【カレイドスター】そら「今夜の すごい 相手」

1 : ◆/BueNLs5lw 2015/01/04(日) 20:17:28.12 ID:Eb81FKCZ0


そらとレイラさん 百合 エロ 書きためなし
いくとこまでいく予定ですのであしからず



オレンジの照明へ吸い込まれるように彼女は飛んでいた。
飛ぶ、という表現が人間に適しているかは分からないが、
彼女の演技を見た者ならば、一度は錯覚する。

そらの背中にある――翼を。

「レイラさん!」

上空から舞い降りてくる少女。3回宙返りした後、マットの上に見事なバランスで着地した。
はっとして、私は声の方を見やった。

「そら、演技は見事だけれど、意識が集中できていないわね。何を考えて演技していたの?」

「え?! い、意識ですか?」

そらは驚いた顔で、唇を尖らせた。

「ええ、そうよ。まさか、私に見られて緊張していたなんて……」

「ち、違います違います!」

「そうよね。じゃあ、ダンスパーティーのことかしらやはり」

「う……」

「見知らぬ男性と踊るなんて、今に始まったことではないでしょ?」

「で、でも」

「もしかして、ユーリの言っていたこと気にしてるんじゃないでしょうね」

「あう……」

「確かに中には婚約者を求めて来る人もいる。でも、私たちが最高のパフォーマンスをするのと何か関係がある?」

「レ、レイラさんは、私がそういう目に合ったらどうしますか……?」

「祝福するわ」

「で、ですよね」

「ほら、バカなこと言ってないで」

「は、はい!」

私こそ、そらの演技に集中できていたのか。
その疑問を悟られぬように、

「もう一度、やってみましょう」

「はい!」

「これが終わったら、パーティードレスに着替えるわよ」

「は、はい!!」





続きを読む
[ 2015/01/05 07:00 ] カレイドスターSS | コメント(9)
Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ