スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

綾乃「いたずらスキンシップ」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/02(月) 23:56:56.85 ID:sV5jd6LVo


<生徒会室>


櫻子「こんちはー!」がらっ

綾乃「あら、大室さん」


放課後の生徒会室。今日の仕事分を確認していると、元気よく扉が開かれて大室さんが入ってきた。

きょろきょろと部屋を見回して、少し驚いたように尋ねてくる。


櫻子「あれっ? 先輩だけですか?」


綾乃「そうなの。千歳は昨日から風邪で休んでてね……会長も今日は外せない用事があるみたいで、今のところは私ひとりなの」


千歳は昨日と今日、体調不良で学校を休んでいた。風邪そのものは軽いもので心配はいらないらしく、明日には行けるかもしれないと言っていた。

会長は何か受験に関しての用事があるようで……詳しいことはわからなかったが、今回は参加できないことを昼休みに私の元まで伝えに来てくれた。


今日は三人ということで、会長の指定した仕事量は大したものではないが、それでもノルマはある。後輩たちと協力して、その仕事を済ませるのが今日の予定だ。


しかし、


櫻子「ほぇ~……偶然かなあ、向日葵も今日来れないんですよ」

綾乃「えっ?」





続きを読む
スポンサーサイト

櫻子「先輩に!プリンを!プレゼントしたい!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 22:07:55.52 ID:5FLJFEKZP


前書いた綾乃「き、今日は手作りプリンを・・・」見たほうがいいかも


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 22:08:48.52 ID:5FLJFEKZP


~茶室~

櫻子「船見先輩!プリンの作り方教えてくれませんか?」

京子「プリン・・・」ジュルリ

結衣「おまえは黙ってろ」ガンッ

京子「あいた☆」

結衣「で、いきなりどうしたの?櫻子ちゃん?」

櫻子「もうすぐ、杉浦先輩の誕生日じゃないですか!」

櫻子「だから、杉浦先輩に誕生日プレゼントとして作りたいなと思って」

結衣「あーなるほど、そういうことか」





続きを読む

櫻子「先輩がッ 泣くまで 真似するのをやめないッ!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 19:48:23.73 ID:0huCyLmt0



綾乃「え?」

櫻子「え?」

綾乃「ちょ、ちょっと意味がわからないんだけど……」

櫻子「ちょ、ちょっと意味がわからないんだけど……」

綾乃「……」

櫻子「……」

綾乃(もう真似されてる!?)

櫻子(もう真似されてる!?)

綾乃「心は読まないで」





続きを読む

綾乃「歳納京子が振り向いてくれないから大室さんに告白する」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 17:37:00.42 ID:Pb4/hkc+0


千歳「あきらめたらあかんで綾乃ちゃん!」

綾乃「もういいのよ千歳」

綾乃「私見ちゃったの…」

綾乃「歳納京子と船見さんがキスしてるところを…」

千歳「あー…」





続きを読む

綾乃「き、今日は手作りプリンを・・・」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 22:51:22.88 ID:2CP2N2WEP


綾乃「冷蔵庫にしまってと」

綾乃「これでよし」

綾乃「あ、後は大室さんが来るのを待つだけね///」



7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 22:54:03.93 ID:FiVuvXv70


綾さくとは珍しい




続きを読む
Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。