☆伊織「た、貴音が欲しい!……んだけれど」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/04(水) 00:26:21.10 ID:ctSpWt0Y0


「ん……」

貴音の匂いがする。
柔らかで、花のような、甘い香り。
「ふふっ、どうしたのです。いきなり抱きついたりなどして」
「……別に、何でもないわよ」
「そうですか」
「でも、特別にもう少しこのままでいてもいいわよ」
くすくすと鈴の音のような笑い声がする。
おデコをかきあげるように、驚くほど冷たい貴音の手の平が這う。

見上げると、貴音は寂しそうに満月を眺めていた。月明かりが横顔を照らしてる。
「……一度しか言わないから、よく聞きなさい」

私の欲しいものは手に入った。
「貴音、ずっと私の、その、傍にいなさい……よね」





続きを読む
Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ