スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

美希「大変なことになったの!」亜美「どちたの?」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/28(木) 00:00:20.81 ID:X5EqWH8l0



美希「亜美!いいところに来たの!大変なの!」

亜美「ミキミキがこっちに来たんじゃん…で、どちたの?」

美希「大事な話だから心して聞いてほしいの…」

亜美「う、うん…」ゴクリ

美希「ミキは今まで…ずっと真クンのことが好きだったの」

亜美「そだね→、ミキミキの激しい攻めにはまこちんもたじたじだったもんね」

美希「そうなの!でも、最近は違うの!」

亜美「違う?」

美希「真クンが一番好きじゃなくなったの…!」

亜美「ええ→っ!?」ガーン





続きを読む
スポンサーサイト

美希「雪歩は真くんが好きなんだから」

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/05(土) 11:52:48.15 ID:7VyeyH9X0



「うわぁ…!今のウィンクのところ可愛いかったよ、雪歩!」

「えへへ……そんなことないよぉ」

 事務所のテレビで私の出た音楽番組の録画を観ている。

 今日の仕事を終えた後のひと時の休息。ソファに座る私の隣には真ちゃんがいて、私の踊り歌う姿に無邪気に感想を言ってくれる。

「はぁ…ボクも雪歩みたいにかわいい女の子になりたいなぁ……」

 一通り録画を見終えると真ちゃんは物憂げにため息を吐いた。

 真ちゃんに「かわいい」なんて言われると体がムズムズして顔が熱くなってしまう。

「そんな、私なんて……それに真ちゃんは……」

(かわいいよ)と、言い切る前に事務所の入り口のドアが開く音がする。

 そして、直後に特徴的な語尾を付けた挨拶が耳に届いた。





続きを読む

小鳥「ピヨー!ついに届いたわよ!」 雪歩「どうしたんですか?小鳥さん」

1 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/18(月) 00:00:12.99 ID:IK7MhzmC0




小鳥「ピペペ…雪歩ちゃん!これがついに届いたのよ!」


雪歩「これって………なんですか?お饅頭みたいですけど…」


小鳥「ええ、お饅頭よ。でもね、この饅頭にはね“正直になる薬”が入ってるの!」


雪歩「しょ、正直になる薬…ですか?」


小鳥「そうよ!これを食べればどんな人だって途端に自分に正直になっちゃうの!」


雪歩「す、すごいですぅ!」


小鳥「これをプロデューサーさんに食べさせれば…」


P『小鳥さん、好きだ!』


小鳥「ピペペ…プロデューサーさんったら!」


雪歩「えー…」

続きを読む

春香(つい、事務所のロッカーに隠れてしまった……)

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/29(金) 00:00:15.10 ID:bGYYNcpgo


ちはまこゆき「ワイワイキャッキャ」

春香(……出づらい)

春香(特にやましいことをしてたわけじゃないけど、驚いた勢いで隠れちゃった)

春香(今から出るのも、なんだかおかしいし)

春香(ロッカーの隙間から様子を伺えてしまうポジションというのも相まって)

春香(さっきからおとなしく会話を聞いてしまっている)





続きを読む

小鳥「百合レンズ」 【春香】

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/22(日) 22:06:57.83 ID:F/f/J90y0



はるちは


春香「ちーはやちゃん♪ おかし作ってきたから一緒に食べよー?」

千早「…………」シャンシャン

春香「……? あ、音楽聞いてて聞こえないのかな? ……じゃあ」

春香「えい、隙あり!」ダキッ

千早「きゃっ……は、春香!?」

春香「えへへ、千早ちゃんびっくりした?」ギュー

千早「……もう、いきなり後ろから抱き着かれたらびっくりするわ」

春香「どっきり大成功ーお菓子作ってきたから一緒に食べよ?」ギュー

千早「本当? それは楽しみ……もう、春香。いつまで抱き着いてるつもり?」

春香「いや、なんかこの状況が思いのほか居心地がよくって離れづらく……千早ちゃんは嫌?」ギュー

千早「嫌……なわけじゃないわ。でも、その……春香の息が耳にかかってくすぐったいの」

春香「やーもう千早ちゃんかわいー!」ギュー

千早「んっ……もう、痛いわよ春香」ニコッ


千早ちゃんも春香ちゃんもすごく笑顔で王道です。





続きを読む

美希「春香!はるかあああああ!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/26(土) 21:59:05.23 ID:pwuJfNsx0


美希「ああん!春香、はるかああああ!」ドーン

春香「え、ちょ、美希……きゃあ!」

美希「春香!今日も可愛いの春香!あふぅ!あふぅ!」グリグリ

春香「ちょ、やめて!顔を押し付けないで!」

美希「春香、今日もミキお仕事頑張ったんだよ?褒めて?褒めて?」

春香「美希!一旦離れて!ホントに!一旦!」

美希「ヤなの!ヤなの!」





続きを読む

美希「ひ~び~き~!」貴音「響!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 23:52:13.25 ID:K9kwKYjY0


765プロ/昼過ぎ

美希「ひ~び~き~あ~そ~ぼ~」グデ―ン

響「いいよ」

美希「え?いいの!?」ガバッ

響「うん」

美希(なんてこったいダメもとで聞いたらオッケーだったの!これは機嫌がいいからなのかな、そうだとすると普段はしてくれないあんなことやこんなことも・・・)ニヤァ

響「・・・」





続きを読む

千早「春香と暮らしたい」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/12(土) 22:09:23.44 ID:Gc0wA2wc0


千早「律子、ちょっといいかしら」

律子「どうしたの?」

千早「引越しの件なのだけど」

律子「ああ、それね。親御さんはどうだって?」

千早「どうもなにもないわ。必要な書類だけ回してくれればいい、と」





続きを読む

美希「春香のほっぺプニプニ~」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 00:28:24.08 ID:yvzUP/xU0


美希「プニプニ~」ツンツン

春香「?どうしたの?美希」

美希「……」

春香「……美希?」

美希「ぷにぷに~」ムニムニ

春香「ひょ、ひょっとみひ……」

美希「……」

春香「……」

美希「えへへ」

春香(あっ、かわいい)





続きを読む

美希「ひ~び~き~」貴音「響」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/15(日) 23:28:23.49 ID:pxpcrR7/0


765プロ/昼

美希「ねえねえ響」

響「どうしたんだ?」

美希「暇なの」

響「そうだな」

貴音「響」

響「どうしたんだ?」

貴音「暇です」

響「そうだな」





続きを読む
Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。