スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

穂乃果「絵里ちゃん家の子になる!!」

1 : ◆/eL/MQ/pWM 2014/10/15(水) 22:49:37.14 ID:1IALDzuHo


穂乃果「もう怒った!!お母さんなんて知らないっ!!」

ほのママ「あのねぇ…アンタももう高校生なんだから……」

穂乃果「歳なんて関係ないもん!お母さんのバカ!!」

ほのママ「…」イラッ

ほのママ「アンタ今母親に向かってバカって言った?ねぇ?」ゴゴゴゴゴ

穂乃果「だってそうでしょ!私は悪くないよ!!」

ほのママ「…いいかげんにしなさいっ!!」

ほのママ「ワガママばっかり言うんじゃないの!もう子供じゃないのよ!?」

穂乃果「子供だもん!べー!!」

ほのママ「…こっち来なさい」

穂乃果「嫌だ」

ほのママ「来なさいっ!!」バンッ

穂乃果「絶対嫌だ!謝ってくれるまで言うこと聞かない!!」

ほのママ「このっ…」

穂乃果「ふんっ!!お母さんなんて大っ嫌い!!」ダダダダダ

ほのママ「ちょっ!待ちなさい!!どこ行くの!?」

穂乃果「っ!!」バタンッ

ほのママ「穂乃果!?穂乃果―!!」






ほのえり、不定期です
お付き合いいただける方はよろしくお願いします





続きを読む
スポンサーサイト

姉「…さよなら、妹」

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/27(月) 23:42:40.58 ID:nR1fdImYO


妹「んしょっ、と……それじゃ、行ってきまーす!」

母「うん、行ってらっしゃい。 気をつけてね」

妹「はーい!」

母「朝から元気ねぇ」

姉「そうだね」

母「あら、おはよう」

姉「うん、おはよ。 妹は朝練?」

母「そそ。 それより姉、昨日も遅くまで起きてたでしょ」

姉「……あー、やっぱりバレた?」

母「そりゃ分かるわよ……ドアから明かりが漏れてたし」

姉「でも、遅れてる分の授業を取り戻さなきゃいけないし」

母「……熱心なのは良いけど、体を大切にしなさいよ?」

姉「……うん、わかってる。 ごめんなさい」

母「ううん、謝ることじゃないの。 でも……」

姉「うん、大丈夫、もう分かってるから」

母「姉……」

姉「それじゃ、着替えてくるね」

母「……ええ、行ってらっしゃい」





関連スレ
姉「…ただいま、妹」




続きを読む
[ 2014/10/28 12:00 ] オリジナルSS | コメント(6)

爽「プレゼントは咲でいいから」咲「はい?」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/27(月) 18:33:06.30 ID:LXu36VVG0


9/27

爽「ロン!5200」

咲「はい…」ジャラッ



咲「はぁー、やっぱり爽さんは強いよ…」

爽「ふふん。インハイの時のリベンジ成功だぜ」





続きを読む
[ 2014/10/28 07:00 ] 咲-saki-SS | コメント(3)
タグ : 咲×爽

カレン「アヤヤと秘密の特訓」

2 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/07(日) 15:48:54 ID:8L


綾「ねえカレン、ちょっとその、相談したいことがあるんだけど……」

カレン「ハイ?なんでショウ?」

綾「実は陽子のことで…….」

その日、私はアヤヤに「陽子の前だとどうしても緊張してしまう」という悩みを相談されまシタ。





続きを読む

ことり「え?ことりの声には癒し効果があるの?」真姫「そうよ」

1 : ◆nijeZEbl1s 2014/10/21(火) 21:23:02.85 ID:Rx0elrh30



空き教室

真姫「急に呼び出して悪かったわね、ことり」

ことり「ううん、それよりもどうしたの?」

真姫「この前、うちの病院でみんなで健康診断したじゃない?」

ことり「うん、確かみんなどこにも異常なかったよね」

真姫「ええ、悪いところはみんななかったわ、全員健康よ」

真姫「でもね、検査の途中でとんでもないことがわかったの。それは…」

ことり「それは?」

真姫「ことりの声には、癒し効果がある、ということよ!」バン




関連スレ
花陽「お、お姉ちゃん」ことり「なぁに♪」




続きを読む

花陽「お、お姉ちゃん」ことり「なぁに♪」

1 : ◆nijeZEbl1s 2014/10/14(火) 23:15:07.98 ID:DypRCdSl0


花陽宅前

ことり「えーっと、確か花陽ちゃんのおうちはここだったよね」ピンポーン

花陽「はーい」ガチャッ

花陽「あ、ことりちゃん!こんにちは」

ことり「こんにちは、花陽ちゃん♡」

花陽「えっと、今日は、うちに遊びにきてくださって、ありがとうございます」

ことり「えへへ、花陽ちゃんとお泊りなんて楽しみだねっ♡」

花陽「うん!じゃあ、えっと…上がってください」

ことり「おじゃましまーす」





続きを読む

穂乃果「3人で遊園地!」

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/09(木) 23:33:37.80 ID:cPZKEsmB0


教室

ことり「ねえねえ、穂乃果ちゃん、海未ちゃん。見てみて!」

穂乃果「ことりちゃん、なにそれ?」

海未「なにかいいものでももらったのですか?」

ことり「じゃーん!音ノ木坂ランドの一日優先フリーパスだよ!全部待ち時間なしで乗れるんだって!」つチケット

ことり「昨日お母さんからもらったの。それで3人分あるから穂乃果ちゃんと海未ちゃんと行ってきなさいって!」

穂乃果「ホントに!?やったー、遊園地だ!しかも待ち時間なしなんてすごいよ!」

海未「遊園地ですか。そういえば最近行ってないですね」

ことり「それでね、いつ行こうかな?」

穂乃果「穂乃果はなるべく早い方がいいなぁ」

海未「では明日は練習も休みですし、明日はどうですか?」

ことり「うん、ことりはそれでいいと思うな」

穂乃果「じゃあ時間はどうしよっか?穂乃果は朝からみんなで遊びたいなぁ」

海未「そうですね、久しぶりですし朝から思いっきり遊びましょう」

ことり「えへへ、楽しみだなぁ」

穂乃果「よーし、じゃあ明日の9時に音ノ木坂ランドの前に集合ね!」





続きを読む

【ラブライブ】うつし世はゆめ

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/15(金) 02:24:06.70 ID:w6uoY9Bro


穂乃果「ねぇねぇ、海未ちゃん聞いてよー」

海未 「どうしたんですか?」

穂乃果「今日ね、夢の中でお皿いっぱいのケーキが出てきたんだよ」

海未 「それで?」

穂乃果「うちじゃケーキってなかなか食べられないからさ、もう嬉しくて嬉しくて」

穂乃果「いつもは緑茶のところを紅茶まで入れてよし食べるぞーってところで雪穂の起こされちゃったんだよー」

穂乃果「夢だとわかっててもあのケーキの山は惜しかったなぁって思うんだよ、せめて一口だけでも食べられたらって…」

海未 「遅刻の言い訳はそれだけですか?」

穂乃果「ごめんなさい」





続きを読む

穂乃果「新しい光」

1 :◇r5Gu8xXVI. 2014/10/21(火) 00:08:30.53 ID:SZ2WYQ+t0


本ssは、以前完結した

穂乃果「μ'sがカップルだらけに」内で出来た組み合わせ、ツバほののその後を書いたものです。

ツバサは1学年上の設定で書いています。
後、アニメ後の話なので独自設定です。ご注意ください。



2 : ◆r5Gu8xXVI. 2014/10/21(火) 00:09:43.34 ID:SZ2WYQ+t0


 ――――――― 全身をジリジリと熱く照らす、照明

 ――――――― 誰よりも高く立っていられる、ステージ

 ――――――― 一面に広がる、人の海

 ――――――― 様々な色のサイリウムが彩る、光の絨毯

 ――――――― 鳴り止むことのない、歓声


私が…私たちが経験した"アレ"は、本当にあったんだろうか…
実は私が創り出した、妄想…幻…絵空事なんじゃ…
あんなにキラキラして、素敵な瞬間が実際にあったのかな





続きを読む

海未「ほのパイ道」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 22:07:42.94 ID:Aun1EX3ro



あれは小学校中学年も終わりに近づいてきた頃

その頃は私達女子にとって、様々な変化が身の周りで起こる時期でした

そう、成長期です

女子は男子と比べて、それが早くに訪れるのです

背が伸びたとか、体重が増えたとか、声が少し変わったとか

この時期に起こる変化の中でも、最も目に見えて…というかこの時期の女子の身体変化の代表的なものとされるのが



乳房の成長なのです



もうすぐ高学年、といった時期

もう既に多くのクラスメイトたちは、立派な乳房を持っていました

しかし

我が最愛の幼なじみである、高坂穂乃果にはまだその変化が訪れず、皆の胸元を見ては溜息をついていました

え?私ですか?  

私の胸の話は今はどうでもいいのです!





続きを読む

絵里「続いていくもの」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 23:07:52.97 ID:wzsuCXya0


うみえりです。大学生の絵里ちゃんと高校生の海未ちゃんが誕生日デートする話
書き溜め有り
辻褄が合わないところなどは脳内補完でよろしくお願いします



2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 23:10:09.68 ID:wzsuCXya0


絵里「海未!」タタッ

海未「絵里、走らなくてもいいですよ」

絵里「そういうわけにもいかないわよ……ごめんなさい、待たせてしまって。教授の話が長くてね……」

海未「いえ、私も今来たところですから気にしないでください」

絵里(嘘つき……寒さで顔が赤くなってるわよ)

絵里「寒かったでしょ?どこか暖かいところに入りましょうか」

海未「はい。じゃあ行きましょうか」ギュッ

絵里「ええ」





続きを読む

にこ「じゃあ行くわよ、ことり」ことり「うん、にこちゃん」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 20:14:34.27 ID:hNXKlfSN0







――――アイドル研究部:部室にて


真姫(……あの二人って仲良いの?)


凛「……真姫ちゃん、どうかしたのかにゃ?」ヒョコ


真姫「ううん、別に。ただ……」


花陽「ただ……?」


真姫「あの二人、練習の後よく一緒に帰ってるなって思って……」





続きを読む

花陽「あ、安価で……にこちゃんと仲良くなりたいと思います…!」

1 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/20(月) 14:28:56.48 ID:DAdhAI6XO


花陽「アイドル好きの先輩であるにこちゃんともっと仲良くなりたいです……」


花陽「あ、あの……なにをすればいいと思いますか!?」



>>3
えっちぃのは……その、ダメですよ…?



3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 14:30:02.86 ID:FWFpehbMO


買い物に付き合おう




続きを読む

穂乃果「先輩禁止を禁止!?」 絵里「ええ」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 00:01:13.77 ID:6MHS4k2O0


穂乃果「ど、どうして!?」

絵里「先輩後輩間で遠慮が生まれないようにと思って提案したのだけれど・・・最近ちょっと距離が近づき過ぎてしまったんじゃないかって思うのよ」

穂乃果「うーん・・・そう言われてみると、凛ちゃんと一緒になってにこちゃんをからかい過ぎてるかも・・・」

絵里「過度の馴れ合いはチームをダメにするわ。ラブライブに向けて気を引き締めるためにも、少しの間だけ・・・どうかしら」

穂乃果「うん、そういうことなら!早速みんなにも知らせて・・・」

絵里「その必要はないわ」

穂乃果「え?」





絵里「穂乃果だけが、私に対してだけ、だから」

穂乃果「なんでっ!?」





続きを読む

ほむら「まどかとまぎか」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 21:09:02.48 ID:BxqVWoIi0


ほむら「さて…どんな世界に改変してしまおうかしら」

ほむら「…まぁ、まどかさえいてくれたらそれでいいわ」

ほむら(…世界が書き換えられていく)

ほむら(私の初めての友達。そして…私の愛しい人)

ほむら(あの時の約束は果たせなかったけれど…)

ほむら(まどか…)パァァ

ほむら(…終わったみたいね)

ほむら(まどか、待っててね)クスッ





続きを読む

穂乃果「とっておきのプレゼントがあるんだっ」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 20:33:01.83 ID:ZdfJgbsq0


~絵里の家~

穂乃果「改めまして、絵里ちゃん!お誕生日おめでとう!」

絵里「ええ、ありがとう穂乃果」

穂乃果「みんなでの誕生日会も終わって、やっと二人きりだね」スリスリ

絵里「だけど隣の部屋には亜里沙がいるわよ?」

穂乃果「ふっふっふ、亜里沙ちゃんなら今日は穂乃果の家にお泊りなんだよ?」

絵里「えっ、そうなの?あの子ったら……」

穂乃果「頭のいい穂乃果はそこらへんも根回し済みなのです!だから今日は穂乃果と絵里ちゃんの二人の夜なんだよ?」

絵里「言い方がちょっとアレね……」





続きを読む

海未「凛と一夜の間違いを犯したい」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 02:41:59.77 ID:kQkMCk8M0


にこ「」

真姫「」

海未「最近、凛のかわいさが増し過ぎて心が耐え切れなくなりそうです」

にこ「え、今なんて?」

海未「ですから、凛がかわいすぎてつらいと」

にこ「そ、その前よ」

海未「凛と一夜の間違いを犯したい」

にこ「」





続きを読む

絵里「穂乃果、誰にでもそういうことを言うのはやめなさい」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/17(金) 13:05:32.33 ID:CwKF7AbKO


――音ノ木坂学院前


海未「お父様もきっと疲れていたんですよ」

穂乃果「その後ね、お父さんがお風呂で寝ちゃってね」

ことり「それ危ないんだよぉ……あっ! 」

海未「どうかしましたか?」

ことり「あれ絵里ちゃんじゃない?」

穂乃果「えっ! どこどこ!」

ことり「ほら、あの信号のところで音楽聴いてる人」





続きを読む

希「支える人。支えられる人」

1 : ◆UFNnDwMYPk 2014/10/04(土) 22:13:50.88 ID:hM1EpvND0


ep.1 3年目の記念日


都内某所のとあるマンションの一室



そこにウチは住んでいてな



音ノ木坂に入学してからずっとそこで暮らしてる



ただ、音ノ木坂に通っていたころと違うと言えば


いまはあの子と二人暮らしって事





続きを読む

「あ、あの……絢瀬先輩」【ラブライブ!】

1 :のぞえりです 2014/10/18(土) 16:10:57.47 ID:XvNC+RaY0


絵里「どうかした?」

「こ、これ!」ズイッ

絵里「え? えっと……手紙?」

絵里(ハート形のシール……もしかしてラブレター…?)

「東條先輩に渡して欲しいんです!」

絵里「……えっ? の、希に?」

「はい! あの…私、勇気が出せなくて…自分じゃ渡せなくて…」

絵里「そ、そう……分かったわ。ちゃんと渡しておくから」

「ありがとうございます!」





続きを読む

千夜「いいバイトがあるんだけど」ココア「なになに?」

1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/14(火) 20:06:07.21 ID:U7cWaDzd0


千夜「人とお散歩するバイトよ」

ココア「お散歩? それだけでいいの?」

千夜「まぁ実際はもう少しやる事もあるけど」

ココア「……それって危ない仕事なんじゃ」

千夜「大丈夫よ、お客さんは選ぶから」

ココア「ふーん、そっかー。千夜ちゃんが言うなら、大丈夫なんだね」





続きを読む
[ 2014/10/17 22:00 ] ごちうさSS | コメント(10)

ことり「あの…」穂乃果「ん?」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/17(金) 04:10:28.03 ID:ZWZedrB+o


ほのこと
卒業後に同棲してる設定
短い



2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/17(金) 04:11:14.68 ID:ZWZedrB+o


穂乃果「デート楽しかったね♪」

ことり「うん♪」

穂乃果「穂乃果ね、明日休みなんだ!ことりちゃんは?」

ことり「……あの」

穂乃果「?」

ことり「穂乃果ちゃんにね、言わなきゃいけないことが…」

穂乃果「なぁに?」ニコニコ

ことり「えっとね…」

穂乃果「うん」ニコニコ

ことり「実はね…海外行くことになっちゃったんだ…」

穂乃果「……ん?」





続きを読む

海未「ムカつきます」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/16(木) 06:57:02.87 ID:bC1ZwufQo


ひねくれ海未ちゃんの話



2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/16(木) 06:59:14.28 ID:bC1ZwufQo


私、園田海未は



海未「はぁ…!穂乃果はまだですか!」イライラ

海未「こんなことなら家によって起こしてくればよかったです!」


高坂穂乃果の朝に弱いところにムカつきます


「おはよー!」



海未「やっと来た!」

海未「遅いです!待ち合わせ時間はちゃんと守ってください!」


時間にルーズなところがムカつきます


穂乃果「ごめんね~寝坊しちゃって…えへへ」


悪びれもしないところがムカつきます





続きを読む

タミ「マチちゃん……お願い……」マチ「ちょ、ちょっと……学校でするの!?」

1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/15(水) 20:46:39.60 ID:b46Vh/Ge0


タミ「私……もう我慢できなくて……」

マチ「で、でも……いつも使ってるアレもないし……」

タミ「も、持って来てるから! いつも使ってるこれ……」

マチ「ちょ……何で学校にそんなの持って来てるのよ……」

タミ「実は今日は朝からずっとむずむずしてて……な、何でもいいから早く……」

マチ「……はぁ……しょうがないわね……」

タミ「!」

マチ「っと、する前にちゃんと生徒会室の扉の鍵閉めとかないと……誰かに見られたら恥ずかしいし」





続きを読む
[ 2014/10/16 12:00 ] ハナヤマタSS | コメント(16)

花陽「ことりちゃんとお勉強」

2 : ◆AgCofeAlhs 2014/10/05(日) 21:34:10.66 ID:UOIcUOsq0


凛「かよちん真姫ちゃーん! 今日帰りにどこか寄って帰ろ~!」

花陽「あっ、凛ちゃんごめんね。今日この後部室でことりちゃんと約束があって……」

真姫「私も音楽室で作曲の続きしたいから今日はちょっと無理」

凛「二人ともー!? うぅ~、せっかく練習休みなのに一気に暇になったにゃ~……」





続きを読む

希「穂乃果ちゃんに懐かれた」

1 : ◆eyH5F3DPSk 2014/10/14(火) 21:28:58.17 ID:o0iDiWK20


穂乃果「希ちゃん希ちゃん」

希「なにー?」

穂乃果「見て見て、これ」

希「ん? 何それ?」

穂乃果「折り鶴! ……のはずだったんだけど」

希「あらら、つぶれちゃってる」

穂乃果「途中で寝ちゃったからかも」

希「でもこれ、丸くなっててかわいいと思うよ?」

穂乃果「そう? 希ちゃんが言うならそうかもしれないねっ」





続きを読む

リゼ「チノの思春期で店がヤバい」

1 : ◆aU2gxYbeBY 2014/09/29(月) 20:13:44.96 ID:zAp6mdSSO


甘兎庵



リゼ「私はどうしたらいいんだろう……」

千夜「……?」

シャロ「……えっと」





続きを読む
[ 2014/10/14 17:30 ] ごちうさSS | コメント(6)

にこの選択

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/12(日) 00:33:39.03 ID:hmlKwuKq0


にこ「ずっと前から大好きだったの」

にこ「私と付き合ってください」

勇気を出して告白した

でも

希「ごめんなさい」

希「にこっちの気持ちは嬉しいけど…本当にごめんなさい」

最初からわかってた

絶対に届かない存在だということはわかってた

だってあの2人に付け入る隙なんかないでしょ

所構わず見せつけてくれてたもんね

なにをするにもいつも2人一緒

こいつら夫婦かってぐらいベタベタして







私の気持ちも知らないで






続きを読む

ちなつ「ごらく部」

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/14(火) 00:13:01.10 ID:Sc7juh7n0


「おーす、みんな!」

いつものように、大きな声をあげながら襖を開ける。この二年間で染み付いた行為だ。
私は、この瞬間がとても好き。授業が終わってから、みんなの集まる部室に行くのが、たまらなく好きだった。

「あれ、今日はちなつちゃんだけ?」

綾乃に絡まれていた所為で来るのが遅くなったから、当然一年生の二人はもういるものだと思っていた。しかし、この和室を見渡す限りあかりはいない。トイレにでも行っているのだろうか。

「私だけで悪かったですね。あかりちゃんはお姉さんとデートがあるって帰っちゃいましたよ」

ちなつちゃんが、不貞腐れるように言った。





続きを読む

真姫「はいじゃあ次の方どうぞ……え、穂乃果?」穂乃果「あ、真姫ちゃん!」

1 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/09/27(土) 12:07:16.31 ID:CtR9DZMy


穂乃果「久しぶり、真姫ちゃん! 真姫ちゃんが働いてる病院だから運が良ければ会えるかなって思ってたけど……」

真姫「久しぶりって、先月もμ'sのみんなで会ったじゃない……まあいいわ。今日はどうしたの?」

穂乃果「うん、何日か熱が続いてて……そんなに辛くはないんだけど、最近テング熱?っていうのが流行ってるみたいだから念のため診てもらいなさいってお母さんとか雪穂がね」

真姫「テングじゃなくてデング熱よ。まあいいわ、それじゃあ取りあえず心音聞くから胸出して」

穂乃果「はーい」





続きを読む
Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。