雪歩「ねえ、千早ちゃん」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/01(日) 22:48:32.35 ID:kcDZFw/b0


   活動1週目

雪歩「ねえ、千早ちゃん」

千早「何かしら、萩原さん」

雪歩「今日から、千早ちゃんと一緒にデュオを組むんだよね」

千早「ええ」

雪歩「あ、あの、私……」

千早「?」

雪歩「ダメダメで、千早ちゃんの足を引っ張っちゃうかもしれないけど……」

千早「…………」

雪歩「精一杯頑張るから! よろしくお願いしますぅ!」

千早「こちらこそ。これからよろしくね、萩原さん」





続きを読む

千早「恋バナをしましょう」 雪歩「えっ?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 20:01:11.68 ID:aSi6RQEL0


千早「恋バナですよ、恋バナ!」

雪歩「いや、そんな春香ちゃんっぽく言われても……」

千早「私は恋バナをしたいのよ。雪歩」

雪歩「う、うーん……こういうときどんなリアクションをすればいいのかわからないよ……」





続きを読む

雪歩「今年も冬がやって来たね」 千早「ええ」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/03(火) 18:58:56.47 ID:VRc0jkzN0


雪歩「今日は特に冷えるね」

私がそう言うと千早ちゃんはこくりと頷きました。
私と千早ちゃんは二人で冬の街を歩いています。
千早ちゃんは手袋をしていない、指先がすっかり赤くなってしまった手を
こすり合わせています。

千早「本当に寒くなったわね…」





続きを読む

千早「私、春香のことが好きかもしれない」 雪歩「そっか」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/29(木) 23:29:05.87 ID:+VLe5LLh0


千早「あの…萩原さん」

雪歩「ふたりきりなんだから雪歩でいいのに」

私は二人きりなのに『萩原さん』と呼ばれたことが何故か無性に悔しくて
ちょっと冷たい口調でそう言ってしまいました。

千早「雪歩…」

雪歩「私のこと嫌いになった?」





続きを読む

千早「萩原さんって抱き心地が良さそう」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/04(日) 21:30:35.67 ID:+HlDJ8pG0


千早(スベスベで柔らかくて……)

千早(抱きしめて頭を撫でてあげたい……)



雪歩「……?」

雪歩(千早ちゃんがチラチラ見ている)

雪歩(何か怒られるような事したかなぁ…)





続きを読む

雪歩「萩原さんって呼ばないで」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/25(土) 00:44:44.49 ID:CxPqlTsN0


※ガチ百合につき苦手な人はそっ閉じ推奨









「んっ……あっ……!」

透明な喘ぎ声が、暗がりに溶ける。
湿っぽくて、生温かい吐息が私の頬をくすぐる。
体がとろけそうなほど甘い匂いに、くらくらする。

「はぁ……どう、かな……。 うまく出来てる?」
「ふっ……!ぅ……ん……ぅん……!」
壁にもたれかかった千早ちゃんは、何度も何度も、小さく頷く。

……恥ずかしいから電気は消して。
千早ちゃんは、「する」時にはいつもそう言う。

ハダカの千早ちゃんの赤みのかかった熱っぽい顔が、ぼんやりと映る。
「今、すごいエッチな顔してるよ?」
「そこ……だめ……雪、歩っ……!」
そう言って、人差し指をきゅうきゅうと締めつけてくる。
ねばついた液体が垂れ落ちて、床に染みをつくる。……すごい。

……千早ちゃんは、私の部屋にいる時だけ、たまに雪歩って呼んでくれるんです。





続きを読む
Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ