凛「かよちんとの日常」

1 : ◆eyH5F3DPSk 2014/01/23(木) 22:51:52.17 ID:DAbgeDd10


凛「かよちん」

花陽「何?」

凛「えへへ、呼んでみただけ」

花陽「もう、凛ちゃんってばぁ」

凛「これで今日も一日頑張っていけるにゃー!」

花陽「ふふ、大げさだよぉ」

凛「大げさじゃないってばー」





続きを読む

穂乃果「ねえ海未ちゃん、凛ちゃんって凄く可愛いよね?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/30(木) 20:04:37.87 ID:VSRYrBk/0


海未「凛ですか?確かに可愛いですが……それがどうかしましたか?」

穂乃果「ほら、凛ちゃんってすっごーく可愛いのにさ、女の子としてどこか遠慮しがちじゃない?」

海未「まぁ……そうですねぇ」

穂乃果「μ'sに入るまでは陸上部に入ろうとしてたくらいだし!」

海未「それは単純に運動神経が良いからでは……」

穂乃果「とーにーかーく!穂乃果は凛ちゃんがとっても可愛い女の子なんだってわかってほしいの!」

海未「はあ、それでどうするんですか?」

穂乃果「凛ちゃんが自分が可愛いって自覚するまで褒めまくろうかと思うんだ!」





続きを読む

穂乃果「凛ちゃんともっと仲良くなりたい!!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/30(木) 14:10:23.12 ID:aAgOqMkp0


穂乃果「凛ちゃんっていっつもかよちゃんとくっついてるよね。そういうの駄目だと思うな。」

凛「海未ちゃんとことりちゃんといっつもくっついてる穂乃果ちゃんにだけは言われたくないと思うけど……。」

穂乃果「むっ、ほ、穂乃果のことはいいの!かよちゃんばっかり凛ちゃんといちゃついてずるい!」





続きを読む

めう「血液型相性占いをするめう!」凛「占いなんて愚昧だわ……」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 23:01:26.12 ID:18whBe+R0


◆ひなビタ♪SSです
◆短編小ネタ集Part2、相変わらずバカップル度増々でお送り致します



4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 23:02:27.64 ID:18whBe+R0


めう「血液型相性占いをするめう!」

咲子「いいですねっ!じゃあ私とイブちゃんは?」

一舞「さ、さきこ、がっつき過ぎ…///」

めう「えっと、確かいぶぶとさききは二人ともA型めうね?
   A型とA型は相性ばっちしめう!」

咲子「相性ばっちしですってイブちゃん!うふふ、嬉しいです…♪」

一舞「さきこ、単なる占いだからね?」

咲子「たかが占い、されど占いですよっ!ケッハモルタア!ケッハモヌラタア!です!」

一舞「な…なにそれ?」





続きを読む
[ 2014/01/30 12:00 ] ひなビタSS | コメント(3)

海未「ストロベリー・パニック?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 23:22:07.38 ID:UiFHsEIiP


ことり「うん、海未ちゃんと一緒に見たいの!」

海未「しかし、私はアニメというものには疎くて……」

ことり「海未ちゃんならきっと気に入ると思うの!」

海未「見ると言ってもどこで?」

ことり「ことりの家! ね、お泊りして一緒に見ようよ! 明日μ'sの練習もないし、ね?」

海未「ことりの家ですか。迷惑ではないですか?」

ことり「迷惑じゃないよ! ママも穂乃果ちゃんや海未ちゃんならいつでも、って言ってくれてるし」

海未「ことりの家にも久しぶりに行きたいですし、ことりがそこまで言うのなら……」

ことり「やった! 海未ちゃんとお泊りでストパニ鑑賞!」





続きを読む

れんげ「駄菓子屋ー」駄菓子屋「楓と呼べ」れんげ「駄菓子屋ー」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/28(火) 16:27:52.00 ID:+1kIuu7O0


夏海「でも、駄菓子屋は駄菓子屋を職業にしてるし駄菓子屋にだって住んでるわけだし」

蛍「確かに、駄菓子屋さんという呼び名が定着していますよね」

小鞠「今更呼び名をってのも」

れんげ「・・・なら、旦那様というのはどうなん?」

駄菓子屋「!?」

夏海「確かに、店主を旦那とかいうよな」

蛍「そうですが、この場合女主人とかでは?」

駄菓子屋「いや、れんげ、その呼び方で構わない・・・。今日はもう遅い、お前ら、早く帰るんだ」

小鞠「はいはい」

駄菓子屋「れんげは私が送ってくからお前らは早く帰れ」





続きを読む
[ 2014/01/30 00:00 ] のんのんびよりSS | コメント(4)

塞「みんな大変! 胡桃にバッテリー寿命がきたみたい!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/28(火) 20:15:58.98 ID:jRN8iMQW0


 ――昼 岩手>宮守女子 麻雀部室


胡桃「」

エイスリン「クルミ! オキテ!」

塞「うぅ……だからあれほどシロで充電するときは
   体のシロ成分が全部ぬけてからにしろって言ったのに!」

白望「……」

姉帯「充電しながら電力を使うと長持ちしないもんねー……
    携帯電話の電池とかとか……うぅ」

白望「……」

白望「……」

白望「え……?」





続きを読む
[ 2014/01/29 21:30 ] 咲-saki-SS | コメント(4)
タグ : 白望×胡桃 白望 胡桃

にこ「真姫ちゃん」真姫「ん?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/28(火) 02:10:55.84 ID:Y4ZkLYPD0


にこ「それちょうだい」

真姫「それってなによ」パクッ

にこ「だからそれだよ」

真姫「それじゃわからないでしょ?ちゃんと言って」

にこ「ん……それ」

真姫「それって言われてもね」パクッ

にこ「うーん、なんて言ったらいいのか」





続きを読む

貴音「そして、太陽は穏やかに微笑んだ」

1 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/21(火) 22:56:07.04 ID:VrT8JSQI0



月と太陽は対極だ。

昼と夜を象徴するその二つは、空に輝き地を照らす。

けれどもそれは地上から見た者の光景で、実際月は太陽の光を反射して輝いているに過ぎない。

大きさも、その比ではない。

月は太陽に憧れていた。

地球を挟んで反対側から、暗い宇宙の中で、燦然と輝く太陽をずっと見ていた。

眩く煌めく太陽は、いつも変わらずに地と月を照らしている――。





続きを読む

穂乃果「海未ちゃんが泊まりにきた」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 02:18:41.48 ID:RO8AZsvT0


穂乃果「いらっしゃい海未ちゃん。あがってあがってー。」

海未「お邪魔しまーす……って誰もいないんでしたね。」

穂乃果「うん。誰もいなくてさみしかったぁ~」ギュッ

海未「はいはい、わかりましたから。」ヒキハガシ

穂乃果「もー、海未ちゃんのケチ。抱きつかれて何が減るってわけじゃないじゃん!」プンスカ

海未「私の精神が擦り減ります。」

穂乃果「その一言で穂乃果の精神も擦り減りました!」

海未「まあそんなことは置いといて」

穂乃果「置いとかないでよ!」

海未「まずこたつに入りましょう。寒いです。」

穂乃果「それには賛成!」





続きを読む

胡桃「シロと一緒に表情筋を鍛える!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/27(月) 18:55:29.54 ID:qjMw5vJf0


 ――昼 岩手>宮守女子 麻雀部室


胡桃「ねっ」

白望「いや いらない」

胡桃「めっ! 来週からインターハイなんだから!」

胡桃「全国デビューなんだよ? テレビ映りは大事なの!」

白望「もっと大事なことがあると思うけど……」





続きを読む
[ 2014/01/28 07:00 ] 咲-saki-SS | コメント(3)
タグ : 白望×胡桃 白望 胡桃

蛍「学校にテロリスト!?しかも私とこまセンパイのキスを要求してくるなんて!?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/27(月) 03:42:39.52 ID:mHJxqCoe0


蛍「何て卑劣な……」

小鞠「ほ、蛍ぅ……」ガタガタ

蛍(センパイ……あんなに怯えて……)

蛍「センパイ、ここはテロリストの要求を飲むしか……」

小鞠「で、でも……」

蛍「センパイを死なせるわけにはいきませんから!」

小鞠「蛍……///」キュン





続きを読む
[ 2014/01/28 00:00 ] のんのんびよりSS | コメント(7)

怜「私は竜華のことが好きや!」竜華「引くわー」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/27(月) 00:59:16.83 ID:WCOWAYyK0


怜「えっ?」

竜華「あー……怜の言う好きってあれやろ?恋愛的な」

怜「そ、そうや。私は竜華と……!」

竜華「ないわー」

怜「」





続きを読む
[ 2014/01/27 21:00 ] 咲-saki-SS | コメント(7)
タグ : 怜×竜華 竜華

海未「最近ことりの視線が気になります」

1 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/20(月) 18:23:53.02 ID:HV6z18Wd0



穂乃果「ことりちゃん海未ちゃんおはよー!」

ことり「穂乃果ちゃんおはよう!」

海未「おはようございます穂乃果。今日は寝坊しなかったんですね」

穂乃果「むっ!私だって毎日寝坊するわけじゃないよ海未ちゃん!」

海未「昨日、一昨日と寝坊した人が言える言葉じゃないですよ?」

穂乃果「うっ…それは…」

海未「まぁ、いいですよ。練習の日は遅れないですし、それにいつものことですからね」





続きを読む

穏乃「マッサージチェア欲しいなあ…」

1 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/14(火) 14:37:32.79 ID:+ug2QLag0




穏乃「麻雀してると肩こるなー。マッサージチェアが欲しい!」

憧「!」

憧「じ、じゃあシズ、私がマッサージチェアになったげよっか?」

穏乃「? 何言ってんだよ憧」

憧「だから!あたしがマッサージチェアになってあげるって言ってんの。ほら座って」

穏乃「え?憧の膝?別にいいけど…」ポスン

憧「じゃ、いくよシズ」モミモミ

穏乃「ちょ!くすぐたいって憧!」





続きを読む
[ 2014/01/26 00:00 ] 咲-saki-SS | コメント(9)
タグ : 穏乃 晴絵 健夜 えり

穂乃果「ことりちゃんの枕を燃やしたら死んだ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/25(土) 00:39:09.32 ID:h5fsW9tA0


穂乃果「死因は枕が替わって眠れなくなったことによる衰弱死だったらしい」


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/25(土) 00:44:20.75 ID:QP7C4e8R0


テンニガエッヂャッタノ?


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/25(土) 00:46:44.65 ID:h5fsW9tA0


穂乃果「ええっ? 火事ぃ!?」

海未「だ、大丈夫だったんですか!?」

ことり「あはは。そんなに大げさなものじゃないよ、二人とも」

穂乃果「そ、そうなの?」

ことり「うん。なんかストーブから火が出ちゃったみたいでね。ことりは混乱しちゃって何も出来なかったんだけど、お母さんがばばって外から消火器を持ってきて、こう、ぶしゅーってね」

穂乃果「へぇ~。ことりちゃんのお母さん、すごいっ!」

海未「学校関係者は防火訓練なんかをよくやっていますものね」

ことり「ほんと、あの時のお母さんの躍動感にはびっくりしちゃったよ。μ’sのダンスにもついてこれるかもって感じだったよ」

海未「学校の理事長がスクールアイドルのメンバー…うふふ、それはそれで面白そうですね」

「「「HAHAHAHA」」」





続きを読む

怜「竜華を欺いて浮気を続ける」憧「そうはさせない!」

1 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/15(水) 22:22:43.20 ID:/dHMA7LBo



<大阪 荒川家 憩の部屋>

憩「はぁ……」グッタリ

怜「ふふ、憩は可愛いなぁ」ナデナデ

憩「はぁ、はぁ……そんなん、こんなタイミングで言わんといてぇ///」

怜「なんで?また燃えてまうから?」

憩「う、うん///」カァァ..

怜「相変わらず憩はヤラシイなぁ。私がストップかけへんかったら一日中ずっと求められそうやわ」クスッ

憩「そ、そこまでちゃうもん!うちはただ、怜が好きやから……その……さ、触りたいし触られたい思うだけで……」

怜「そんなん言われたら名残惜しぃて帰りたなくなるなぁ……けどそろそろ……」

憩「あ、もうこんな時間になっとったんか」

怜「憩とおるとあっという間に感じるわ」

憩「うちも同じ♪なぁなぁ、今度はいつ会えるん?受験勉強で忙しいやろうけど……」

怜「うーん……そやなぁ……憩はどの日が空いてる?」

憩「基本的にうちはいつでも大丈夫やねんけど……」

怜「ふむ……ちょっと先やけど、○○日とかどうや?土曜やし、久しぶりにデートでもせえへん?」

憩「ほんま!?やった!約束やで!?」

怜「ん」





続きを読む
[ 2014/01/25 00:00 ] 咲-saki-SS | コメント(24)
タグ : 竜華

真姫「りんぱなの二人が恋人から夫婦まで手広くて辛い」

1 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 23:32:45.29 ID:r7ZHJsRlo


真姫「あの二人、付き合ってるを通り越して夫婦なんじゃないかしら・・・」ブツブツ

凛「あ、真姫ちゃーん。凛アレ忘れちゃった。貸してー。」

真姫「アレじゃわかんないわよ・・・。」

凛「えー、アレだよ、アレ!」

真姫「あのねえ・・・。」

凛「かよちん、アレ持ってないかな?凛、忘れちゃって・・・。」

花陽「持ってるよー。はい。」

真姫「なんでアレってだけで手鏡ってわかるのよ・・・イミワカンナイ!」





続きを読む

夏海「姉ちゃんとほたるんが恋人同士になった」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 23:28:19.51 ID:7H9aIht/P


夏海(色々あったけど、ようやく二人が恋人同士になった…)

夏海(きっとこれが二人の為…みんな幸せになれると本気で思ったから…)

夏海(ウチは頑張って…二人を恋人同士にすることに成功した)


夏海(ウチは嬉しかった。二人が恋人同士になって)

夏海(ウチは幸せだった。二人の嬉しそうな顔を見れて)


夏海(でも、まさかこんなことになるなんて…思いもしなかった…)


チュッ

小鞠「キスしちゃった」

蛍「もうっセンパイったら。キスは1日10回までって決めたじゃないですか」

小鞠「だって幸せなんだもん♪」

蛍「はぅ…その笑顔は反則です//」

小鞠「えへへ~」



夏海「うわあああ。学校でイチャイチャするなー!」





続きを読む
[ 2014/01/24 07:00 ] のんのんびよりSS | コメント(4)

海未「もしかして私はモテ期なのでは…?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22(水) 23:13:51.93 ID:X3N2kEZX0


海未「穂乃果達とμ'sとしてスクールアイドルをはじめてから」

海未「ファンらしき人々から写真を撮られますし」

海未「なにより穂乃果も『海未ちゃん大好き!』と抱きつく回数が増えた気がします」

海未「フヒッ」

海未「ことりだって私の歌詞を書かせるために懇願しました。これはもうヤれるのでは…?」

海未「デュフッ」





続きを読む

雀花「---なんていうか」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22(水) 03:50:21.06 ID:razNrFZk0


イリヤ「・・・」

美遊「・・・」ベッタリ

雀花「日に日にあんたたちの仲って進展してるよね」

イリヤ「いやー、やっぱり気のせいだと思うなあ」

那奈亀「流石にもう誤魔化せないと思うよー、もうなんか効果音までランクアップしてるし」

龍子「どうなってんだよコノヤロー!普通の攻略に飽き足らずチートでも使ったってのか!?」ギギギ

イリヤ「私が聞きたいよ・・・」





続きを読む
[ 2014/01/23 12:00 ] Fate SS | コメント(2)

海未「もうちょっと足を横に向けてください」真姫「嫌よ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 01:03:50.71 ID:gQwM6Cm+0


海未「何故ですか…」

真姫「だって熱源から離れちゃうじゃない」

海未「でもそうしないと私が肩まで温もれないじゃないですか」

真姫「じゃあ私の足に乗せていいわよ」

海未「それは金具で火傷しそうになるから嫌です」

真姫「なによー。じゃあどうすればいいのよ」

海未「さっき言ったじゃないですか。足をもう少し横に向けて下さい」

真姫「しょうがないわねー」

海未「初めからそうすればいいのに…もう」










海未「ふぅ…この時期のこたつは素晴らしいですね」

真姫「そうね」





続きを読む

女「友が男だったらなー」 友「は?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/21(火) 04:18:25.93 ID:4eiAA+Ya0


女「ねえ、友にお兄さんか弟っていないの?」

友「いないよ」

女「そうなんだ・・・あーあ」

友「ねえ、さっきから一体なんなの」

女「だって友って見た目かっこいいじゃん、女子にモテてるし」

友「うん、それに関してはなんか複雑な気持ちだよ」

女「んでもって人当たりもいいしさ」

友「それはありがとう」

女「友が男だったら絶対ほっとかないよ私」

友「・・・そう」





続きを読む
[ 2014/01/23 00:00 ] オリジナルSS | コメント(6)

ことり「え? 今日、穂乃果ちゃん来れないの?」 海未「……」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/21(火) 18:36:57.82 ID:/2tleSLZ0


穂乃果『……うん、ごめんね』

穂乃果『お母さんの知り合いが亡くなって……』

穂乃果『今から私も行かなくちゃいけないんだよ……』

ことり「う、ううん、仕方ないよ」

穂乃果『本ッ当にごめんね!』

穂乃果『海未ちゃんにも謝っておいて!』

ことり「うん、わかった」

ことり「じゃあ、また学校で」

…ピッ

海未「……」

ことり「……」





続きを読む

にこ「え……、これって招待券じゃなくて優待券なんですか……?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 08:12:50.81 ID:KFpIbHIS0


にこ「明日は野球を見に行くニコ!」

こころ「わーい! 野球大好きー!」

ここあ「ここあもー!」





続きを読む

しずく「なんでもないコトネとの日常」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/21(火) 21:07:18.00 ID:b+b0IBir0


◆桜TrickSSです
◆誰も書かないので書いた



2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/21(火) 21:08:03.71 ID:b+b0IBir0


チュンチュン

しずく「ん……朝か……」

しずく(…………さむい)ブルッ

コトネ「ぐー…………」

しずく「…………」ゴソ

しずく(まだ6時か……ならもうちょっと……)モゾモゾ

コトネ「ここで寝たら、寝坊しちゃうよー?」

しずく「っ!お、起きてたんだ……」

コトネ「さっきね」

しずく「えっと……お、おはよう、コトネ」

コトネ「ふふ、おはよ、しずくちゃん」





続きを読む
[ 2014/01/22 17:30 ] 桜Trick SS | コメント(10)

穂乃果「彼女欲しいなぁ…」凛「!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/21(火) 21:02:56.18 ID:2IFV3+bC0


穂乃果「はぁ…今日も帰りは1人かぁ…」

穂乃果(海未ちゃんとことりちゃんが付き合い出してからは帰りはしょっちゅうだな)

穂乃果(付き合ってるといえばにこちゃんと真姫ちゃんもだし)

穂乃果「もーーー!!なんでこうも私の周りは彼女持ちばっかりなの!」ガシャァァァン

穂乃果「…ハァ」

穂乃果「あー、もう誰でもいいから彼女欲しいなぁ」ボソッ





続きを読む

辻垣内「……おい」 成香「ひっ!」ビクッ

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/21(火) 18:09:55.84 ID:agepgmZXP


辻垣内「お前有珠山のだろ」

成香「は、はい。そうですけど……」

成香「も、もしかして辻垣内さん……?」

成香(メガネ外してるし髪おろしてるから、一瞬わかりませんでした……)

辻垣内「こんなところで何してる」

成香「あ、いえその……」

辻垣内「……」ギランッ

成香「ひぃっ!」

辻垣内「……何をそんなにおびえている」

成香(そ、その長モノなんですか……)プルプル





続きを読む
[ 2014/01/22 07:00 ] 咲-saki-SS | コメント(3)
タグ : 智葉×成香 智葉 成香

ほむら「…身体がダルいわ…はあ…」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/19(日) 18:39:07.06 ID:KUBleo0S0



~ほむらの家~


ほむら「……う、うう…」


ほむら(起きたはいいものの…身体がやけにダルいわ…)

ほむら(あ、頭も重いし…痛い…!)


ほむら「も、もしかして…風邪…?」

ほむら(どうして…?悪魔の私が風邪なんか…!!)

ほむら(確かに時期ではあるけれど…というかどうして悪魔が風邪なんか引くのよ…!)


ほむら(くっ…!)

ほむら(こんなことで負けてられてられないわ…!)

ほむら「とりあえず起きないと…!」

…バッ





続きを読む

京子「綾乃、誕生日おめでとう!」

1 : ◆2tw7Ji6IluEW 2014/01/20(月) 22:58:48.30 ID:s1dB1Xkc0


綾乃「あ、ありがとう、歳納京子!」

京子「それでね、綾乃に伝えたいことあるんだ」

綾乃「え?!」

京子「私、綾乃のことが……」



チュンチュン

綾乃「夢!?」ガバッ





続きを読む
Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ