良く言った。
刺激の強い「自慰」以上に、美琴にとっては気になる言葉。
「お姉さまの興味のあるお方…」。
ほんの一瞬、あいつとの記憶が蘇った。

「な、な、何よ?別に私はアイツが好きとかいうことじゃなくて、ただお世話になったなあみたいな…」

と、最初こそ威勢が良かった声は徐々にデクレッシェンドする。
まるで、お母さんに怒られて言い訳をする小さな子供の様だ。

「ミサカとお姉さまは基本的に同一素体です、彼との経験はミサカとお姉さまで共通している部分も多いはずです、以上、2つの理由からミサカだけが彼に興味を抱くとは考え難いはずなのですが…?、とミサカは形式的にですが疑問を投げ掛けてみます。」

御坂妹のきゅっと引き締まった口元は彼女の自信を表している様にも見える。
お姉さまの考えている事はお見通しだとでも言うのだろうか。

美琴の頭の中はぐちゃぐちゃだ。
当麻、彼は自分にとって何なのだろうか。
ただのパワフルな友達に過ぎない。
そうだ、そう伝えればいいんだ。
ただ、口から言葉が出てこない。
頭ではそう思っているのに、息は出ている。
ただ最後の最後で、唇の筋肉がそれを許さない。

「も、もういいわよ!で、あの、え、自慰って何よ!?」

話題を逸らした。
結果、「自慰」なんて言葉を公共の場所で言ってしまった。
いや、これは私のせいではない、不可抗力だ。
今にも恥ずかしさで電気が漏れてしまいそうな自分をそう諭す。

「自分の性器を 自分で刺激して性欲を満たすこと。手淫。自涜。マス…」

自慰の説明。
それは極めて感情の込もっていないもので所謂棒読みという奴だ。
でも、美琴は経験から知っていた。
これは放って置いたら終わらない。

「も、もういいから!」

あのジト目は一体全体何を学習装置にインプットしたのだろう、と取りあえず責める先を見つける美琴。
常に自分の口から何かを発する事によって、今にも煙を出しそうなこの気持ちを何とか制御しないと。

「で、あ、あんたのオナニーの手伝いをして欲しいって?だ、だからそれはね皆自分一人でやるものなのよ!これでも私の妹なんだから…、こ、こんな場所で恥ずかしいじゃない!」

所々発声が弱かったり、噛んだりはしたがきちんと言い切った。
ただ、今になって、御坂妹の「自慰」という言葉を「オナニー」と変換した事への後悔の念が沸いて来る。
ふと気付いたかの様に回りを見渡す美琴。
もう一回言うが、ここは一般の人も入れる極普通の公園、今の所たまたま人は見当たらないが、誰か来ようものならかなり面倒臭い事になるかもしれない。
いや、確実になるだろう。
8月31日の学生寮前での当麻との一件の噂もまだ広まり続けているのだから。

その時、御坂妹の表情が一瞬陰った。





続きを読む
[ 2015/09/06 12:00 ] とあるSS | コメント(2)

食蜂「はぁ~、なんだか御坂さんいじめたくなってきちゃったゾ☆」

1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/07(木) 03:05:56.500 ID:VOzPCUxD0.net


                  , -‐‐ ̄ ̄ ̄ '' ―-: 、
                /              、  丶、
              /                 ト、
            , ′  .:|    ヘ    、 ヘ      ヽ
           ,/  .,l  |     ヽ    !  ヘ      }、
             /    l!  |.|!l   |  .|ヘ  .}  \      ヘ、
          /  .!  .!  .!|.ヘ  |!  | ヘ リ     \      `ニ=-
          !  .||  ||  .l|. ヘ |i  } ,,=气≧x、`、 \_  _ヘ
         |  |.l  l:l ll l!  ヘiヘ、テ '. f.人リ  .|l| | .ゝ_ 斗'´∧
          | .i| .| l .|リ ,,===ミ      弋Yソ  'リ, .l  l    .} ∧
         ! .l| i|  .l.l〃了苅        ´   .j  /    .i  .∧
          | l| ||  |.lヾ 弋歹 !、        ''''//  :|  |:  ∧
         | li .!  |lリ;.               '´ |   .j  |i::.   ヘ
            |.| .l.!  || i'''              ,:j    /  .li::::.  .ヘ
          || |l、 ||. 人     、  '     .イ/ /,′ ..!|:::::..  .ヘ
          `∨.lll、.i| ヘ 丶、          ./ // ./   .|.|::::::..  . ヘ
           l .l| l.l、 ヾ、_ >:.     ,イ゙  ′ , /|   j .|::::::::.    ヘ
          ,|  l| !| .ゝ .イ`ゞミ::::::` ~´ i::..   // .i   lー- 、:.
          /. /| !|  \!:::::::::::::::::::;;;,ー< yー' /  j.  . ム, '´ \:
         ./  /::|  i!   |::::, -==:://不、  /  イ   / /    ,ヘ
        ノ   /::::|       V ::::, .≦/´  .j ヘ ///   / /       \
        /  /:::::::l  ヘ :.  V/::::::〃  /  .::'.::´:./.  / .{         \
       /  .::::::::::::, ∨  、 V:::::/  / /.::::::::::/  /  i
        /  .:::::::::::::::::;ヘ ∨ /\ V   //..:::::::::::::/ /::|  \
      ./  ..::::::::::::::::/  ヘ/  .\}| ,/-―  /:::::::::::|  ::::\
   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      そんなわけで常盤台中学にある図書室にやってきたのだ

      「あっ、いたぁ~☆」
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛





続きを読む
[ 2015/05/07 17:30 ] とあるSS | コメント(3)

美琴「私は変態じゃない」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/14(土) 22:20:56.44 ID:tJhC0BK8P


美琴「いいかげんにしなさいっ!」ビリビリッ

黒子「の゛お゛お゛お゛お゛お゛おおっ!!」

美琴「はぁっ……はぁっ……」

黒子「き、今日もお姉さまの愛が……体に染み渡りますわ……」ビクッ ビクッ

美琴「あんたもそろそろ懲りなさいよね……」

黒子「この痛みこそが……お姉さまの愛の証ですの……」

美琴「っ……気持ち悪いわよ!」ビリビリッ

黒子「ああああ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!」





続きを読む
[ 2013/12/15 07:00 ] とあるSS | コメント(14)

美琴「とある科学の少女分派」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/30(金) 22:12:23.47 ID:v2w/FAzAO


【御坂美琴】

――私には、好きな人がいた。

とても好きで、とても好きだから、素直になれずに、私の想いはいつも空回りするばかり。
加えてその人は超が付く程の鈍感で、私の気持ちに気付く素振りも見せてはくれない。
でも、自分から想いを伝える勇気も無い。

私は、気付いていた。
私の恋は、子供がする恋と同じだということ。
恋に恋をしているだけなんだと。
でも、きっとこの『好き』という気持ちは本物なのだろう。

だけど、『好き』というだけ。

それ以上の感情を、私は持ってはいなかった。
そう気付いているのに、私はその人を想い続けていた。

だから、私は疲れてしまった。
自分でも気付かない内に、その終わらない片思いを負担に感じ始めていたのだ。

――そんな時だった。





続きを読む
[ 2013/09/08 17:30 ] とあるSS | コメント(12)

御坂「操祈、軽くいじっただけでこんなに感じるなんて可愛いわね」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/08(月) 11:48:54 ID:AA6ZyEjQ


食蜂「ダメ!許して御坂さん!」

御坂「許してって何を許して欲しいのかな?ほらほら」グチュグチュ

食蜂「ダメ!イクイっちゃう!」

御坂「操祈もうイっちゃうんだ…。ほらいっちゃえ!」

食蜂「ダメエエェェェ!!!!」





続きを読む
[ 2013/08/01 00:00 ] とあるSS | コメント(5)

食蜂「御坂さんのおもらしをもみ消してほしい?」黒子「はい」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/15(月) 17:10:15.03 ID:9uH3UDtG0


やっちまったみこっちゃんを守るためにとりあえず四つんばいになる黒子をお願いします


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/15(月) 17:55:00.18 ID:YrHR5MD3O


食蜂「うーん、別に良いけど流石に無償では嫌よぉ」

黒子「分かってますの! 私に出来ることがあれば何でも致しますの」

食蜂「んっ? 今なんでもするって言ったわよねぇ」


みたいな感じだろ?
はやく書いてくださいまし





続きを読む
[ 2013/07/17 02:00 ] とあるSS | コメント(0)

食蜂「御坂さんにレイプされたいわぁ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/13(土) 21:21:21.78 ID:+7+Bgriv0


食蜂「能力も効かず、リモコンも奪われてなすすべもないところを、御坂さんの粗暴な手つきで犯してもらいたいわぁ」

縦ロール(まーた女王の変態妄想がはじまりましたわ)

食蜂「少しでも抵抗したらすぐ電撃を放たれて、最後には乱暴な愛撫にただ喘ぐだけの牝になりたいわぁ」

縦ロール(わたくしはどちらかと言うと女王が御坂さんを嫐っている方が好みなのですが)

食蜂「それを撮影した動画をネタに脅されて、毎日御坂さんの部屋に連れ込まれて慰み者にされたいわぁ」

縦ロール(女王に脅されて泣く泣くカラダを差し出すしかない御坂さん……素敵ですわ)

食蜂「そしていつしか身も心も御坂さんに征服されて、彼女の奴隷になるの……ふふっ、最高ね。アナタもそう思うでしょお?」

縦ロール「はい、素晴らしいと思いますわ」





続きを読む
[ 2013/07/15 17:30 ] とあるSS | コメント(11)

食蜂「派閥って呼ばれてるけど、実際はヤリサーみたいなものよぉ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/19(水) 22:07:35.17 ID:ghz4Ph0UP


美琴「は? やり……なにそれ」

食蜂「御坂さんにはちょっと早かったかしらぁ」



7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/19(水) 22:12:15.91 ID:ghz4Ph0UP


食蜂「まぁ、つまり私の派閥が最大勢力なのはそういうことなのぉ」

美琴「よくわかんないけど、アンタが能力使って洗脳したわけじゃないの?」

食蜂「能力はほとんど隠蔽に使ってるわぁ」

美琴「隠蔽?」

食蜂「そう言った意味では、私の能力あっての派閥かもねぇ」





続きを読む
[ 2013/06/20 07:00 ] とあるSS | コメント(14)

美琴「最近佐天さんのおいたが目に余る」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/07(金) 18:06:35.04 ID:3+GxT22eP


初春「今月に入ってからもう7度目ですよ……」

黒子「もしかしたら、無法者に襲われる能力でも持っているのかもしれませんわね」

美琴「シャレにならないわよ、それ」

初春「っていっても、原因は佐天さんにあるんですけどね」

美琴「なんで襲われるってわかっていて危険なところへ行くのかしら」

黒子「全く……本当に困りますわ」

美琴「いっそ縄でも付けて、初春さんがいつも監視してればいいんじゃないかしら」

初春「あぁ、それはいいですねー……」





続きを読む
[ 2013/06/08 02:00 ] とあるSS | コメント(12)
Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ