花陽「イソギンチャク」

2 : ◆ndS4LjgmzU 2015/08/09(日) 21:09:25.48 ID:m1/FEZqe0


きっかけはわかりません。
でも気づいた頃には、あなたの顔ばかり見ていて、言葉に聞き入っていて、その姿を目で追っていました。
この気持ちは、絶対に間違いとか気のせいとかじゃないと思うんです。
花陽は…





続きを読む

海未「バレンタインの奇跡」

1 : ◆pEIBQzkZVU 2015/02/14(土) 21:54:53.16 ID:297Rx1Ug0


ラブライブ百合

うみぱなです
今日中になんとか終わらせたい(`・д・´)



2 : ◆pEIBQzkZVU 2015/02/14(土) 21:55:29.93 ID:297Rx1Ug0



海未「…」

花陽「…」

うみぱな「(なんで?!)」

────
───
──

海未「出来ました!!」

海未「これを花陽に渡して……私の気持ちを……」





続きを読む

海未「私たちのライブ」

5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/23(日) 18:46:58.31 ID:AgM/SXcy0



海未 「わ、私と…花陽がですか?」

花陽 「だれかたーすーけーてー!」

凛 「ちょっとまっててーって言いたいところだけど、それはむりなのにゃー」

花陽 「そんなぁ………」





続きを読む

花陽「海未…お姉さま」海未「!?」

2 : ◆P6OlvbwCHo 2014/10/01(水) 12:49:43.45 ID:JIiG3hNN0


皆さんこんにちは、小泉花陽です
今日は私のとっても素敵な先輩を紹介しようと思います


園田海未ちゃん、音ノ木坂学院の二年生

μ'sでは作詞や全体的な練習の指揮を担当していて、絵里ちゃんと一緒にμ'sを引っ張ってくれています





続きを読む

花陽「こうなるまでのお話」

1 : ◆oZf06d53Imn3 2014/08/21(木) 02:25:35.18 ID:xUIeiKsfO


「……どうかしたのですか?」



綺麗な瞳だなぁと思っていました。

虹彩が鮮やかで、きらきらしていて、なんだか宝石みたいだなぁと、ふわふわとした意識の中で考えていました。

「ど、どうしたのですか?花陽?…花陽?」

すると、みるみる内にその瞳が歪んでいきました。なんだかそれさえも美しく思えてしまうような不思議な気分。

けど……

「あぁ、やっぱりどこか痛いのですか?痛かったら素直に言ってください。きっと私の責任です……」

歪んだ瞳はどんどん不安一色に染まっていきます。ようやく、その瞳に見蕩れていた自分に気づいて我に返りました。

――――――――――


花陽「えっ、いや、……えっと」

海未「?」

花陽「なんでもないっ、……です」

花陽「ただ、良いなって……そう、思って……」

海未「そう、ですね」ダキ

海未「誰かが腕の中にいるというのは、こんなに満たされることだったとは知りませんでした」

花陽「……えへへ」ギュウ




これは、こうなるまでの、お話。





続きを読む

花陽「海未ちゃんって完璧だよね」海未「……」

3 : ◆S54RkZf7aI 2014/05/03(土) 06:31:48.02 ID:IMaMiKPt0


花陽「海未ちゃんって完璧だよね」

海未「……」

花陽「容姿端麗! 歌も上手い!」

花陽「気が利いていて、まさにアイドルという……」

海未「…………」

花陽「まさに憧れるようなアイドルだと……」

海未「やめてください」

花陽「……え?」

海未「私をそんなに持ちあげるのはやめてください」

花陽「ただ……本当のことを言おうとして……」

海未「……私はそんな上等な女ではないですよ花陽」





続きを読む

海未「花陽の頭をなでたい」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 22:47:24.09 ID:Ti+YL7abP


凛「かよちーん!」ギューッ

花陽「り、凛ちゃん、いきなり抱き付いてこないでよぉ」カアアアアアアアア

にこ「かよちん!」プニッ

花陽「うひゃぁっ!? ニコちゃんもプニプニしないでぇ!」

真姫「その辺にしておいたら? 花陽も困ってるし」カミノケクルクル

花陽「真姫ちゃん……!」パアアアアアアアア

真姫「もう、怖い人たちよね」ナデナデ

花陽「怖いってわけではなくて困っちゃうだけというか……」エヘヘ





続きを読む
Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ