FC2ブログ









竜華「寝てる怜にいたずらしたる」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 00:11:23.67 ID:AW8WNIcm0



竜華の部屋

怜「スウ…スウ…」

竜華(インターハイではどうなるかと思うたけど…結局、大事なくてほんまよかった…)

竜華(それにしても…ほんま怜は可愛いなぁ)

竜華(髪もさらさらやし、良いにおいがするわ)

怜「スウ…スウ…」

竜華(ぐっすり眠ってるようやし…)

竜華(約束したのに二巡先を通り越して三巡先なんて無茶して……散々心配させられたんや……)

竜華(…少しくらい、いたずらしてもええよな)





4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 00:18:43.60 ID:AW8WNIcm0


竜華(それじゃまずスカートをめくってみよか)スス

竜華(普段長いスカートを履いてるから見えん怜の太ももが!)スス

竜華(徐々に見えてくる太もも、そしてこのスリル…めっちゃ興奮する!)

怜「ん…」

竜華「……」ビクッ



7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 00:24:03.89 ID:AW8WNIcm0


怜「スウ…スウ…」

竜華「ふぅ」

竜華(まだ大丈夫やな、さて続けよか)スス

竜華(ふふ、太ももと薄い青の下着が丸見えや)

竜華(怜の太もも白くて張りがあってええし、お尻も可愛いなぁ)サワサワ

怜「スウ…スウ…」

竜華(今度、うちが膝枕してもらうのもええかもな)



8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 00:27:41.46 ID:xeFp9IeH0


薄い、青の下着なのか薄い青の、下着なのかどっちだ


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 00:29:19.75 ID:AW8WNIcm0


>>8
薄い青の、下着です



11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 00:30:17.08 ID:AW8WNIcm0


竜華(さて、次は胸を揉むで)モミ

怜「んん…」

竜華(あかん!めちゃくちゃ柔らかい!!)モミモミ

竜華(サイズもちょうど、うちの手のひらに収まる大きさやし)

竜華(ほんま良い揉み心地や!)モミモミ

怜「ん………あっ…」

竜華(やばっ…)ピタッ

怜「ん………スウ…スウ…」

竜華「怜ー」

竜華(多分、まだ起きんよな)ドキドキ

竜華(どうする……ここでもう終わりにするか…)



14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 00:35:42.24 ID:AW8WNIcm0


竜華(せやけど…ここまでやって大丈夫やったんや)

竜華(それに服の上からだけじゃもう我慢できへん、直接揉んだるで!)

怜「スウ…スウ…」

竜華(ほな…服をたくしあげて…ブラのホックをはずして…)プルッ

竜華「ごくっ」

竜華(と、怜のおっぱい小振りやけど…真っ白で形もええし…乳首は小さめで綺麗なピンクや)

竜華(お風呂の時は恥ずかしがってタオルで隠してたからなぁ)

竜華(そ、それじゃ直に揉ませてもらいましょか)



15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 00:44:02.28 ID:AW8WNIcm0


竜華(ああ、やっぱ直接揉む方が服の上からよりもええ…生の感触は最高や!!)ムニュムニュ

竜華(しっとりとしてながら…スベスベで手のひらに吸いついてくる…)

怜「あ…んっ…」

竜華(寝てても感じてるんか…乳首が固くなってきた)クリクリ

竜華(あかん!!うちも興奮して濡れてきた…)ジュン

竜華(ハァハァ…もっと怜のおっぱい攻めたるで…っ)コリコリキュ

怜「ん……あっ……んんっ」ビクッ



18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 00:52:29.67 ID:AW8WNIcm0


怜「ん、あ……竜華」

怜「……えっ、なんで私こんなかっこなん?」

竜華「あ、あかん、調子に乗ってやりすぎた!!」

怜「竜華!私が寝てる間に何してたんや!!」

竜華「あっ……その……これは…」

怜「竜華、正直に話しいや!」

竜華「怜、ごめんな…」

竜華「うち………我慢でできひん!!」ガバッ



20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 01:00:17.81 ID:AW8WNIcm0


ベットの上に怜を押し倒し、両手首を左手で拘束する。

怜「りゅ、竜華…なにすんや!」

竜華「…中途半端なところだったから…うち興奮が収まらないんや…」

竜華「そもそも、怜が可愛いからいけないんや!!」

竜華「あんな無防備に寝てるなんて、襲われても文句言えへんで!!」

怜「な、なに開き直ってんや、ええ加減にせぇ!!」

竜華「口ではそんなこと言うてるけど…怜のここは…」キュ

先ほどの行為で固くなり始めていた乳首を摘む。

怜「~っ……こ、これは竜華が…」

竜華「せやから、うちが責任を持って怜を気持ちよくさせたる!!」



21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 01:07:42.42 ID:AW8WNIcm0


怜「な、なに言って、ん……ふっ……あっ!」

右の乳房をゆっくりと手のひらで撫で回していく。

怜「竜華……こ、こんなん……嫌や、お願いやから……」

竜華「怜のおっぱい柔らかくて気持ちええんや」フニフニ

怜「んっ、……ああ……あんっ!」

竜華(うちのの方が大きいけど…柔らかさは怜の方が上や…)

竜華(まるで…マシュマロみたいな柔らかさや…)

怜「ぅ……ひっ、ん!…ああぁ!」

竜華(それに、感度もめちゃくちゃええわ!)



24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 01:15:35.72 ID:AW8WNIcm0


竜華「怜の乳首、こんなに固くなってんで…ぺろっ」

怜「ひゃっ!」ビクン

竜華「ほんまに怜は可愛いわぁ…」

怜「…はぁ…そないなこと……今、言われても……うれしくない…」

竜華は乳首を口に含み吸い上げた。

竜華「ぱく…ん、ちゅううっ……」

怜「んああぁっ!」

竜華(……怜がうちの愛撫で感じとる)

竜華(ああ……もっとやもっと怜を感じさせて…………イジメたい)



28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 01:18:13.39 ID:AW8WNIcm0


竜華は今まで両手首を拘束していた左手を離し、両足を開かせた。

竜華「こっちは触ってなかったのに……ふふ、こんなに濡れてんで」クチュ

怜「ひゃあぁっ!」

竜華「こんなに濡れてたら気持ち悪いやろ……今、脱がしたるからな」スッ

怜「嫌や、待って!」

竜華「……怜、生えてなかったんやな」

怜「~~っ!」

怜「りゅ、りゅう…か……お、お願いや……から……見んといて」

竜華「……」ゾクゾク

怜は羞恥で顔を赤くし目を潤ませ、竜華に懇願した。
しかし、怜の懇願は竜華の欲情をさらに煽るだけだった。



30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 01:22:10.29 ID:AW8WNIcm0


竜華「ハァハァ……怜の膣内、綺麗なピンク色やで」クパア

怜「ひっ!…いややああぁ!」

竜華
「…中からどんどん蜜が出て来とるし……物欲しそうにひくひくしてるで」

怜「~~~~っ!!」

竜華
「くすっ、それにほんまおいしそうや……」ペロッ

怜「あはぁああぁっっ!」



31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 01:24:54.06 ID:AW8WNIcm0


竜華「ちゅ、くちゅ……れろれろ……ぴちゃ……」

怜「やっあ、あっ……やめっんんっ……あぁ…」

竜華「ちゅっ……ぴちゅっ……ずいぶん敏感やな、ほんまいやらしいわ」

怜「い、いややっ!……あぅんっ……そないなこと……言わんといて……ふあぁっ!」

怜「あぁっ!わ、私は……いっ、いやらしくぅ……なん、てぇ…あんっ!!」

竜華「そまいに…ちゅっ…喘ぎながら、言うても……ちゅるっ……説得力がないで……ちゅるるっ」

怜「あっ、あっ! あぅっ……んっ、んんっ! んくっ……ひうっ!……あああああああっ……!」



32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 01:28:18.68 ID:AW8WNIcm0


怜「はあ……はあ……」

竜華「……こんだけ濡れてれば大丈夫そうやな……それじゃ指を入れるで」

怜「や、やめっ~~ああああぁっ!」

竜華「くっ!……怜の中トロトロや」ジュプ

怜「あっ、んんんんっ!」

竜華「ああ、すごいで怜の膣内、ヒダが指に絡みいて気持ちええ……」ジュプジュプ

怜「あっ!あぁぅっ! 」



33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 01:31:13.72 ID:AW8WNIcm0


竜華「怜、どうや!気持ちええか!!」ジュプジュプ

怜「あぁああぁんっ!ふああぁっ!」

竜華「怜、うちの指で、逝って!」グチャグチャ

怜「りゅ、竜華!あっ、ああぁぁっ!!」

竜華「怜いぃ~!!」

怜「あああああああああぁ~!!

竜華「はあ、はあ……怜、逝ったんやな……」

怜「はあ……はあ……はあ……」



35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 01:33:13.29 ID:AW8WNIcm0


――
―――
―――――

竜華「怜が可愛いのが悪いんや!」

怜「……」

竜華「あんな可愛い怜を前に何もしないなんて考えられんで!」

怜「……」

竜華「怜の体、ほんまに最高やった!」

怜「……」

竜華「申し訳ありませんでした」ドゲザ



37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 01:34:56.93 ID:AW8WNIcm0


竜華「うちができることやったら何でもするから、お願いやから許して!」

怜「なんでもええんやな……だったら」

チュッ

竜華「と、と、怜ぃ!」

怜「竜華のファーストキスで許したる……」

竜華「こ、これだけでええの?」

怜「私が病弱やから竜華には今までえらい迷惑かけてきたやろ?」

怜「せやから、私は竜華に恩返しがしたい、竜華が望むことを叶えたいんや」

竜華「別に今まで恩に着せるためにやっとたんとちゃうで!」

竜華「うちらがやりたいからやったんや!」

怜「もちろんそれだけで許したりせえへんよ」



38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 01:37:31.39 ID:AW8WNIcm0


怜「好きな人にされることやから許せるんや」

怜「私は竜華が好きや」

竜華「う、うちも怜が大好きや!」

怜「告白が最後とか順番がめちゃくちゃやけど、これからもよろしゅうな」

竜華「うん、絶対幸せにしたる」



39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 01:41:18.47 ID:AW8WNIcm0


竜華「さて、告白も済んだことやし、もう一回しよか」

怜「えっ……ちょ、ちょっと待ち!」

竜華「え~、うちのすることやったら許してくれるんやろ?」

怜「も、もう限界やから、もう無理やから!!私病弱やから!!」

竜華「病弱アピールやめっ!」

竜華「ふふふ、さっきよりもっと気持ちよくさせたるで!」ガバッ

怜「いやーーーーーー!」


終わり



40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 01:42:37.53 ID:wvMk7FvX0


乙でした!


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 01:44:41.60 ID:hX/LZo4p0



怜竜はどっちが攻めでもオツやな



46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 01:44:51.93 ID:AW8WNIcm0


怜竜のSSは怜が攻めで竜華が受けが多く、
竜華攻めで怜が受けの作品もエロシーンが無いので自分で書いていようと思い、
SSを初めて書いてみました。
私の駄文を読んでくれた方、ありがとうございました。



49 : 忍法帖【Lv=24,xxxPT】 2012/07/04(水) 02:21:57.03 ID:YiPGQ+tm0





50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 02:23:45.10 ID:gTLtZRp00


乙!


関連記事
[ 2012/07/04 17:30 ] 咲-saki-SS | コメント(3)
タグ : 怜×竜華 竜華

倒れた場面とか見てると、怜も小さいなりに胸あるよな。というか他の千里山メンバーが(ry
[ 2012/07/04 18:13 ] [ 編集 ]

すばらっ!
良い怜竜だった
[ 2012/07/04 19:57 ] [ 編集 ]

やっとHシーン最後までありなのがきたんやな!ありがとうありがとう・・・!!
[ 2012/07/04 20:07 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/1223-586312a0


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ