fc2ブログ









にこ「あれは・・・絵里の携帯?」

1 :名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2015/03/05(木) 18:52:08.26 ID:kYCkRNAf


にこ「はぁ・・・部室に携帯忘れてくなんて。絵里もしっかりしてるようでどこか抜けてるのよねぇ」

にこ「ていうか金髪でスタイルよくて成績もよくて運動できて、なのに以外にうっかりしてるって・・・」

にこ「なにその属性の塊・・・なんか悔しいからイタズラしてやれ」クシシ

にこ「とは言ってもちゃんとロックされてるし・・・」

にこ「2、5、2、5、2、なーんてね・・・ってなんで解除されてんのよ!?」

にこ(し、しかも待ち受けがにこの写真ってどういうことよ)///

ガチャ

にこ「!?」ビクッ

絵里「あ、にこ、まだいたのね。よかった。ねぇ私のけいt・・・」

にこ「」

絵里「・・・も、もしかして・・・見た?」





続きを読む

絵里「これは」にこ「恋ではない」

1 : ◆gDTYF1szXU 2014/11/25(火) 21:52:20.76 ID:gmNfp8uFO


高校を卒業してから、三年が過ぎ、五年が過ぎ。

そして十年の月日が流れた。

私の大学入学直後から始まった恋人関係は拍子抜けするほど順風満帆で。

それ故に次のステップに進むことの出来ない現実が、やり場のない苛立ちを生む。

どんなに愛し愛されようと、世間は私達に恋人以上の関係を与えてはくれなった。

残酷なまでの永遠不変。私とにこの関係とは、そういうものだった。

閉塞しきった関係性に変化をもたらそうと、生活に支障の出ない範囲でやれることは何でもやった。

今も左手の薬指にはお揃いの指輪をはめていたし、親しい友人や家族を招いて結婚式の真似事もやった。

けれどそれでも私達は、変化もなく立ち止まったまま。

相変わらず人前ではキスは愚か、手を繋ぐことさえ躊躇われた。

人前で堂々と愛し合えないことは、十年前のあの日から。

初めから分かっていたつもりでいたけど。

それでも誰からも認めてもらえない私達の生き方は、愛があったとしてもあまりに耐え難い哀しみに覆われていた。

お互いだけが居ればそれで良いと。そう信じて愛し合っていた日々は何処へ消えてしまったのだろう。

これは恋などではなく、ましてや愛でもない。ただの痛み。痛みでしかない。





続きを読む

にこ「鈍感な彼女」

1 : ◆eyH5F3DPSk 2014/08/04(月) 11:26:37.38 ID:PgW48hee0


絵里「あー……生徒会の仕事終わったぁ。少ないから結構すぐにできちゃった」

にこ「お疲れ様」

絵里「……」

にこ「どうしたの」

絵里「今、夏休みよね」

にこ「そうね」

絵里「なんでにこが生徒会室にいるの……?」

にこ「えっ、今更?」




続きを読む

絵里「女の子同士の恋愛ってどう思う?」にこ「はぁ?」

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/09(水) 14:50:10.75 ID:rJ09Huk9o


練習後

穂乃果「あー疲れたー」

花陽「つ、疲れました…」

凛「疲れたにゃー…」

ことり「今日はいつもより一段ときつかったよ~」

海未「ラブライブも近いんですから、これからは多少厳しく行きますよ!」

穂乃果「えー!海未ちゃん酷い!」

海未「なっ…!別に酷くありません!大体穂乃果はいつも…」

ことり「ま、まあまあ海未ちゃん」





続きを読む

【ラブライブ!】絵里「にこの誕生日」

2 : ◆TJ9qoWuqvA 2014/07/17(木) 20:44:18.06 ID:FiBgMWurO


希「えりち」

絵里「なによ希、授業中よ?」

希「にこっちの誕生日の準備、そろそろせんと」

絵里「まだだいじょう……はっ! もう、来週じゃない!? 迂闊だったわ!」

先生「おーい、生徒会コンビ。少し静かにー」

にこ(なに話してんのよ。本人に丸聞こえよ)ハァ





続きを読む

にこ「絵里は黙ってれば賢く見える」

1 : ◆eyH5F3DPSk 2014/07/13(日) 21:19:19.12 ID:XscbuIV20


絵里「……」

にこ「……」

絵里「あっ」

にこ「え?」

絵里「シャーペンの芯が床の隙間に入った……」

にこ「……真面目な顔して何してたのよ」

絵里「芯を先から入れようとしてたの」





続きを読む

絵里「にこの未成熟なペリメニを思う存分ハラショーしてしまったわ……」

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/22(日) 23:04:56.40 ID:guOgFyjv0


生徒A「綾瀬先輩っ、今日もμ'sの練習ですか?お疲れ様ですっ!」

生徒B「ラブライブ出場、おめでとうございます!応援してます!」

生徒C「あ、あのあのっ……さ、さささサインくださいっ……!」

絵里「ええ、いいわよ?」サラサラ

絵里「いつも応援ありがとうね」ニコッ

生徒A・B・C「は、はいっ!あああありがとうございますー!」





続きを読む

にこ「夏の肝試し!にこ☆」

1 : ◆UFNnDwMYPk 2014/06/05(木) 19:52:10.20 ID:ntAH9Wa60


「きゃあーーー!?」



静かだった森の中



突然絵里ちゃんの叫び声がこだまする






その絵里ちゃん本人は――――



にこのすぐ隣―――――ていうかにこにしがみついてるの




※人によっては不快に感じる内容が含まれる可能性があります。ご注意ください。





続きを読む

絵里(はぁ…何か頭が重いわね)

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/17(土) 08:12:29.47 ID:8PuescQN0


海未「はい、1、2、3、4って凛ちょっとテンポが早すぎます!」

海未「絵里はちょっと動きが遅く・・って絵里大丈夫ですか!?」

絵里「平気よ」ハアハア

希「平気って言っても顔が真っ赤やで。休んだほうがええんとちがう?」

絵里「まだ練習始めたばかりじゃない。いいから、練習続けましょう…」

絵里「(こんな所で休んでたら予選何か突破できないんだから。多少無理してでも…)」

にこ「…」





続きを読む

にこ「絵里と付き合いたい」

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/21(土) 09:12:52.37 ID:z20W0FUU0


- 3年生教室 -


にこ「これは随分前から考えてきたこと」

にこ「にこはアイドルだから、恋愛はダメ」

にこ「でも、それを踏まえた上でも…アイドルより、絵里のことが好きっていう感情の方が、強い」

にこ「にこのアイドル精神に勝つくらい、好きなのよね…」

にこ「もう、突き進むしかない…わよね」

にこ「…どうすればいいのかしら」

にこ「まあ問題は、どうアプローチするかよね…」ブツブツ

にこ「とにかく、考えるより行動したほうが早いわね」

にこ「絵里はどこにいるかしら…」キョロキョロ

希「にこっち、そんなにキョロキョロしてどないしたん?」

にこ「うわぁっ!?…希、びっくりさせないでくれる!?絵里を探してんのよ」

希「絵里ちやったら、生徒会室におるよ。カードがうちにそう告げてるんや!」

にこ「あんたのカード、ほんとに万能ね…ともかく、行ってみるわ。ありがと、希」

希「うん、大丈夫や~」バイバイ

希「にこっちは、絵里ちのことが好きみたいやね…カードがうちにry」






続きを読む
Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ