FC2ブログ









三尋木「女子アナを口説く」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 18:21:48.29 ID:Nt/JZl/vO


三尋木「誰にしようかなー」
三尋木「針生アナはなかなか堕ちないし、ありゃ長期プランでやらんと無理そうだし」

三尋木「やべー、誰にしよー」

??「お疲れ様でしたー」

咏「お、あれは」

咏「おーい」





3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 18:24:28.31 ID:Nt/JZl/vO



こーこ「んん?」

こーこ「あ!あれだ、ニ回戦で実況してた人だ!」

三尋木「えーと、福与アナウンサーで合ってる?」

こーこ「合ってまーす。ところであなたのお名前は何ですか?」

三尋木「・・・・・・・」

三尋木(あれ?私結構有名だよな?)




4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 18:26:32.84 ID:Nt/JZl/vO



三尋木「三尋木咏だよ。自慢じゃねーけど私これでも有名だぜ?」

こーこ「いやあ、麻雀はまだまだ勉強中な身なもんで」

三尋木(女子アナなだけあって容姿はOK)

三尋木(この子で良いか)




6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 18:28:59.35 ID:Nt/JZl/vO



三尋木「ところでさ、晩ご飯食べちゃった?」

こーこ「さっき仕事終わったばっかで」

三尋木「じゃ一緒に飯食いに行かねー?私の事知らないなら知って貰わないとなー」

三尋木「これでも稼いでる身だからさー奢るよ?」

こーこ「行きます行きます!」



8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 18:31:31.34 ID:Nt/JZl/vO






こーこ「良いんですか?こんな高そうな所」

三尋木「良いって良いって。これから色々楽しませて貰うからさ」

三尋木(体で)




10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 18:33:26.17 ID:Nt/JZl/vO



こーこ「しかし凄いですねー、ホテルん中のレストランでディナーなんて初めてですよ」

咏「だろ?私のお気に入りスポットなんだよねー」

こーこ「やっぱりプロは稼ぐんですねー」

咏「そりゃあ勝てれば賞金が相応に出るし」

咏「あ、福与アナ酒強い?」



11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 18:35:34.83 ID:Nt/JZl/vO



こーこ「あんま強くないです」

こーこ「何か酒飲むと記憶無くなるんですよ」


咏(酒が弱い・・・・・チャンスだ!)

咏「じゃあ弱い酒にするかー。おーい」

咏「一番強い酒持ってきて。口当たり良いやつ」小声

ウェイター「かしこまりました」



12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 18:37:10.30 ID:Nt/JZl/vO



咏「記憶無いって何やらかすん?」

こーこ「って言ってもすこ、・・・・・友達の家で飲んだ一回だけなんですけどー」

こーこ「朝起きたら「こーこちゃんお願いだから絶対外でお酒飲まないで」って言われたんですよー」

咏「・・・・・へー、そりゃ大変そうだな」

こーこ「それ以来お酒飲もうとすると止められちゃう訳です」



13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 18:39:32.70 ID:Nt/JZl/vO




咏「でも弱い酒くらいならちょっとでも平気だろ?はい」

こーこ「あ、ありがとうございます。・・・・・甘くて美味しい!」

咏(酔い潰して部屋に連れ込もう)




14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 18:41:30.86 ID:Nt/JZl/vO



30分後



咏「ところでさ、こーこちゃんラジオやってるっしょ?」

こーこ「あー、小鍛治プロとのやつですか?」グビグビ

咏「そうそう。あれゲスト呼ばないの?面白そうだし出たいなー」

こーこ「面白そうですねー」グビグビ

咏「交渉しておいてよ」

こーこ「んー・・・・・・どーしよーかなー」

咏(・・・・頃合いか)



15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 18:45:52.81 ID:Nt/JZl/vO



三尋木「こーこちゃん酔ってる?」

こーこ「酔ってるよーな酔ってないよーな・・・・・」

三尋木「それじゃ家帰れないなー」

こーこ「あー・・・・・・」

三尋木「私今日部屋取ってるんだけど泊まって良いよ」

こーこ「マジですかー・・・」
三尋木「そうしよう。ほら、立って」

こーこ「んー・・・・・・・・」

三尋木(奢り分、しっかり楽しませて貰いますか)




19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 19:10:17.48 ID:Nt/JZl/vO




ガチャッ

こーこ「すげー広い!さすが有名ホテル!」

三尋木「先シャワー浴びて良いよ。私準備しなきゃだからさ」

こーこ「あー着物だから」

三尋木「そうそう。行ってらっしゃい」

こーこ「はーい」

ガチャッバタン



21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 19:17:29.37 ID:Nt/JZl/vO





三尋木「もっと酔わせてみるか。どうなるか興味あるし」

三尋木「もしもし」

三尋木「お酒持ってきて」

ガチャン

三尋木「このままシャワーに乱入しようかなー」

三尋木「いや、お楽しみにしておくか・・・・・」

咏「んー・・・・・・」モンモン




22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 19:19:45.08 ID:Nt/JZl/vO




こーこ「上がりましたー」

三尋木「お、じゃあ私入ってくるわ。そこにあるお酒飲んで良いよ」

こーこ「やったー」

三尋木(シャワー終わる頃には潰れてるはず。そしたら楽しませて貰うか)





24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 19:25:43.17 ID:Nt/JZl/vO


こーこ「このお酒美味しー」

こーこ「ホテル広いしご飯おいしいし、あの人マジで神」


こーこ「この気持ちを誰かに伝えたい」

こーこ「すこやんに電話しよー」



26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 19:33:41.67 ID:Nt/JZl/vO




プルルルルル

すこやん「もしもし?どうしたのこんな時間に」

こーこ「この気持ちを誰かに伝えたくってさー」

すこやん「この気持ちって何?もう、変な事なら切るからね」

こーこ「今飲んでる酒がさー、めちゃくちゃ美味しいんだよねー」

すこやん「!」




27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 19:36:11.60 ID:Nt/JZl/vO



すこやん「お、お酒?今どこで飲んでるの!?」

こーこ「○○ホテルー。ここマジですげーよ部屋超広い」

すこやん「○○ホテルに何で居るの!しかも部屋!?」

こーこ「ご飯奢って貰っちゃってさー、部屋泊まってったら?って」

すこやん「1人じゃないの?誰と!?」

こーこ「えーと、すこやんと同じプロの人ー。名前思い出せないー・・・・・」



28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 19:39:53.46 ID:Nt/JZl/vO



すこやん「・・・・・ま、まさか三尋木プロ・・・・じゃないよね?」

こーこ「そんな名前かもー。着物着てるー」

すこやん「こ、こーこちゃん○○ホテルの何号室?私迎えに行くから!」

こーこ「あー・・・・・・分かんねー全てが分かんねー」

すこやん「こーこちゃん!」

こーこ「携帯の充電切れそう」

すこやん「切れる前に思い出して!」

こーこ「20階くらいだった気がする。分からんけど」

すこやん「こーこちゃ、」

ツーツー

こーこ「あ、やべー、充電切れたー」




29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 19:46:21.68 ID:Nt/JZl/vO



すこやん「こーこちゃん?こーこちゃん?」

ツーツー

すこやん「ど、どうしよう」

すこやん「よりにもよって三尋木プロ・・・・・」

すこやん「あの人女癖悪いって有名だし、最近は女子アナ狙ってるらしいし」

すこやん「絶対こーこちゃん狙ってるよ・・・・・しかもお酒飲んでるし」

すこやん「こーこちゃんお酒飲むと・・・・・・」



30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 19:51:48.08 ID:Nt/JZl/vO



数ヶ月前


こーこ「じゃーん!」

すこやん「お酒?リンゴジュースあるよ?」

こーこ「たまにはお酒も飲みたいじゃん?私全然飲む機会無くてさー」

すこやん「いくら何でも多いよ・・・・」





32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 19:57:24.26 ID:Nt/JZl/vO




すこやん「こーこちゃんちょっとお酒飲み過ぎだよ」

こーこ「お酒は飲んでナンボ!ほらすこやんもグイーっと!」

すこやん「ダメだよ。明日二日酔いしちゃうよ」

こーこ「そしたらすこやんに看病してもらうー」

すこやん「もう」



33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 20:03:36.38 ID:Nt/JZl/vO




こーこ「・・・・・この部屋暑い」

すこやん「え?冷房つける?」

こーこ「・・・・・・・」

すこやん「って、何で服脱いでるの!」

こーこ「暑いからー?」

すこやん「冷房付けてあげるから服着て!」

ピッピッピッ

ゴォー

こーこ「暑いよねー?」

すこやん「こーこちゃんだけだから!私はむしろ寒いから!」



37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 20:08:07.40 ID:Nt/JZl/vO



こーこ「またまたあ」ズイッ

すこやん「ちょ、ちょっと私も脱がさないで!」

こーこ「良いじゃん私とすこやんの仲だしー」

すこやん「どんな仲!?」

こーこ「もう眠いー」

すこやん「いつにも増してマイペースだね」

すこやん「ほら、眠いなら私のベッドで寝て良いから」

すこやん(寝たら服着せよう)



39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 20:11:57.61 ID:Nt/JZl/vO




こーこ「んー」

すこやん「はい、おやすみこーこちゃん」

こーこ「・・・・・・・寒い」ガシッ

すこやん「ええ!?」ドキドキ

こーこ「すこやん温かーい」

すこやん「こーこちゃん、離して」ドキドキ

こーこ「無理ー」

すこやん(ど、どうしよう・・・・・・)




40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 20:15:31.06 ID:Nt/JZl/vO





チュンチュン

こーこ「ん?・・・・・・頭痛い」

すこやん「・・・・・おはようこーこちゃん」

こーこ「え、何すこやん。ご機嫌斜め?」

すこやん「お願いがあるんだけど」

すこやん「外で絶対お酒飲んじゃダメだよ」




43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 20:21:08.80 ID:Nt/JZl/vO





すこやん(結局寝てるのを無理やり剥がして服着せて)

すこやん(・・・・・こーこちゃんは全く覚えてなかったんだよね)

すこやん「や、やっぱりホテルに行くだけ行こう。もしかしたらロビーで部屋聞けるかもしれないし!」




44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 20:24:05.27 ID:Nt/JZl/vO



こーこ「この部屋あつー」グビグビ

三尋木(ちょっと飲み過ぎじゃね?ビン3つ全部空じゃん)

三尋木(服脱いでるのはまあ願ったり叶ったりか。脱がせるの楽しみだったけど)

三尋木「酒なんかよりさー、もっと楽しい事やんね?」

こーこ「楽しいことー?」


三尋木「そうそう。ベッドの上のスポーツだよ」

こーこ「ベッドの上のスポーツ・・・・・・」

こーこ「スリッパテニス!」

三尋木「は?」



45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 20:28:56.49 ID:Nt/JZl/vO



こーこ「スリッパテニスしようスリッパテニス!」

三尋木「え?いや、ちょっと」

こーこ「燃えてきたー!」

三尋木(マイペースすぎんだろ!)

三尋木「い、いやーそれよりも楽しいっつーか気持ち良いことをさー」

こーこ「商品つきで勝負しよう!負けた方が勝った方の言う事聞く!」

三尋木「・・・・・・・」

三尋木(ちゃっちゃと勝っちゃうか)




46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 20:32:03.13 ID:Nt/JZl/vO


こーこ「っしゃー!」

三尋木「くっ、酔っぱらいのくせに強いぞこいつ」

三尋木「こうなったら私が勝つまでやってやる!」

こーこ「かかってこいやー!」



二時間後

三尋木「か、勝てねー・・・・・」

こーこ「もうやめよー飽きたー」

三尋木「いやいや私は負けず嫌いだからさ!勝つまでやる!」



50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 20:36:59.37 ID:Nt/JZl/vO




二時間後

こーこ「な、何か動いたら気持ち悪くなってきた」

咏「え?お、おいトイレ行ってこいって、ベッドの上は・・・・」

こーこ「」

咏「」








すこやん「普通に考えて守秘義務あるから教えてくれないよね・・・・・・」

すこやん「もう絶対三尋木プロの毒牙にかかってるよ・・・・・・」

すこやん「泣きたくなってきた」




51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 20:42:58.12 ID:Nt/JZl/vO



翌日

プルルルルル

こーこ「あーすこやーん?」

すこやん「やっと繋がった!」

こーこ「叫ばないでー頭痛いー」

すこやん「あ、ごめん、って、今どこ?」

こーこ「家帰ってる」

すこやん「三尋木プロは?」
こーこ「何か朝起きたら書き置きだけあったんだよねー。仕事なんだって」



55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 20:47:57.57 ID:Nt/JZl/vO



すこやん「そ、そう。それで何かされなかった?」

こーこ「全然記憶無いからさあ。頭痛いのと何かやたら体がダルいのと、酒で喉枯れてる」

こーこ「あと何か汗でベタベター。」

すこやん「」




56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 20:53:10.22 ID:Nt/JZl/vO


三尋木(福与アナ・・・・見くびってた)

三尋木(次からは大人しい女子アナ狙う)

三尋木(散々な夜だったなー・・・・・肩筋肉痛だし)

三尋木(高い金払ってしたのがスリッパテニスと後始末・・・・)


すこやん「あ、三尋木プロ」




60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 20:59:46.82 ID:Nt/JZl/vO




三尋木「ん?あー小鍛治プロ久しぶりー」

すこやん「探してたんですよ」


三尋木「何で?」

すこやん「久しぶりに三尋木プロと麻雀したいなって」

三尋木「あー・・・・折角だけど今日はパス。私じゃなくてもさ、ほら、藤田プロとか暇してるよ?」



62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 21:06:16.26 ID:Nt/JZl/vO




三尋木「それに私これから仮眠取りたくてさ。昨日ちょっと徹夜したから」

すこやん「・・・・・何してたんですか?」

三尋木「あー、運動っていうかスポーツ?」

三尋木「だからごめんなー。一晩中動き回って体ダルいんだよねー」

すこやん「そこを何とか」


すこやん「・・・・・・色々教えて貰いたい事があって」ゴゴゴゴゴゴ

三尋木(な、何か怒ってね?)




赤土「ん?あれは三尋木プロと・・・・・」

すこやん「」ゴゴゴゴゴゴ

赤土「」



おわり



63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 21:07:39.03 ID:oiLUetaw0


レジェンゴゴゴゴゴゴ


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 21:09:09.29 ID:Nt/JZl/vO


スリッパテニス楽しいよね


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 21:14:29.13 ID:92+RTEvv0


乙でした!
また書いてね



67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 21:16:12.68 ID:2ScuhZSwi


すこやんの愛のお説教が見たい


関連記事
[ 2012/06/21 02:00 ] 咲-saki-SS | コメント(1)
タグ : 恒子

あかんレジェンドの精神ぶっ壊れるで
[ 2012/06/22 00:39 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/1128-cc6744c9


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ