スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

向日葵「さくひま、ひまさく短篇集」櫻子「キス!」

1 : ◆xW69XHZIXl2A 2017/06/16(金) 19:29:40.20 ID:23qHAU/n0


①:櫻子「ぐーぐー」Zzzz 向日葵「またこの子は……」


向日葵「遊びに来たと思ったらすぐに寝てしまって……」

櫻子「ぐーぐー」

向日葵「まったくこの子ったら……」

櫻子「ぐーぐー」

向日葵「……」

櫻子「ぐーぐー」


向日葵(いつもギャーギャーうるさい癖に寝ている時は静かなのね)

櫻子「……」

向日葵(ふふっ)

櫻子「……」

向日葵(いつもは表情豊かなくせに寝ている時だけは穏やかな顔)

櫻子「……」

向日葵(こうして見てみると……やっぱり、櫻子も大人になっていきますのね)





続きを読む
スポンサーサイト

櫻子「さくひま、ひまさく短篇集」向日葵「年末ですわ!!」

1 : ◆xW69XHZIXl2A 2015/12/31(木) 20:07:15.05 ID:hmalalpP0


No.301:綾乃「はぁ…今日もまたあの二人がイチャついてるんだろうなー」


綾乃「はぁ…」

千歳「どうしたん?溜息なんかついて」

綾乃「いや、あの風紀を乱す二人に疲れちゃって…」

千歳「あっ、噂をすれば何とやら~」

綾乃「え?」

千歳「噂の二人がこっちにやって来よるよー」


櫻子「でさー」

向日葵「へぇー」


綾乃「なっ!?」

綾乃(ふ、二人が手を繋いでない!?)

綾乃「ふふふ…」


向日葵「えっ涙!?」

櫻子「杉浦先輩!?拾い食いしてお腹が痛いんですか!?」

綾乃「う、ううん。違うの…ちょっと良いことがあって…ね」

綾乃(きっと私の想いが二人に届いてくれたのね)


千歳「なんで今日は手を繋いでないん?」

向日葵「だって、私たちは赤い糸で結ばれてますから!」

櫻子「だから、わざわざ手を繋ぐ必要はないわけです!」

綾乃「∵」



向日葵「…でも、やっぱり私…たまには櫻子のぬくもりが…」

櫻子「向日葵!?」

向日葵「ご、ごめんなさい。やっぱり今のは無しですわ!」

ギュッ

向日葵「えっ?」

櫻子「さすがは私の向日葵!私も同じこと思ってたんだ!」

向日葵「櫻子…」

櫻子「えへへ♪」


綾乃「一生やってろ!ばーーーーかっ」ダダダダダ

千歳「綾乃ちゃん!?どこに行くん!?」



あかり「え、えーと、とりあえず」



あかり「さくひま、ひまさく短篇集、はっじまるよ~」


No.301 終わり





続きを読む

櫻子「さくひま、ひまさく短篇集」向日葵「櫻子と恋人になりましたわ」

1 : ◆xW69XHZIXl2A 2015/09/07(月) 00:01:47.92 ID:G3MUuByc0


①:向日葵「櫻子と恋人になりましたわ」

ちなつ「ねぇねぇ、向日葵ちゃん!」

向日葵「はい?」

ちなつ「恋人同士になってどこまで進んだの!?やっぱりキスとかしたの!?」キャー

向日葵「はぁ…吉川さん、あなたは根本的な誤解をしていますわ」

ちなつ「へ?」


向日葵「櫻子が泣いて『大好きです!付き合ってください』というから、仕方なく付き合っただけですわ」

ちなつ「そうなの?」

向日葵「そうなんですの。だから、吉川さんが思っているような事には、絶対になりませんわ!」

櫻子「仕方なくなの?」

向日葵「ええ、そう。これは仕方なく………………って、櫻子!?」

櫻子「へぇ~。向日葵は嫌々だったんだ」

向日葵「い、いや、そ、そ、そんなことは…」

櫻子「ばいばい。向日葵♪」

向日葵「いやーーーーーー!謝るから捨てないで!櫻子ーーーー!!」





ちなつ「すでに尻にしいてるとは…さすがだね櫻子ちゃん」

あかり「さくひま、ひまさく短篇集、はっじまるよ~」


① 終わり





続きを読む

あかり「ゆるゆりオールスターで短編集だよぉ」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/25(木) 18:48:50.07 ID:mNQEjIPto


【この姉にしてあの妹あり】


~ 繁華街

撫子「……あっ」

ともこ「……げっ」

ちなつ「……?」


撫子「“げっ”とはご挨拶ですね、ともこ先輩」

ともこ「え、えぇ、ごめんなさいね……つい驚いちゃって。久しぶり、撫子ちゃん」

撫子「お久しぶりです」

ちなつ「お姉ちゃん、お知り合い?」

ともこ「うん、中学生時代の後輩なの」


撫子「きみ、ちなつちゃんだよね? 櫻子がいつもお世話になってます」ニコッ

ちなつ「あ、はい……って、もしかして櫻子ちゃんのお姉さん!?」

撫子「うん、そうだよ」

ちなつ(うわぁ、綺麗な人……。櫻子ちゃんから話だけは聞いてたけど、想像以上だわ……)





続きを読む

向日葵「さくひま、ひまさく短篇集」

1 : ◆xW69XHZIXl2A 2015/06/15(月) 22:53:01.81 ID:2TxwLK8+0


No.291:向日葵「最近の櫻子は怖いですわ」

あかり「おはよう、ちなつちゃん」

ちなつ「うん。おはよう、あかりちゃん」


向日葵「はぁ…はぁ…」

ちなつ「って、向日葵ちゃん。どうかしたの?」

向日葵「最近の櫻子は怖くて怖くて」

ちなつ「え?櫻子ちゃんが!?」

向日葵「そうですわ。もう怖いくらい可愛くて可愛くて…」ハァハァ

ちなつ「もしかして最初の溜息って…興奮してた『はぁはぁ』なの!?」


向日葵「吉川さん!私一体どうすれば!?」

ちなつ「爆発すればいいと思うよ?」

向日葵「なるほど、櫻子は爆発的に可愛いと?」

西垣「爆発と聞いて」キラーン

向日葵「爆発的に可愛い…そう櫻子の笑顔は、まるで私を支配する兵器のような破壊力が//」ウットリ

ちなつ「ああっもうっ!あかりちゃん!いつものやつ!」

あかり「う、うん」




あかり「さくひま、ひまさく短篇集、はっじまるよ~」



No.291 終わり





続きを読む

【ゆるゆり短編集】ひまさくSelection

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/29(金) 16:26:51.27 ID:4qWTzMGgO


【ひまさくと まかろん】


櫻子「ちなつちゃんそれ、何食べてるの?」

ちなつ「マカロンだよ。おいしいの~♪」

櫻子「へえ、これがマカロンかぁ! いいなぁ~……」

ちなつ「櫻子ちゃんにはあげなーい♪」





櫻子「ひまえもーん! ちなつちゃんがマカロンを自慢してくるよぉ~!」じたばた

向日葵「櫻子はいつも人を羨ましがってますわねぇ……」

櫻子「私もたべたいー!」ぎゃーぎゃー


櫻子「マカロン出してよ!」

向日葵「私が持ってるわけないじゃない」

櫻子「じゃあ買ってきて!」

向日葵「そんなお金もありません」

櫻子「うー、けちんぼ!」


向日葵「だから、1から作りましょう」

櫻子「えっ、マカロンって家でも作れんの!?」

向日葵「調べてみましょうか。なんとかなるかもしれませんわ」

櫻子「わーほんとに!?///」





続きを読む

向日葵「ゆるゆり短編集ですわ」櫻子「大室家多め!」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/22(木) 15:35:21.11 ID:1bdY9ibeo


【なつの おおむろけ】


ミーンミーン……


櫻子「あぢぃ……」


撫子「ただいまー」ガチャ

花子「あっ、撫子お姉ちゃん」


撫子「暑そうだね櫻子」

櫻子「あっったりまえじゃん!! 誰だって暑いよこんな日は!」

撫子「そんな櫻子に良いものがあるよ」ごそごそ

櫻子「えっ! なになに!? 何か道具を出してくれるの? なでえもん!」


撫子「誰がなでえもんだよ ……はいこれ」ばさっ

花子「なんだしこれ?」


櫻子「あーー! ビニールプールだ!!」

撫子「私の友達が貰ったものらしいんたけど……その友達も使わないからって、私が貰ったんだ」

櫻子「やったーーー! プールー!!」

花子「まあビニールプール程度でも今は大助かりだし」

撫子「よし、作るか」





続きを読む

櫻子「さくひま、ひまさく短篇集」向日葵「誕生日ですわ!!」

1 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/09/07(日) 11:14:41.61 ID:r3RP/XLp0


No.281:櫻子「今日は私の誕生日!」

櫻子「イチャイチャイチャイチャしたい!」

櫻子「だからといって、向日葵とイチャイチャなんかしたくねーし!」

櫻子「それに、私から要求するのは負けた気がした嫌!」

櫻子「ぐぬぬぬぬぬぬぬぬぬぬ!」

櫻子「そうだ!今日は私の誕生日…」

櫻子「覚悟しろ向日葵!今日は徹底的に祝って貰うんだからな!」




向日葵「あ、あなた、何を言って…//」

櫻子「って、向日葵!?」

櫻子(聞かれた!?さっきの聞かれた!?)

向日葵「え、えーと…その…………してみる?」

櫻子「な、なにを!?」



向日葵「その……イチャイチャを…//」

櫻子「っ~~~~//」カァー






「ちょっと物を投げないでくださる!?」


「誰がするかー!!向日葵のバーーーカ//」






No.281 終わり





続きを読む

向日葵「さくひま、ひまさく短篇集」櫻子「誕生日!!」

1 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/06/16(月) 20:20:27.79 ID:rizoVZ4z0


①:櫻子「向日葵、誕生日おめでとう♪」

櫻子(イチャイチャイチャイチャしたい!)

櫻子(だからといって、向日葵とイチャイチャなんかしたくねーし!)

櫻子(それに、私から要求するのは負けた気がした嫌!)

櫻子「ぐぬぬぬぬぬぬぬぬぬぬ!」

櫻子(そうだ!今日は向日葵の誕生日…)

櫻子「待っていろ向日葵!今日は徹底的に祝ってやるからな!」


…………………………………

櫻子「向日葵、誕生日おめでとう♪」

綾乃「古谷さん、お誕生日おめでとうー♪」

千歳「おめでとうな~♪」

松本「♪」

西垣「松本もおめでとうと言ってるぞ」

向日葵「皆さん…私の為にわざわざ…時間をとって頂いて本当にすいません」

綾乃「いいの。これも普段から頑張ってる古谷さんの為なんだから」

千歳「せやでー。それにこういう時は『すいません』じゃなくて、『ありがとう』でええんよ~」

向日葵「先輩方々…はい!今日はありがとうございます!」

櫻子「それはもういいからケーキ食べよっケーキ♪」

向日葵「はぁ…あなたは本当に…」


綾乃「ふふっ。大室さんらしくていいじゃない」

向日葵「杉浦先輩がそう言われるなら…」





続きを読む

向日葵「さくひま、ひまさく短篇集」櫻子「11月!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/30(土) 23:17:05.12 ID:01aw7jrs0


①:櫻子「もんじゃ焼きうめぇ!」


櫻子「昨日は家族でお好み焼き食べた!」

櫻子「もんじゃ焼きを初めて食べたんだけど、ちょー美味かった!」

向日葵「もんじゃ焼き…私は食べた事ありませんわ」


向日葵「どんな味なんですの?」

櫻子「へ?…えーとえーと…」

櫻子「そうだ!」


櫻子「ほら口移しでお好み焼き食べた事あるでしょ?あんな感じ」

向日葵「ああ、キスしながら食べた…あれは美味しかったですわ」

櫻子「でしょ!でしょ!」

向日葵「また食べたいですわね~」

向日葵(櫻子の味を)





続きを読む
Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。