FC2ブログ









竜華「怜の足舐めたい…」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 00:08:37.96 ID:cnlsbJ2AP


怜「あ、これかわええなあ」パタパタ

竜華「……」

怜「うーん…こっちもええかな…」パタパタ

竜華「(怜の足…綺麗やなあ…)」

怜「竜華?聞いとる?」

竜華「えっ!?あ、聞いとるよ!!」

怜「そう?」

竜華「(人の気も知らんで…)」





3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 00:11:29.89 ID:cnlsbJ2AP


竜華「(はあ、でもこんな風に見とるのばれたら軽蔑されるし…)」

怜「ふわあ~そろそろ寝よか…」

竜華「(我慢や我慢…) そ、そうやね!」

怜「おやすみい~」

竜華「(自然に舐める方法無いやろか…) おやすみ…」



4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 00:15:47.91 ID:cnlsbJ2AP







怜「……あっつい!!」

竜華「ふぇ!? な、なんや急に!?」

怜「足の裏めっちゃ熱い…うち寝るときいっつもこうやねん…」

竜華「ああ何か言ってたなあ…冷え性とかだとそうなるんやったっけ…」ドクン

竜華「(これは…チャンスや……)」



5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 00:21:14.93 ID:cnlsbJ2AP


怜「色々調べてんけどなかなか治らん…」

竜華「な、なあ怜、それちょっと前にテレビで治す方法やっててな…」

怜「お、そうなん?」

竜華「う、うん」

怜「なんや、もったいぶらんと教えてー」

竜華「えっと…た、た、た」

怜「た?」

竜華「た、他人に…舐めてもらうねん!!」

怜「え…何を?」

竜華「あ、足…」

怜「」



7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 00:31:35.55 ID:cnlsbJ2AP


怜「それマジなん?」

竜華「マジやで!」

怜「おおお…何かすごいな…」

竜華「(嘘やけど…)」

怜「でもこんな汚いもん他人様に舐めさせる訳にいかんしなあ」プラプラ

竜華「」

竜華「(あかん…鼻血出る…)」



9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 00:36:30.16 ID:cnlsbJ2AP


竜華「う、うちが…うちが舐めるで!」

怜「なっそ、そんなことさせられる訳ないやん!」

竜華「別に怜のやから大丈夫やで!」

怜「え、ええー……」

竜華「(あかん押し過ぎた!ジト目度が増してきとる!」



怜「(でも…いい加減治したいねん…竜華には悪いけど…)」

怜「き、嫌いにならん…?」

竜華「(来った…!!)」

竜華「なるわけないやん!うちは怜の役に立ちたいんや!」

怜「竜華…」ポッ



10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 00:39:00.17 ID:ei7A00EY0


ちょれぇ


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 00:40:29.84 ID:cnlsbJ2AP


怜「竜華…竜華以外にこんなこと頼めんねん…」

怜「だから…うちの足…舐めてほしいです」

竜華「(うほおおおおお)」

竜華「安心しとき…ちゃんと治したるからな…」ギュッ

怜「ありがとう…」

竜華「じゃあ足こっちに向けて…」

怜「う、うん…こうでええ?」ズイッ




竜華「(はっ!?見とれてトリップしとったわ!!)」

怜「竜華?やっぱ嫌やろ?」

竜華「違う!違うねん!お願いしますごめんなさい!!」

怜「口調おかしなっとるで…」



12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 00:44:24.85 ID:cnlsbJ2AP


竜華「(す、すご…これが怜の足…)」グイッ

怜「ひゃっ!?ちょ、竜華!?」

竜華「(あ、ここに埃ついとる…ここの皮ちょっと剥けとる…)」

怜「か、顔近い!顔近いわ!!」

竜華「顔近付けな舐められんやろ!」

怜「あ、それもそうやな」

怜「(なんやめっちゃ恥ずい…)」

竜華「(怜の足の指紋こんななっとったんや…)」



14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 00:48:21.61 ID:cnlsbJ2AP


竜華「…ぺろっ」

怜「ひゃあんっ!?」

竜華「ぺろ、ぺろ」

怜「ん、ひ、」



竜華「(あかん、これ止まらんやつや)」


竜華「ぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろ」

怜「んひいい!!ちょ、ちょ、待っ…!!」

竜華「れろれろれろちゅっぱちゅっぱちゅっぱ」

怜「ひゃっ、うひっひ、ひ、ぐっあ、うあああ!」



15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 00:50:51.43 ID:cnlsbJ2AP


竜華「(足の指…」

竜華「(指の間…」

竜華「(土踏まず…」

竜華「(かかと…)」

竜華「(爪の間…)」

竜華「(怜の…怜の汚いとこ全部…美味しい…)」


怜「あ…………あ………あ………」



16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 00:53:28.60 ID:cnlsbJ2AP


怜「ぜんっぜん治らんのやけど!!」

竜華「お、おかしいなあ~」

怜「てか何分舐めとんねん!!足で気絶させられると思わんかったわ!!」

竜華「し、仕方ないやん…それだけ怜に治ってほしかったんやもん・・・」

怜「えっ……」

怜「竜華…」ポッ

竜華「(ふー)」


竜華「まあ次の方法試そ」

怜「まだやるん…」



18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 00:57:46.17 ID:cnlsbJ2AP


竜華「じゃーん見てこの箱」

怜「箱使ってなにするん」

竜華「えっとな…」

竜華「まず足が熱くなる原因や」

怜「ほう」

竜華「神経系が色々狂ってそうなっとるわけ」

怜「神経系…ふ、ふむ」

竜華「(それっぽいこと言っておけば信じるやろ)」





怜「なるほど」

竜華「(よし)」

竜華「つまり足を手のように自由自在に操れることが重要やねん」

怜「ほ、ほう」



20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 01:01:03.25 ID:cnlsbJ2AP


竜華「だから、この箱に物入れるからそれを当てて?」

怜「なるほど、足で触って当てる訳やな」

竜華「(ドクン…) そういう、こと…」

怜「ふむふむ…じゃあ後ろ向いとるで」

竜華「あ、目隠し、あるから、して」

怜「用意ええなあ…ん、よしええで」

竜華「じゃあ、今から、隠すから、待ってて」

怜「はーい」

竜華「……(ばれたら、終わる…)」

竜華「…(でも、もう無理や、我慢…)」

竜華「……」

服脱ぎ脱ぎ



21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 01:04:34.58 ID:cnlsbJ2AP


竜華「(裸や…もう戻られへん…)」

竜華「(箱の、穴のとこに、うちの、大事なとこ、当てて…)」

竜華「(……ゴクッ…)」

竜華「え、え、え↑えで」

怜「ぶっなんなんその発音!」

竜華「あ、は、ははは…」

怜「ん~~どこや入り口…ここか」

怜「なんもないで~?」

竜華「奥の方に、あるねん…」

怜「足やから難しいなあ」



22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 01:08:26.83 ID:cnlsbJ2AP


怜「ん~~?」ゴソゴソ

竜華「(もっと…もっと奥や…)」

怜「足つりそう…」

竜華「(何しとるん…もう、一気にがつんと)」

怜「あいたっ!」ガタンッ

ガリッ

竜華「んいいいいいい!!!!」

怜「ちょ、ちょ!どないしたん!!?」

竜華「待って!!見んで!!お願い!!大丈夫やから!!小指挟んだんや!!」

怜「ちょ…ご、ごめん…うちがぶつかったから…」

竜華「い、いや!ちゃうねんで!!」

竜華「(は、は、は、ハア、はあ、はあ、)」



23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 01:11:34.22 ID:cnlsbJ2AP


怜「体勢整えたからもう大丈夫や」

竜華「う、うん」

怜「う~んと…」ふにっ

竜華「(んひっ)」

怜「あ、これか?」ふにふに

竜華「(ん、ん、ひっひっ)」

怜「なんや柔らかいなあ」ふにふにふに

竜華「………ッ!!!」

竜華「(怜のっ!怜の足がうちの大事な、とこにい!!)」

怜「………」



24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 01:18:17.31 ID:cnlsbJ2AP


怜「……」ぐりっ

竜華「んっふ…(あああ…声、漏れて…)」

怜「……」ぐにぐに

竜華「あっ く…(あかん、ダメや、これ、)」


怜「気持ちええ?」


竜華「うっん、気持ち、   え?」


怜「そかーそれは良かった」

竜華「なん、で、え?なんで」

怜「まさか竜華がこんな変態だったとはなー」

竜華「………」

竜華「ごめんなさい」ガタッ

怜「あ、ちょっ」



25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 01:23:18.54 ID:fNKa9xqS0


変態すぎワロタ


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 01:23:33.13 ID:cnlsbJ2AP


竜華「死にます。ごめんなさい。ごめんなさいごめんなさい」

怜「ちょ、ちょ、待ちいや!!」

竜華「もう、無理…嘘や…ごめんなさいごめんなさいごめんなさい」

怜「ええねん!!うちはそんな竜華でも!!」

竜華「えっ……」

怜「全然…大丈夫やねん…竜華やもん……」

竜華「怜…(ふー楽勝やな)」

怜「寝よか…明日からは…」

怜「うちの足、好きに使ってええからね…」

竜華「う、うん!(でもほんとに…大好きやで…怜…)」


無理矢理ハッピーエンド
足の裏は性器



27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 01:27:55.78 ID:VkEeSchM0





28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 01:28:59.64 ID:fNKa9xqS0


乙乙
怜の足で竜華がヒイヒイいうおまけはまだですか



関連記事
[ 2012/09/29 17:30 ] 咲-saki-SS | コメント(7)
タグ : 怜×竜華 竜華

やっぱり怜は策士
[ 2012/09/29 20:52 ] [ 編集 ]

足の裏って神経が全身に繋がってるんだっけ?
[ 2012/09/29 21:52 ] [ 編集 ]

竜華変態すぎてワロタ
[ 2012/09/29 22:44 ] [ 編集 ]

怜さんは懐が深い
竜華は変態やけど、やっぱ竜怜はええなぁ
[ 2012/09/29 23:17 ] [ 編集 ]

竜華さんなら足首ファックレズセックスぐらい余裕
[ 2012/09/30 17:46 ] [ 編集 ]

電気按摩の流れじゃないんですか!!やだー!!
[ 2012/10/02 00:28 ] [ 編集 ]

これ書いた奴ほんまもんの足フェチやわ

同士やからわかる
[ 2012/10/02 02:14 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/1751-ab71f083


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ