スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

ほむら「マミを拾ったわ」

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/15(金) 23:48:57.72 ID:/waaO/JbP


マミ「……」

ほむら「『拾ってください』と書いてあるわね」

マミ「……」

ほむら「もとの持ち主に捨てられたの?」

マミ「……」コクン

ほむら「そう……かわいそうね」

マミ「……」

ほむら「どうしようかしら……」

マミ「……」ジー


こんな感じで頼む





続きを読む
スポンサーサイト

ほむら「マミは甘えん坊さんね」ナデナデ

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 20:53:50.54 ID:/+mKWliQO


ほむら「……巴マミ」

マミ「あら、奇遇ね暁美さん。魔女は一足先に狩らせて貰ったわ……」

ほむら「……」ジリッ

マミ「……私に用があるのかしら? 無駄な争いは避けるべきだと……」

マミ「はあ、はぁ……」

ほむら「……?」

ドシャァッ!

ほむら「! 巴マミ!?」

――――――
――――
――

マミ「……ここは……?」



というのが好みです





続きを読む

マミ「しょうがないわね、私のブラを貸してあげる」 ほむら「……」

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 18:33:41.48 ID:TQCLEAOAP


ほむら「われながらバカみたいね…こんなんで胸が大きくなるわけないのに…」

……

さやか「胸を大きくするにはホルモンも関係してるんだって」

まどか「え、そうなの?」

さやか「うん、ホルモンの分泌が増えると大きくなるんだって!」

ほむら「」キキミミタテタテ

仁美「でも、ホルモンの増加ってどうするんですの?」

さやか「胸が大きい人の洗ってないプラジャーに分秘を促す成分が含まれるらしいよ」




続きを読む

マミ「大好きなお姉ちゃん」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/22(日) 19:02:43.27 ID:pba4wYfPO


杏子「ねえ、マミさん」

マミ「なあに?」

杏子「マミさんの武器って、ほんとはリボンなんでしょ?」

マミ「うん、そうだよ」

杏子「じゃあ何で鉄砲で戦ってるの?」

マミ「あっ、それはね?お姉ちゃんに教えてもらったからなんだよ」

杏子「えっ?マミさんにお姉ちゃんがいたの?」

マミ「うん、わたしの大切なお姉ちゃんなんだ」

杏子「わぁー。じゃあやっぱりマミさんと似てるんだ?」





続きを読む

ほむら「あれは・・・巴マミ?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/25(日) 19:22:50.17 ID:rDkSKFfi0


ID:zIkG3KhQQ代行


2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/25(日) 19:25:38.23 ID:zIkG3KhQQ


代行thx
改変後のほむマミです



3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/25(日) 19:30:12.31 ID:zIkG3KhQQ


ほむら「・・・はぁ」

ほむら「(まどかがいなくなってから約2ヶ月・・・私の努力は一体何だったのかしら)」

ほむら「(これといった目的が無いのって、暇ね・・・)」

ほむら「・・・」

ほむら「(・・・っていうかあれって、私がフラれたようなものなんじゃ・・・)」

ほむら「・・・」

ほむら「(・・・もう考えるのはやめましょう)」

ほむら「(何も無かった、それでいいのよ・・・)」

ほむら「・・・はぁ」





続きを読む

マミ「どこかで会った、ような・・・」

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/23(金) 20:24:42.85 ID:TOgtSWgMQ


ほむら「・・・」

ほむら「(・・・何故?)」

ほむら「(どうして、時間を巻き戻す直前の記憶が無いの?)

ほむら「(盾の不具合・・・かしら)」

ほむら「・・・」

ほむら「(どの道、私がまどかを救えなかったのは明白ね)」

ほむら「(いいわ、今度こそ必ず・・・!)」





続きを読む

ほむら「巴マミに取り憑かれた」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 01:06:38.83 ID:w0yGBH8R0


ほむら(巴マミが死んでしまった……)

ほむら(けれど、これでまどかも美樹さやかも契約することはないでしょう……)

ほむら(……そろそろ寝ましょう)

ほむら「Zzz……」

ボウッ……





続きを読む

マミ「どうしてこうなった」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 16:55:07.76 ID:opjgBE160


まどか「ほむらちゃん、ごめんね。私、魔法少女になる」

まどか「私、やっとわかったの。叶えたい願いごと見つけたの。だからそのために、この命を使うね」

まどか「これまでずっと、ずっとずっと、ほむらちゃんに守られて、望まれてきたから、今の私があるんだと思う」

まどか「そんな私が、やっと見つけ出した答えなの。信じて」

まどか「絶対に、今日までのほむらちゃんを無駄にしたりしないから」

ほむら(このままではまどかが――ッ! まどかだけを犠牲にする運命になんて、させない!)

ほむら「まって、まどか! その願いだけはだめ!」

まどか「……ほむらちゃん」

ほむら「まどかが叶えようとしてること、私わかる! 確かにそれで魔法少女は救われるのかもしれない!」

ほむら「でも! でもまどかを愛してる人、貴女に傍にいて欲しい人のことも考えて!」

ほむら「自分一人で全てを背負い込もうとしないで! 自分も救われる、そんな未来をみて!」

まどか「……自分も救われる未来」

まどか「前にも私、同じ願いで魔法少女になろうとしたの?」

ほむら「ええ、でも私はインキュベーターから貴女がどうなるか、どんな運命を辿るか聞いて、すぐに時間を戻したの」

ほむら「その願いを叶えればまどかは、もう二度と人としての人生を歩めなくなる! 未来永劫、魔法少女を救うだけの概念になってしまうの!」





続きを読む

ほむら「巴さんが性的過ぎて辛い」

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17(金) 16:10:54.52 ID:icob2LRrO





マミ「暑いわね……」

ほむら「そうね……」

マミ「ううー、お肌がべたべたして気持ち悪いわ」パタパタ

ほむら「胸元パタパタしないでちょうだい……見えるわよ」

マミ「むー……」

マミ「あー、暑い! 暑いわ!」バッサバッサ

ほむら「スカートばさばさも駄目よ……見えるわよ」

マミ「じゃあどうしたらいいのよ!」

ほむら「それは……ん?」

ほむら「その出っ張りは……巴マミ、あなたまさかブ、ブブ、ブラ……」

マミ「だ、だって蒸れるんだもの」サッ

ほむら「」ブシャアアア…





続きを読む
Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。