スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

愛「おめでとうございます!」雪歩「ありがとうございます」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/24(水) 18:51:36.56 ID:dH5WaEgvo


・あいゆき 及び 微あいはる


春香「雪歩」

雪歩「なぁに、春香ちゃん?」

 みんなの仕事が終わり、少しだけ作ってくれた時間で、事務所で簡単な誕生日のお祝いをしてもらえた。
 今日は大勢に祝福してもらえた。こんな私のためにという思いがどうしても消えないけど、それを上回る喜びがある。
 それは、しっかり享受したい。
 喜びを喜びとして受け止められて、あとには感謝が残った。
 一人、また一人と帰って行く中、私は春香ちゃんに呼び止められた。

春香「ちょっと時間あるよね? 公園に寄ってみるといいよ」

雪歩「公園?」

 そういわれても、それだけじゃどこのことか分からない。
 この場合、帰路の途中にある公園なんだろうけど……。

春香「雪歩なら分かる所」

雪歩「?」

 ますます分からない。
 ちょっと意地悪になったらしい春香ちゃんは、ニヤニヤしながら背中に回り、私の両肩を掴んだ。ほんのり体重がかかり、気配が凄く近くなる。
 ……うん。
 必要以上に顔を近づけられてる。どうしちゃったの? 春香ちゃんどうしちゃったの?

春香「本日最後の春香さんはちょっぴり意地悪なのです」

雪歩「は、春香ちゃん?」

春香「妹をとられたみたいでちょっぴり寂しいから意地悪なのです」

 妹……?
 なんのことだろう。





続きを読む
スポンサーサイト

雪歩「愛ちゃん、お誕生日おめでとう」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/25(月) 03:12:00.08 ID:VLNaZV+j0



愛「そういえば雪歩先輩って、あたしにずっと敬語つかってますよね」

雪歩「え? そ、そうですかぁ?」

愛「そうですよ! 雪歩先輩のほうが年上なのに、そんなのおかしいって思います」

雪歩「うう、そんなにヘンでしょうか……」

愛「ホラ、また! ねえねえ雪歩先輩、一回、あたしのこと呼び捨てで呼んでみてください!」

雪歩「ええ!?」





続きを読む
Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。