スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

紬「ほうじ茶で過ごす二人の時間」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 22:37:23.34 ID:PevzRmry0


教師になってから思うことがある。
それは生活と仕事のギャップが大きすぎるということ。

人生の見本として教壇に立つ時間も、軽音部の中で素の自分を出す時間も、どちらも楽しすぎる。
楽しすぎるが故に、ひとりの時間はより一層寂しく感じられる。

OLであれなんであれ、多かれ少なかれそういうことを感じているのだとは思う。
でも、教師の場合、それが特に顕著……だと私は勝手に思っている。

出来合いのものを買ってきて、お酒を飲みながら過ごす夜。
教材の準備をしながら過ごす夜。
TVの音がやけに虚しく響いて、いたたまれない気持ちになる。

独り身である以上、仕方ないことだと思っていた。
彼女が遊びにくるようになるまでは。

ドアを開くと今日もほら……

紬「おかえりなさい、さわ子先生」
 




続きを読む
スポンサーサイト
Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。