スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

【ゆるゆり】櫻子「告白予告」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/07(木) 01:21:54.96 ID:+EtVRVLso


夏本番を控え、ピークはこれからだというのに連日猛暑が続き、蒸し暑くてなかなか寝付けない、とある夜。

目を閉じて身体を休ませ、まどろみの中に溶けていこうとする私の耳に、LINEの通知音が入ってきた。

鳴った瞬間は、確認する気はなかった。

時刻は夜11時を過ぎている。一般的には遅い時間だ。何が送られてきたのかはわからないが、送ってくる相手も「もしかしたらもう寝てるかもしれない」ということくらい考えているはず。それなら今は通知を聞かなかったことにして、明日の朝に確認すればいい。

じわり汗ばむ熱帯夜、やっと体温も下がり始めて睡眠に適した環境が整いつつあるのに、わざわざ身体を覚醒させることはない。まだギリギリ夏休みではないため、明日も学校があるのだ。早く寝ないと、ただでさえ低い寝起きのテンションが底値に達し、朝から櫻子に煙たがられてしまう。私にとって、この寝付くまでの時間というのは意外と大切な意味を持っていた。

……でも。


向日葵(…………)


なんとなく感じる、胸騒ぎ。

もしかして、あの子から? という直感。

私が寝ているかどうかなんてお構いなしな、あの子が送ってきたんじゃないかという予感。

目を閉じている私の胸の中で、いくつもの思考がぐるぐると渦巻く。考えれば考えるほど、あの子かも、たぶんあの子だ、あの子くらいなものだ、あの子で決まりでしょうと、予想が強く固まっていく。

一息ついて、閉じていた目を薄く開ける。身体はもう少しで眠ろうとしていたけど、心はどんどん物事を考えてしまって落ち着かなくなっていた。

せっかく寝付くところだったのに。つまらない用事だったら明日怒ってやる。楓を起こさないように静かにベッドを降りて、机の上のスマホを確認した。


向日葵「……?」


画面に表示されたのは私の予想通り、櫻子からのLINE通知。けれど私が思い浮かべていたような、明日の学校に持っていく荷物の確認などではなく、通知ダイアログからは内容がわからないよう改行が重ねられたメッセージだった。

トークルームを開かないと主要部分が読めないようになっている。通知だけで内容を知られてスルーされたら困るのだろう。もともと私はあまりメッセージを無視しない方なので、櫻子は私に対して滅多にこういうことをしない。

こうまでして私に見てほしい何かが、ここには書かれている?

一瞬の間を置いて、私は櫻子から送られてきたメッセージの全文を表示した。





続きを読む
スポンサーサイト

櫻子「これからも一緒に」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/07(木) 16:55:03.10 ID:+EtVRVLso


このお話は


・向日葵「ずっと一緒に」
http://lilymate.blog.fc2.com/blog-entry-4714.html
(修正版→ https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=5770271


・櫻子「みんなで作る光のパズル」/向日葵「葉桜の季節」

http://lilymate.blog.fc2.com/blog-entry-4727.html
(修正版→ https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=5773979
(修正版→ https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=5787825


の続きです。



2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/07(木) 16:56:46.35 ID:+EtVRVLso


真夜中だった。

どこからか、声が聞こえる。

はっきりとしたものではなく、耳元でもぞもぞと、こぼれる吐息に乗せたようなくぐもった声。

熱く優しく私の脳に染み渡っていく、聞き慣れた声。


“ひまわり” って。


向日葵「んぇ……?」

「あっ」


向日葵「……え……っ」

「…………」

向日葵「……なに、してるんですの?」

「……いや、えっと……その……///」


声の主は、まさか私が起きるとは思っていなかったらしい。

残念ながら今夜の私の眠りはいつもより浅かった。季節はすっかり夏。日中の暑さには心の底から参るが、夜だって決して過ごしやすいものではない。

とにかく今年は暑いのだ。暑いので寝つきが悪い。ついさっきまで起きていたという意識がまだ残っている。

きっと時刻はまだ午前1時ほど。明日は何も用事がないので寝不足を心配する必要などはないのだが、特別にすることもないので、いつも通りの時間に身体を休めていた次第だった。

布団が恋しくなる寒い季節とは……あの頃とはもう違うということを、声の主はわかっていなかった。

いくら低血圧で、一旦スイッチが切れてしまえば再起動に時間がかかる私とはいえ、こうも暑い夜に至近距離で人のぬくもりを感じるとなれば暑苦しいことこの上ない。


向日葵「……鍵はどうしたんですのよ……かかっていたはずでしょう……」

「いや……それは向日葵が悪いんだよ? 今日夕方うちに来たとき落としてったんだよ、ほら」


そういうと、私が普段使っている自宅用の鍵をちゃりっとポケットから取り出した。

視界はおぼつかないが、わずかな月明かりを反射する鉄の光がきらきらと目に入った。どうやら本当に私が忘れてしまったものらしい。


向日葵「……だからって、こんな時間に返しに来ることないじゃない……」

「……ぃぃじゃんかぁ」


声の主……櫻子は暗闇の中で、口をちょこんと尖らせて小声で文句を言った。

そういう子供っぽいところ、本当に昔から変わってませんわね。





続きを読む

【ゆるゆり】櫻子「私、吸血鬼になっちゃったんだ!」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/17(月) 19:03:26.27 ID:Q8XYQLlgo




TV「・・・吸血鬼とは、人の首すじに噛み付いて」

TV「血を吸う恐ろしい化け物なのです」

櫻子「・・・」

花子「・・・」





続きを読む

向日葵「さくひま、ひまさく短篇集」櫻子「キス!」

1 : ◆xW69XHZIXl2A 2017/06/16(金) 19:29:40.20 ID:23qHAU/n0


①:櫻子「ぐーぐー」Zzzz 向日葵「またこの子は……」


向日葵「遊びに来たと思ったらすぐに寝てしまって……」

櫻子「ぐーぐー」

向日葵「まったくこの子ったら……」

櫻子「ぐーぐー」

向日葵「……」

櫻子「ぐーぐー」


向日葵(いつもギャーギャーうるさい癖に寝ている時は静かなのね)

櫻子「……」

向日葵(ふふっ)

櫻子「……」

向日葵(いつもは表情豊かなくせに寝ている時だけは穏やかな顔)

櫻子「……」

向日葵(こうして見てみると……やっぱり、櫻子も大人になっていきますのね)





続きを読む

【ゆるゆりSS】 撫子「めぐみ遅いな……」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/15(水) 22:06:36.28 ID:RIuXEj2y0


めぐみ「あれ?撫子の家はここ曲がって……いやその先をまがるのかな?」

めぐみ「よく分かんないから撫子に迎えに来てもらおうかな」

めぐみ「と思ったらまさか携帯の充電切れてるとは……」

めぐみ「もしかして私……迷子?」



「お困りですかな?」



めぐみ「はい!道に迷っちゃって……」チラッ

めぐみ「きゃーー!!ばけものーーーーー!!!」ダッ





続きを読む

【ゆるゆり】綾乃「観覧車」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/20(金) 00:22:17.84 ID:b4qt7MSMo


気が付くと、そこはいつもの観覧車乗り場だった。


私の目の前で、色とりどりのゴンドラが音もなくゆっくりと右からやってきては左に動いていく。


もやついていた視界がだんだん晴れてくる。私は顔ごと上を見上げた。


大きな大きな観覧車が、静かに確かにそびえ立っていた。



一体何本あるのかもわからない、綺麗に組まれた白と赤のスポーク。自転車のタイヤのようなそれは、近づいて見ている分には動いているのを感じさせないくらい、ゆっくりゆっくりと回っている。


右から赤いゴンドラがやってきて、私の前ですっと止まった。


私の番がやってきたのだ。もう何度乗ったか知れないのに、観覧車に乗る前のこのドキドキというものは、いつまでも薄れることなく胸を高揚させてくれる。


きぃ、と開いた大きなガラス張りの扉。まだ静止せずにちょっとだけゆらついているゴンドラに乗り込み、赤いシートに腰掛けた。


クッションがちょっと硬めのシート。昔から変わらないこの感じが、とてつもなく懐かしい。


ゴンドラの中には、ほんのり甘いにおいが漂っていた。これは……キャラメルシュガーの香り。きっと前に乗った子供が持ち込んだポップコーンか何かの匂いだろう。今私が乗ろうとしたときは、誰も降りてこなかったけれど。


この観覧車のゴンドラは、いつだって甘い匂いがしていた。


閉まる扉の外で、発車のベルがじりじりと鳴る。そっと胸に手を当て、扉とは反対側の窓の外を眺める。


ゴンドラの天井部から、オルゴール調のメロディがかかる。


音色は綺麗なのに、どこか曇っていて古っぽくなっている音。これがこの観覧車が動き出した合図だ。外の景色もゆっくりと動いていく。





続きを読む

撫子「ふとした時に、気づくこと」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/04(水) 23:48:56.72 ID:GmU+Uba/0








ふとした時に思う。








ある時は夕飯の前。




撫子「櫻子ー、ご飯できてるよ」


櫻子「あ、待って! 今行く!」




どたどたとせわしなく階段を降りてきたかと思うと、私のすぐ横を櫻子は走り抜けていく。




ふわっ




撫子「!」




私の目の前でたなびいた櫻子のくせっ毛は、通り過ぎた場所にシャンプーの甘い香りを微かに残す。




……あんなに背、高かったっけ。




撫子「家の中を走るな!」




戸惑いを取り繕うように大声を出した。






続きを読む

【ゆるゆり】向日葵「キスで妊娠する薬?」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/12/23(金) 19:58:21.28 ID:lTXfeBoUo



【理科室】

櫻子「今日はー…って、誰もいない」

向日葵「あら、会長理科室にいると思ったんですけれど」



2 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/12/23(金) 19:59:34.47 ID:lTXfeBoUo



櫻子「おっ、こんな所にラムネがあるじゃん。いただきー」ヒョイパク

向日葵「困りましたわね。会長は一体どこに…」

櫻子「向日葵もラムネ食べるー?」

向日葵「あら、ありがとうございます」パク





続きを読む

【ゆるゆり】櫻子「決闘だ!」 向日葵「望むところですわ」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/07(水) 20:51:18.59 ID:JzU/1s7ao




(教室)

櫻子「・・・ほぉーう」







2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/07(水) 20:52:13.00 ID:JzU/1s7ao




櫻子「向日葵さん。私の前世がまな板とは、それはどういう意味ですかなぁ~?」

向日葵「言った通りの意味ですわ。胸に手を当てて考えてみなさい」


向日葵「ああ、手を当てる胸がありませんでしたわね」

櫻子「くっ・・・!」





続きを読む

あかり「トリックオアトリート!」

1 : ◆2tw7Ji6IluEW 2016/10/31(月) 22:04:24.81 ID:3Jj6oeZe0


あかり「さあ結衣ちゃん、お菓子くれなきゃイタズラしちゃうよぉ!」

結衣「あー、ごめんあかり。ちょうどお菓子切らしちゃって」

あかり「えっ?!」

結衣「だから、イタズラしかないかな」

あかり「ち、ちょっと待って結衣ちゃん!あかり、イタズラとか何も考えてなくて」

結衣「ならあかり、トリックオアトリート」

あかり「あっ」




続きを読む
Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。