FC2ブログ









あかり「お団子落としちゃった」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 12:41:09.20 ID:o9Z/ArAc0


ガラガラッ

あかり「遅れてごめーん」

京子「…え?」

京子(だ、誰…?)

あかり「あれ? 京子ちゃんだけなんだ。他のみんなは?」

京子「え? あ、ああ…まだ来てないね…多分、3人ともなんか用事があるんじゃないかな?」

あかり「3人って…あかりはここにいるよ?」

京子「えっ」

あかり「えっ」

京子「お前……あかりか!?」

あかり「う、うん、そうだけど…」

京子「だ、誰かと思った…」

あかり「…あかり、空気キャラからついに誰だかわからないキャラに…」

京子「い、いやー、だって今日はお団子なかったからさぁ。何?イメチェン?」

あかり「えっ」





4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 12:45:25.35 ID:o9Z/ArAc0


あかり「…」サッ

京子「どったのあかり。突然頭かかえたりして…」

あかり「な、ない…」

京子「?」

あかり「お団子がない…!」

京子「? そうだね」

あかり「ど、どうしよう…! どこかに落としちゃったのかな!?」

京子(落としたってなんだ…)

あかり「ごめん、ちょっと探してくるね!」ダッ

京子「あ、行っちゃった…」



9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 12:52:17.51 ID:o9Z/ArAc0


あかり「わっ」

結衣「おっと」

あかり「あ、結衣ちゃん! ねえ、お団子見なかった?」

結衣「団子? いや、知らないけど」

あかり「ありがと!ごめんね!それじゃ!」

結衣「…? 誰だあの子」


結衣「あれ、京子だけ?」

京子「うん」

結衣「さっき部室から誰かが飛び出てきてぶつかりかけたんだけど、あの子誰?」

京子「あかり」

結衣「え?」

京子「なんかイメチェンしたみたいだね」

結衣「そう…」



10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 12:59:42.63 ID:o9Z/ArAc0


櫻子「わっ!なんだこれ!?」ツンツン

向日葵「赤い……なんでしょう、ボール?」

櫻子「誰かがドッジボールでもしてほったらかしにしたのかな」

向日葵「こんなボールでドッジボールなんてしたら怪我しますわよ。持ち上げてみなさいな」

櫻子「固っ!重っ!」グググ

向日葵「それに形もいびつですし…。この形はラクビーボール? ではなく…これは……卵?」

櫻子「卵ぉ? なんの卵だよー。うちの学校は赤い卵を産むダチョウでも飼ってるの?」

向日葵「形がそれっぽいと言っただけですわ」



11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 13:05:02.96 ID:eqroH3oZ0


肥大化してる……?


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 13:05:09.52 ID:o9Z/ArAc0


向日葵「ひょっとすると爆弾……とか」

櫻子「爆弾!?」

向日葵「かもしれませんわ。なんにしろ、とりあえず先生を…」

「あーっ!」

櫻子「?」

あかり「そ、それ…!」

向日葵「これ、あなたのですの?」

あかり「……う、うん……」

向日葵「うちのクラスの子……じゃありませんわよね。これは何…」

あかり「えっ!? わ、わたし、赤座あかりだよ!向日葵ちゃん!」

向日葵「えっ」

櫻子「えっ」



13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 13:10:00.24 ID:o9Z/ArAc0


櫻子「あかりちゃん!?」

あかり「そうだよ!」

向日葵「お団子がなかったから気づきませんでしたわ…」

櫻子「ていうかあかりちゃん、これ何?」

あかり「それがお団子なの」

櫻子「…はっ?このでっかいのが?」

あかり「あ、あかり、まさか妊娠してたなんて…」

向日葵「え、ええっ!? に、妊娠ですって!? 赤座さん、あなたまさか…」

櫻子「にんしん? ねえ向日葵、妊娠って大人になってから結婚しないとできないんじゃなかったの?」

向日葵「……あ、相手は……誰ですの…?」

あかり「……ちなつちゃん」

向日葵「えっ?」

あかり「ちなつちゃんだよぉ」

向日葵「……えっ?」

櫻子「ねえひまわりー。ひまわりってばー」



15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 13:16:02.42 ID:o9Z/ArAc0




ちなつ「へぇ。イメチェンですか。朝までは普通でしたけどね」

結衣「そういえばたしかに今朝はお団子あったね」

京子「どのタイミングで髪切ったんだろ?」

ちなつ「私が教室を出たときにはまだありましたよ」

京子「てかなんでちなつちゃんはあかりと一緒に来なかったの?」

ちなつ「あかりちゃん、朝から頭痛がするから部活には行かずに帰るって言ってました。送ろうかって言ったんですけど、お姉ちゃんを呼んだからいいって…」

結衣「私とすれ違ったときは元気に走ってたけどなぁ」

ガラガラッ

櫻子「ちなつちゃんいる?」

京子「ぬっ、ちっぱいちゃん。何故ここに」

ちなつ「櫻子ちゃん? どうしたの?」

櫻子「いや、それがさぁ」

向日葵「こ、これ…重たいですわね…」

あかり「ご、ごめんねぇ向日葵ちゃん…」



16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 13:20:06.38 ID:o9Z/ArAc0


結衣「なにそれ」

櫻子「あかりちゃんの卵です」

結衣「……えーと、何?」

櫻子「あかりちゃんの卵です」

結衣「…」

あかり「ご、ごめーん…ゆっくり下ろしたいから、誰か座布団持ってきて手伝ってー」

京子「お、おう…」


ドスン

向日葵「う、腕が折れるかと思いましたわ…」

あかり「本当にごめんね…」

向日葵「いいんですのよ。気にしないでください」

京子「なんだこの赤いの」(ドン引き)

結衣「…あかり、卵ってどういうこと?」

あかり「えっね」



18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 13:29:45.33 ID:o9Z/ArAc0


京子「なるほど…赤座一族はキスによって命を授かり、子をなす一族であった、と」

結衣「ってなんでだよ」バシッ

京子「いたいっ! なんで私に突っ込むんだよ!」

結衣「ご、ごめん、いつもの癖で突っ込んじゃった」

ちなつ「……」ボーゼン

向日葵「にわかに信じがたい話ですが…。一応、この赤い卵は暖かいですし、赤座さんの卵ではないとしても、何かの卵なのではないかと思いまして…」

櫻子「結婚してなくても赤ちゃんって出来るんだね。できちゃった結婚ってこういうことだったんだ」

向日葵(櫻子…)

あかり「…でね? 時期的に言って、やっぱりこの子たちはちなつちゃんの子だと思うの」

ちなつ「……」

あかり「最近つわりが酷くて、ひょっとしたら……って思ってたんだ」

ちなつ「……つわりって頭痛のこと?」

あかり「うん」



20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 13:36:23.00 ID:7ucp4I690


人間じゃねぇ!…天使か


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 13:43:57.34 ID:o9Z/ArAc0


京子「てか、あかりのお姉さんってお団子ひとつだよね? ひょっとして一人目出産?してたりするの?」

あかり「ううん。もともと卵はひとつなの。あかりのお団子は珍しい双子さんなんだよ」

京子「そうなのか」

あかり「これからあかりはこの子たちのお世話しないといけないから、しばらく学校休むね。この卵は3ヶ月くらいで孵化するはずだから」

結衣「そっか。じゃあ三ヵ月後にね。生まれたら連絡くれよ」

あかり「わかってるよぉ」

ガララッ

綾乃「赤座さん、いる? お姉さんがお迎えに来てくれたわよ」

あかり「うん。ごめん、誰か運ぶの手伝ってくれる? 杉浦先輩、先生に車を出して欲しいんですけど」

綾乃「? 車が必要なほど体調が悪そうには見えないけど」

京子「卵をあかりん家まで運ばなきゃいけないからさ」

綾乃「卵?」



29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 13:57:48.59 ID:o9Z/ArAc0


京子「重いなぁこれ」

結衣「これが命の重さか」

櫻子「でもあったかい」

向日葵「どんな子が生まれてくるか楽しみですわね」

京子「なああかりー、名前の候補とか決まってるの? ないなら私に決めさせてよー」

結衣「おいこら」

櫻子「あれ?でもあかりちゃんみたいにお団子ない人はどうやって赤ちゃん産んでるんだろ? 私にも団子出てくるかな?」

向日葵「……あなたって本当に……」


ちなつ「……ねえ、あかりちゃん」テクテク

あかり「ん?なあに、ちなつちゃん」テクテク

ちなつ「その…やっぱりあれ、私の子供なの?」

あかり「多分、そうだと思う」

ちなつ「でも…人が卵を産むなんて、信じられないよ…」

あかり「あかりも自分のことじゃなかったらそう思うよぉ」



32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 14:03:40.46 ID:o9Z/ArAc0


あかり「えへへ、実はおうちにあるんだよ。あかりが生まれてきた卵の殻」

ちなつ「えっ!?」

あかり「気持ち悪いって思った?」

ちなつ「そ、そんなことない、けど…でもなんでそんなものを?」

あかり「普通のヒトもへその緒を大事にとっておくでしょ?それと同じだと思う」

ちなつ「へぇ…」

あかり「…」

ちなつ「……その…私…」

あかり「?」

ちなつ「私のせい、なんだよね?」

あかり「……」

ちなつ「ごめん……」



37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 14:09:55.31 ID:o9Z/ArAc0


あかり「いいんだよ」

ちなつ「…あかりちゃん」

あかり「あかり、お姉ちゃんしかいなかったから、妹が欲しいって思ってたんだ。13歳差の妹なら普通の人でもありえるだろうし……双子の妹、きっとかわいいと思うなぁ」

ちなつ「……私も、お姉ちゃんしかいない」

あかり「えへへ。一緒だね」

あかり「だから……ちなつちゃんは気にしないでいいんだよ」

ちなつ「……」


ちなつ(…それは…)

ちなつ(それは、子供の面倒はうちで見るから心配するな、ってことなの? あかりちゃん)

ちなつ(なんて、聞けなかった……)



42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 14:16:40.51 ID:o9Z/ArAc0


車さん「ブロロロロ」

あかり「じゃあねーみんな!」

京子「おーう! また三ヵ月後なー!」

車さん「ブーン!」

結衣「…疲れた…」

京子「きつかったねー」

櫻子「休みはどうやって先生に説明するんだろうね?」

向日葵「さぁ…怪我や病気っていうんじゃありません?」

ちなつ「…」

ちなつ(私は…)



43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 14:21:17.95 ID:o9Z/ArAc0


ちなつ「すみません、私も帰ります!三ヵ月後に会いましょうっ!」ダッ

結衣「えっ、ちょ、ちなつちゃん!?」

櫻子「いっちゃった」

向日葵「…責任、取るつもりなのでしょうか」

京子「いいなぁ。三ヵ月後にまた会おう。言ってみたい」


ちなつ「はっ、はっ…」タッタッタ

ちなつ「あかりちゃん家は…」タッタッタ

ちなつ「はやくいかないと…」



46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 14:34:35.18 ID:o9Z/ArAc0


あかね「……そう、やっぱりそうだったのね」

あかり「…怒ってる?」

あかね「怒るわけないでしょう? お互いに好意がないと赤ちゃんは出来ないもの。あかりがその相手のことを好きなら、しょうがないわ…」

あかり「……」

あかね「そう、しょうがないのよ……。まあ、キスしたら赤ちゃん出来ちゃう、なんて馬鹿なこと言えないし、言っても信じてもらえないわよね」

あかり「…」

あかね「それにしてもあかり、学校を休むんで自分で卵の世話をするって本当なの? なんだったら私一人でやってもいいのよ?」

あかり「ううん。やっぱりあかりは自分でお世話したい。だってこの子たちは、あかりの子供だもん」



49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 14:42:00.49 ID:o9Z/ArAc0


あかり「お姉ちゃんこそ、いいの?大学とかアルバイトとか…」

あかね「しばらく休むわよ。可愛い妹の赤ちゃんが生まれるんだから」

あかり「お姉ちゃん…。ありがとう…!」

あかね「うふふ。じゃあ卵を運びましょう」

ピンポーン

あかね「誰かしら」

ガチャ

ちなつ「……」ゼェゼェ

あかり「ち、ちなつちゃん!?」

ちなつ「あかり…ちゃん。わ…わたし…」

あかり「す、凄い汗だよ?大丈夫?」

ちなつ「卵の世話、私も、手伝うよ…!」

ちなつ「私……責任取る、から……!」

ちなつ「……」クラッ

あかり「ちなつちゃん!」



50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 14:51:52.22 ID:o9Z/ArAc0





ちなつ「……はっ」

あかね「あら、起きたのね」

ちなつ「ここは…?あなたは…?」

あかね「あかりの部屋よ。そして私は赤座あかね。あかりの姉」

ちなつ「お…お姉さん?」

あかね「あなたにお義姉さんと呼ばれる筋合いはないわ!」

ちなつ「…」ビクッ

あかね「……なんてね。それにしても意外だったわ」

ちなつ「意外?」

あかね「中学生なのにあんなこと言い出すなんてね。意外というより無謀かしら?」

ちなつ「無謀でも、いいです」

あかね「あなただって学校はあるんでしょう?休んでいいの?」

ちなつ「学校なんてどうでもいいです。私の…私とあかりちゃんの赤ちゃんですから」

あかね「……そう」(ニコッ



57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 15:00:47.20 ID:o9Z/ArAc0


あかり「あ、起きたんだ!良かった~。あかり、いきなり倒れちゃったから心配したんだよ?」

ちなつ「ごめんね、あかりちゃん」

あかり「…えへへ」ニコニコ

ちなつ「? なんで笑ってるの?」

あかり「ちなつちゃんが手伝ってくれるって言ってくれたのが嬉しくて」

ちなつ「もう、当たり前でしょ? 私たちの子供のことなんだから。むしろなんで私を頼ってくれなかったのよ」

あかり「ちなつちゃんに迷惑がかかるかと思って…」

ちなつ「迷惑なんてそんなの…。私たち、もう夫婦なんだから、そんな気遣いはしなくていいよ」

あかり「ふ、夫婦か~/// どっちが旦那さんかな?」

ちなつ「私はお嫁さんがいいな。まあ、あかりちゃんは旦那って感じじゃないけど」

あかり「うっ……まあ言うとおりだけど」

ちなつ「…くすっ」

あかり「ふふふ」



59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 15:03:55.98 ID:o9Z/ArAc0


あかね「……」ズゥーン

あかね「…二人とも、そんなことより卵を見てあげなさい」

ちなつ「あ、はい」タッ

あかり「お姉ちゃん、なんでそんなに落ち込んでるの?」

あかね「…なんでもないのよ、あかり…」ズゥーン

あかね「……卵の世話の仕方は前に教えたとおりよ。ちょっと私、部屋に戻ってるわね…」

あかり「? う、うん…」



61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 15:12:53.71 ID:o9Z/ArAc0


ちなつ「世話って、なにをすればいいの?」

あかり「えっと、温度を見続けて、人肌より暑すぎず寒すぎず…温度変化があったら調節する。そして異常がないか常に観察する、かな」

ちなつ「じゃあ、世話って言っても結局は温度管理だけなんだ」

あかり「あとお姉ちゃんの話によると、卵のそばにいることも大事なんだって」

ちなつ「ふぅん。卵の中でもそばに人がいるとかいないとかわかるんだ」

あかり「うん。それから話しかけたりするのもいいんだとか」

ちなつ「なんか植物みたい」

あかり「普通の赤ちゃんだってそうだよぉ」

ちなつ「そうなの?」

あかり「たぶん」



63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 15:16:08.76 ID:o9Z/ArAc0


ちなつ「え、えーと。あ、あなたたちのパパですよー」

あかり「…ぷっ」

ちなつ「もー笑わないでよ!」

あかり「ご、ごめんごめん。結局ちなつちゃんがパパなんだ?」

ちなつ「まあ、あかりちゃんが産んだんだし、あかりちゃんがママでしょ」

あかり「どっちもお母さんじゃ駄目かなぁ」

ちなつ「まあそれでもいいんじゃない?」

あかり「えーっと、じゃあ…あなたたちのママ1だよー。こっちがママ2だよー」

ちなつ「ぷっ」

あかり「酷い!」

ちなつ「仕返し」

あかり「むむむ」



65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 15:28:28.34 ID:o9Z/ArAc0


ちなつ「……もうこんな時間かー。すっかり暗くなったねー」

あかり「どうする?お風呂はいる?」

ちなつ「うーん、私は夕方汗だくの体を洗うのにシャワー浴びたから、あかりちゃんからでいいよ」

あかり「じゃああかり、先にお風呂入ってるね」

ちなつ(そこで一緒に入ろうとは言わないのか…というか言えばよかった)

あかり「ちなつちゃんは卵見ててね」

ちなつ(ああ、卵を見る人が必要だから一緒には入れないのか)



68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 15:32:09.13 ID:o9Z/ArAc0




あかり「あがったよー」

ちなつ「お帰りー。じゃあ私入るね」

あかり「はーい」



ザバァ…

ちなつ「…あ、なんかさっきの会話家族っぽかったかも」

ちなつ「…家族。そういえばお姉ちゃんどうしてるだろ」

ちなつ「……まあいいや」

ちなつ「~♪」



71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 15:39:26.28 ID:o9Z/ArAc0


ちなつ「はー気持ちよかった…って」

あかり「…ZZzz」コックリコックリ

ちなつ「ああ、あかりちゃんって9時には寝るんだっけ」

あかり「……ん? あ、ちなつちゃん……ごめん、寝ちゃってた」

ちなつ「ふふ。もう寝ようか、あかりちゃん」

あかり「うん…そうだね。ふぁぁ~。じゃあ布団ひくね」バッバッ

ちなつ「ふぅ…今日は疲れたから私もぐっすり眠れそ…ってあれ?」

あかり「?」

ちなつ「なんであかりちゃんが布団の方で寝るの?」

あかり「えっ? 一緒に寝ないの?」

ちなつ「えっ」



73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 15:49:15.96 ID:o9Z/ArAc0


ちなつ(卵をひとつずつ抱えて一緒に寝るだけでした)

ちなつ(……私の心が穢れているのを感じる)

ちなつ「割れたりしないかな?」

あかり「あかりのお母さんもこうやってたって言ってるから大丈夫だよ」

ちなつ「温度調節とかは?」

あかり「人肌くらい、なんだから大丈夫だよ」

ちなつ「そういうもんかなぁ」

あかり「卵さんだって多少暑くたってお母さんと一緒の方がいいよ。ね?」

ちなつ「ていうか、卵さんとか赤ちゃんとか言ってるけど、名前は決めないの?」

あかり「名前かぁ。実はあかり、ひとつだけ考えてたんだー、名前」

ちなつ「へえー。実は私もひとつ考えてた」

あかり「じゃああかりのとちなつちゃんので一人ずつ、だね」

ちなつ「ねえ、教えてよ。あかりちゃんが考えた名前」

あかり「えへへ、それはね――



74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 15:50:24.64 ID:o9Z/ArAc0


あかりとちなつの子供の健やかな成長を信じて……!
ご愛読ありがとうございました! 

              完



76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 15:52:58.15 ID:MrgM6lLQ0


は?


77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 15:56:12.75 ID:v+L60bVJ0


ここから第二部が始まるんですねわかります


79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 16:01:36.69 ID:9IhaAPYRO


いやいやいやいやいやいやいやいやおかしいでしょう


85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 16:33:47.11 ID:UzmmFjkF0


予想以上に打ち切りエンドだった


87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 16:54:31.60 ID:tAWbUVTk0


これからっていうのに…


関連記事

車さんにワロタww
[ 2012/07/20 19:39 ] [ 編集 ]

>>あかね「あなたにお義姉さんと呼ばれる筋合いはないわ!」

ここにある意味での一番深い本心が表れててイイね
[ 2012/07/20 20:31 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/1331-09a3df1c


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ