FC2ブログ









紬「私、ニートになるのが夢だったのー」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/09(木) 23:54:53.41 ID:RzAMOWuG0


菫「おきて、お姉ちゃん」

菫「おきてってば!!」

紬「ふにゅ」

菫「もう…お昼になっちゃうよ、お姉ちゃん!」

紬「……あと10分だけお願い」

菫「本当に後10分だからね!」

紬「菫、大好き愛してるわ……ぐーーぐーー」

菫「もう……」




7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/09(木) 23:58:55.18 ID:RzAMOWuG0


△じゅっぷんご

菫「お姉ちゃん、10分経ったよー」

紬「もう?」

菫「うん」

紬「あと20分だけ。お願いっ」

菫「だーめっ! 起きて朝ごはん食べよ」

紬「菫、愛してるわ」

菫「うん。私も」

紬「だからあと5分だけ」

菫「そんなこと言っても駄目なんだから!」

紬「いけず~」



8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10(金) 00:02:26.76 ID:/6SuqSHb0



菫「ほら、はやくご飯食べにいこうよ」

紬「部屋に持ってきて欲しいの!」

菫「最近お姉ちゃん引きこもり気味だよ。ほら、行こうよ」

紬「持ってきてくれないなら三度寝しちゃいます!」

菫「……」

紬「……」

菫「もう……わかったよ。朝ごはん持ってきてあげるから起きてね」

紬「やったっ!」



9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10(金) 00:09:52.66 ID:/6SuqSHb0



紬「うんうん。朝ごはんといえば焼き鮭ね」

菫「屋敷で和食にしてるのお姉ちゃんだけだよ」

紬「いけない?」

菫「いけなくはないけど…」

紬「菫も和食にすればいいのに」

菫「……それは置いといて、そろそろ食べないと冷めちゃうよ」

紬「じゃあ食べさせてくれる?」

菫「えっ」



10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10(金) 00:16:53.98 ID:/6SuqSHb0


紬「あ~ん」

菫「口をあけても駄目だよ」

紬「あ~ん」

菫「もっと口を大きく空けても駄目なものは駄目」

紬「あ~ん」

菫「駄目だったら駄目!」

菫「最近お姉ちゃんおかしいよ」

菫「昔はもっとしっかりしてたのに……」

紬「……」

菫「もう……知らない!」

紬「……行っちゃった」



11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10(金) 00:28:04.22 ID:/6SuqSHb0



紬(私に弟ができて半年が経った)

紬(そのこと自体はとても嬉しい)

紬(おかげで私が家を継ぐ必要はなくなってしまった)

紬(だけど、そのせいで今の私は宙ぶらりん)

紬(まさにニート状態)

紬(こんなことなら就職活動しておけばよかったかな…)

紬(はぁ…)



12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10(金) 00:36:57.44 ID:/6SuqSHb0



紬(最近は毎日ぐーたら状態)

紬(夏季休暇中の菫に甘えすぎて、呆れられるなんて……)

紬(はぁ……)

紬(……)

紬(……)

紬(泣いちゃいそう……)




13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10(金) 00:46:09.71 ID:/6SuqSHb0


菫「……お姉ちゃん」

紬「戻ってきてくれたの?」

菫「うん」

紬「ごめんね、菫。甘えすぎて」

菫「ううん。私も言い過ぎたよ。お姉ちゃん色々あったもんね……」



14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10(金) 00:59:11.72 ID:/6SuqSHb0



紬「私…どうしたらいいのかしら」

菫「そんなの私にはわからないよ」

紬「……そうね」

菫「……」

紬「……」

菫「……」

紬「朝ごはん食べちゃいましょうか」

菫「…うん」



15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10(金) 01:09:22.32 ID:/6SuqSHb0


紬「……」ムシャムシャ

菫「……」ムシャムシャ

紬「……」ムシャムシャ

菫「……」ムシャムシャ

紬「……」

紬「菫のスクランブルエッグちょっと分けてくれる?」

菫「はい」

紬「……」ムシャムシャ

菫「じゃあお姉ちゃんの焼き鮭ちょっと貰うね」サッ

紬「あっ」

紬(一番脂ののった部分をとられちゃった)

菫「どうかした…?」

紬「なんでもないわ」シュン



16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10(金) 01:21:25.67 ID:/6SuqSHb0


菫(……むぅ。お姉ちゃん落ち込んでるようです)

菫(鮭を勝手にとったのが悪かったかな)

菫「……」シュ

紬「あっ、私の鮭」

菫「あ~ん」

紬「食べさせてくれるの?」

菫「うん」

紬「あ~ん」パクッ



17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10(金) 01:32:26.66 ID:/6SuqSHb0



紬「うん。美味しい」

菫「自分で食べても一緒でしょ」

紬「そんなことないわ!」

菫「……もうこまった二十三歳なんだから」

紬「……」シュン

菫(あっ、地雷ふんじゃった?)



18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10(金) 01:37:39.10 ID:/6SuqSHb0


菫「あの…お姉ちゃん?」

紬「菫、食べ終わったら膝枕」

菫「えっ」

紬「膝枕」

菫「……うん」

紬「……」ムシャムシャ

菫「……」ムシャムシャ

紬「……」ムシャムシャ

菫「……」ムシャムシャ




20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10(金) 01:47:30.81 ID:/6SuqSHb0


△食後
菫「……これでいいかな」

紬「うん」

菫「……」

紬「……」

菫「……」

紬「……」

菫「……」

紬「……」

菫「……」

紬「……ちょっとお茶いれてくるね」

菫「それなら私が」

紬「ううん。私がやるから」



21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10(金) 01:57:47.16 ID:/6SuqSHb0


△数分後

菫「……」ゴクッ

紬「…どうかな」

菫「正直に言っていい?」

紬「うん」

菫「腕落ちたね」

紬「……」シュン

菫「でも美味しいよ」

紬「ほんと?」

菫「うん。本当」



22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10(金) 02:13:17.61 ID:/6SuqSHb0


紬「膝、いいかな」

菫「うん」

紬「ねぇ、菫」

菫「…なに? お姉ちゃん」

紬「私、お店を始めようかなって思うの」

菫「なんのお店?」

紬「紅茶を出すお店」

菫「紅茶!? うん。とってもいいと思うよー」

紬「そう?」

菫「うん。とっても素敵だよ」



23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10(金) 02:28:40.94 ID:/6SuqSHb0


菫「いつからお店開くの?」

紬「そんなにすぐには無理よ」

菫「なんで?」

紬「色々準備が必要でしょ」

菫「でもお姉ちゃん蓄えは十分あるんでしょ?」

紬「……オープンできても赤字垂れ流しじゃ意味無いでしょ」

菫「そっか」



24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10(金) 02:41:22.23 ID:/6SuqSHb0



紬「だからね、あの店でバイトさせてもらおうと思うの」

菫「あの店って……お姉ちゃんがいつも紅茶を仕入れてた店?」

紬「うん。そしてお店をやるためのノウハウを掴もうと思うの」

紬「お客さんがどういうところに惹かれてお店にくるのか」

紬「バイトの子をどうやって管理しているのか」

紬「どこから仕入れているのか。どういう茶葉を扱っているのか」

紬「接客に必要なノウハウは何なのか」

紬「その他にも色々!」

菫「……お姉ちゃん」

紬「何?」

菫「お姉ちゃん!」ガバッ



25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10(金) 03:03:05.56 ID:/6SuqSHb0


紬「ぐへっ」

菫「…お姉ちゃん?」

紬「……」

菫「……死んでる」

紬「……勝手に殺さないで」




26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10(金) 03:20:49.17 ID:/6SuqSHb0



菫「……あれ、何言おうと思ってたんだっけ」

紬「忘れたなら大したことじゃないと思うわ」

菫「そう……んなわけないじゃん!!!」

紬「わっわっ、そんなに激しく動かないで///」

菫「お姉ちゃん! 私感動しちゃった!!」

紬「えっ」

菫「お姉ちゃんがそんなにまじめに将来のこと考えてただなんて」

紬「これくらい当然よ」

菫「ふふ。いつから働くの?」

紬「実はもう話は通してあるの。明日からバイトをはじめるわ」

菫「すぐなんだ」



27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10(金) 03:23:12.14 ID:/6SuqSHb0


菫「……」

紬「菫?」

菫「……」

紬「…菫?」

菫「あっ、何?」

紬「どうしたのぼーっとしちゃって」

菫「ねぇ、お姉ちゃん」

紬「なぁに?」

菫「……やっぱりなんでもない」

紬「…変な菫」




28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10(金) 03:26:22.73 ID:/6SuqSHb0



菫(お姉ちゃんがもし無事にお店をオープンさせられたら)

菫(私も雇って欲しいって)

菫(言おうかなーって思ったけどやめとこう)

菫(その時になったら言えばいいよね)

紬「菫?」

菫「ねぇ、お姉ちゃん。今日は一緒にお菓子でも作らない?」

紬「一緒にお菓子づくり? やるやる」

菫「じゃあさっそく何を作るか決めよ」

紬「うん!」

菫「ねぇ、お姉ちゃん」

紬「どうかした?」

菫「ううん。なんでもない」


おしまいっ!



関連記事

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/1481-bde49d0f


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ