貴音「昼寝とは良いものですね」美希「なの」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/30(木) 01:59:46.99 ID:9Y//xO6C0


貴音「只今戻りました」

小鳥「おかえりなさい、貴音ちゃん」

貴音「おや、小鳥嬢だけですか」

小鳥「えぇ、そうなのよ。独り身は寂しいわ。そうそう、テーブルの上にプロデューサーのお土産があるから好きなの取っていいわよ」

貴音「南部せんべい……ですか、ごまとピーナッツが……面妖な」

貴音「このおみやげを置いたぷろでゅうさぁは何処へ?」

小鳥「それがね、帰ったと思ったらすぐに営業に行っちゃったのよ。でも今日は早めに返ってくるんじゃないかしら」

貴音「そうだったのですか、遠い地から戻って疲労が溜まっているはずなのに……心配ですね」

小鳥「まぁ……それは大丈夫じゃないかしら。なんか温泉に入ってきたと言ってたからずるいですプロデューサー。私も温泉行きたいです」

貴音「今度、皆がおふの時にでも行きましょう小鳥嬢。貴女とは一度裸の付き合いをしてみたいものです」

小鳥「は、裸のっ!ピヨ―!」鼻血ダラー

貴音「何か勘違いしているようですね……まぁいいです。お茶淹れてきましょうか」

小鳥「悪いわ、私が…」

貴音「いつも淹れて頂いてるので淹れさせてください。雪歩ほどではありませんが美味しいお茶を入れてきますので」





続きを読む

貴音「わたくしも、大好きですよ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 18:37:50.07 ID:p7WFxFig0


貴音「……」ペラ

美希「……」

貴音「……」ペラ

美希「……」

貴音「……」ペラ

美希「……ねえ貴音ー」

貴音「何ですか? 美希」ペラ

美希「何読んでるのー?」

貴音「これです」

美希「…はいぺりおん? それ面白いの?」

貴音「………ゆにぃく、でしょうか」

美希「ふーん……」





続きを読む
Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ