スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

澪「聖なる夜に」

2 :名無し 2012/12/24(月) 21:38:44.90 ID:zajLGDS80


今日は、12月24日。クリスマス・イヴ

けいおん部の皆と私の家でパーティーを開いた。

パパとママも旅行で居ないため、大はしゃぎ。

ケーキを食べあったり、プレゼント交換をしたりと盛り上がり夜は更けていった。


律「もう遅いし、澪の家泊まっていこうぜ」

紬「お泊り!良いわね」

梓「でも、着替えとかどうするんですか?」

紬「ご心配なく、家のメイドに用意させるわ」

唯「さすがムギちゃん」

律「良し、決定だな」





続きを読む
スポンサーサイト

梓「にゃんにゃん」


http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1345695578/


2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/08/23(木) 13:21:12.77 ID:Jv6wopRjo


子猫「にゃー」

律「おっ、子猫だ」

澪「本当だ」

その日私は、澪先輩と律先輩と一緒に帰っていた。

3人で公園近くを通りかかった時、一匹の子猫に出くわした。

梓「あれ?この猫、脚怪我してますね」

律「脚引きずってるし、血が出てるな」

澪「そこの公園で、洗って上げて軽く手当てしてあげよ」

梓「澪先輩、血見るの大丈夫なんですか?」

澪「苦手だけど、このままじゃ可愛そうだし」

梓「そうですね」




続きを読む

澪「梓と夏のひととき」


http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1342960922/


1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/07/22(日) 21:42:04.16 ID:UwEJ8CSSO



~秋山家

ジ-ワジ-ワ・・・

澪「んーっ、休みに出ていた宿題を終わらせたらもうお昼ごろ、か」

澪(ちょうどそろそろ来る時間だけど、今日は一段と暑そうだ……大丈夫かな)

ピンポ-ン

澪「お、来たか? 今出まーす」

トットットッ

澪「はい、どなたですか?」

「あっ澪先輩? 私ですっ!」

澪「ん、了解っ」

ガチャ

澪「梓、待ってたぞ」

梓「澪先輩、今日は呼んでいただいてありがとうございますっ」

澪「いやいや、今日はパパが泊まりの仕事でいないし、ママも夕方まで帰ってこないから暇なんだ」

梓「でも、澪先輩のほうから呼んでいただけてすごく嬉しいです」

澪「ふふっ、私も梓と一緒に過ごしたかったから来てくれてすごく嬉しいぞ」ナデナデ

梓「えへへ……」

澪「さ、上がって? 外は暑かっただろうしさ」

梓「はい、おじゃましますっ」




続きを読む

梓「おっぱい大きくするにはどうすればいいかな」


http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1334343762/


2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/04/14(土) 04:05:29.48 ID:sNuONUuSO



~放課後・2年教室~

純「へっ?」

梓「だから、おっぱい大きくするにはどうすればいいかなって」

純「あのね、そんなこと聞かれても私にはどうしようもないでしょうよ」

梓「私がほしいのは意外性のある意見なのっ、行き詰まってる事態を解決するのは偶然がけっこう多いんだから」

純「ははっ、なるほど……って梓、私のこと何気に馬鹿にしてるでしょ?」

梓「それは半分否定しないけど」

純「ぜんぶ否定しろっ!」

梓「はいはい、ぜんぶ否定するから。だから純先生の意見をおひとつ私にくださいませー」

純「うわひどい棒読み……まあいいや、じゃあさ、そういうのはやっぱり」

梓「う、うん」

純「澪先輩にいっぱいもんでもらうのがいーんじゃない?」ニヤニヤ

梓「!? なっ、なんで澪先輩が出てくるのよっ!」

純「そりゃ、梓が好きな人にもんでもらうのが一番に決まってるじゃない」

純「それに……ここだけの話、澪先輩とはこっそり付き合ってるんでしょ?」




続きを読む

梓「猫耳!」


http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1323265031/


1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/12/07(水) 22:37:11.54 ID:Xf/qdkMs0


唯「何だろうね、この箱?」がさごそ

律「大事そうに仕舞ってあるな」

紬「お札みたいなのが貼ってあるわね」

澪「止めとけって、倉庫の中の物勝手に弄るの」

梓「そうですよ。開けるなって書いてあるし」

律「大丈夫だって、もしかしたらさわちゃんのギターみたいに貴重な物が入ってるかも知れないぜ?」

梓「50万円?!」

梓「ふふ、開けてみましょうよ」




続きを読む

梓「私がボーカル?」


http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1335281687/


2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/04/25(水) 00:36:46.84 ID:V/5JPjlbo


それは、全く予想して無かった事だった。

私達放課後ティータイムは、来月ライブハウスでライブを行うことになっていた。

そのライブの打ち合わせで、驚くべき提案がされた。

梓「私がボーカル?」

唯「うん」

梓「何でですか?いつもみたいに唯先輩と澪先輩で良いじゃないですか?」

律「来年、梓がボーカルやらなくちゃいけなくなるかも知れないんだぞ?」

澪「来年入ってくる部員が、ボーカル希望するとは限らないだろ?」

梓「あ!言われてみればそうですね」

唯「だから、みんなで話し合って決めたんだよ」





続きを読む

梓「Hなバレンタイン」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 19:30:58.54 ID:Bq2l9hOR0


梓「今日は、バレンタインなんでチョコケーキ作ってきたんです」

律「さすが、良くできた後輩」

唯「美味しそうだね」

澪「ありがとうな梓」

紬「お茶煎れるわね」

梓「どうぞ、食べて下さい」

唯「美味しいね」

律「中々やるじゃないか」

澪「美味しいよ梓」

梓「ありがとうございます」




続きを読む
Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。