FC2ブログ









苦来「わたしが、お姫様!?」

1 : ◆1BrjSSUSHI 2012/08/29(水) 21:35:40.84 ID:/C+EWrgX0


すらっ

苦来「・・・・・・」きょろきょろ

苦来「んー」

手寅「どうしたの?くくるちゃん」

木胡桃「いつものことだけど、挙動不審だよ?」

苦来「やっぱりだわ」

苦来「やっぱり、この環境がいけないのよ!」

魔梨威「な、なにがだい?」

苦来「わたしに男が出来ないのは」

苦来「この環境のせいなのよー!」





4 : ◆1BrjSSUSHI 2012/08/29(水) 21:42:38.86 ID:/C+EWrgX0


魔梨威「は?」

苦来「こんなガサツな人達に囲まれてるうちに」

苦来「わたしは女のコとしての魅力を、どこかに置いてきてしまった!」

丸京「そんな魅力、最初からあったっけ?」

手寅「ちょっとガンちゃん、本音すぎ」

木胡桃「てゆーか!」

木胡桃「この人達と一緒にしないで!」

魔梨威「お前も本音、出しすぎだろ!」



5 : ◆1BrjSSUSHI 2012/08/29(水) 21:49:21.08 ID:/C+EWrgX0


丸京「つーか、男なら寄席にいるじゃないか」

苦来「わたしは、お客さんには手を付けない主義なの!」

手寅「枕営業なんか、みんな裏でやってんだから」

手寅「気にすることないわよ」

丸京「そりゃ、水商売の話だろうが!」

魔梨威「ま、まさかテトラも?」

木胡桃「フケツですー!ハレンチですー!」

手寅「わたしは、やってないよ」

手寅「面倒くさいから」

魔梨威「それが理由なのかい!?」



6 : ◆1BrjSSUSHI 2012/08/29(水) 21:52:25.62 ID:/C+EWrgX0


苦来「そもそも、寄席に来る男の人なんて」

苦来「もうすぐ死にそうなのばっかりじゃない!」

丸京「この本音が一番ひどいな」

魔梨威「お客さんからテロくらうレベルだよ」

木胡桃「合コン!」

木胡桃「合コンすればいいよ!」



8 : ◆1BrjSSUSHI 2012/08/29(水) 21:59:05.27 ID:/C+EWrgX0


苦来「ご、合コンで集まってくる男なんか」

苦来「わたしの体が目当てに決まってる!」

魔梨威「・・・・・・」

手寅「・・・・・・」

丸京「・・・・・・」

木胡桃「・・・・・・」

魔梨威「なあ、一体どこを目当てにするんだい?」ひそ

丸京「本人は、いい体だと思ってるんじゃないか?」ひそ

木胡桃「ほら、脱いだらすごいのかも」ひそ

手寅「あの体のラインからいって、それはないわ」ひそ

苦来「・・・もう死んでやる」



10 : ◆1BrjSSUSHI 2012/08/29(水) 22:03:00.99 ID:/C+EWrgX0


魔梨威「じょ、冗談だよ、冗談」

手寅「くくるちゃんは、若い男の人がいいのね」

苦来「・・・できれば」

木胡桃「外見はー?」

苦来「わたしより小さくなければ、別に」

丸京「顔は?」

苦来「どちらかっていうと、キツめな方が」



11 : ◆1BrjSSUSHI 2012/08/29(水) 22:05:44.60 ID:/C+EWrgX0


手寅「宝塚は好き?」

苦来「え?」

苦来「き、嫌いではないけれど・・・なぜ?」

木胡桃「ぴったりな人がいるじゃん」

丸京「そうだな」





手寅・丸京・木胡桃「うちの、女装系男子!」

魔梨威「って、あたしかい!!!」



15 : ◆1BrjSSUSHI 2012/08/29(水) 22:13:29.30 ID:/C+EWrgX0


苦来「マリーさんが、彼氏?」

魔梨威「ほ、ほら、くくるも嫌がってるじゃないか」

手寅「そうかしら?」

魔梨威「へ?」

苦来「宝塚ってことは」

苦来「マリーさんが王子様・・・そして」

苦来「わたしが、お姫様!?」ぱああっ

丸京「うん」

丸京「思考が単純すぎて、見てて気持ちいいな」



16 : ◆1BrjSSUSHI 2012/08/29(水) 22:16:21.87 ID:/C+EWrgX0


木胡桃「ちょっと、待ったー!」

魔梨威「キグちゃん!」

魔梨威「キグちゃんだけはまともだって、信じてたよ!」

手寅「そうかしら?」

魔梨威「へ?」

木胡桃「王子様と聞いたら、黙ってられません!」

木胡桃「わたしも参戦します!」



17 : ◆1BrjSSUSHI 2012/08/29(水) 22:21:50.40 ID:/C+EWrgX0


木胡桃「そもそも!」

木胡桃「忘れてたけど、前回わたしの王子様になったんじゃん!」

苦来「な、なんですって!?」

手寅「へぇ、隠れて面白いことしてるんだね」

魔梨威「い、いや、それはだね」

苦来「・・・ひどいわ、マリーさん」

苦来「わたしの心を、もてあそんで!」

魔梨威「なんでそうなる!」




19 : ◆1BrjSSUSHI 2012/08/29(水) 22:25:04.37 ID:/C+EWrgX0


魔梨威「丸京も、なんか言ってやってくれ!」

丸京「モテ期だな、マリーさん」グッ

魔梨威「違ぇ!」

木胡桃「選んで!」

魔梨威「は?」

苦来「そうよ、わたしとキグちゃん、どっちを取るか」

苦来・木胡桃「選んで!」



22 : ◆1BrjSSUSHI 2012/08/29(水) 22:32:31.23 ID:/C+EWrgX0


魔梨威「ちょ、ちょい待ちなよ」

魔梨威「冷静に話し合おうじゃないか」

手寅「見そこなったわ、マリーさん」

手寅「女の子を二人も不幸にするつもりなの!?」

魔梨威「意味わかんねーから!」

丸京「ほら、マリーさん」

丸京「ここは、どっちか選んでおきなよ」

魔梨威「で、でもさ」

丸京「この場を収めるための、方便ってやつだよ」

魔梨威「そうか、なるほど」



23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/29(水) 22:33:43.01 ID:7nef+wAS0


総受けと言う便利な言葉が


25 : ◆1BrjSSUSHI 2012/08/29(水) 22:37:09.07 ID:/C+EWrgX0


苦来「さあ、マリーさん!」

木胡桃「どっちか、選ぶんだよ!」

魔梨威「え、えっと」

魔梨威「くくる・・・かな」

木胡桃「な、なんでっ!?」がーんっ

魔梨威「いや、キグ相手だとさ」

魔梨威「なんとなく、警察に捕まりそうだし」



27 : ◆1BrjSSUSHI 2012/08/29(水) 22:40:59.01 ID:/C+EWrgX0


木胡桃「うぅぅっ」がくっ

木胡桃「わかったよ、マリーさん」

木胡桃「これは、わたしに魅力がないせいなんだよ」

木胡桃「わたしに構わず、くくるちゃんに幸せにしてあげて」

手寅「き、キグちゃん///」

丸京「なんて、健気なんだー///」

木胡桃(ケッ)

木胡桃(期待通りの反応すんのも、疲れるわ)



29 : ◆1BrjSSUSHI 2012/08/29(水) 22:45:08.28 ID:/C+EWrgX0


苦来「・・・マリーさん///」

魔梨威「いや、これはだね」

苦来「式はいつにする!?」

苦来「わたし、子供は二人欲しい!」

魔梨威「って、コラーーーーー!」

丸京「まあ、待ちなって」

丸京「ここは落ち着いて考えないと、いけないだろ」

魔梨威「が、丸京」





丸京「まずは、デートだろ」

魔梨威「てめぇ!」



31 : ◆1BrjSSUSHI 2012/08/29(水) 22:49:44.35 ID:/C+EWrgX0


木胡桃「心配しなくても大丈夫だよ、マリーさん」

魔梨威「き、キグ」

木胡桃「くくるちゃんなら、頑張って想像妊娠するよ!」

魔梨威「そうじゃねーだろ、オイ!」

手寅「はいはい」

手寅「後は、若いお二人でどうぞ」

手寅「わたし達の役目は、これで終わりなんだから」

魔梨威「な、なんだい、役目ってのは」

手寅「面白い方に話をもってくことに、決まってるじゃない」にこっ



33 : ◆1BrjSSUSHI 2012/08/29(水) 22:52:44.14 ID:/C+EWrgX0


苦来「わたしっ、着替えてくる!」

魔梨威「ま、待てって」

手寅「ほら、マリーさんも」

木胡桃「ちゃっちゃと支度しないとー」

丸京「ただし」

魔梨威「な、なんだよ」

手寅「ジャージはダメよ」

木胡桃「ジャージはよくない!」

丸京「ジャージは選ぶなよ」

魔梨威(お、お前ら)



35 : ◆1BrjSSUSHI 2012/08/29(水) 22:57:30.71 ID:/C+EWrgX0


手寅「いい、マリーさん」

手寅「デートでは絶対、くくるちゃんに冷たくしちゃダメよ?」

魔梨威「なんでだい?」

木胡桃「・・・死を選ぶ危険がある」

魔梨威「こえーこと、言うなよ!」

丸京「・・・血みどろの布団・・・」

魔梨威「ひぃっ!?」

丸京「・・・枕元に、血で書いた遺書・・・」

魔梨威「う、うわぁ」

丸京「・・・マリーさん、恨みます・・・」

魔梨威「やめろー!やめてくれー!!!」



37 : ◆1BrjSSUSHI 2012/08/29(水) 23:01:46.48 ID:/C+EWrgX0


手寅「そうならない為にも、ちゃんとデートしないとね」

魔梨威「そうかい、わかったよ」

魔梨威「あたしゃ、きっちりデートを成功させて」

魔梨威「くくるの命を救ってみせるさ!」

木胡桃「さすがは、マリーさんだよ!」

魔梨威「よせよ、照れるじゃあないか///」

丸京(ふっ)

丸京(この単純王が)



39 : ◆1BrjSSUSHI 2012/08/29(水) 23:06:56.09 ID:/C+EWrgX0


丸京「どうやら、無事に出かけたようだな」

手寅「でも、本当に良かったの?キグちゃん」

木胡桃「ほぇ?」

手寅「マリーさんのことよ」

木胡桃「・・・うん」

木胡桃「いまは、いいの」

丸京「いまは?」

木胡桃「いまに、すっごい魅力的になって」

木胡桃「後で、マリーさんを後悔させてやるの!」



42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/29(水) 23:14:26.30 ID:x9f1QxYFO


あらヤダ、キグちゃん 意外にも一途……


44 : ◆1BrjSSUSHI 2012/08/29(水) 23:16:12.01 ID:/C+EWrgX0


丸京「な、なんて泣ける話なんだ///」

手寅「なれる!」

手寅「キグちゃんなら、きっと魅力的になれるよ!///」

木胡桃「そ、そうかな、えへへ」

木胡桃「・・・・・・」

木胡桃(いまは泳がせといてあげるよぉ、マリーさん)

木胡桃(だって、一度やってみたかったんだもん)

木胡桃(略奪愛ってやつ)にやぁ



47 : ◆1BrjSSUSHI 2012/08/29(水) 23:20:58.32 ID:/C+EWrgX0


苦来「あ、あの」

苦来「手を繋いで・・・いい?///」

魔梨威「あ、ああ」

ぎゅっ

苦来「・・・・・・///」

魔梨威(あ、あれ?)

魔梨威(なんかこいつ、可愛くないかい?)

魔梨威(普段、暗い顔しか見てないからかな)

魔梨威(なんか、すっごく違って)





魔梨威「てゆか、お前誰だよ?」

苦来「・・・それ、どういう意味?」



48 : ◆1BrjSSUSHI 2012/08/29(水) 23:26:31.63 ID:/C+EWrgX0


魔梨威「い、いやね」

魔梨威「はにかんだ笑顔とか、見たことなかったもんだからさ」

苦来「・・・いまは、幸せがそばにあるから///」

魔梨威「そ、そうかい」

魔梨威(幸せってぇのは)

魔梨威(こんなにも、人を変えちまうもんなのかい)

魔梨威(こんなにもさぁ)





魔梨威「で、お前誰だっけ?」

苦来「・・・だから、どういう意味?」



49 : ◆1BrjSSUSHI 2012/08/29(水) 23:30:19.47 ID:/C+EWrgX0


苦来「わぁ、見てマリーさん」

苦来「なんか、取って付けたように教会がある」

魔梨威「ほ、本当だね」

魔梨威「話の展開上、なきゃいけないみたいな感じだよ」

苦来「わたし、結婚式は教会がいいな///」

魔梨威「それなんだけど、くくる」

苦来「はい?」

魔梨威「やっぱり、ダメだよ」

苦来「・・・マリーさん?」



51 : ◆1BrjSSUSHI 2012/08/29(水) 23:34:29.95 ID:/C+EWrgX0


魔梨威「どんなに取りつくろってもさ」

魔梨威「わたし達は、女のコ同士なんだよ!」

苦来「そ、そんな!」





神父「ダイジョーブ デース!」

魔梨威「は?」

神父「ダイジョーブ ナンデース!」

魔梨威「な、なにがだい!?」



53 : ◆1BrjSSUSHI 2012/08/29(水) 23:38:03.56 ID:/C+EWrgX0


神父「カミハ アナタガタヲ ミテイマース!」

神父「ダカラ」

神父「ダイジョーブ ナンデース!」

魔梨威「なんの根拠もねーじゃん!」

苦来「神父様、わたし達は結婚出来ますか!?」

神父「・・・・・・」

苦来「・・・・・・」

神父「モチロン デース!」

魔梨威「おい!」

魔梨威「いま渡した、一万円札はなんだよ!?」



55 : ◆1BrjSSUSHI 2012/08/29(水) 23:41:56.53 ID:/C+EWrgX0


神父「ミナモ アナタガタヲ シュクフクシテイマース!」

魔梨威「は?」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*
だいじょぶだ~、だいじょぶだ~♪

だいじょぶ、だいじょぶ、だいじょぶだ~♪
*・゜゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

魔梨威「あんたら、いつぞやの!」

おばちゃん「結婚と聞いて、飛んできました」

魔梨威「飛んでくんじゃねぇ!」

ばきっ

おばちゃん「はぐっ!」



57 : ◆1BrjSSUSHI 2012/08/29(水) 23:47:31.43 ID:/C+EWrgX0


神父「HAHAHA!」

神父「ドウロモ ホホヲ ソメテルヨウデース!」

おばちゃん「・・・・・・」どくどく

魔梨威「どう見ても、こいつの血だろ!」

神父「サア チカイノキスヲ!」

魔梨威「こ、このままじゃやばいね」

魔梨威「逃げるよ、くくる!」

苦来「・・・・・・///」

魔梨威「って、なに頬染めて、目を閉じてやがるんだい!」



58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/29(水) 23:50:49.55 ID:mzIF4M6vO


キース!キース!


59 : ◆1BrjSSUSHI 2012/08/29(水) 23:53:04.32 ID:/C+EWrgX0


ざわっ ざわざわっ

魔梨威「はっ!?」

魔梨威「いつの間に、こんな野次馬が!?」

うずっ

魔梨威「い、いけねぇ」

魔梨威「芸に生きる、あたしの血が」

魔梨威「みなを喜ばせたいって、落語家の血が」

ざわざわっ

魔梨威「うずいちまってるだって!?」



62 : ◆1BrjSSUSHI 2012/08/29(水) 23:59:15.91 ID:/C+EWrgX0


ざわざわざわっ

魔梨威「・・・・・・」

ざわざわっ

魔梨威「・・・くっ」

ざわっ ざわざわっ

魔梨威「ええい、目をかっぽじって見てやがれ!」 ←?

魔梨威「これが、蕪羅亭魔梨威さんの心意気だぁ!!!」



*・゜゚・*:.。..。.:*・ちゅっ゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*



神父「オメデトウ ゴザイマース!」

神父「アナタガタハ ムスバレマシター!」



64 : ◆1BrjSSUSHI 2012/08/30(木) 00:06:13.70 ID:I45U4M+N0


~後日~

苦来「あなた、いま赤ちゃんがお腹を蹴った///」

魔梨威「そ、そうかい」

手寅「ほら、くくるちゃん、グレープフルーツ」

木胡桃「元気な子が産まれるといいね!」

丸京「大丈夫さ」

丸京「マリーさんみたいな、元気な子だよ、きっと」

苦来・手寅・丸京・木胡桃「あっはっはっはっはっはっ」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*
夢だったお姫様になって
得意の妄想力に磨きをかける、くくるちゃんの姿がそこにありました
頑張れ、くくるちゃん
負けるな、マリーさん

クローン出産が技術的・法的に確立する、その日まで
*・゜゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*



65 : ◆1BrjSSUSHI 2012/08/30(木) 00:07:23.88 ID:XUhQh7Lb0


    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
  ′:::r-7ー―- ー―l-ヽ::::::::::::::::,
 ,::::::::: | ,′       | |::::::::::::::::::l
 |::::::::::i |        | |::::::::::::::::::|
 |:::::::: l |__       | |:::::::::::::::::::|
 |:::::::::| | `     ̄ ̄| |::::::::::::::::: |
 |::::::::f T示r     T示r:::::::::|^::::::|
 |::::::::| ヒリ     ヒ|リ:::::::::|/::::::|    もしかして、双子?
 |::::::::| | ////// |::::::: |::::::: |
 |::::::::i |   __    | |:::::::::|:::::::::|
 |::::::::|\/    \ j ,:::::::::从::::人
 |::::::::|/       \.:::::::::| }}\:::::.
 |::::::〈           ヽ:::;′  \|
 |:::::::::V           V/     ヽ
 |:::::::::|:V       /   ' .   /
 |:::::::::|:::V      /     ', /   |
 |:::::::::|::| V    /       V    |
 |:::::::::|::|| V   /        ∨   l
 |:::::::::|::|l  Vイ          ∨  j

お後がよろしいようで



66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 00:08:04.28 ID:IfLrDn0x0


乙www


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 00:09:24.73 ID:9n5WL38C0


乙乙


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 00:13:54.56 ID:aUEvElR+O


乙だったわぁ


関連記事
[ 2012/09/01 02:00 ] じょしらくSS | コメント(1)

むしろ、きぐちゃんを娘にすれば…駄目だな、近親百合で娘にNTRになっちまうw
[ 2012/09/01 06:56 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/1613-16dfc1a9


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ