スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

結衣「いい風だな」あかり「……」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 17:11:04.39 ID:kU9QYZgo0




結衣「あかり…?」

あかり「…………」

結衣「……ふふ」

結衣「寝ちゃった…か…」

眼下の街いっぱいに溶けた夕日のオレンジ

七森の街を望む小高い岡

寂しく据え付けられた古木のベンチ

こんな時期でも涼しい風が吹くところがあったんだ―

結衣「いい寄り道したかな……」




4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 17:19:11.11 ID:kU9QYZgo0


何にひきよせられるでもなくふとベンチを立って、柵に歩みを進める

一足一足砂利が乾いた音で散った

風が撫でた髪をかきあげて眺める七森の街

学校の広いグラウンドが目についた

ということはこっちにわたしの家が……

あった

京子の家があった…

あれがちなつちゃんの家…

それから…




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 17:23:02.00 ID:kU9QYZgo0



それから…


あかりの家…

あかりの家…

……

あれ、だな



わたしがすぐ見つけられなかったことを知ったら、またあかりは怒りそう

お団子をぴょこぴょこさせて地団駄を踏む姿が目に浮かんで、ふと頬が緩んだ

まったく……




ずるいよなぁ





7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 17:28:06.25 ID:kU9QYZgo0



ベンチを振り返ると、きれいにひざに手を添えて眠るあかりが、何かの拍子にはたと倒れてしまいそうなあかりがいる

その様は、何かあまりにも頼りなく、夕日の彩りに溶けてふといなくなってしまいそうな気がして、側に戻った



結衣「……」

あかり「……」

結衣「あれ……」スッ

あかり「……す………ぅ…」

結衣「ん……」スッ

あかり「……すぅ……すぅ……」


耳をそばだてて聞いたあかりの寝息に、胸の下が満たされる



8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 17:28:38.13 ID:kU9QYZgo0


かよわい小さな身体

そよいだ前髪

夕刻に散ったオレンジの光のかけらに、やわらかく染まる頬

そのすべてがはかなげだけれど

あかりは、確かにわたしの隣にいるんだ


結衣「あかり……」

あかり「……すぅ……」

あかり「……ぷぅ……」

結衣「……」クスッ


近くの立木がさわさわと揺れた



11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 17:33:42.12 ID:kU9QYZgo0



もうひと月ちょっとかな?



あの日、幕を垂れるように降りつづく梅雨の雨



いつもどおりの四人の部室

京子は、ちなつちゃんは、いつものようにわたしに抱きついて

いつものようにはしゃいで、笑って

でもその日は、いつもどおりじゃない一瞬に、気付いちゃったんだ


困ったふうに笑い二人を諌めるあかりの顔の、つかの間の陰り

何かを自分に言い聞かせるように、中途半端に伸ばした手を引いたあかり


目の裏にありありと浮かぶその画は

今思い出してもちょっと息がつまる



14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 17:41:37.46 ID:kU9QYZgo0



あの日はちなつちゃんが用事で先に帰ったんだ

京子は……そう

京子は、ちなつちゃんと相合い傘したいがために、無理矢理くっついていっしょに帰っちゃったんだっけ



二人だけの部室は、突然声を失って

畳をじっと見つめる後ろで

屋根を打つ雨音だけが耳朶を打って



それで

それで……



あかり「あのね、結衣ちゃん…」

うつむいたあかりの肩が、いつもの何倍も小さく見えた



18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 17:52:51.06 ID:kU9QYZgo0



結衣「あ、あかり……?」

あかり「……ッ」


あかりの頬にぽろぽろと光がつたった

ぽたっ、と畳が音を立てた気がした


あかり「あかり……ね」

あかり「もう……」

あかり「わからないの…自分が、どうすればいいのか」
 
結衣「え……」


あかり「京子ちゃんはっ、結衣ちゃんに、素直に甘えられて…っ」ケホッ

途切れ途切れ、あかりは嗚咽に競り合うように言葉を絞った

あかり「ちなつちゃんはっ、結衣ちゃんにいつも積極的で…っ」ヒック


あかり「あかり、だけがっ……」ケホッ

あかり「結衣ちゃんに遠くてっ…!」



21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 18:02:35.78 ID:kU9QYZgo0



結衣「そ、そんなこと…っ」

あかり「だからって!」


あかり「今さら勇気を出すことも、できないよ…!」ケホッ

あかり「ちなつちゃんもっ、京子ちゃんも、大切な友達だから…っ」

あかり「抜け駆けなんて、裏切りなんて…出来ないからっ」ヒック


結衣「あかー

あかり「それでも!」

あかり「それでもあかりは、結衣ちゃんのことが好きなんだよぉ…っ!」ポロポロ




23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 18:08:09.93 ID:kU9QYZgo0



結衣「わたし、は……」


心臓が跳ね上がった

声が、出ない


あかり「……」グスッ

あかり「ごめんね…」


言い終わるより早く立ち上がったあかりは

ぶつけるように鞄を肩にかけて部屋を出ていく

畳がにぶく震えた

去っていくあかりの背中がコマ送りで眼に映った



26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 18:17:29.24 ID:kU9QYZgo0



かんっ、と打ち付けられた戸の音が

くぐもった頭の中を一掃する


結衣「……ッ」


部室の戸も玄関の戸も開け放って

傘だけを無造作に引っ掴んで

親指の付け根を地面に叩きつけて走った


雨が強い



29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 18:24:48.31 ID:kU9QYZgo0



考えもしなかった

あかりが……


腕は夢中で中空を斬った

濡れた袖が重かった

傘をさす意味のないことを知って投げ捨てた


結衣「でも……」


躊躇無く水たまりを突っ切った

花の頭まで泥水が跳ねた

まぶたに垂れるしずくで視界がぼやける




31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 18:33:13.15 ID:kU9QYZgo0


足早に揺れる赤い傘

結衣「あかっ…!あかりっ!」ケホッ

一瞬止まった傘は、また駆けてゆく

結衣「はぁ…っ…あかりっ!!」


すぐそこまで迫った傘は、躊躇いがちに振り返って、あかりがこちらを見やる

小さな目が見開いた

あかり「結衣ちゃん……!」

あかり「ずぶ濡ー

結衣「いいんだ!」

あかり「え……」ビクッ

結衣「いいんだ…こんなの…」


濡れた袖で顔を拭ってあかりを見据える

ぼやけた視界でも分かるーまだ途切れていない、涙の筋が


降り疲れた重い腕に、ある限りの力を込めて、あかりを抱き寄せた



34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 18:41:22.62 ID:kU9QYZgo0


傘が翻ってゆっくりと落ちた

路傍の紫陽花がゆれた


あかり「結衣…ちゃん…」


走りながら気付いたんだ

こんなのあまりにも「理不尽」だって

誰かのために、心から泣いたり笑ったりできるあかりが

どうしてひとりで悲しみを胸に秘めなきゃならないんだ

どうしてあかりが、わたしのせいで悲しまなきゃいけないんだよ


わたしにとってのあかりは、誰よりも優しく、近く寄り添ってくれるのに

あかりにとってのわたしが、誰よりも遠いだなんて、あっちゃいけない


わたしの大切なあかりが、わたしのせいで傷つくなんて

わたしは船見結衣を絶対にゆるさない


だからー



36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 18:50:14.37 ID:kU9QYZgo0


結衣「わたしはずっとあかりの側にいる!」

結衣「あかりがわたしから遠いのなら!」

結衣「わたしがあかりの側に行く!」


喉の奥が熱かった

温かいものが頬を流れた

泣いていた


あかり「結衣ちゃん……あり…がとう…」

あかりのふり絞ったかすれた声が、胸がつぶれるほどに切なかった

あかりの鼓動を胸に感じた


あかりー






40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 18:59:32.38 ID:kU9QYZgo0



夕日は遠くの峰に身をひそめ

空と雲に散った残り香で、七森の街は紅く染まった


結衣「……」

あかり「…すぅ…」

結衣「……あっかりーん」ポソ

あかり「……」

あかり「…は…ぁい……」

結衣「ふふ…」


そっとあかりの左肩を抱き寄せた

もう片方の手で、かわいらしく重ねられたあかりの手を包んで


訳もなく涙腺が熱を帯びた


しあわせ、だ



43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 19:06:37.95 ID:kU9QYZgo0



あかり「ん……」

あかり「ん……?」

結衣「おはよ」

あかり「あ、寝ちゃってたんだ……」

寝ぼけまなこがうつらうつら宙を泳いでいる


あかり「ほぁ、ごめんね結衣ちゃん…せっかく一緒に…」

結衣「いいよ、良い時間がすごせたから」ニコッ

あかり「…?」

あかり「ふふ、じゃああかりも嬉しい」ニコ


あかり「……!?」

あかり「はわわわっ///」

結衣「?」



47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 19:17:02.91 ID:kU9QYZgo0



あかり「結衣ちゃん…こっ、これ…」

あかり「手とか…肩とか…///」

結衣「ああ、あかりを見てたらさ、抱きつきたくなっちゃった」

あかり「う、嬉しいけど……こんなの…」

あかり「今までしたこと、ないし…」

あかり「はっ、恥ず…」

あかり「か…しい…し」




49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 19:19:43.26 ID:kU9QYZgo0



潤んだ瞳が、行き先を決めあぐねて地面だけを見つめている

横顔に咲いた紅葉色のほほが、悪戯ごころをそそった

結衣「いーのっ」

あかりの頬に指を沈めて、ぷにぷにとあかりを感じた

あかり「ゆ、ゆいひゃん!?」

結衣「だってあかりは」

結衣「誰よりもわたしの側に、いてほしいんだ」

あかり「……うんっ!」


空はうっすらと紺を帯びるころ


\オッワリーン/




50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 19:20:31.97 ID:cyCfdjfo0





51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 19:22:29.15 ID:wqcUv9Y+O



結あかの優しい雰囲気たまらん



54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 19:25:24.06 ID:kU9QYZgo0



保守してくれた方読んでくれた方、ありがとうございました。


初投稿で改行制限のあることも知らなかった情弱です。半年ROMってきます。


それでは\アッカリーン/



55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 19:26:34.82 ID:oXUgUYG/0


おっつりーん


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 19:27:41.10 ID:RFQr75n10


おつおつ
結あか最高だ



関連記事

結衣あかを見れる日々に感謝m(__)m
[ 2012/08/07 15:23 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/1455-3b835cc1


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。