スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

照「妹を拾ってきた」菫「……」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 09:45:11.87 ID:5vuYrkHp0


照「捨てられていたので拾ってきた」

咲「」スースー

菫「……」

淡「……」

亦野「……早退します!」ダッ!

渋谷「……お茶退します!」ダッ!

菫「あ……お茶退ってなんだよ……」

照「……咲、可愛いよ咲」スリスリ

咲「……」スースー

淡「……」


はい





2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 09:46:23.50 ID:tdEi9FD30


はいじゃないが


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 09:55:54.69 ID:5vuYrkHp0


菫「……とうとうやったか。あのシスコンめ」

淡「とうとうやりましたね」

照「咲ぃ。可愛い咲ぃ」チュッチュッ

咲「」ウーンウーン

菫「……この全国大会目前に、他校の出場選手誘拐とか、勘弁してほしいな」

淡「全くですよ」

照「ねぇ菫。この妹うちで飼っていい?」

淡「飼ってって……」

菫「……うちの部活は他校の妹禁止だ。さっさと拾ったところに戻してこい」

照「いやどす」

菫「……」

照「咲ぃ」チュッチュッ

咲「」ウーンウーン



6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 10:09:25.15 ID:5vuYrkHp0


淡「どうしましょう。宮永先輩、離しそうにありませんよ?」

菫「そんなこと言ったって、引き離すしかないだろう……」

菫「妹さんは他校の選手として出場しているわけだし、あのままにしておくわけにもいかない」

淡「まぁ、そうですよね……」チラッ

照「はぁ……はぁ……咲、可愛いよ咲。沢山いじめてあげるから」

咲「」ウーンウーン

淡「……ちょっと頭が痛くなってきたので保健室に」

菫「頭なら私も痛い。だが逃げるな」ガシッ

淡「……」



7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 10:12:37.83 ID:5vuYrkHp0


淡「と言ってもどうしましょう。本当に」

菫「ああ、私もどうしていいか分からない……」

菫「とりあえず様子を見ながら、隙を探そう」

淡「そうですね」

照「咲……ちゅー」

咲「」ウーンウーン

淡「駄目です先輩。様子を見てたら救出前に妹さんの貞操が」

菫「……」



13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 10:22:21.68 ID:5vuYrkHp0


菫「……仕方ない。他の餌を用意して引き剥がすか」

淡「餌、ですか?」

菫「ああ、餌だ……これ」サキシャシン

淡「それは、妹さんの写真?」

菫「そうだ。この間、清澄の全中チャンプから買った。もしものとき役に立つと思ってな」

淡「なるほど、それで釣るんですね……でも本人が目の前にいるのに、写真程度で釣れるんですかね?」

菫「まぁ、これだけなら無理だろう。淡、ちょっとこっち来てくれるか?」

淡「はい?」



14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 10:29:24.82 ID:5vuYrkHp0


淡「なんですかこれは……バニーガール?」

菫「いや、犬だ。前に照が犬の方がいいって言ってたからな」

淡「この場合、どちらも大して変わりませんよ……これを、菫先輩が着るんですか?」

菫「何を言っている。そんなことしたら、私の貞操が危ないじゃないか」

淡「……先輩」

菫「なんだ?」

淡「私、先輩のこと尊敬してます」

菫「そうか。まぁそれは置いといて、お前これ着ろ」

淡「いやですよ! こんなの着たら確実に宮永先輩の餌食じゃないですか!」

菫「そうとも限らない。何せ相手はあの照の本命である妹さんだからな。もしかしたら釣れないかもしれない」

淡「でも釣らなきゃいけないんですよね?」

菫「そうだな。これでだめなら、今度は全裸にプリンをぶっかけて釣る」

淡「絶対いやですよ? 私の貞操が危ないじゃないですか!」

菫「成功したあかつきには、ジュース一本(120円)を奢ってやるよ」

淡「私の貞操はジュース一本ですか! 百二十円ですか!」



17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 10:37:00.01 ID:5vuYrkHp0


菫「淡、よく考えてみろ」

淡「……はい?」

菫「いいか? このまま照が妹さんを好き勝手にすれば、確実に清澄から苦情が来る」

菫「それにいくら姉妹とはいえ、誘拐してきて性的暴行を加えたとなれば、警察だって黙ってはいないだろう」

菫「そうした場合、私たちは当然大会棄権となる。それどころか、今後一、二年つまりお前が卒業する辺りまで」

菫「出場停止が申し渡されるかもしれない。そうなれば私たち最後の夏、お前のインターハイ、後輩たちのインターハイまで」

菫「奪われることになるんだぞ?」

淡「……」



19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 10:42:03.93 ID:5vuYrkHp0


淡「で、でも宮永先輩は来年卒業ですし、来年は出れるんじゃ……」

菫「麻雀は元々賭けごとで運要素の強いゲームだ。大人たちの印象も決して良くはない」

菫「そんな中で何とか全国大会を開いているのが今の麻雀の現状だ。そんな中、麻雀のインターハイ出場選手」

菫「しかも麻雀インターハイの代名詞とも言われている宮永照が犯罪を犯したとなれば」

菫「当然その罪以上の罰則を与えなければ、運営委員会としてはメンツが保てなくなる」

淡「……」

菫「分かってくれ、これはわが校だけじゃない。全国すべてのインターハイを志す高校生雀士の夢がかかっているんだ!」

淡「……わ、分かりました」



20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 10:42:55.35 ID:Rr783i1KO


でも菫先輩が体張らない理由にはならないよね


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 10:43:39.57 ID:HMoedXFi0


この淡ちゃんはどこかぬけてる


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 10:44:47.48 ID:5vuYrkHp0


照「咲好き咲好き……」

咲「」ウーンウーン

淡「……み、宮永先輩」

照「……何?」

淡「こ、こんなのどうですか?」イヌミミ

照「……」

淡「……」

淡(ううっ……恥ずかしい。これ下手したら、先輩以上の変態なんじゃ)チラッ

菫「」グッ

淡「……」

淡(……菫先輩は自信満々だけど、やっぱりこれじゃ釣れないような気がする)

照「……」



26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 10:48:23.70 ID:5vuYrkHp0


照「……淡」

淡「は、はい!」

照「その格好……」

淡「あ、あの、えっと……いぬみみです……わん……」

菫「……ぷっ」

淡「!?」

淡(菫先輩!?)

菫(す、すまない……)

照「……その格好」

淡「……」

照「変態みたいだからやめた方がいいよ」ドンビキ

淡「!? ……へ、変態に変態と言われた」

菫「……ぷっ」

淡「も、もう嫌だああああ!」



27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 10:48:55.90 ID:8SISWVJV0


あわあわ…


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 10:51:46.76 ID:sbfwxR9G0


あわあわ哀れ・・・


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 10:53:06.89 ID:5vuYrkHp0


淡「も、もう部活やめます! もう嫌だあああ!」

菫「落ち着け淡! 大丈夫だ、可愛いぞ」

淡「可愛いとか可愛くないとか以前に、変態にどん引きされるレベルのひどさって、もう人間として色々終わってるじゃないですか!」

菫「待て待て、今のあいつは妹さんが隣にいるせいで冷静なだけだ。いつものあいつなら飛びついている!」

淡「それって冷静に見たら私は変態に見えるってことですか!?」

菫「……ノーコメント」

淡「もうやめます! 退部届書きます! 今すぐに!」

菫「まぁ落ち着け淡。ほらドッグフードだぞ」

淡「嬉しくありませんよ!?」



31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 11:00:00.72 ID:5vuYrkHp0


淡「もうやめます! やってられません! もうやめますからね!」

菫「……淡」

淡「何ですか! もう何を言われてもやめますよ!」

菫「」ギュッ

淡「……え?」

菫「いや、すまなかった。少しからかいすぎたよ。でもやめるなんて言わないでくれ」

菫「お前にやめられると、私はとても困るんだ。とても寂しい」

淡「……先輩」

菫「だから、な?」

淡「……」

菫「……」ギュッ

淡「せ、先輩……」



32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 11:01:18.33 ID:5vuYrkHp0


照「」ツンツン

菫「……?」

照「お取り込み中すまない」

菫「……なんだ? 照」

淡「?」

照「その犬耳のやつ、もう一着ない? 咲に着せてあげたい」

菫「……えっと、確か倉庫にあった気がするが……それよりお前、妹さんどこに行った?」

照「そこに寝かせている」

咲「」スースー

菫「……そうか。淡、確保」

淡「ラジャ」

照「!? ……油断した」



35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 11:06:25.77 ID:5vuYrkHp0


菫「きっちり縛っちゃれい」

淡「言われなくてもですよ」

照「……」

菫「で、そちらの妹さんだが……どうするかな」

和「咲さんはいらっしゃいますか!」バン!

菫「ああ、全中チャンプ。ここにいるぞ」

和「そうですか、よかった……全く、トイレに行くと言って中々帰ってこないものだから心配しましたよ」

淡「すみません……」イヌミミ

和「……犬耳にあってますね……ぷっ」

淡「!? ……ほ、ほっといてください!」



39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 11:15:20.63 ID:5vuYrkHp0


和「それでは私は咲さんを我が家に監禁……もとい保護しますので、失礼します」

菫「ああ、頼んだぞ」

淡「……頼んでいいんですかね?」

照「……変なことしたら許さない。八つ裂きにする」

淡「ついさっきまであんな感じだった先輩が言うんですか」

照「許さない」

和「大丈夫です。私はあなたとは違って許可をとない限りは写真撮影と視姦までしかやりません」

淡「それで大丈夫と言っているあたり、宮永先輩と同じ種類の人間だと確信できますね」

菫「まぁ、あっちの方が数倍マシな気がするがな」

照「ゆ、許さない……!」

和「それでは、また」パタン



42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 11:22:11.17 ID:5vuYrkHp0


淡「さて、それではこの人どうしましょう」

菫「とりあえず、もう一着の犬の衣装着せて首輪付けて、そこの柱に縄で繋いでおけ」

淡「分かりました」

照「ひ、ひどい!」

菫「当然の罰だ。何、帰宅の時間になればほどいてやるし、一軍の部室には誰も来ないから平気だろう」

淡「そうですよ、この格好を他校の生徒にすら見られた私からすれば数倍マシ……」

菫「自分で行って自分で落ち込むなよ……」



43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 11:22:42.22 ID:5vuYrkHp0


淡「お、落ち込んでなんかいませんよ……あれ、なんだろう。涙が出てきました……」

照「……ぷっ。変態さんめ」

淡「よし、じゃあ先輩着替えさせますので、ばんざいしてくださーい」

照「ま、待って……!」

菫「体は私が抑えておくからな」

照「い、いやだ……私は変態になりたくない……」

淡「あなたはすでに変態でしょう!」

菫「何を今更」

照「い、いやだああああ!」



47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 11:28:37.94 ID:5vuYrkHp0


照「……」ワオーン

照「……暇」ゴロゴロ

照「……咲。今度会ったらこれ着せてあげよう」ゴロゴロ


近くの公園

菫「ほれ、約束のジュース一本」

淡「ありがとうございます……何だか割に合わない感がすさまじいですけど」

菫「そうか? ……じゃあ仕方ない。追加報酬として、この写真を見せてやろう」

淡「写真、ですか?」

菫「これだ」アワイヌミミシャシン

淡「!? い、いつのまに……消してください! 今すぐ消去してください! それが追加報酬です!」

菫「……いやどす」

淡「消してくださいよ! 携帯のフォルダからも、脳のフォルダからも!」

菫「パスワードロックかけておこう」

淡「やめてください!」



49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 11:32:50.49 ID:5vuYrkHp0


菫「はぁ……しかし今回も照に振り回されたな」

淡「そうですね……私としては敵二人に見えた気がしますけど」

菫「ん? なんのことだ?」アワイヌミミシャシン

淡「……あとでちゃんと消してくださいよ」

菫「ああ……亦野と渋谷に見せてから消しとく」

淡「やめてくださいよ、もう」

菫「じゃあ私が堪能してから、永久保存しておく」

淡「結局消してないじゃないですか……」

菫「まぁ、その内消すさ。その内」

淡「何なんですか、もう……これ、いただきますね」

菫「ああ、どうぞ」

淡「はぁ……」ゴクゴク

菫「……」



52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 11:34:53.35 ID:Z0ZsjjhZ0


菫×淡の流れか


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 11:38:12.78 ID:5vuYrkHp0


菫「淡。あれ、あのとき本気で言ってたのか?」

淡「……なんのことですか?」

菫「退部するって言ってたこと」

淡「え。ああ、本気でしたよ。もう心身ともに疲れ果ててましたし、菫先輩が敵に回ったら勝てる気もしませんし」

菫「そうか……じゃあ私はずっとお前の味方でいてやるから、やめないでくれ」

淡「え?」



56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 11:39:30.36 ID:5vuYrkHp0


菫「お前がやめたら寂しい。それは本当だ」

淡「……先輩」

菫「……対照用の餌がなくなるからな。それは勘弁してほしい」

淡「……もうやめようかな」

菫「冗談だよ……」

菫「私は今のメンバーでインターハイ優勝したいんだ。だから、やめないでくれよ」

淡「……やめませんよ。少なくとも先輩とインターハイ優勝するまでは」

淡「じゃなきゃ、なんのためにこれまで宮永先輩の相手してきたのか分かりませんし」

菫「……そうだな」

淡「……しましょうね、優勝。先輩最後の大会」

菫「……そうだな」


終わり



57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 11:40:02.76 ID:5vuYrkHp0


たまにはしんみり終わらせたかった


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 11:40:56.29 ID:Gl/4b3630


乙どす


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 11:42:13.27 ID:jyZaqQxG0


きれいに終わったな乙


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 11:47:32.94 ID:1kS3FCEA0


乙乙


関連記事
[ 2012/06/30 17:30 ] 咲-saki-SS | コメント(2)

照淡とみせかけての菫淡、どっちにしろ最高
[ 2012/06/30 18:13 ] [ 編集 ]

ヨルムンガンド
[ 2012/06/30 22:45 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/1195-c62ad286


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。