スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

【ゆるゆり】綾乃「観覧車」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/20(金) 00:22:17.84 ID:b4qt7MSMo


気が付くと、そこはいつもの観覧車乗り場だった。


私の目の前で、色とりどりのゴンドラが音もなくゆっくりと右からやってきては左に動いていく。


もやついていた視界がだんだん晴れてくる。私は顔ごと上を見上げた。


大きな大きな観覧車が、静かに確かにそびえ立っていた。



一体何本あるのかもわからない、綺麗に組まれた白と赤のスポーク。自転車のタイヤのようなそれは、近づいて見ている分には動いているのを感じさせないくらい、ゆっくりゆっくりと回っている。


右から赤いゴンドラがやってきて、私の前ですっと止まった。


私の番がやってきたのだ。もう何度乗ったか知れないのに、観覧車に乗る前のこのドキドキというものは、いつまでも薄れることなく胸を高揚させてくれる。


きぃ、と開いた大きなガラス張りの扉。まだ静止せずにちょっとだけゆらついているゴンドラに乗り込み、赤いシートに腰掛けた。


クッションがちょっと硬めのシート。昔から変わらないこの感じが、とてつもなく懐かしい。


ゴンドラの中には、ほんのり甘いにおいが漂っていた。これは……キャラメルシュガーの香り。きっと前に乗った子供が持ち込んだポップコーンか何かの匂いだろう。今私が乗ろうとしたときは、誰も降りてこなかったけれど。


この観覧車のゴンドラは、いつだって甘い匂いがしていた。


閉まる扉の外で、発車のベルがじりじりと鳴る。そっと胸に手を当て、扉とは反対側の窓の外を眺める。


ゴンドラの天井部から、オルゴール調のメロディがかかる。


音色は綺麗なのに、どこか曇っていて古っぽくなっている音。これがこの観覧車が動き出した合図だ。外の景色もゆっくりと動いていく。





続きを読む
スポンサーサイト

綾乃「星に願いを」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/07(火) 16:11:58.51 ID:W/O6REv/O


京子「ほいっ、綾乃も!」

綾乃「きゃっ!」


ノートを整理している私の視界が、突然桃色に覆われた。

びっくりして見上げると、歳納京子が屈託のない笑顔で私に桃色の紙を差し出してきていた。


綾乃「な、なに?」

京子「綾乃のお願いをこれに書いて! ごらく部の笹に飾るからさ」

綾乃「お願い……?」

京子「たーなーばーた! 明日だぞ~?」


桃色の紙の正体は短冊だった。聞くところによると、ごらく部室に小さな笹を設置したので、歳納京子が周囲の人に短冊を配って願いを書いてもらい、その笹に飾るんだそうな。

七夕のことは忘れてるわけじゃなかったけど……中学生にもなって、心から楽しみでいられる行事というわけでもないだろう。ちょっとだけ呆れてしまった。





続きを読む

綾乃「抑えきれないきもち」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/10(日) 20:49:02.65 ID:BU76wwRo0


綾乃「ねえ、歳納京子」

京子「……綾乃、さすがにもうフルネームはやめにしない?」

綾乃「あっ……そ、そうよね! じゃあ……えと」

京子「 “京子” でいいよ?」

綾乃「きょ、京子……///」

京子「ふふ、綾乃……///」


私たちは今、正式にお付き合いしています。





続きを読む

京子「綾乃、誕生日おめでとう!」

1 : ◆2tw7Ji6IluEW 2014/01/20(月) 22:58:48.30 ID:s1dB1Xkc0


綾乃「あ、ありがとう、歳納京子!」

京子「それでね、綾乃に伝えたいことあるんだ」

綾乃「え?!」

京子「私、綾乃のことが……」



チュンチュン

綾乃「夢!?」ガバッ





続きを読む

京子「大晦日!」

2 : ◆2tw7Ji6IluEW 2013/12/31(火) 22:26:12.00 ID:wxYB48120


12/31 14:30

~歳納家~

京子「うーん、暇だなぁ」ゴロゴロ

京子「親は初日の出見に行くって言って、旅行いっちゃったしー」

京子「結衣は『実家に帰るから遊びにきても無駄だぞ』って言ってたしー」

京子「あかりんちとかちなつちゃんちとかもいろいろ忙しいだろうから行くわけにもいかないしー」

京子「あー、大晦日ってすごく暇ー」ゴロゴロ

京子「……とりあえず、何か買ってくるか」ムクリ





続きを読む

京子「綾乃って私のこと好きでしょ?」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 02:59:38.70 ID:82TXbT47P


綾乃「そ、そんなことないわよ」

京子「ほんとにー?動揺してるじゃん」

綾乃「ほんとにそんなことないってば」

京子「そうなんだ」

京子「じゃあ私のこと嫌いなの?」ウルウル

綾乃「なっ…」





続きを読む

綾乃「歳納京子……好き…zzz」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/27(金) 23:19:06.43 ID:fgTrr0HG0


先生「杉浦!授業中に居眠り居眠りするんじゃない!」

京子(綾乃、今、私の事…)ドキドキ

千歳「綾乃ちゃん大胆やわぁ」ブハッ

結衣「千歳しっかりしろ!」





続きを読む

京子「二人で過ごすクリスマス」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 21:23:54.86 ID:C4QdqQYJ0


京子「結衣、クリスマスはどうするの?」

結衣「ん~、何も考えてない」

結衣「あかりたちには聞いたのか?」

京子「あかりとちなつちゃんはさくっちゃんとひまっちゃんと一緒にパーティーするんだって」

結衣「そっか…」

京子「ねえ結衣。私たちも綾乃と千歳誘って一緒にパーティーしようよ」

結衣「お、いいな」

京子「うん。じゃあ綾乃と千歳に聞いて来る」

結衣「私も行くよ」





続きを読む

京子「プリンとプリント!」

1 : ◆Tina2b6i.2 2013/08/11(日) 23:43:58.65 ID:ldidmEVE0


-生徒会室-

京子「……」パクッ

京子「プリンうめぇ!」

京子「まったく…こんな美味しい物を独り占めなんて許せんな!」

京子「京子ちゃんが全部…」

ガチャ

京子「あっ」

綾乃「えっ?」





続きを読む

京子「風邪かぁ…」

1 : ◆Tina2b6i.2 2013/08/04(日) 19:48:33.17 ID:UHyz1KP80


-学校-

ガラッ

京子「とうっ!」バッ

キーンコーンカーンコーン

結衣「おはよう京子」

京子「おはよー! いやー、ギリギリセーフ!」

結衣「寝坊?」

京子「うん、昨日遅くまで原稿書いててさー」

京子「いや…この場合は今日になるのか…?」

結衣「どっちでもいいけど、とにかく体には気をつけろよ」

京子「わかってるって」





続きを読む
Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。