スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

唯「ハロ憂ン」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/02(金) 12:10:29 ID:/K7XFxHc


唯「・・・あれ?」

憂「どうしたのお姉ちゃん?」

唯「ういー、もしかしてさ」

憂「もしかして?」

唯「ハロウィンって終わった?」

憂「遅っ!」





続きを読む
スポンサーサイト

唯「幸せ者だーーー!!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/27(火) 23:52:53.11 ID:v6DhJ8Nc0


梓純 「「唯センパイ!」」
律澪紬和「「「唯(唯ちゃん!)」」」


梓澪律紬和純「お誕生日おめでとう(ございます)!!」


唯「みんなありがと~~~~!!」


律「いきなりだが、唯! 誕生日プレゼントだ!」

唯「おおっ」

澪「律と私からのプレゼントだぞ」

律「さぁ開けなさい」

唯「澪ちゃんとりっちゃんから……」

ガサゴソ

唯「こ、これは……」





続きを読む

唯「私の誕生日だからこそ!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/27(火) 01:17:18.30 ID:UgC/5Tzb0


唯「ねえ憂」

憂「なあにお姉ちゃん」

唯「ちょうど日付も変わって・・・」

唯「今日は11月27日!私の誕生日だよ」

憂「知ってるよ、おめでとうお姉ちゃん」

唯「ありがと~」

唯「それでね、私やりたい事があるんだ」

憂「やりたいこと?」

唯「うん」





続きを読む

唯「憂、私でオナニーするのやめて」

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/17(火) 02:23:11.57 ID:FvssQqd50


憂「じゃあおやすみ、お姉ちゃん」

唯「おやすみー」バタン

憂「……」





続きを読む

唯「和ちゃん最近うれしそうだよね」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/06(火) 03:25:47.03 ID:DqNVj/+fO



和「そうかしら」

憂「うんっ、私も思ってた」

唯「もしかして和ちゃんにもついに春が!?」

和「そんなんじゃないわよ」

唯「でも、なにかいいことあったでしょ」

憂「教えてよ、和ちゃん」ギュッ

和「ちょっと離しなさいよ」

憂「えへへ、ごめんなさい」

和「まったく……」

唯「憂、冷たい和ちゃんのかわりに私に抱きつきにおいで」

憂「やったー!」トトッ ギュウ

唯「むふふー」ギュー

和「……」ニコニコ





続きを読む

唯「おんりーゆー」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/04(日) 19:33:33.63 ID:Qc+V5CQH0


突然ですが、私の妹、平沢ういがひょんなことからサトラレになりました





2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/04(日) 19:35:15.65 ID:Qc+V5CQH0


ガチャ

憂「おねぇちゃ~ん朝だよ~~」

唯「んぁあ・・・あと・・・g、・・ふ・・・n・・・・」

憂「だめだよぉ、ちゃんと起きないと」

唯「ううん・・・ギ~太ァあ・・・」ゴロン

憂「あ、ちょっと」

憂『うっひゃあああああああパジャマがっ!!パジャマめくれておねぇちゃんのおなかがあああああああああ』

唯「あ、目覚めた。うん、今すっごい覚めたよ!!むしろなんかあれだもんね、覚醒っていうか」バッ

憂「・・・よかった!じゃあ、もう朝ごはんだから早く下に降りてきてね」ニコリ

唯「あはは・・・う、うん。すぐに行くよ、ういぃ・・・」

憂「えへへ」スタスタスタ 

バタン




続きを読む

唯「憂の体からなんかが生えてきた!?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 20:48:18.30 ID:d0Io0aLE0


憂「はわわ!お姉ちゃん何だろうこれ!?」

唯「これは・・・>>5だね」

1、背中から羽が生える
2、猫耳と尻尾が生える
3、脇から毛が生える





続きを読む

憂「いとしの変態お姉ちゃん」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/02(日) 16:15:00.50 ID:Fnmyu7uA0


――私には一つ年上のお姉ちゃんがいます。


とっても優しくて、とってもかわいいお姉ちゃんです。


ギターだって引けるし、歌も上手だし、それに加えてしっかり者のお姉ちゃんは私の憧れの存在です。


でも、そんなお姉ちゃんにも困ったことがあるのです。


その困ったこととは、あまり大きな声では言えないのですが、要するにお姉ちゃんが変態である、ということです。





続きを読む

唯「サイコロひとつで遊べるゲームを発明したよ!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 21:48:54.79 ID:tl2+ECHxO



唯「というわけで憂、わたくしの隣に」

憂「うん」

唯「もうちょっと近くに……」

憂「……えへへ」

唯「さて、こちらにあるのはいたって普通のサイコロ」

唯「1から6の目があるだけのなんでもないサイコロです」

憂「わざわざ買ったの?」

唯「ううん。1年生のときに使ってたさんすうセット(※)から引っ張りだした」

憂「わ、懐かしい」

唯「憂のは私のおさがりだったよね」

憂「うん、大事にしまっておいた覚えはあったけど、まだ残ってたんだ」

唯「憂が使ったものだもん。捨てたりしないよ」

(※)わかる人だけわかればよいもの。





続きを読む

唯「憂がいちばん好きなスキンシップはなんだろう?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/01(日) 13:45:49.18 ID:0NEOvkEAO



唯「ちょっと試してみよう!」

【抱きしめる】

唯「うーいー」トタタッ

憂「なぁに、お姉ちゃん?」

唯「ういっ」ギュウッ

憂「ひゃ!」

唯「ういういー」ギュー

憂「むううっ」

唯(あれ、不満げ?)

唯「う、ういー……」

憂「もう……お姉ちゃんっ」ギュッ

唯「! んー、ういっ」ギュウッ

憂「おねーちゃんっ♪」ムギュ





続きを読む
Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。