FC2ブログ









唯「ムギちゃんってお婆ちゃんみたいだよね」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 22:55:29.13 ID:ORbaOgMD0


紬「唯ちゃん。お口の周りにクリームがついてるわ」

唯「ほんと?」

紬「うん。今拭いてあげるから」フキフキ

唯「取れた?」

紬「ええ。綺麗になったわ」

唯「ムギちゃん。ありがとー」

律「まったく。唯は仕方ないなー」

澪「そういう律も口の周りにクリームつけてるぞ」

律「うえ”っ」

澪「いま拭いてやるから、大人しくしてろ」フキフキ

唯「…‥」

紬「……? 唯ちゃん、どうかしたの?」

唯「ムギちゃんってお婆ちゃんみたいだよね」

紬「え”っ」





3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 22:58:13.44 ID:ORbaOgMD0


___
__

唯「今日もこなかったね」

紬「ええ」

唯「きてくれるかなー」

紬「きっと大丈夫。部活紹介のためのライブもやるんだから、ねっ!」

唯「うーん。そうだといいんだけどね」

紬「唯ちゃんが歌うんだから絶対大丈夫。私だったらぜったい、ぜ?ったい入部したくなるから」

唯「それは流石におおげさだよ」

紬「そんなことないわ」

唯「力説しますねー」

紬「ふふっ」

唯「……あのっ」

紬「なぁに、唯ちゃん?」

唯「今日もいいかな?」

紬「うんっ!」



5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 22:59:35.63 ID:ORbaOgMD0


唯「やっぱり枕はムギちゃんの膝に限りますなー」

紬「お褒めに与り光栄です」ナデナデ

唯「やっぱりムギちゃんってお婆ちゃんみたい」

紬「え”っ」

唯「……ん? なにかおかしいこと言っちゃった?」

紬「ううん」

唯「……嘘。なんだかムギちゃん落ち込んでるみたいだし」

紬「そんなことないわ」

唯「むーっ。顔を隠してそんなこと言われても信じられないよ」

紬「あのね、唯ちゃん」

唯「うん」

紬「私ってお婆ちゃんみたい?」

唯「うん」

紬「……」シュン



6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 23:01:01.49 ID:ORbaOgMD0


唯「えっ、えっ、なんでムギちゃん落ち込んじゃうの?」

紬「だって今、お婆ちゃんみたいだって」

唯「だってムギちゃんお婆ちゃんみたいだし」

紬「やっぱり」シュン

唯「わっわっ、落ち込んじゃ嫌だよ。ムギちゃん」

紬「……私、皺くちゃ?」
紬「……私の髪、白髪みたい?」
紬「……加齢臭とか、しちゃってる?」

唯「む、むぎちゃん。そんな意味じゃないよ!!」

紬「えっ」

唯「ムギちゃんはとっても綺麗な肌だし」
唯「髪は金色でとっても綺麗だし」
唯「とってもやさしくていい匂いだよ」

紬「それじゃあ、どうしてお婆ちゃんみたいだなんて……」

唯「だってムギちゃん優しいじゃん」



8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 23:10:09.72 ID:ORbaOgMD0


紬「えっ」

唯「えっ」

紬「……」

唯「……」

紬「私が優しいからお婆ちゃんみたいって言ったの?」

唯「うん。いつも私の面倒みてくれるし」
唯「こうやって膝枕してくれるし」

紬「……」

唯「ムギちゃん?」

紬「ごめんなさい唯ちゃん」

唯「どうしてムギちゃんが謝るの?」

紬「だって……唯ちゃんは私のことを褒めてくれていたんでしょ」

唯「うん」

紬「それなのに私は自分が貶されてると思っちゃったんだもの」
紬「唯ちゃんがそんなことするはずないのに……」



10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 23:21:19.09 ID:ORbaOgMD0


唯「そんなこと気にしなくていいよ」

紬「ううん。ごめんなさい」

唯「謝るのは私の方だよー」

紬「あのね、唯ちゃん。私のお祖母様はとても厳しい人だったの」

唯「へっ」

紬「礼儀作法をとても大切にする人でね」
紬「挨拶をいい加減にするときつく叱られたわ」

唯「うへぇ~」

紬「だから唯ちゃんの言葉をそういう風に受け止めちゃったの」
紬「本当にごめんなさい」

唯「そうなんだ」

紬「ええ」

唯「もういないんだね」

紬「ええ」

唯「ムギちゃん、お婆ちゃんのこと好きだった?」



11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 23:32:50.23 ID:ORbaOgMD0


紬「どうなんだろう」

唯「わからないの?」

紬「お祖母様生きてた頃は正直、いい印象がなかったの」
紬「私も幼かったし」
紬「でも今になって考えてみると、あの厳しさは私のためだったのかなって」
紬「お祖母様なりの優しさだったのかな、って思うの」

唯「ふぅん」

紬「唯ちゃんのお祖母様は?」

唯「私のお婆ちゃんはまだまだ元気だよー」

紬「どんな人?」

唯「うーん。一言でいうと」

紬「いうと?」

唯「ムギちゃんみたいな人かな」

紬「えっ」



12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 23:41:39.66 ID:ORbaOgMD0


唯「お婆ちゃんのところに行くと、いつも膝枕してくれるの」
唯「私が左の膝、憂が右の膝に陣取ってね」
唯「暑い夜はね、私が眠るまでずーっとうちわで扇いでくれるんだ」

紬「素敵なお祖母様ね」

唯「うん! でもそれだけじゃないんだ」

紬「他にも?」

唯「うん。私達が来るのに合わせて美味しいお菓子を用意してくれたり」
唯「お菓子を食べた後口元を優しく拭ってくれたり」

紬「ふふっ、私と同じね」

唯「うん。そうなんだ」

紬「私、唯ちゃんのお祖母様のかわりになれてるのかな?」

唯「それは無理だよー」
唯「だってムギちゃんはムギちゃんだもん」

紬「……!」



16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 23:58:21.69 ID:ORbaOgMD0


唯「お婆ちゃんのことは大好きだけど」
唯「一緒に音楽をやりたいと思うのはムギちゃんだけだよ」

紬「……りっちゃんと澪ちゃんは?」

唯「……忘れてた」テヘヘ

紬「もう……」

唯「あれっ、ムギちゃん」
唯(泣いてる……?)

紬「ごめんね、唯ちゃん」

唯「な、なんで泣いてるの?」
唯「私、また、おかしいこと言っちゃった?」」

紬「ううん。嬉しくって」

唯「嬉しい?」

紬「うん」

唯「もうっ! ムギちゃんは大袈裟なんだから」

紬「そうだね」



17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 00:05:08.93 ID:v719GOAW0


唯「ねぇ、ムギちゃん」

紬「なぁに?」

唯「私ね、ずっとずっとみんなで音楽やりたいと思うんだ」

紬「ずっとずっと?」

唯「うん。澪ちゃんとりっちゃんと……ムギちゃんと」

紬「……さっきは二人のこと忘れてたのに?」

唯「……うぅ。さっきのは言葉のアヤというか何というか」

紬「ふふっ、わかってるわ」

唯「話を戻すね」
唯「それこそ皺くちゃのお婆ちゃんになっても」
唯「白髪だらけのお婆ちゃんになっても」
唯「ずっとずーっと一緒に音楽をやりたいなって」
唯「そう思ってるんだ」

紬「音楽だけ?」

唯「えっ」

紬「ティータイムはいいの?」

唯「……! もちろんティータイムも!」



19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 00:12:24.20 ID:v719GOAW0


紬「私もね、思うんだ」

唯「なにを?」

紬「ずっとずっと唯ちゃんにお茶をいれてあげたいなって」

唯「私にだけ?」

紬「それは、どうだろうね?」

唯「えっ」

紬「ふふっ。もちろん澪ちゃんとりっちゃんにも、ね」

唯「そ、そうだよね」

紬「ええ」

唯「ムギちゃんならきっと優しいお婆ちゃんになると思うよ」

紬「私はお祖母様の血をひいてるから」
紬「意外と厳しいお婆ちゃんになったりして」

唯「それは嫌だなー。あっ、でも私にだけ優しくしてくれればいいかな」

紬「じゃあ唯ちゃんにだけはずっとずっと優しくするね」

唯「うんっ!」



20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 00:14:29.74 ID:v719GOAW0


紬「ねぇ、唯ちゃん」

唯「なぁに?」

紬「いつか唯ちゃんのお祖母様に会わせてくれる?」

唯「もちろんいいよ。きっと気が合うと思うよ」

紬「そうね。唯ちゃんの昔話を聞かせてもらわなきゃ」

唯「そんなこと聞いて楽しいかな」

紬「ええ!」

唯「ふぅん」

紬「……」

唯「……」

紬「あれっ、唯ちゃん?」

唯「ちょっと眠くなってきちゃった」

紬「すこし、寝る?」

唯「うん。少しだけ」

___
__



22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 00:18:45.68 ID:v719GOAW0


唯「ぐーぐー」

紬「ふふっ。よく寝てる」
紬「……」
紬「……」
紬「私ね、おもうの」
紬「ずっとずっと唯ちゃんの横に立っていたいって」
紬「お婆ちゃんになっても、ずっとずっといっしょにいたいって」
紬「だから、唯ちゃんに貶められてるって勘違いして、とても悲しかったの」
紬「ごめんね」
紬「勘違いしてごめんね」

唯「ぐーぐー」

紬「それからね」
紬「とっても嬉しかったんだ」
紬「ずっといっしょに音楽やりたいって言ってくれて」
紬「ずっとティータイムをやりたいって言ってくれて」
紬「本当に」
紬「本当に嬉しかったの!」

唯「ぐーぐー」



23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 00:20:24.89 ID:v719GOAW0


紬「私がお婆ちゃんになっても」
紬「本当に皺くちゃなお婆ちゃんになって」
紬「髪も眉毛も全部白くなっちゃって」
紬「まっすぐ歩くのが難しいぐらい腰が曲がっちゃっても」
紬「ずっとずっと唯ちゃんの傍に居たいって想ってるの」

唯「ぐーぐー」

紬「……やっぱり無理かな」
紬「でも、やってみないとわからないよね」
紬「唯ちゃんはどう思う?」

唯「ぐーぐー……もう食べられないよ~」ムニャムニャ

紬「もうっ!」

おしまいっ!



24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 00:21:50.72 ID:Mo7c3iz60



素朴でいい話だった



25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 00:22:13.53 ID:v719GOAW0


間に合わなかったけど、ムギちゃんの中の人誕生日おめでとー!!!
では、また



26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 00:25:00.58 ID:71QHua1s0


中の人誕生日だったのか
乙!



28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 00:30:28.39 ID:Ui4xb+gGO



よかった



33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 01:17:33.71 ID:NkgJsK5T0


良い雰囲気だった乙


関連記事

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/1692-5986d062


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ