FC2ブログ









リーネ「聞いて欲しいことがあるの」芳佳「わたしに?」

1 : ◆1BrjSSUSHI 2012/01/01(日) 21:16:23.69 ID:1TqL+tc60


サーニャ「いまのわたし達には、帰る所があるもの」

エイラ「アイツが誰かを守りたいっていう気持ちが」

エイラ「少しだけわかった気がするよ」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

サーニャ「見て、みんなが見えた」

エイラ「ああ」

サーニャ「宮藤さんに、ちゃんとお礼言わないと」

エイラ「そうだナ」

サーニャ「・・・みんな、ただいま」





3 : ◆1BrjSSUSHI 2012/01/01(日) 21:20:14.85 ID:1TqL+tc60


芳佳「どうしたんですか?二人で部屋に来るなんて」

エイラ「えっと、だナ」

サーニャ「・・・コホン」

エイラ「その、ありがとう」

芳佳「エイラさん?」

エイラ「宮藤は大事な人を守るチャンスをくれた」

エイラ「だから、ありがとう」

芳佳「大事な人って・・・え?」

サーニャ「・・・うん」



5 : ◆1BrjSSUSHI 2012/01/01(日) 21:24:09.77 ID:1TqL+tc60


エイラ「もし宮藤にも大事な人がいるなら」

エイラ「いつでも協力するからナ」

サーニャ「・・・何でも言ってね」

宮藤「わたしにはそんな、大事な人なんて」

ガタッ

エイラ「誰だ!?」

宮藤「誰もいない・・・みたいです」

エイラ「気のせいだったのかナ?」

サーニャ「・・・・・・」



6 : ◆1BrjSSUSHI 2012/01/01(日) 21:27:13.75 ID:1TqL+tc60


エイラ「じゃあ、邪魔したナ」

宮藤「いえ、おやすみなさい」

エイラ「おやすみ」

サーニャ「・・・おやすみなさい」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

サーニャ「エイラ、先に戻ってて」

エイラ「何か用があるなら一緒にいくよ?」

サーニャ「ううん、いいの」

エイラ「わかった、部屋に戻ってるからナ」



8 : ◆1BrjSSUSHI 2012/01/01(日) 21:31:10.39 ID:1TqL+tc60


サーニャ「・・・どこに行ったんだろう」

サーニャ「・・・いた」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

リーネ「!?」

リーネ「サーニャさん」

サーニャ「・・・こんな所で何してるの?」

リーネ「ちょっと夜風に当たりに」

サーニャ「・・・ほんとに?」



11 : ◆1BrjSSUSHI 2012/01/01(日) 21:34:11.18 ID:1TqL+tc60


リーネ「ご、ごめんなさい」

リーネ「話を聞くつもりはなかったんです」

サーニャ「・・・そんなの、別にいい」

リーネ「え?」

サーニャ「わたしが気になったのは」

サーニャ「どうして逃げたかってこと」

リーネ「だから、立ち聞きしてしまったから・・・」

サーニャ「・・・嘘」



12 : ◆1BrjSSUSHI 2012/01/01(日) 21:37:11.08 ID:1TqL+tc60


リーネ「嘘なんかじゃ・・・」

サーニャ「・・・そう」

リーネ「・・・・・・」

サーニャ「少し話をしていい?」

リーネ「は、はい」

サーニャ「今日ね、わたし嬉しかった」

サーニャ「大事な人に守ってもらえたから」

リーネ「大事な・・・人」

サーニャ「・・・うん」



13 : ◆1BrjSSUSHI 2012/01/01(日) 21:40:09.85 ID:1TqL+tc60


サーニャ「あなたがわたしの立場だったら」

サーニャ「誰に守ってもらいたい?」

リーネ「わたしは・・・別に」

サーニャ「逃げてちゃだめ」

リーネ「あ・・・」

サーニャ「逃げちゃだめ」

リーネ「・・・・・・」

サーニャ「・・・戻るね」

サーニャ「お邪魔してごめんなさい」



14 : ◆1BrjSSUSHI 2012/01/01(日) 21:43:14.85 ID:1TqL+tc60


リーネ「ただいま・・・」

ペリーヌ「帰りましたのね」

リーネ「芳佳ちゃんは?」

ペリーヌ「お風呂に行きましたわ」

ペリーヌ「今日は時間外でも入れるって」

リーネ「じゃ、じゃあわたしも」

ペリーヌ「あなたさっき入って・・・」

リーネ「い、行ってきます」



15 : ◆1BrjSSUSHI 2012/01/01(日) 21:46:25.39 ID:1TqL+tc60


ルッキーニ「あれ?これからお風呂ぉ?」

リーネ「う、うん」

シャーリー「こっちは、入れ違いで出るところだ」

ルッキーニ「もう、さっぱりぃ♪」

ルッキーニ「あ、いま芳佳入ってるよぉ」

リーネ「あ、うん」

シャーリー「ごゆっくり~」

ルッキーニ「あ~、シャーリー待ってよぅ」



16 : ◆1BrjSSUSHI 2012/01/01(日) 21:49:24.14 ID:1TqL+tc60


ルッキーニ「なんか様子変じゃなかったぁ?」

シャーリー「まぁ、色々あるんだろ」

ルッキーニ「色々って?」

シャーリー「色々は色々だ」

ルッキーニ「ふぅん、まぁいっかぁ♪」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

芳佳「ん~、お風呂は気持ちいいし」

芳佳「星空がキレイだし、最高♪」

芳佳「でも、何か・・・」



18 : ◆1BrjSSUSHI 2012/01/01(日) 21:53:18.06 ID:1TqL+tc60


リーネ「お邪魔して・・・いいかな?」

芳佳「あ、リーネちゃん♪」

リーネ「隣、いい?」

芳佳「もちろんだよ」

リーネ「ありがとう」

芳佳「わたし達さ」

芳佳「あの星空のそばまで行ってたんだよね」

リーネ「・・・そうだね」

芳佳「宇宙ってどんなだったのかな」



19 : ◆1BrjSSUSHI 2012/01/01(日) 21:56:14.25 ID:1TqL+tc60


リーネ「芳佳ちゃんは」

リーネ「どうしてエイラさんに任務を譲ったの?」

芳佳「う~ん、どうしてかな」

芳佳「なんかそれが自然に思えた、のかな」

リーネ「自然に?」

芳佳「うん」

芳佳「あの必死なエイラさんをね」

芳佳「サーニャさんも待ってた気がしたの」



20 : ◆1BrjSSUSHI 2012/01/01(日) 21:59:25.97 ID:1TqL+tc60


リーネ「すごく、必死だったね」

芳佳「だから」

芳佳「気持ちが通じ合ってるみたいに見えたんだ」

リーネ「うん」

芳佳「そんな二人で宇宙に上がってもらわなきゃって」

芳佳「自然に思えちゃって」

リーネ「たぶん、正しかったと思う」

芳佳「うん、そうだといいな」

リーネ「・・・いいよね、そんな人がいてくれたら」



21 : ◆1BrjSSUSHI 2012/01/01(日) 22:03:11.29 ID:1TqL+tc60


芳佳「リーネちゃん?」

リーネ「そんなに必死に思ってくれる人がいたら」

リーネ「素敵だと思わない?」

芳佳「・・・そうだね、そうに違いないよ」

リーネ「・・・・・・」

芳佳「どうしたの?」

リーネ「芳佳ちゃんにはいないのかな」

リーネ「その、大事に思ってる人とか」



22 : ◆1BrjSSUSHI 2012/01/01(日) 22:06:23.20 ID:1TqL+tc60


芳佳「わ、わたし?」

リーネ「うん、芳佳ちゃん」

芳佳「わたしは、その、みんなが大事だよ」

芳佳「みんなを守れたらいいなって思う」

リーネ「そう・・・だよね」

芳佳「う、うん」

リーネ「ごめんね、変なこと聞いちゃって」

芳佳「ぜ、全然!」

芳佳「あははは・・・はは」



23 : ◆1BrjSSUSHI 2012/01/01(日) 22:09:21.25 ID:1TqL+tc60


リーネ「先に出るね」

芳佳「え?来たばっかりなのに」

リーネ「ごめんね」

リーネ「湯あたりしちゃったみたいなの」

芳佳「そ、そっか」

リーネ「・・・ごめんね」

芳佳「え、リーネちゃん」

芳佳「わたしも出るよ、待って」



25 : ◆1BrjSSUSHI 2012/01/01(日) 22:13:11.95 ID:1TqL+tc60


リーネ「・・・・・・」

芳佳「あの」

芳佳「わたし、何かリーネちゃんを怒らせたかな」

リーネ「そんなこと・・・ないよ」

芳佳「嘘・・・だよね、いつもと違うもん」

リーネ「・・・ごめんなさい」

芳佳「え?」

リーネ「芳佳ちゃんのせいじゃないよ」



26 : ◆1BrjSSUSHI 2012/01/01(日) 22:16:39.57 ID:1TqL+tc60


リーネ「勇気のない自分が、嫌になったの」

リーネ「せっかくサーニャさんが背中押してくれたのに」

芳佳「サーニャさん?」

リーネ「結局、逃げちゃった」

リーネ「弱いのが嫌だったはずなの・・・に」

芳佳「・・・リーネちゃん、泣いてるの?」

リーネ「もう嫌なの、こんなの」

リーネ「芳佳ちゃん」

芳佳「は、はい!」

リーネ「聞いて欲しいことがあるの」



27 : ◆1BrjSSUSHI 2012/01/01(日) 22:19:40.62 ID:1TqL+tc60


芳佳「わたしに?」

リーネ「うん、聞いてくれる?」

芳佳「も、もちろんだよ」

リーネ「・・・・・・」ドクン ドクン

芳佳「・・・・・・」ドクン ドクン

リーネ「わたし、わたしね」

芳佳「う、うん」

リーネ「芳佳ちゃんが・・・す」ガクッ

リーネ(あ、あれ?力が抜けて)

芳佳「リ、リーネちゃん大丈夫!?」



28 : ◆1BrjSSUSHI 2012/01/01(日) 22:22:37.96 ID:1TqL+tc60


芳佳「・・・しっかりして・・・」

リーネ(せっかく、言えると思った・・・のに)

芳佳「・・・すぐ・・・から・・・」

リーネ(なんで・・・こんなドジ・・・なんだろ)

芳佳「・・・ちゃん・・・」

リーネ(あれ、なんだか真っ白・・・に)

芳佳「・・・・・・!」

リーネ(よしか・・・ちゃ)



29 : ◆1BrjSSUSHI 2012/01/01(日) 22:25:34.65 ID:1TqL+tc60


芳佳『ごめん、リーネちゃん』

リーネ『ど、どうして謝るの?』

芳佳『女の子同士とか、わたしには考えられないから』

リーネ『そんな、わたし勇気出して言ったのに!』

芳佳『とにかく、ごめん』

リーネ『待ってよ、芳佳ちゃん』

芳佳『もう近付かないで』

リーネ『そんなのやだ、言ったこと忘れてくれていいから!』

芳佳『もう無理だよ』

芳佳『さよなら、リーネちゃん』



31 : ◆1BrjSSUSHI 2012/01/01(日) 22:29:22.91 ID:1TqL+tc60


リーネ「芳佳ちゃん!!!」

芳佳「わ、びっくりした!」

リーネ「・・・あれ・・・ここは」

芳佳「気がついた?近かったから医務室の方に運んだんだ」

リーネ「わたし、気を失って・・・」

芳佳「びっくりしたよ、いきなり倒れるから」

リーネ「ご、ごめんね、迷惑かけて」

芳佳「気にしないで、それより大丈夫?」

リーネ「・・・うん、もう大丈夫」

リーネ(夢、だったんだ・・・)



32 : ◆1BrjSSUSHI 2012/01/01(日) 22:33:46.84 ID:1TqL+tc60


芳佳「そっか、良かった♪」

リーネ「あの・・・芳佳ちゃん、さっきのことだけど」

芳佳「・・・・・・」

リーネ「あの、あの・・・ね」

芳佳「・・・ゆ、湯あたりしたって言ってたよね」

芳佳「調理場から氷持ってくるよ」

リーネ「芳佳ちゃん?」

芳佳「ごめんね」

リーネ「・・・あ」

芳佳『もう無理だよ』

芳佳『さよなら、リーネちゃん』



34 : ◆1BrjSSUSHI 2012/01/01(日) 22:39:21.21 ID:1TqL+tc60


リーネ「芳佳・・・ちゃん」

芳佳「ほんとにごめん」

リーネ「・・・ううん、いいの」

リーネ「変なこと言っちゃって、ごめんなさい」

芳佳「違うの」

リーネ「え?」

芳佳「逃げてるのは、わたしだよ」

芳佳「いまだって、こうして逃げようとしてる」



35 : ◆1BrjSSUSHI 2012/01/01(日) 22:42:56.75 ID:1TqL+tc60


芳佳「さっきね、エイラさんとサーニャさんが来たの」

芳佳「エイラさんは、サーニャさんを大事な人って言ってた」

リーネ「・・・・・・」

芳佳「サーニャさんも否定しなかったんだ」

リーネ「・・・ごめんなさい、わたしそれ聞いてたの」

芳佳「じゃあ、あの時のはリーネちゃんだったの?」

リーネ「う、うん」

芳佳「・・・・・・」

芳佳「それなら知ってるよね」

芳佳「大事な人がいたら協力する、って言われた」



37 : ◆1BrjSSUSHI 2012/01/01(日) 22:47:18.19 ID:1TqL+tc60


芳佳「わたしは、そんな人いないって答えた」

リーネ「・・・うん」

芳佳「でも、ほんとはね」

芳佳「ほんとは一人、頭の中に浮かんだんだ」

リーネ「え?」

芳佳「だけど、恥ずかしくて誤魔化しちゃった、えへへ」

リーネ「誰が・・・浮かんだの?」

芳佳「・・・・・・」

芳佳「・・・えっと、その、あの」

リーネ「芳佳ちゃん・・・?」



38 : ◆1BrjSSUSHI 2012/01/01(日) 22:50:20.17 ID:1TqL+tc60


芳佳「リ、リーネちゃんが・・・浮かんだ」

リーネ「・・・!」

芳佳「や、やっぱり恥ずかしいね」

芳佳「どうしたらいいかわかんないよ、あぅぅ」

リーネ「・・・どうして話してくれたの?」

芳佳「リーネちゃんが・・・」

リーネ「わたしが?」

芳佳「リーネちゃんが、勇気を出してくれたから」

芳佳「わたしも勇気を持てたんだ」



39 : ◆1BrjSSUSHI 2012/01/01(日) 22:54:13.67 ID:1TqL+tc60


リーネ「・・・良かった」

芳佳「え?」

リーネ「わたしの勇気は、無駄じゃなかったんだね」

芳佳「ぜんぜん無駄なんかじゃないよ!」

芳佳「わたしなんかに比べれば、すっごい勇気だよ!」

リーネ「でも緊張しすぎて、気を失っちゃった」

芳佳「緊張?」

芳佳「・・・緊張で倒れたの?」

リーネ「・・・うん」

リーネ「・・・ごめんなさい」



40 : ◆1BrjSSUSHI 2012/01/01(日) 22:57:16.54 ID:1TqL+tc60


芳佳「あ、謝らないでよ」

リーネ「いまもね、嬉しくて震えてるくらいなの」

リーネ「ほんとにダメだね、わたし」

芳佳「リーネちゃん・・・」

リーネ「あの、あのね・・・震え止めてくれないかな」

芳佳「ど、どうやって?」

リーネ「だ、抱きしめて・・・とか」

芳佳「えええええ?」

リーネ「ダメ・・・かな」



42 : ◆1BrjSSUSHI 2012/01/01(日) 23:01:08.08 ID:1TqL+tc60


芳佳「ダメじゃないけど、ぜんぜんないけど」

リーネ「・・・よろしくお願いします」

芳佳「う、うん・・・わかった」

芳佳「・・・・・・」ギュッ

リーネ「・・・・・」ドクン ドクン

芳佳「・・・リーネちゃんの、おっぱいが当たってる」

リーネ「芳佳ちゃん!」

芳佳「ごめんなさい、ごめんなさい!」



44 : ◆1BrjSSUSHI 2012/01/01(日) 23:05:30.72 ID:1TqL+tc60


リーネ「ありがとう、落ち着いてきた」

芳佳「うん、なんだろ不思議な感じ」

リーネ「芳佳ちゃんも?」

芳佳「さっきまでドキドキしかしてなかったのに」

芳佳「いまは静かな感じなの」

リーネ「そんな感じだね」

芳佳「さっきお風呂でね」

リーネ「ん?」

芳佳「一人で夜空見てて思ったんだ」



45 : ◆1BrjSSUSHI 2012/01/01(日) 23:08:58.78 ID:1TqL+tc60


芳佳「すごくキレイだったんだけど、何かが足りないなって」

リーネ「足りない?」

芳佳「いまわかったよ」

芳佳「リーネちゃんが隣にいて欲しかったんだね」

リーネ「芳佳ちゃん・・・」

芳佳「・・・キス、していいかな」

リーネ「・・・うん」

芳佳「・・・・・・」

リーネ「・・・・・・」

リーネ「・・・んっ」



47 : ◆1BrjSSUSHI 2012/01/01(日) 23:12:24.70 ID:1TqL+tc60


リーネ「今日はみんなと一緒に食べられるんですね」

サーニャ「・・・うん、夜間哨戒がなかったから」

リーネ「昨日はありがとうございました」

サーニャ「・・・わたしは何もしてないけど」

リーネ「そういうことにしておきますね」

芳佳「リーネちゃん、ちょっと手伝って~」

リーネ「いま行きま~す」

エイラ「なんかあの二人、今日は楽しそうだナ」

サーニャ「・・・幸せなんじゃないかな」

エイラ「幸せ?」

サーニャ「うん、わたし達みたいに」 END



関連記事
[ 2012/06/06 21:30 ] ストパンSS | コメント(2)

収まるべき所に収まって何よりです!
[ 2012/06/07 06:06 ] [ 編集 ]

実に良いカップル達だ
[ 2012/06/07 13:41 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/1036-9bb1f2d5


まとめtyaiました【リーネ「聞いて欲しいことがあるの」芳佳「わたしに?」】

1 : ◆1BrjSSUSHI 2012/01/01(日) 21:16:23.69 ID:1TqL tc60 サーニャ「いまのわたし達には、帰る所があるもの」 エイラ「アイツが誰かを守りたいっていう気持ちが」 エイラ「少しだけわかった
[2012/06/09 02:52] URL まとめwoネタ速neo
Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ