fc2ブログ









小鞠「甘酒か…」蛍「フフフフフフ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/03(金) 20:13:07.16 ID:w6k+QXlT0


小鞠「そうだよね。私も中学生だし、甘酒くらい大丈夫だよね?」

蛍「はい。一緒に飲みましょう」

蛍(フフフフフフフフ)

蛍(センパイが酔い潰れれば…)


小鞠「」ゴクゴクゴク


蛍(ナデナデし放題!)

蛍(さらには膝枕とか…)

蛍(あまつさえ手を繋いだり、恋人繋ぎもできちゃうかも…キャー♪)


■30分後

蛍「センパイセンパイセンパイ//」スリスリ

小鞠「どうしてこうなった」





続きを読む
[ 2014/01/04 12:00 ] のんのんびよりSS | コメント(3)

小鞠「私のこと、好きにして……?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/02(木) 20:21:41.47 ID:dBHevJDO0


蛍「あのっ、センパイのことが好きです」

小鞠「えっ?」

蛍「センパイのことが大好きなんです」

蛍が顔を赤くしながら私を見つめる。
これって、もしかして……。

小鞠「好きってさ。友達としてって意味じゃないんだよね?」

蛍「はい。センパイと――お付き合いがしたいんです」

小鞠「え、えっと」

蛍「今すぐに返事が欲しいとは思っていません。ただ、一度考えては貰えませんか?」

小鞠「うん……。分かった。ごめんね」





続きを読む
[ 2014/01/03 02:00 ] のんのんびよりSS | コメント(13)

小鞠「通報しました」蛍「!?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 21:40:50.30 ID:6MbgutJ/0


ピーポーピーポー

蛍「しょ、しょんな…」

蛍「私がたまたま手を伸ばしたら、なぜかそこにセンパイのパンツがあって」

蛍「たまたま手をグーにしたら、なぜか手の中にセンパイのパンツがあって」

蛍「そして、たまたま鼻の頭がかゆかったので、パンツ越しに鼻の頭をかこうとしただけなのに」

小鞠「じゃあ何で嬉しそうに匂いまで嗅いでたの?」

蛍「そ、それはえーと…その欲望の赴くままに行動したというか…」

小鞠「確信犯じゃん!」


蛍「と、とにかく、通報なんて酷すぎます!」


ガララララッ


警察「またお前か…」





続きを読む
[ 2014/01/01 17:30 ] のんのんびよりSS | コメント(3)

れんげ「何で死んだ目をしてるのん?死んだらダメなん!なっつん!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 21:01:27.78 ID:6MbgutJ/0


小鞠「蛍って恋人が出来たら何て呼ばれたい?」

蛍「え?えーと、例えば『蛍ちゃん』とかって意味ですか?」

小鞠「うん」

蛍「そうですね…私は『蛍』って呼び捨てにされたいかな…」

小鞠「じゃあ、今の呼び方のままでいいよね?」

蛍「えっ…それって…まさか//」

小鞠「えへへ」


夏海「∵」

れんげ「なっつん!何で死んだ目をしてるのん?死んだらダメなん!なっつん!」





続きを読む
[ 2014/01/01 00:00 ] のんのんびよりSS | コメント(6)

れんげ「今日は甘えたさんの気分なんなー」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 19:58:01.09 ID:qMZNtMk00


れんげ「アニメも終わっちゃってこの頃人恋しいのん…」

れんげ「どこか達観して見られがちなウチですが、まだまだ小学一年生…」

れんげ「誰かに思いっ切り甘えたい日だってあるん」

れんげ「……」

れんげ「>>5に甘えに行くのん」





続きを読む
[ 2013/12/31 07:00 ] のんのんびよりSS | コメント(4)

夏海「ほたるんを無視しようぜ!」れんげ「わかったん」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/28(土) 22:19:08.49 ID:MF4m28ZvP



蛍「夏海センパイ!夏海センパイ!このマフラーどうしたと思います?」

夏海「…」

蛍「なんと!小鞠センパイが編んでくれたんですよ!」

小鞠「ふふーん。文化祭でお裁縫にちょっとだけ目覚めちゃってねー」

蛍「そして注目すべき点は!このマフラーなんと長いんですよ!」

小鞠「そう!余った部分を、こうやって私の首に巻けば…」

蛍「一緒にぬくぬく♪です」

小鞠「一緒にぬくぬく♪だよ」

蛍・小鞠「ねー♪」


夏海「よっしゃー!れんちょん粘土やろうぜー!」

れんげ「粘土!うち粘土やるん!」

兄「」ウン





続きを読む
[ 2013/12/29 02:00 ] のんのんびよりSS | コメント(8)

小鞠「(蛍の部屋に通ってなんとかあの急成長の秘密を暴くんだ!)」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/27(金) 17:13:07.10 ID:CUgdj7Mc0


小鞠(妹もお母さんも普通に身長あるし、私だって成長しないわけがないんだ……)
小鞠(その為にも蛍がたった一年でどうしてあんな急成長を遂げたのかを知らないと……)

蛍「センパイ、お待たせしました。アイスティーしかなかったんですけどいいですか?」
蛍「ありがと」

小鞠(さすが蛍……。普段から都会っぽいものを飲んでる……。うちじゃせいぜい麦茶だもんなー……)

蛍「それにしても、最近はよく遊びにきてくれますね」
小鞠「迷惑だった?」
蛍「そんな!とっても嬉しいです///」
小鞠「よかった。迷惑と思われてたら私も……」
蛍「とんでもないです!センパイがよければ毎日だって来て下さい!」
小鞠「あ、ありがと」

小鞠(優しいなー、蛍は。うちの妹とは大違いだ)

蛍「あ、他のアルバムも出してきたんです。見ますか?」
小鞠「ほんと!?見る見る!」

蛍(センパイが私に興味を示してくれて、私を知ろうとしてくれるなんて……///)

小鞠(やっぱりすごい成長だ……。すごい……)





続きを読む
[ 2013/12/28 12:00 ] のんのんびよりSS | コメント(5)

夏海「姉ちゃんとほたるんがうざい」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/24(火) 20:40:17.20 ID:aLh8fbZ6P


れんげ「ほたるんは何でこまちゃんを膝の上に乗せてるのん?」

蛍「こうすれば、授業中でもセンパイに勉強を教えてもらえるんだよ」

小鞠「それに、私もほたるソファーでぬくぬく♪」

蛍「一石二鳥です」

小鞠「だよ」

蛍・小鞠「ねー♪」


れんげ「そんな笑顔で答えられても困るのん」

夏海「うぜえ」





続きを読む
[ 2013/12/25 07:00 ] のんのんびよりSS | コメント(9)

小鞠「聖夜に願いを」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 22:46:50.27 ID:/Z5A2c69P



「センパイの事が好きです」

「え?」

「恋人として付き合って下さいませんか?」




「わ、私達…お、女の子同士…だよ?本気なの?」

「はい、わかってます。でも本気なんです。センパイへのこの想いは…」


「しょ、正直…気持ち悪いよ…」








あれ以来、蛍に会っていない--------





続きを読む
[ 2013/12/24 12:00 ] のんのんびよりSS | コメント(7)

夏海「このみちゃん、ウチと付き合わない?」このみ「うん、いいよ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/20(金) 23:18:48.25 ID:c/X2e8Zr0


夏海「よっしゃー! 彼女ゲーット!!」グッ

このみ「わー歳の差カップル誕生だね~」

夏海「いや~遂に出来ましたよウチにも彼女が!」グイ

このみ「おーなっちゃん積極的だな~」

夏海「ではではこのままベッドインと行きましょうかねぇ?」グヘヘ

このみ「えー今日は普通の下着つけて来ちゃったよ~」

夏海「って、ウチ先走り過ぎだろー! まずキスだよキス!」ビシッ

このみ「そうだねーキスしたいねー」

このみ「…しよっか?」

夏海「え」


チュッ





続きを読む
[ 2013/12/22 02:00 ] のんのんびよりSS | コメント(11)
Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ