伊織「もうあんたなんて大嫌いよ!」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 22:43:01.28 ID:Y0W+NS/50



伊織「痛っ!もぅ真、またぶつかったじゃない!」

真「なにをー!今のは伊織の立ち位置が悪かったんだろ!」

伊織「なに言ってるのよ!そのテディベアが大きいから当たるのよ!なんでそんなもの選んできたの!」

真「ボクの大切なぬいぐるみと言えばテディベアに決まってるだろ!」

伊織「そんなの知らないわよ!」

P「まぁまぁ落着け二人とも。今度のライブは全員でやるんだぞ、そんないがみ合ってどうする」

P「このライブは二人がクロスするところが大事な見せ場なんだぞ。もっと息を合わせて移動してくれ」

伊織「息を合わせようにも、この熊のぬいぐるみが邪魔なのよ!そもそもぬいぐるみを持ちながらライブっておかしいじゃない!」

春香「まぁまぁ落ち着いて伊織。熊のぬいぐるみだってかわいいじゃない」

伊織「春香は黙ってて!あとそのぬいぐるみかわいくないのよ!」





のワの「」





続きを読む

伊織「家族が増えるわよ」シャルル「やったね、伊織ちゃん」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 00:18:32.44 ID:BjJIMEdS0


伊織「言っておくけど、私の家族じゃないわよ」

シャルル「え? じゃあ、誰の?」

伊織「にひひ、まだ内緒よ」

シャルル「えー! 教えてよぉ、伊織ちゃん」

伊織「どうしようかしらねぇ」

シャルル「お願い! スーパーアイドル伊織ちゃん! 今日も可愛いお洋服だね!」

伊織「ん~、そこまで言われちゃしようがな――」ハッ

気配を感じて振り向くと、双子が呆れたように私を見ていた。
み、見られた?

亜美真美「「……」」

亜美「いおりんって」

真美「けっこう腹話術上手いよねぇ」

伊織「あ、あんた達! いつの間に!?」カァァ

亜美「家族がどうのこうのところからかな?」

真美「で、誰の家族が増えるの?」

伊織「だ、誰だっていいでしょ! じゃあね!」





続きを読む
Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ