【ゆるゆり】向日葵「キスで妊娠する薬?」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/12/23(金) 19:58:21.28 ID:lTXfeBoUo



【理科室】

櫻子「今日はー…って、誰もいない」

向日葵「あら、会長理科室にいると思ったんですけれど」



2 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/12/23(金) 19:59:34.47 ID:lTXfeBoUo



櫻子「おっ、こんな所にラムネがあるじゃん。いただきー」ヒョイパク

向日葵「困りましたわね。会長は一体どこに…」

櫻子「向日葵もラムネ食べるー?」

向日葵「あら、ありがとうございます」パク





続きを読む

【ゆるゆり】櫻子「決闘だ!」 向日葵「望むところですわ」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/07(水) 20:51:18.59 ID:JzU/1s7ao




(教室)

櫻子「・・・ほぉーう」







2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/07(水) 20:52:13.00 ID:JzU/1s7ao




櫻子「向日葵さん。私の前世がまな板とは、それはどういう意味ですかなぁ~?」

向日葵「言った通りの意味ですわ。胸に手を当てて考えてみなさい」


向日葵「ああ、手を当てる胸がありませんでしたわね」

櫻子「くっ・・・!」





続きを読む

櫻子「秘めた思いを胸に埋めて」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/08/26(金) 03:56:59.16 ID:lzrMbCof0



「……」カキカキ


「……櫻子。そこの解答、間違ってますわよ」


「えっ……あ、ほんとだ」


「まったく、また同じミスをしてますわね。ちゃんと見直しをしなさいって、いつも言っていますのに」


「う…うっさいな、分かってるよ」




ここは櫻子の部屋の中。真ん中に置いてあるテーブルの傍に、二人は揃って座っていた。


学校の帰り道、櫻子が今日出された宿題を手伝ってほしいとせがんできたので、ここに来ることになったのだ。


櫻子は私のライバルと言うべき存在だ。別に誰かが決めたわけではないのだが、その櫻子が宿題の提出もままならないようでは、ライバルも務まらない。


そんな、ほとんど言い訳でしかない言葉を並べて、私は櫻子の面倒を見てやるのだった。





続きを読む

【ゆるゆり】櫻子「忘れてた・・・」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/16(木) 17:58:22.86 ID:vwB4JU/w0




あかり「向日葵ちゃん、お誕生日おめでとー」

ちなつ「おめでとー」

向日葵「赤座さんに吉川さん、ありがとうございます」

櫻子「・・・」





続きを読む

櫻子「向日葵。誕生日おめでとう!」

1 : ◆xW69XHZIXl2A 2016/06/16(木) 03:42:54.15 ID:UZDetoLg0


■1ヶ月前

ちなつ「え? 向日葵ちゃんへの誕生日プレゼント?」

櫻子「うん。何が喜ぶと思う?」

ちなつ「うーん、そうだね……」





続きを読む

向日葵「私に宿る思いの種が、育って姿を現わす時」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 22:11:18.55 ID:HU3aRO4z0



「うわああーん……、どこにも――ひっく、ないよぅ……」

「こんにちは――って、ひまちゃん……?どうしたの?」

「うえええん……、あ、うっ、あのね……」

「……??」

「わたしのかみどめが、うっ……、どこかにいっちゃったんだ……」

「そうなの……?」

「うえええん……」

「わかった!ひまちゃん、なかないで!」

「さ、さーちゃん……」

「わたしもいっしょにさがしたげる!」

「うう、でもぉ……。うううっ……。もしみつからなかったら……」

「えっ!?」

「わたし、そんなのいやだぁ……」

「えーと……」

「ううう……うえええん……!」





続きを読む

向日葵「最近夢にも櫻子が出ますの」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/03(木) 00:28:27.32 ID:fix3XWLk0


撫子「ひま子、ご機嫌だね」

向日葵「やはり顔に出てしまいましたか」

撫子「なに? なんかいいことあったの?」

向日葵「えぇ、実は今朝すごく素敵な夢を見まして」

撫子「へぇどんな」

向日葵「話すと長くなるんですが――」





続きを読む

向日葵「チョコを作りますわ」 櫻子(あれ?向日葵のほっぺにチョコが……)

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 18:22:42.04 ID:MSiVmQ3T0




向日葵(今日はバレンタインデー、なので今からチョコレートを作っているのですが……)ザクザク

向日葵(なかなか骨が折れますわね……クッキーとかのほうが良かったかしら……)ザクザク

ピンポーン

向日葵「?どなたかしら……」

ガチャ

櫻子「お、向日葵、この櫻子様が遊びにやってきたぞ」

向日葵「……はぁ」





続きを読む

【ゆるゆり】向日葵「クリスマス大作戦」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/19(土) 23:20:49.48 ID:RzCUCNiXo


先日放送された「なちゅやちゅみ+2」のワンシーンを見て思いついたひまさくです。

お付き合い頂けると嬉しいです。



2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/19(土) 23:22:00.41 ID:RzCUCNiXo


クリスマス。

本来はキリストの誕生日なのだが、今の向日葵にはそれどころではなかった。

向日葵は今、クリスマスに向けての重要ミッションの真っ最中。

料理は既に下ごしらえまで済ませ、部屋の飾りつけまで終えているが、ただ一つだけ足りていないものがあった。

メイン・ディッシュ。

パーティの主役であり、それがないと始まらないのだ。





続きを読む

櫻子「みんなで作る光のパズル」/向日葵「葉桜の季節」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/13(日) 19:35:59.04 ID:28Y7hCbSo


このおはなしは、


向日葵「ずっと一緒に」
http://lilymate.blog.fc2.com/blog-entry-4714.html


の番外編と、その後日談です。

ぜひ上記のものを先に読んでから、こちらもお楽しみください。



2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/13(日) 19:37:58.19 ID:28Y7hCbSo


【櫻子「みんなで作る光のパズル」】



「そっか……おめでとう。よかったね……よく頑張ったね」


三月下旬の、まだ少し寒さが残っているとある夜。撫子はベランダの窓を開けて柵に肘をつき、夜空を見ながら電話の向こうの女の子を何度も褒め称え、労いの言葉をかけていた。

話している相手は撫子の妹さんの幼馴染であり……もちろん撫子とも親交の深い、本当の妹同然の女の子である、向日葵ちゃん。

向日葵ちゃんは今日が受験した高校の合格発表日だったらしい。ならば今日という日はきっと色んな人に合格した旨を伝えるので忙しかっただろう。だからこそゆっくり話のできるこの夜を選んで撫子にかけてきているのかもしれない。


「え、不安……? 心配ないってひま子なら。面倒見のいい学校だからさ、そんなに張りつめなくても普通にコツコツやってれば大丈夫だよ」


撫子は半分だけ振り返って私の方を見た。「だよね?」とでも言いたげな目で訴えられた私は、同じようにして視線だけで「そうだね」と返す。


「うん……うん。とにかくおめでとう。私も何か合格祝いしなきゃね……いいよいいよ遠慮しなくても。ゴールデンウィークあたりはそっちに帰れるかもしれないから、その時にでもさ……うん」


賞賛の言葉を何度もはさみながら、撫子はゆっくりと電話を切った。室内に戻り扉を閉め、私の目の前に座る。


「受かってたんだ」

「うん。まあひま子なら絶対大丈夫だと思ってたけど……」


撫子は安堵と喜びを織り交ぜたように微笑んでいたが、その目にはどこか心残りなことがあると思わずにはいられなかった。


「……どうしたの?」

「ん、いや……これでひま子と櫻子は、本当に違う道を歩むことになっちゃったんだなって思って……」

「…………」





続きを読む
Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ