響「風邪のち美希のち誕生日 のち?」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/10(木) 17:23:04.18 ID:tkSRXMke0




響「う”~~~~~~」ズビッ


ピピッピピッピピッ


響「うわぁ……38度4分……」

響「困ったなぁ……レッスン……行かないといけないのに……」

響「……ふぇ」


響「……ふぇきちっ!!」


響「う”~~~~~~」ズビビッ

響「関節も痛いし……久々にやっちゃったなぁ……」

響「小さい頃は良くやったってアンマーが言ってたけど……」

響「こっち来てからは初めてかも…………」


響「…………」ズビッ


響「えぇっとぉ……医者に行って……その後事務所行って……」

響「…………」フラッ

響「うぁ~~無理~~誰か助けてぇ~~」


キィ……


響「ん?」

いぬ美「バウッ!!」

響「あ……皆のご飯も……だな……」

響「…………」フラッ

響「あ”~~~~!! こんなの一人じゃ無理だぞ~~~~!!!!」



響「ふぇっっっくしっ!!」







続きを読む

美希「ハニーが振り向いてくれないから女の子に手を出してみるの」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/24(火) 01:08:40.68 ID:LyQwkbzA0


美希「ハニー……」

美希「今日もミキの方に振り向いてくれないんだね……」

美希「ミキがアイドルだから?ミキがアイドルを辞めれば振り向いてくれるの?」

美希「そうなったら…ハニーはミキを引き止めるんだよね?」

美希「わかってるよ。今のハニーの目に、ミキの姿が映ってないことぐらい」

美希「それでも諦めきれないのは、他の男の子に興味が持てないせいなのかな」

美希「ハニー以外の男なんて、ミキにはまったく魅力的に見えないの」

美希「それならいっそ…女の子に目を向けてみたらどうなるのかな?」

美希「……これだけ人数いるんだもん。女の子には困らないよね」





続きを読む
Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ