fc2ブログ









淡「宮永先輩、卒業しないでください」 照「しつこい」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/06(金) 23:14:39.68 ID:fx07Rhfp0


淡「先輩。 牌譜と睨めっこしてないで、構ってください」

照「今は無理」

淡「いつならいいんですか」

照「さあ。 もうすぐインハイだから」

淡「……そういえば、もうそんな時期ですね」

照「暗い顔して、どうしたの?」

淡「インハイが終わったら、先輩と一緒なのも後6ヶ月だと思うと……」

淡「私はやっぱり、2年早く生まれてくるべきでしたね」

照「……言ってても仕方ないだろ。 それに、今は今のことに集中すべき」

照「それに、夏期休暇も残る、冬季休暇も丸ごとある。 好きなだけ一緒に入ればいい」

淡「あ、言いましたね! 約束ですよ? 本当にずっと一緒にいますから」

照「……うん。 ま、元気出たならよかった」

淡「構ってくれたら、もっと元気出ますよ」

照「無理」





前々々スレ
淡「宮永先輩、付き合ってください」 照「しつこい」
前々スレ
淡「宮永先輩、キスしてください」 照「しつこい」
前スレ
淡「宮永先輩、抱いてください」 照「しつこい」



3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/06(金) 23:17:43.81 ID:fx07Rhfp0


淡「つまんないの。 こうして宮永先輩の横顔を見てるだけでも、十分に満たされますけどね」

照「……」

淡「……あの、そこまで念入りに見る必要あります? 先輩なら、前半戦で他校飛ばせそうですが」

照「油断は禁物だ。 事実、龍門渕の天江衣は油断を重ねて手を抜き、その結果チームは敗退した」

淡「わかってますよ。 ま、私は宮永先輩が一番強いと思っているので、そういう悪い心配はしてませんけどね」

淡「あ、ちなみに私が一番好きなのも宮永先輩ですよ?」

照「……知ってる」

淡「そういえば先輩って、私がこうして毎日好き好き言っているのにも関わらず、未だに少し照れますよね」

淡「反応でわかります。 なんていうか、その、可愛いです」

照「……わかったから、淡も牌譜くらい見ておけ」

淡「牌譜なんで、家でも見れるじゃないですか。 逆に平日に先輩と2人きりになれるのは、昼休みと部活前の少ない時間しかないんですよ?」

淡「……構ってくださいよ」

照「……わかった」

淡「えへへ」



4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/06(金) 23:20:29.07 ID:fx07Rhfp0


淡「先輩、キスしてもいいですか?」

照「……ダメって言っても、どうせするんだろ」

淡「そうなりますね」

照「……いいよ。 淡も積極的になったもんだな……んむっ……」

淡「……ん……ふぁっ」

照「……とはいえ、慣れたわけではないか」

淡「顔が近いと、丸わかりですか。 ほっぺ、触ってください」

照「……あつい」

淡「先輩もあったかーい。 んー」ギュッ

照「ちょっ……」

淡「キスしてるのもいいですけど、こうしてくっついているだけなのも心地いいです」

照「……そ」

淡「もう1回、したいですか? いいですよ」

照「……うん」



5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/06(金) 23:24:19.69 ID:fx07Rhfp0


淡「……もうすぐ、部活の時間ですねぇ」

淡「放課後までは、お預けですかね」

照「今更、遅い気もするけど」

淡「……すみません。 皆にバレたのは、私のせいです。 ごめんなさい」

照「いや、正直な話、気にしてないから。 だから淡も、そうやって気負うのはやめて欲しい」

淡「そうですか……わかりました。 優しいですね」

淡「……あれ? じゃあ、こうして空き時間にこそこそキスしたりしなくても、部活内で堂々としちゃっていいんじゃ?」

照「それとこれとは別」

淡「いや、そう言われても私、思いついちゃいましたしね」

淡「宮永先輩が少しでも隙を見せたと思ったら、即ちゅーっといっちゃいます」

照「……気が抜けない」

淡「そうですね、気が抜けません。 宮永先輩のほうからでもいいんですからね?」

照「しないって」

淡「さあ、どうだか」



7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/06(金) 23:28:23.32 ID:fx07Rhfp0


…………
………
……

照「ツモ、3000・6000」バラッ

亦野「相変わらず早いですねぇ」

淡「あーあ、親っ被り……あっ」ボトッ

淡「あ、あれ? どこに落としたかな……」

渋谷「……ピンチ」

亦野「手伝うよ」ガタッ

照「私も」ガタッ


淡「多分、このあたりです」

照「……全然わからない」

淡「まぁ、そうでしょうね」ボソッ

照「? どういう……んぅっ……!」



8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/06(金) 23:32:26.52 ID:fx07Rhfp0


照「……ぁ」

淡「……んむっ……ぅ」

淡「……ぷはっ。 えへへ……一本、もらいましたね!」

照「え、ち、ちょっと」

淡「『まさかしないだろう』とか、思いましたか? まぁ、私も相当緊張しましたけど……」

照「……っ」

淡「私たち2人が真っ赤なんて、これじゃあ何してたかバレちゃいますよ? はい、リラックスリラックス」

淡「とりあえずこれ、私からの贈り物です」ポン

照「……牌? って、これポケットから……」

淡「牌、見つかりましたよー」

亦野「っと。 じゃ、再開しましょうか」

照「……」

渋谷(……見ちゃった)ズズッ



13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/06(金) 23:36:42.58 ID:fx07Rhfp0


照「今日、菫は?」

亦野「インハイの準備とかで、色々忙しいらしいですよ」

照「そう。 じゃあ、キリもいいし1軍は解散」


淡「……」

照「どうした?」

淡「いえ、帰りましょうか」

照「……私からキスしてほしかった?」

淡「えっと……」

照「隠そうとしてもわかる。 ……ちゅっ」

淡「んっ……」

照「……」

淡「……できれば部活中にしてほしかったですね。 こう、ぐいっと」

照「無茶言わないで」

淡「私ができたんですから、無茶じゃありません」

照「はいはい」



14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/06(金) 23:40:02.02 ID:fx07Rhfp0


照「最近」

淡「はい?」

照「毎日こうしてないか」

淡「私がキスできるようになったら、毎日してくださいって言いましたからね。 約束は守らないと」

照「……許可してない」

淡「でも、拒否もしてませんよね?」

照「……する理由もないから」

淡「万が一拒否されても、構わずしますけどね。 せっかく手に入れた武器、使わないのはもったいないです



照「そんなに甘えたいの?」

淡「……え」

照「そうやって強がらなくてもいいぞ」

淡「……じゃあ、抱っこ」

照「ん」ギュッ

淡「……えへへ」



16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/06(金) 23:43:00.46 ID:fx07Rhfp0


淡「……せんぱぁい」

照「何」

淡「あたま」

照「はいはい」ナデナデ

淡「……んっ」

淡「……確かに、最近寂しいかどうか、と言われると寂しいですね」

照「ごめん」

淡「いえ、宮永先輩に何かあるわけじゃありませんから」

淡「ただやっぱり、インハイが分岐点になりそうで、不安でもあります」

淡「欲張りですね、すみません」

照「……」

淡「帰りましょうか……わっ」グイッ

照「……まだダメ」ギュッ

淡「……じゃあ、お言葉に甘えて」



17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/06(金) 23:45:49.97 ID:fx07Rhfp0


…………
………
……

淡「ツモ、700・1300」バラッ

淡「1000・2000」バラッ

淡「2600オール」バラッ

渋谷「……連続和了」ズズッ

淡「今日は良い感じです」

菫「……すごいな」


淡「あ、ごめんなさい。 少しおトイレ行ってきます」

照「私も」


渋谷「……違和感」

亦野「やっぱり?」

菫「……」



21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/06(金) 23:51:08.68 ID:fx07Rhfp0


淡「えっと、どうしたんですか?」

照「何が」

淡「お話があるように見えたので。 こうして卓を抜けたら、案の定一緒に来ましたから」

淡「何かな、と」

照「じゃあ、言わせてもらうが……さっきの連続和了、なんだあれは」

淡「えへへ、最近結構できるようになってきたんですよね」

照「……そういう意味じゃない」

照「1000・2000を和了った時だ。 リーチをかける時、なぜ4pを切った?」

照「あそこでリーチといくなら、5p切りにすべきだ。 わざわざ役を減らしてシャボに受ける必要なんか、全くない」

淡「……なんでしょうね。 シャボの5pが来ると察知したから、そうしました」

照「だったら、一発ツモだった6pのほうを察知するべきだな」

淡「そんなこと……」

照「……わざわざピンフを削ったのは、打点を低くしたいからじゃないのか? 連続和了で、後の打点が上がりやすくなるように」

淡「……」

照「ふざけるな!」



23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/06(金) 23:54:18.06 ID:fx07Rhfp0


淡「……っ!」

照「淡が何を考えてるかは、大体わかる」

照「でも、こういうのはもうやめろ……それだけは言いたかった」

淡「……だ、だって、宮永先輩が卒業したら、一緒にいることはもちろん、先輩の麻雀すら見られなくなっちゃうんですよ……?」

淡「インハイが終わったら、大規模な大会なんて、ほとんどありません……」

淡「そんなの、絶対にイヤです……」

照「……私も、同じ気持ち」

淡「……」

照「でもな。 麻雀をして白糸台にはいって、そこで1軍になったからこそ、私たちはこういう関係になれた」

照「私は私、淡は淡の打ち方を貫いてきた結果。 私が大将の席を1年の淡に譲ったのも、淡の麻雀が大将の席に座れるだけのものだと思ったから」

照「それを、今更曲げてほしくない……」

淡「……そう、ですね……わかり、ました」

淡「ごめんなさい……」

照「……うん」



25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/06(金) 23:56:31.46 ID:fx07Rhfp0


淡「先輩、胸借ります」

照「……」ギュッ

淡「……うぇえ……ううっ……ぐずっ」グリグリ

照「ちょっ……泣くのはいいけど、人の制服で涙拭くのはどうなの」

淡「……ぅ」

照「ま、いいけど。 でもそんな拭き方だと、顔赤くなるぞ」

淡「……別にいいです」

照「そ。 落ち着くまで、こうしてていいから」

淡「……はい」ギュウ


菫「メール?」

From:宮永 照
本文:急でごめん。 今日は淡と先に帰る。

菫「……だと思った」



28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 00:01:30.54 ID:H0ztoCXa0


淡「……宮永先輩が怒った時、少し怖かったです」

照「……悪い」

淡「いいえ。 始めて怒った先輩を見て、自分がどれだけ愚かなことをしていたのかわかりましたから」

淡「ブレーキをかけてもらったのは、これで2回目ですね。 空回りばかりです」

照「……空回りというか、変なところで不器用。 前も言ったけど、してほしいことがあればする。 不安なことがあればなくす」

照「私は、あなたの恋人だから」

淡「……あなたは、いっつもそうやって私を虜にしますよね。 どこからそんな言葉が出てくるんですか」

照「本音だ」

淡「ず、ずるいです。 けど、そういうところが好きです」

淡「……私も、本音を言います。 愛してます、寂しいです、離れたくないです」

淡「大雑把に計算して、まだ6ヶ月も先のことです。 ですが、それが過ぎれば、先輩は白糸台から卒業する運命ですね……」

照「……」ギュッ

淡「認めません、認めたくありません……」

淡「宮永先輩、卒業しないでください」

照「……しつこい」



30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 00:03:27.38 ID:U6D4jDgS0


今回のしつこいは切ないな…


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 00:03:57.24 ID:H0ztoCXa0


淡「……嫌です、嫌、いやいやいや!」

照「……ごめんなさい」

淡「なんで、謝るんですか……っ」

淡「宮永先輩は、悪くないです。 悪いのは、わがままな……」

照「淡も悪くない」

淡「……」

照「インハイが終わって、やることもなくなって、最後に卒業しても、私が死ぬわけじゃない。 安心して」

淡「……いつから、狂い始めたんでしょうか」

照「?」

淡「最初は、麻雀部員として先輩と一緒にいられる、それだけでも幸せでした。 でも耐え切れずに、結局先輩に告白しました」

照「……うん」

淡「断られてからも、何度も何度も告白しました。 まぁ、途中からは自棄になっていましたが……」

淡「やっと先輩の恋人になって、その肩書きだけで十分幸せだったのに、やっぱり耐えられなくなりました。 そこからは、どんどんエスカレートするばかり」



33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 00:06:44.01 ID:fx07Rhfp0


淡「私が宮永先輩に、最初に告白した時のこと。 覚えてます?」

照「当たり前だろ」

淡「それはもう、えらくパニくってましたね。 告白した私よりも真っ赤で、あの時の先輩はめちゃくちゃ可愛かったです」

照「……そ、そうか」

淡「2回目も、3回目もそんな感じで」

照「思い出させるな……」

淡「あれからまだ数ヶ月しか経っていないのに、もう卒業のことを考えて落ち込むなんて、私の欲求も度が過ぎてますね……」

淡「あの……1つだけ、約束してください」

照「……なんだ」

淡「卒業した後も、私のことを離さないでください、離れないでください……」

照「そんなこと、わざわざ言われるまでもない。 ……淡こそ、私を離さないで」

淡「えへへ……嬉しい言葉ですが、それでも怖いです。 私が心配性なのは、先輩が一番わかってるでしょう?」

淡「誓ってください」

照「どこに?」

淡「……じゃあ、私の口に」



34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 00:09:38.09 ID:H0ztoCXa0


…………
………
……

淡「宮永先輩、頑張ってくださいね!」

照「ああ」


照『ツモ』

淡「……」ジーッ

渋谷(前のめりで見てる……)ズズッ


照『あっ……』

菫「……照魔鏡を過信したのか?」

淡「宮永先輩が掴まされたああぁ……コンビ打ちされてるよ……うあぁー……」グデッ

亦野(この子、オーバーアクションで面白いな)



37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 00:13:53.23 ID:H0ztoCXa0


…………
………
……

照「ふぅ」バタン

淡「交通事故こそあったものの、7日目も無難に終われましたね」

照「決勝となると、当然更に強い高校が出てくる。 油断は禁物」

淡(ああ……話題には、しないほうがいいんでしょうか?)

淡「……いえ、油断はしてません。 逆です」

淡「今年も白糸台が優勝した場合、3連続優勝。 宮永先輩は文字通り無敗のチャンピオンとして、歴史に名を残すわけです」

照「大げさな気がするが、まぁ、そうなるな……」

淡「では、逆に白糸台が優勝を逃した場合です。 宮永先輩は2連続優勝止まり」

淡「それだけでも十分すぎますけど、3連続優勝を期待されていることを考えたら、今年の優勝を逃すのは明らかにキズなんですよね」

淡「大将戦で私が下手をして、私にキズがつく分には構いません、自業自得です。 でも、それによって宮永先輩にまでキズがつくのは、絶対に耐えられません」

照「……怖い?」

淡「……はい」



39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 00:17:18.41 ID:H0ztoCXa0


淡「対戦相手が怖いとかいうわけじゃないです。 ただ、背負ってるものが絶対に傷つけられない大事なものですから……」

淡「インハイが始まってから、正直、ずーっと震えてました。 かといって、逃げるつもりなんか微塵もありませんけど」

淡「……ふぅ」

照「おいで」ギュッ

淡「んっ……えへへ。 あ、もう少し強めがいいです」

照「……ダメだ。 今の淡、強く抱くと骨でも折れそうだ」

淡「あらら。 ……安心はしますけど、やっぱり怖いものは怖いですね」

淡「……ねぇ、宮永先輩」

照「?」

淡「麻雀しましょっか」

照「いいけど、この部屋には私たちしかいない。 3人を呼んできたほうがいいか」

淡「2人でやりたいです。 ルール簡単に弄ったり、とにかくなんでもいいので」

照「……? まぁ、いいよ」



41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 00:20:48.47 ID:H0ztoCXa0


照「リーチ」パシッ

淡「まだ3巡目ですよ」

淡「言っても、私も追っかけますけど」パシッ

照「……ツモ、一発。 清一色七対子、トリプルの4本場」バラッ

淡「はぁー、割れました。 先輩は化物ですか、全然勝てませんね」

淡「でも、おかげ様でかなり自信がつきました。 ありがとうございます」

照「……普通、逆じゃないのか?」

淡「いいえ。 こんなに強い先輩の後ろで打てるんですから、これ以上ないくらい安心できます」

淡「……ま、これは自信とは少し違いますかね」

照「そういうもの?」

淡「はい。 それに、これほどの人が私を大将に置いてくれたんですからね。 連勝して自信をつけるより、よっぽど自信がつくってものですよ」

照「淡が元に戻ったなら、よかった」

淡「……私はつくづく、先輩の隣にいられて幸せですね」



43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 00:23:58.83 ID:H0ztoCXa0


淡「安心して眠くなっちゃいました、もう寝ましょうか」

照「おやすみ」

淡「え? 宮永先輩も寝るんですよ?」

照「勝手に決めないで……。 もう少ししてから寝る」

淡「じゃ、私も起きてます。 一緒に寝ましょう」

照「……ん」


淡「……おやすみなさい」ギュッ

照「くっついてくるのはいいが、暑くない?」

淡「暑いですね、誰かさんが沸騰してるせいで」

照「……淡のほうだろ」

淡「……あれ、そうですか? ま、暑くてもこのままがいいです。 起き上がりたくなったら言ってください」

照「そんなくっついて、息苦しくないか?」

淡「問題ないです。 ……っていうか、無愛想な先輩がいつになく優しいですね」

淡「……淡を安心させるため」

淡「……えへへ、先輩、好きですっ」



45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 00:25:40.79 ID:H0ztoCXa0


…………
………
……

淡「……ツモ……っ」パシッ

「き、決まりました! 白糸台高校、大将大星淡! 清澄高校に2000点差で優勝、3連続優勝です!」

淡「……」


照「……お疲れ様」ギュッ

淡「うう……うぐっ……うああぁっ!」

淡「よかった、よかったああっ……!」

淡「3連覇、おめでとう、ございます……」

照「おめでと、淡」

照「皆も待ってる。 落ち着いたら戻ろう」

淡「……はいっ」



47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 00:27:57.57 ID:H0ztoCXa0


淡「……やりました!」ガチャッ

亦野「おつかれ!」

菫「よく頑張ったな」

淡「はい、ありがとうございます」

渋谷「……はい」スッ

淡「あ、どうも」ズズッ

照「……ちょっと行ってくる」ガチャッ


淡「……宮永先輩は取材ですか? もう少し、一緒にいてほしかったのに」

亦野「この後、私たちにもあるらしいけどね」

菫「なんだかな。 照ももちろんだが、3連覇を果たしたのは、淡の功績も大きいんだけどなぁ」

淡「……いいんです。 私は宮永先輩のために、ここまでやれたんですから」

菫「そこはお世辞でも麻雀部のため、って言うべきだな」

淡「ふふ、そうですね」



48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 00:30:23.47 ID:H0ztoCXa0


淡「……全部、終わりましたね」

照「まだ個人戦も残ってる」

淡「白糸台麻雀部としては、ってことですよ」

照「……それでも、6ヶ月は残るじゃないか」

淡「6ヶ月しか残らないじゃないですか」

照「……」

淡「……でも、もうくよくよしませんよ。 こればっかりは、仕方ありませんしね」

照「うん……」

淡「ただし、6ヶ月の間はベタベタに甘えますから」

照「え」

淡「あ、宮永先輩の許可はいりませんよ? 勝手に甘えるまでです」

照「……いつもベタベタな気がするが」

淡「じゃ、いつも以上だと思っておいてください」



49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 00:33:03.63 ID:H0ztoCXa0


淡「優勝祝いに、ご褒美くれませんか?」

照「後でなら。 財布、今は控え室に置きっぱなし」

淡「……はぁ、言葉が出ません。 こっち見て、膝乗っけてください……って言えば、わかりますか?」

照「……私から?」ギュッ

淡「ふぅ……まぁ、そりゃあそうです。 宮永先輩、くる時は結構強引にきてるじゃないですか」

照「今回は淡に言われてだから、ちょっと違うだろ……」

淡「気にしない気にしない」

照「じゃあ……んっ」

淡「んむっ……っ……」

淡「……えへへ、いいですねぇ、こういうの。 普段と違ってゆっくりきてくれるなんて」

照「……淡、ニヤけすぎ」ギュー

淡「あいたた、つねらないで。 いや全然つねってほしいんですけど、つねらないで」

照「意味わからない。 それと、時間だから降りて」

淡「ですね、そろそろ行きますか。 打ち上げに遅れるなんて、先輩方に申し訳ありませんし」



52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 00:35:29.39 ID:H0ztoCXa0


…………
………
……

淡「……あー、おはよーございまーす……」ボー

照「遅い、もう10時。 顔洗ってこい」グイッ

淡「えー、夏休みだしいいじゃないですかぁ」

照「そんなんで、学校始まったらどうするつもりだ」

淡「んーっ、厳しい。 とりあえず、洗面所借りまーす……」

照「ちょっと待って。 バターとジャムどっち」

淡「……納豆」

照「パンを食べたいって言ったのは淡」

淡「ちょっとした冗談ですって。 両方がいいです」

淡「あぁー……それと私、ブラック飲めませんよー」

照「知ってる」



53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 00:38:11.83 ID:H0ztoCXa0


淡「顔洗っても、あまり目覚めませんね……」

照「そ。 なら、先にコーヒー」スッ

淡「じゃあ、もらいます……にがっ!」

淡「これ、思いっきりブラックじゃないですか……」

照「色を見ないのが悪い、目は覚めただろ。 はい、パン」スッ

淡「確かにそうですけど……とりあえず、ミルクと砂糖ください」パクパク

照「その前に、口拭いて。 寝起きとはいえだらしない」

淡「拭いてくれてもいいですよ」

照「なにそれ。 ちょっと待ってろ……っ!」グイッ

淡「んうぅ……んぐっ」

照「……ぷはっ。 ち、ちょっと、淡……」

淡「ん……あー、やっぱりブラックでしたか。 口の中がにがい」

照「……おい、朝っぱらから何してるんだ」

淡「えへへ。 顔赤いですよ、やっぱこの時期は暑いですかね?」

照「……」



55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 00:41:22.11 ID:H0ztoCXa0


淡「ごちそうさまでした」

照「パン焼いて塗っただけなんだけどね」

淡「そういうこと言わない。 さ、何しましょうか」

照「……昨日も一昨日も、特に何もしてないだろ」

淡「そうでしたっけ? 私は宮永先輩とこうしてるだけで充実しているので、構いませんけどね」

照「というかもう6日くらい泊まってるが、親御さんに話通してるのか」

淡「はい。 ちょっと、いえ、かなり強引に通しました」

照「……容易に想像できる」

淡「失礼な」

照「当事者だからな」

淡「……ですね」

照「でも、そのおかげで自分の気持ちに気付けたから、感謝してる」

淡「『愛してる』じゃないんですか? はい、どうぞ!」

照「……わ、わかったよ。 愛してる……っ」ギュッ

淡「……えへへ、言ってくれますね。 私も愛してますよ」ギュッ



59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 00:43:49.20 ID:H0ztoCXa0


淡「宮永先輩」

照「何?」

淡「そんなに抱きつかれると暑いんですが」

照「……うるさい、自分から手を広げてきたくせに」ギュウ

淡「……んっ、暑い、というか暖かいですね」

淡「でも暑いです」

照「どっち」

淡「ま、離れたくないので、クーラーつけますね」


照「なぁ、寒すぎる……どれだけ強くつけたんだ」

淡「じゃあ、もっとぎゅーっといきましょう。 暖かいですよ?」

照「『じゃあ』じゃない。 とりあえず消すから」

淡「一応言っておきますが、消しても離しませんからね」

照「わかってる」



62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 00:47:04.52 ID:H0ztoCXa0


淡「ふぅ。 休憩」

淡「ネット麻雀もいいですけど、長いこと牌握ってないせいか、どうも物足りないですね」

照「部に顔を出せば、誰かいるとは思うが」

淡「甘えたいので、二人っきりがいいです」

照「……ところで、さっきの親。 リーチをかけた後、対面から高めが一発で出た時」

淡「あー、見逃しましたね。 まぁ、結局同じ牌で一発ツモしたじゃないですか」

照「18000から8000オールに跳ね上がったけど、連荘も理も捨ててる。 わかっててやったの?」

淡「……理外な選択ですけど、それくらいしなきゃ宮永先輩に追いつきません」

淡「先輩だって、見逃すでしょう」

照「うん」

淡「宮永先輩は愛してますし、尊敬してますが、かといってずっと背中を見ててはいけませんからね」

淡「当面の目標は、白糸台高校麻雀部のインターハイ5連覇……ですかね?」

照「当面という割に、随分大きく出るじゃないか」

淡「宮永先輩の後輩として、それくらいできなければ」



63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 00:49:38.14 ID:H0ztoCXa0


照「夕食何がいい」

淡「宮永先輩の作ってくれるものなら、なんでも」

照「……なんでもが一番困る」

淡「手軽なやつでいいですよ」

照「じゃ、カレーね。 買い物行くから降りて」

淡「そんな」

照「夕食がなくなる」

淡「……ちゅー」

照「……やったら退けて。 ん……」

淡「……んぁっ……」

淡「……なんだかんだで構ってくれるところ、好きですよ」

照「……行こ」

淡「待ってください、めちゃくちゃ暑いです……。 休憩入れさせてくださいよ」

照「……落ち着かない子」



66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 00:52:00.94 ID:H0ztoCXa0


淡「先輩、手伝いましょうか?」

照「いい、じっとしといて」

淡「子供扱いしないでくださいよ」

照「初日に包丁で指切ったのは誰」

淡「……仕方ないですね」


淡「いただきます」

淡「からっ」

照「いつも通り作ったんだが」

淡「先輩ってば舌が大人ですね……」

照「淡が子供っぽいだけじゃないのか」

淡「もう、だからやめてくださいってば」

照「わかったよ」ナデナデ

淡「……ん、許します」



68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 00:55:20.00 ID:H0ztoCXa0


淡「というか宮永先輩のお部屋って、本当に最低限のものしかありませんね」

照「今更? 後は本と麻雀関係のものがあればいい」

淡「本当に。 全力でガサ入れしたのに、怪しいものの1つも見つかりませんでした」

照「……ちょっと」

淡「でも、ただの先輩後輩でしかなかった時に撮ったプリクラが、大事に保管されてたのはかなり嬉しかったです」

照「……そ」

淡「それとホットパンツ見つけました。 後で履いてください」

照「どこまでガサ入れしたんだよ……」

淡「膝枕してください」

照「人の話聞け。 やってやるから、先に食べること」

照「それと、あんまりそういうことはやらないこと」

淡「はーい」



69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 00:58:33.66 ID:H0ztoCXa0


淡「失礼します。 ……うーん、最高」グリグリ

淡「膝枕も直のほうがいいですね」

照「なんでうつ伏せ……普通逆じゃないのか」

淡「……」ペロッ

照「ひぅっ! ……何してるの」

淡「……その声、クールさとのギャップでしょうか? 先輩って可愛いところが結構多いですよね」

照「知らない……とりあえず舐めるのはやめて」

淡「わかりました。 うーん、こうしていると、告白した時を思い出します」

淡「あの時も、こうして膝枕してもらって……結局、あれが最後の告白でしたね」

照「そんなこともあったな」

淡「好きです。 宮永先輩、付き合ってください」

照「……っ。 なに急に真顔になってるの……」

淡「先輩こそ、なーに照れてるんですかっ」



70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 01:01:06.04 ID:H0ztoCXa0


淡「先輩、おやすみなさい」ギュッ


照「……暑くなってきたから、離して」

淡「パジャマ1枚脱げばいいじゃないですか」

照「下着姿になれってこと?」

淡「なってくれるんですか?」

照「……もういいよ、そのままで」

淡「やった!」ギュッ


照「……淡、起きてる?」ツンツン

淡「……」

照「相変わらず寝るの早いな……ちゅっ」

淡「……うぁっ」

照「! お、起こした?」

淡「……いえ、あの、寝たフリしてましたけど……」

照「……卑怯」



74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 01:04:13.44 ID:H0ztoCXa0


淡「卑怯なんて言われても、寝てる間にキスとか、そっちのほうが卑怯ですよ」

淡「っていうか、一応私も甘えるのに制限かけてるんですよ? それを先輩のほうから外すなんて」

照「……」

淡「顔隠してないで、こっち向いてくださいよ」

淡「……」カプッ

照「んぁっ……こら、噛むな」

淡「可愛いです」

照「……目が覚めた」

淡「……え、ど、どうぞ? ……んっ」

照「……ぷちゅっ」

淡「っ……んぐぅ……」

淡「ぅ……あ、あの、ソフトなほうかと思ってました……」

照「今朝のお返し。 もう寝るよ」

淡「暑くて寝られません……。 同じ暑いなら、もう少しくっついていてもいいですよね?」ギュッ

照「……うん」



77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 01:09:01.27 ID:H0ztoCXa0


…………
………
……

淡「……あっ、宮永先輩? いたんですね」ガチャッ

照「麻雀部員が麻雀部にいても、別に不思議じゃないだろう」ペラッ

淡「いえ……ほんの少しだけ、インハイ後に顔を出さなくなっちゃうかな、と思ったので」

淡「そうなると、平日は先輩と一緒にいる時間が減っちゃいますから」

照「杞憂」ペラッ

淡「でしたね」

照「それに、白糸台でインハイ5連覇する、といったのは淡のほうだ」

照「だったら、それに向けて淡を育てる必要がある」ペラッ

淡「卒業した時には、私のほうが強くなってても知りませんよ?」

照「どうだか」



79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 01:12:59.88 ID:H0ztoCXa0


淡「こうして宮永先輩と肩を並べて帰るのも、何気に久しぶりですねぇ」

照「うん」

淡「そういえば、先輩って大学は推薦でいくんですよね」

淡「『宮永先輩と同じ大学に行きたい』と親に言ったら、『推薦入試じゃないならダメ』って返されちゃいま

したよ」

淡「本当、世の中ってうまくいきませんね」

照「仕方ない。 淡の家族はいい人たちなんだから、私よりも家族の意見を大事にしたほうがいい」

淡「……そうですね」

照「それに、同じこと」

淡「同じ?」

照「白糸台を5連覇に導いた大将となれば、推薦なんか鷲掴みできるほど来るはずだ」

淡「……信用されてますね、私」

照「当たり前だろ」



80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 01:15:57.59 ID:H0ztoCXa0


淡「……読書の秋とはいえど、宮永先輩、前と比べて読書する回数が極端に減りましたね」

照「淡の相手をしてるから」

淡「読書してる時の先輩の表情、好きなんですけどね」

照「しろ、ってこと?」

淡「どうぞ」


照「……」ペラッ

淡「……」

照「……ねぇ、そんなに見られると集中できない」

淡「顔を見るな、なんて殺生ですよ」

淡「あと、やっぱり寂しいので片手貸してください」

照「それだと読書できない」

淡「わがままですね」

照「どっちが」



83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 01:18:10.46 ID:H0ztoCXa0


淡「鞄、下に降ろさないんですか?」

照「大丈夫」ペラッ

淡「……部活前の時間とか、昼休みに私を待ってる時とか」

淡「宮永先輩、鞄を膝に乗せるようになりましたよね。 私がずっと膝の上に乗ってたから、クセになっちゃいました?」

照「……」

淡「乗ってあげましょうか?」

照「……いい」

淡「そうですか。 じゃあ、乗せてください」

照「……」ポンポン

淡「えへへ。 ……なんか、先輩の首の匂いって落ち着きます」ギュッ

照「妙なこと言わないで」

淡「……」カプッ

照「ぃ……噛むな」

淡「何変な声出してるんですか」



85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 01:21:33.02 ID:H0ztoCXa0



淡「冬服って……」

照「?」

淡「宮永先輩のミニスカって、なんかいいですね」

照「……おっさんみたいなこと言うのやめて」

淡「というか寒いですね。 日が落ちるとここまで冷え込むなんて」

照「対策してないの?」

淡「はい。 まだ始めのほうですから、少し舐めてました」

淡「寒いです」

照「……」

淡「あのー、寒いんですがー……うわっ」

照「……これでいい?」ギュッ

淡「……あったかいです」



88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 01:26:33.27 ID:H0ztoCXa0


淡「冬休みもまだ残ってますよね」

照「また家来るの?」

淡「迷惑ですか? まぁ、正月までに帰省したりする人も多いですからね」

照「……私は、大丈夫」

淡「よかった、じゃあ、お世話になります」

淡「そうですねー、何しよっかな。 いやあ、今から楽しみ」

照「気が早すぎ」

淡「そんなこと言われても、嬉しいんですもん」

淡「ところで、先輩。 クリスマスの予定、入ってますか?」

照「ないけど」

淡「でしょうね」

照「……その返しは複雑」

淡「だって私と一緒に過ごすなんて、決まっていたようなものじゃないですか」

淡「最もそうでなくとも、同じように『でしょうね』と返すとおもいますが」

照「ひどくない?」



89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 01:28:54.02 ID:H0ztoCXa0


…………
………
……

淡「ただいまー……じゃなかった、おじゃましまーす」

照「遅い」

淡「すみません、寂しかったですよね」

照「……違う」

淡「ホント、無愛想な人ですねぇ。 あ、ケーキ買ってきましたよ」

照「え?」

淡「はい?」

照「いや、家にもある」

淡「じゃ、どっちかを明日の分にしましょうか」

淡「……っていうか、意外に準備いいですね」

照「……まぁ」



91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 01:31:46.61 ID:H0ztoCXa0


淡「宮永先輩」

照「なに……っ!」

淡「ん……うん、おいしい。 クリームついてましたよ?」

照「……そうやって取る前に、先に言って」

淡「いやですよ。 自分で拭いちゃうじゃないですか」

照「自分で拭けるから、先に言ってほしいんだって……」

照「というか、淡。 お前もついてる」

淡「そうですか。 でも私、今両手塞がってるんですよね」

照「……」スッ

淡「♪ ……え、ちょっと」

照「はい、拭けた」

淡「……わかっててやってますか?」

照「うん。 食べる時くらい、大人しくしなさい」

淡「……ばか」



92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 01:36:24.96 ID:H0ztoCXa0


淡「そうそう、宮永先輩にプレゼントがあります」

照「えっ?」

淡「はい、どうぞ! マフラーです! 頑張って編んだんですよ!」

照「ありがとう……って、すごい長くない?」

淡「短かったら、2人で使えないじゃないですか」

照「……ああ、ね」

照「じゃあ、私からも」

淡「マジですか」

照「淡のと比べると、大層なものではないけど……ブレス」

淡「……あの、これ、宮永先輩とのペアじゃないですか? めちゃくちゃ嬉しいです……えへへ」

淡「というか、先輩ってこういうのだと結構少女趣味ですよね」

照「言わないで」

淡「可愛いです」



94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 01:40:17.10 ID:H0ztoCXa0


淡「うーん、こたつが欲しいですね」

照「暖房がついてるから、いいと思うけど」

淡「肌に直接くる暖かさが欲しいというか。 というわけで、抱っこしてください」

照「……だと思った」ギュッ

淡「あー、安心します。 宮永先輩、好き好き好き……」

照「なんだ急に……」

淡「ちょっと、じっとしててくださいね」

照「……んむっ」

淡「……ぅ……ちゅ……」

照「……ぷはっ」

淡「……はいっ、次は先輩からどうぞ」

照「『どうぞ』じゃなくて、急すぎ。 一言くれればいいのに」

淡「いやあ、急にしたくなったんですから、無理もないとおもいます」

照「他人ごとみたいに」



95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 01:45:25.93 ID:H0ztoCXa0


淡「それとも、あまり気分じゃありませんか? ならこっちから……えい」グイッ

照「わっ! ……って淡、力ない。 最初だけで全然押せてない」

淡「……はぁ、この際強引にでもと思いましたが、他の方法を考えないといけませんね」

照「……私にしようとした後なら、もう文句はいえないな」

淡「はい? 何が……ちょっ!」ガタン

淡「い、いたっ……って、目がっ……」

照「……」グイッ

淡「っ!! んっ……んぐっ……」バタバタ

照「ちゅぶ……んぅっ……」

淡「……ぁ……ふぁっ」

照「……ふぅ。 淡、情けない」

淡「……ぅ……げほっ。 せ、先輩のほうこそ急じゃないですか……」

照「ごめん、怖かった?」

淡「……あ、あの、もっとしていいですよ……っ」

照「……知らないから」グイッ



96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 01:49:25.59 ID:H0ztoCXa0


…………
………
……

淡「宮永先輩、卒業おめでとうございます!」

照「……ありがと」

淡「褒めてくださいよ」

照「えっ? なんで」

淡「……私、卒業式の間泣かなかったんですよ?」

照「……うん、よく頑張った」ギュッ

淡「……ぅ」

照「今なら、我慢しないでいいよ」

淡「……うぁっ、うっ……うえええええっ!」

照「……くっ……ううっ……」



98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 01:51:12.51 ID:H0ztoCXa0


照「落ち着いた?」

淡「……うぁっ……まぁ、少し」

淡「……宮永先輩の泣いたところ、始めて見ましたよ」

照「私だって、人の子だ……」

淡「そうですね。 私が一番よく知ってますから」

淡「……こう見えて、結構決心はついてるんですよ」

淡「宮永先輩が約束してくれたおかげです。 卒業しても一緒だと」

照「あんなに泣いたのに?」

淡「それとこれとは別です。 悲しいのは事実ですが、引き止めたところで何も解決しません」

淡「……またいつか、会えますよね?」

照「何言ってるんだ。 平日は無理でも、休日なら会えるだろ」

淡「ちょっと、雰囲気ってものがあるじゃないですか」

照「……よくわからないの」

淡「ま、らしいといえばらしいです」



100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 01:54:16.71 ID:H0ztoCXa0


淡「先輩、何かくださいよ」

照「何か?」

淡「卒業式の定番じゃないですか。 形見です」

照「死ぬわけじゃないから」

淡「……そうですね、制服が欲しいです」

照「無茶言わない」

淡「……じゃあ、ベルトとかどうですか?」

照「それくらいなら……」カチャカチャ

淡「……え? うわっ、大胆ですね。 露出狂の気でもあるんじゃ……」

照「……あっ」

淡「……もしかして、素でした? 天然さんですか」

照「忘れて」

淡「もう遅いです」



101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 01:57:59.57 ID:H0ztoCXa0


照「……ごめん、そろそろ色々と挨拶に回らないといけない」

淡「人気者ですね」

淡「……白糸台で、絶対に5連覇して見せます」

照「……うん」

淡「それで、絶対に宮永先輩と同じ大学に通います」

淡「そしたら、もう私を縛るものはなくなりますね」

照「……私たちを、だろ」

淡「そうですね。 最後に1つだけ……」

照「……ちゅっ」グイッ

淡「……ぅ……」

淡「……テレパシーかなんかですか、それ」

照「大体わかるようになってきたから……」

淡「……えへへ、嬉しいです」


淡「それじゃあ宮永先輩、また今度」

照「……ああ」



102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 02:01:15.38 ID:H0ztoCXa0


…………
………
……

淡(インターハイ、最後のオーラス……)カチャッ

淡(……これ、ひどい配牌ですね……えへへ)

「白糸台高校、5連覇をかけた後半戦、オーラスです!」
「現在1位の清澄高校をまくるためには、三倍満のツモ、あるいは倍満の直撃が必要という厳しい状況ですね



淡(私の配牌は、宮永先輩の贈り物……)

淡(だから、直撃だとか、関係ありません……)カチャッ


淡「……ツモッ! 8000・16000っ!」

「……し、白糸台高校、ついにインターハイ5連覇です!」
「重い空気になると思われていたオーラスが、意外な形で決着がつきました!」


淡「……うええっ……お、おつかれ、さまでしたっ……」



103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 02:01:57.87 ID:H0ztoCXa0


照「……うわっ」

菫「……すごいな、あいつ。 確信してたな、最後牌見てなかったぞ」

照「……」

菫「いいのか? 電話の一本くらい、入れてやったほうが喜ぶだろ」

照「……いい。 直接、会っておめでとうと言いたいから」

菫「ふぅん」

照「おかしい?」

菫「いいや、照もずいぶんロマンチックな性格になったもんだな、ってな」

…………
………
……

淡「宮永先輩、お久しぶりです!」

照「この前の休日に会ったでしょ」

淡「だーかーらー、そういうのやめましょうよ!」

照「……ふふっ」

淡「あっ、笑った」



104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 02:03:32.09 ID:H0ztoCXa0


照「淡のテンションがあんまりに高いものだから、面白くて」

淡「そりゃ、宮永先輩と同じ大学に通えるんですよ? それに、高校の時よりも自由です」

照「ま、確かに」

淡「……宮永先輩ってば、久しぶりに笑ってくれましたね! 笑顔が素敵なんですから、もうちょっと笑えばいいのに」

照「そういう性格だから、仕方ないだろ」

淡「仕方ないですね」


照「一つ、言いたいことがある」

淡「私もあります。 ま、お先にどうぞ」

照「……『宮永先輩』って呼び方は、どうなの?」

淡「私はもう慣れがありましたが、先輩が望むなら、本名で呼びましょう。 それでは、私からも」

照「……うん」


淡「……照さん、好きです。 これからも、私の恋人でいてくれますか?」

照「当たり前だろ。 ……私も、淡が好きだから」


おわれ



105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 02:05:13.35 ID:gnu1LXAaO


名前呼びおいしいれす



107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 02:09:42.92 ID:NFZkqwMH0


乙乙。なんだか感慨深いな


120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 04:13:47.13 ID:R+1P7i9m0


おつ
ええなあ



関連記事
[ 2012/07/07 12:00 ] 咲-saki-SS | コメント(5)
タグ : 照×淡

ほんとよかった。乙!!!!!
[ 2012/07/07 14:27 ] [ 編集 ]

ふざけんなよ
半泣きになっちまったよ
[ 2012/07/07 16:28 ] [ 編集 ]

いやあこりゃ最高ですわ
[ 2012/07/07 16:31 ] [ 編集 ]

このシリーズのおかげで照淡好きになったわ
また書いて欲しい
[ 2012/07/07 21:31 ] [ 編集 ]

このシリーズのてるあわ最高

・・・ところで、インハイ3連覇の時に咲と照は和解できたのだろうか(ぇ
[ 2012/07/07 22:50 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/1243-7344c339


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ