ちなつ「切れた電球を今」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/30(土) 00:56:06.07 ID:NYPOpsNEo


京子「ちなつちゃーん、劇の台本書いて見ない!?」

 9月も半ばに入り、夏休みボケも少しずつ抜けて来て、本格的に秋めいて来た今日この頃。
 一足先に部室に着いた私が、今日のお茶は緑茶と麦茶どっちにしようかなんて考えていると、
 京子先輩がそんなことを叫びながら慌ただしく部室の戸を開けた。

ちなつ「なんですか、藪から棒に」

 あまりにも唐突な問いかけに、私はびっくりして手に持っていた湯のみを落としそうになり、
 京子先輩に非難の視線を向ける。

京子「ああ、ごめん、あのね……」

 京子先輩は特段悪びれた様子もなく、ゆっくりと私の正面に腰を下ろした。
 余程急いで走って来たのか、ぜいぜいと息を切らしている。

ちなつ「そんなに慌てて、よっぽど重要な要件なんですか? 今のって」

京子「いや、結衣とどっちが早く部室に着くか競争してたんだけど、結衣がのってこなくて……」

 それじゃ勝負になってないじゃないですか、という突っ込みを飲み込んで、私は立ち上がってお茶を取りに行く。
 今の話のとおりなら、すぐに結衣先輩も部室に着くはずだ。
 時間もなさそうなので、取り敢えず麦茶の容器を持って部屋に戻る。





続きを読む

ちなつ「消えていく罪悪感」あかり「満ちていく幸福感」

1 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/08(金) 20:30:03.00 ID:b9L3NlrG0





ちなつちゃんには、ずっと前から後悔していることがあったようでした。

あかりとちなつちゃんがお付き合いを始める前も、始めてからも、それは同じことだったみたいです。

あかりは気にしてはいないと思っていたけれど、ちなつちゃんが何かを気にしている、ということだけは、ずっと気にしていたのかもしれません。







(結衣先輩のことを知りたいなんて言って、暴走しなければ)

(他の人との本番の練習台だなんて言わなければ)

(あんな風にあかりちゃんの初めてを奪わなければ)

(あかりちゃんは私に対しても、もっと躊躇せずにいられたかもしれないのに)

(私たちの関係が違っていて、言いたいことをもっと言い合える関係になれたかもしれないのに)







そのわだかまりを解いてあかりたちが仲を深める日は、思ったよりも突然にやってきました。






(···こんな、何番煎じなんだろうかという感じのSSです。R-18要素が入りますが、それでもよろしければどうぞ)





続きを読む

【ゆるゆり】ちなつ「私の、気持ち」

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/20(火) 20:10:36.01 ID:PDBogsDzo


暑いのが苦手な私にとって、秋は本当に過ごしやすい季節。
どこか切ない空気を含んだ風がすうっと流れて、まるで私の気持ちを代弁してくれてるみたい。

かさかさと乾いた音を立てて滑っていく枯れ葉達。

寒い冬を必死に堪えて、暖かい春には眠い目をこすりながら、慌てて咲いて。
咲き誇れる時間は短くても、精一杯「ここにいるよ」って主張して、花粉を飛ばして。

来年咲き誇るであろう子供達のために、少しでも元気を絞り出して、絞り出して。
精一杯頑張ったら、「あとはよろしくね」って、地面に落ちて休むの。

今の姿は、いっぱい頑張った証。
だから私は、枯れた花でも美しいと思う。





続きを読む

あかり「あかりあかりあかり」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/31(月) 19:15:24.34 ID:PisuKbHbo



春。

せっかくの入学式だというのに、町は白銀一色に染められていて、
はぁ、と吐いた息は白く曇ったと思うと、次の瞬間には儚くも消えていく。

仕舞われないままのマフラーを首にまいて家の外に出ると、
桜色のもふもふを揺らしながら一人佇む、少女の姿が目に入った。

あかりは少女にフリフリと手を振りながら「おはよ、ちなつちゃん」と挨拶すると、
少女もそれに答えるようにして「おはよう、あかりちゃん」と挨拶を返してくれる。

こうして二人きりで登校するようになったのは、いつ頃からだったか。





続きを読む

【ゆるゆり】(続)ちなつ「クラスに可哀想な子がいる」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/31(日) 14:04:05.43 ID:NmqbUnKQo


5/16に投稿した以下SSの続きを書きました。
お付き合い頂ければ幸いです。

【ゆるゆり】ちなつ「クラスに可哀想な子がいる」
http://lilymate.blog.fc2.com/blog-entry-4504.html



2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/31(日) 14:07:04.78 ID:NmqbUnKQo


気が付くと、ちなつは自室のベッドの上だった。

部屋の掛け時計は、10時前。

ちなつ「・・・げ」

ちなつ「やば、完全に遅刻!
    あぁんもう、なんで誰も起こしてくれないのよ~!」


急いで飛び起きたが、窓の外は真っ暗だ。


ちなつ「・・・夜?
    あれ? 私なんで寝てなんか・・・」





続きを読む

ちなつ「あかりちゃんと……」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/14(土) 17:06:12.32 ID:MyLzmyjn0


~ちなつ宅~

ピンポーン

ともこ「はーい」

ともこ「あら?あかりちゃん」

あかり「えへへ…こんにちは」ペコリ

ともこ「あかりちゃん~」ナデナデ

あかり「ちなつちゃんいますか?」

ともこ「ちょっと待っててね」





続きを読む

あかり「あかり...できちゃったみたい...」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 16:34:49.44 ID:5ZGJZ1Kk0


京子「あかりー新しいミラクるんの同人誌書いたんだ」

あかり「ホント?どんなの?」

京子「ふっふっふっ…今回は特別にあかりを読者第一号にしてやろう」

あかり「わーい!京子ちゃんありがとう!」





続きを読む

ちなつ「あかりちゃんの泣き顔がクセになっちゃった」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/03(日) 16:28:28.04 ID:5PyuUuKN0


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ちなつ「あかりちゃん、キスしよ」

あかり「ええええ!!」

あかり「ちょ、ち・・・ちなつちゃん、あ・・・ん~・・・」

ミーン ミーン ミーン
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ちなつ(あの日以降、あかりちゃんの泣き顔にゾクゾクするようになったわたし)

ちなつ(また見たいな・・・)

ちなつ「そうと決まれば行動あるのみ!チーナ頑張っちゃいますよ」





続きを読む

ちなつ「あかりちゃんの手って小さくてかわいいね」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27(日) 20:22:58.69 ID:xsOORsf60


あかり「そう?」

ちなつ「さわっていい?」サワサワ

あかり「くすぐったいよぉ」

ちなつ「じっとしてて、あかりちゃん」ムニムニ

あかり「ち、ちなつちゃーん」

ちなつ「細くてきれいな指だね」

あかり「ちなつちゃんの指もきれいだよぉ」

ちなつ「あかりちゃん静かにしてて、集中したいの」プニプニ

あかり「ええ~っ!」ガーン





続きを読む

あかり「あるがままに」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/16(月) 20:05:15.12 ID:QoMWBo2A0


~赤座家~

ちなつ「ごめんね、今日もいろいろ相談に乗ってくれて」

あかり「ううん、全然大丈夫だよぉ」

あかり「また相談したくなったら我慢せずに話してね」

ちなつ「うん、ありがと」

ちなつ(あかりちゃん、やっぱりやさしいなあ)





続きを読む
Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ