FC2ブログ









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

ともこ「暇ねぇ・・・」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/10(水) 22:54:33.22 ID:WXqdT/Vk0


ともこ「ふぅ・・・」

ともこ「お休みの日にゆっくりお茶を飲むのも悪くないわね」

ともこ「なんて言ってるうちに飲み終わっちゃった」

ともこ「ふぁ~」

ともこ「暇ねぇ・・・」

ともこ「ぼけっとしてるのも勿体無いわね」

ともこ「何か暇つぶしでもしようかしら」

ともこ「そうだわ。>>5をしましょう」





5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/10(水) 23:01:25.49 ID:ykxHFGey0


オナニー


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/10(水) 23:10:38.44 ID:WXqdT/Vk0


ともこ「そうだわ。オナニーをしましょう」

ともこ「最近ご無沙汰だったけれど」

ともこ「幸い今日は家に誰も居ないわ」

ともこ「リビングで開放感のあるオナニーが出来るチャンスよ」

ともこ「どんなシチュエーションを妄想しようかしら・・・」

ともこ「やっぱり赤座さんと・・・よね///./」

ともこ「この前お泊りにきたときみたいに一緒にレポートをすすめていたら」

ともこ「突然赤座さんが私の唇を奪うの・・・」

ともこ「私は抵抗しようとするんだけど赤座さんの舌が私の舌に絡み付いてきて・・・・」

ともこ「その巧みな舌使いに次第に心奪われて・・・」

ともこ「そうしてる間に赤座さんの手は私の胸へ伸びてて・・・」フニッ

ともこ「んっ・・・」

ともこ「じかに私の乳首を転がして・・・あんっ」クニクニ

ともこ「私はもう抵抗なんて出来なくて赤座さんにされるまま・・・はぁっ、そこっ」ギュッ



8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/10(水) 23:14:05.57 ID:WXqdT/Vk0


ともこ「ふと赤座さんを見ると私のことを見つめていて」

ともこ「いつもの笑顔と違ういやらしい笑みを浮かべていて・・・」

ともこ「その瞬間私のショーツの中に赤座さんの手が入ってきて・・・」

ともこ「ああっ、そこはだめっ・・・!」クチュ

ピンポーン

ともこ「!?」

ともこ「もう!せっかくのってきたのに・・・誰?」

ともこ「はーい」ガチャ

ともこ「あらあなたは・・・>>10」




10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/10(水) 23:16:48.13 ID:JWhnuy/g0


あかねちゃん!


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/10(水) 23:21:31.33 ID:WXqdT/Vk0


ともこ「赤座さん!?」

あかね「こんにちは」

ともこ「こ、こんにちは!」

ともこ(どうしましょ、さっきまであんな妄想をしてたせいで)

ともこ(まともに顔を見られないわっ)

ともこ「きょ、今日はどうしたのかしら?」

あかね「>>13」



13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/10(水) 23:26:34.20 ID:8ZMJiku50


あかりが吉川さん家にいると聞いて


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/10(水) 23:33:20.70 ID:WXqdT/Vk0


あかね「あかりが吉川さん家にいると聞いて」

ともこ「え・・・?」

ともこ(嘘・・本当にいたとしたらさっきのオナニーが見られちゃったかもしれないの?)

ともこ(落ち着くのよ・・・いるはずがないわ)

ともこ(ちなつも出かけているんですもの)

ともこ「今日は私しか家にはいないの。きっと誰かの勘違いだと思うわ」

あかね「おかしいわね・・・。ちなつちゃんに聞いたんだけど」

ともこ「ちなつが?」

あかね「ええ」

ともこ(かくれんぼしてたとか無いわよね・・・?)

ともこ「じゃあ探してみましょうか?見てもらえればわかると思うわ」

探索結果>>15



15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/10(水) 23:35:19.66 ID:ZzqXUIvw0


さっきオナニーしてた真ん前の机の下


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/10(水) 23:44:32.10 ID:WXqdT/Vk0


あかね「あ。いたわ」

ともこ「え!もう見つかったの!?」

あかね「ほらあそこに」

ともこ「嘘・・・」

ともこ(あそこはさっき私がオナニーしてた場所の目の前じゃない!)

ともこ(まさかあの机の下にもぐりこんでたの・・・?)

ともこ「あ・・・あかりちゃん?」

あかり「!」

あかね「あかり、みーつけたっ」

あかり「お、お姉ちゃん」

あかね「ともこさんにも気付かれないで、机の下でなにをしていたの?」

ともこ(あかりちゃんはなにも見てないあかりちゃんはなにも見てないあかりちゃんはなにも見てない)

あかり「>>18」



18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/10(水) 23:46:10.91 ID:8ZMJiku50


あかりの下には半裸のちなつが


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/10(水) 23:50:42.80 ID:ZzqXUIvw0


なんて性的な空間なんだ


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/10(水) 23:52:39.47 ID:WXqdT/Vk0


あかり「・・・」

あかね「あかり?どうしたの黙り込んで・・・え?」

ともこ(ち・・・ちなつが半裸であかりちゃんの下に!?)

あかね「ど・・・どういうことなのかなー?」

ちなつ「これは・・・その・・・」

あかり「ごめんなさい!」

ともこ「あかりちゃん?」

あかり「あかりとちなつちゃんでともこさんを驚かそうと机の下で隠れてたんです」

ちなつ「でもお姉ちゃん紅茶を用意して飲み始めちゃって・・・」

あかり「今驚かせたら絶対こぼしちゃうと思ったから」

ちなつ「飲み終わるのを待ってたんです・・・・」

ともこ(あれ?この流れ不味いような・・・)

ともこ「そ、そうだったの!わかったわもういたずらはやめるのよ」

あかね「まだよともこさん。ちなつちゃんが半裸の理由がわからないわ」

ともこ「そ・・・そうね」



21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/11(木) 00:01:08.67 ID:1W00kY710


あかり「ともこさんが飲み終わったみたいだから二人で、わ!って出て行って」

ちなつ「驚かせようと思ったら、お姉ちゃんてばあんな・・・////」

あかね「?・・・ともこさんがどうしたの」

あかり「なんていうのか、あかりわからないんだけど、ともこさんが色っぽい声を出し始めて」

ともこ「もういいでしょ!いいわよね!」

あかね「よくないわよね?」ニッコリ

ともこ「よくないです!」

あかね「続けて?」

ちなつ「い・・・いわゆるその、オナニーをしてたように見えました////」

ともこ(もうおしまいだわ・・・・お友達から痴女へクラスチェンジよ)

あかり「お姉ちゃんにいろいろエッチなことされちゃってるような独り言が聞こえて・・・」

ともこ「あ・・・あはは」

あかり「あかり・・・そんなともこさんを見てたら頭がぼーっとなって」

あかり「気付いたらちなつちゃんを脱がしてたの・・・あかり悪い子になっちゃった」

あかね「>>22」



22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/11(木) 00:04:09.85 ID:Cs8K9RBU0


お姉ちゃんにいろいろエッチなことされちゃってるような独り言……?


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/11(木) 00:09:58.76 ID:1W00kY710


あかね「お姉ちゃんにいろいろエッチなことされちゃってるような独り言……?」

あかり「うん。お姉ちゃんがともこさんの唇を奪うとか」

あかり「胸に触ったりとかちく・・・胸の先っぽを転がしたりとか」

あかり「パンツの中に手を入れたとか」

ともこ「ゆ・・・夢を見たんじゃない?」

あかり「夢じゃないです!ちゃんとともこさんがあはんうふん言ってたの聞きました!」

ちなつ「そうだよお姉ちゃん!あんなに気持ちよさそうだったじゃない!」

ちなつ「お姉ちゃんのせいで興奮したあかりちゃんに脱がされて」

ちなつ「おっぱい吸われちゃったじゃない・・・///」

あかり「きゃー!言っちゃ駄目だよぉ////」

あかね「」

ともこ「あ・・・あの・・・」

ともこ「ごめんなさい!こんな近くにいるとは知らず!」

あかね「>>24」



24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/11(木) 00:13:09.74 ID:cIPO3tgDP


脱げ


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/11(木) 00:19:43.04 ID:1W00kY710


あかね「脱げ」

ともこ「へ?」

あかね「脱ぎなさいと言ったの。聞こえなかったかしら?」ニッコリ

ともこ「ぬ、脱ぎます脱ぎます!」

あかり「うわあ・・・////」

ちなつ「お姉ちゃん綺麗・・・////」

ともこ(み、見られてる・・・ちなつに・・・あかりちゃんに)

ともこ「見ないで・・・///」スルスル

あかり「かわいい下着・・・上下おそろいなんですね」

ともこ(あのかわいいあかりちゃんが・・・いいこのあかりちゃんが)

ともこ(私の身体に釘付けになってる・・・んっ・・・なんか変な気分)

ともこ「ぬ、脱ぎました・・・」

あかね「手で隠しちゃだーめ」

ともこ「はい・・・」

あかね「さてこれからどうしましょう・・・>>26をしましょうか」



26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/11(木) 00:20:47.26 ID:cIPO3tgDP


ともこを使ってあかりとちなつに性器について教育


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/11(木) 00:29:02.05 ID:1W00kY710


あかね「そうだわ。エッチなともこさんにもってこいのアイデアを思いついたわ」

ともこ「え?え?」

あかね「ふふふ。そのソファーに座って?」

ともこ「・・・座りました」

あかね「左右に脚を開いて?」

ともこ「え!そんなことしたら・・・見えちゃう」

あかね「そうよ。見せるの。・・・嫌?」

ともこ(ああ・・・あかりちゃんとちなつが興味津々の顔で私を見てる)

ともこ「わかりました・・・はい」

あかね「いい子ね。あかり、ちなつちゃん、吉川さんのおまたをよく見るのよ?」

あかね「女の子の大事なところを説明しちゃいまーす」

あかり「う・・・うん///」

ちなつ「あ、あのお姉ちゃんがこんなエッチな格好するなんて////」

あかね「それじゃ指で開くわね」クパァ

ともこ「んっ////」



29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/11(木) 00:37:03.52 ID:1W00kY710


ともこ(赤座さんの指が・・・私のあそこを開いてる・・・んんっ)

あかね「二人とも、女の子のあそこってしっかり見たことある?」

あかり「ないよぉ・・・・なんか怖くて」

ちなつ「私も・・・。鏡で見ようとしたことあったけど途中で止めちゃいました」

あかね「なら丁度いい機会ね。保健体育的な説明は学校に任せるとして」

あかね「今日は学校じゃ教えないほうの仕組みを説明しまーす」

あかり「う・・・うん!」

ちなつ「よろしくおねがいします!」

あかね「いいお返事ね。お姉ちゃんそういうこ大好きよ」

あかね「見て?吉川さんのあそこ、きらきらしてるでしょ?」

あかね「これはね。ここの穴から粘液が溢れてきたせいなのよ?」

あかね「どうしてだかわかる?」

あかり「うーん?どうしてだろう」

ちなつ「は・・・はい!気持ちよくなったり興奮したからです!」

あかね「正解!ちなつちゃんは物知りね」



31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/11(木) 00:48:22.39 ID:1W00kY710


ちなつ「えへへ/////」

あかり「ちなつちゃん褒められていいなぁ・・・・」

あかね「ふふふ・・・あかりもがんばりなさい」

あかね「あら?吉川さん、まだ異性との経験が無いみたいね」

ともこ「あ・・・あたりまえです!・・・え?もしかして赤座さんはもう?」

あかね「実は私もまだなの。これからもそんな予定はないけどね?」

ともこ「ほっ」

あかね「それじゃ次の問題よ」

あかね「さっきの答えは気持ちよくなったり興奮したりしたら溢れるということでしたが」

あかね「なぜ吉川さんは大して触っていないのにこれ程溢れさせているのでしょうか?」

ちなつ「えー?難しいなぁ」

あかり「触ってないから気持ちいいのは違うよね?」

あかり「ということは・・・興奮してるってことなのかな?」

あかね「あかり、いい線いってるわよ!がんばれー」

あかり「うー。わからないよぉ。降参!」



32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/11(木) 00:53:59.34 ID:1W00kY710


あかね「あらー。惜しかったわね」

あかね「答えは・・・・吉川さん、おねがいっ」

ともこ「え?わ、私?」

ともこ(言うの?ほんとに?)

ともこ「わ、私は・・・」

あかり「・・・・はい!」

ともこ(そんなに見つめないで・・・!んんっ)

あかり「あ!溢れてきた!・・・・もしかして」

あかね「わかったのかな?言って御覧なさい?」

あかり「うん!ともこさん間違ってたらごめんなさい」

あかり「もしかしてあかりたちに大事なところを見られたから・・・・」

あかり「興奮したんですか・・・・?」

ともこ「・・・・うん////」

あかり「やった!お姉ちゃんあかり当たったよ!!!」

あかね「さすがあかりね。なでなでしてあげる」



33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/11(木) 01:04:45.30 ID:1W00kY710


あかり「えへへ。嬉しいよぉ」

あかり「・・・ん」

あかね「どうしたのあかり」

あかり「なんか・・・おまたがむずむずするの」

あかね「あらまあ・・・・それじゃさわってごらんなさい?」

あかり「う・・・うん」

あかり「あ」ヌル

あかり「お姉ちゃん!あかりのおまたぬるぬるしちゃってるよぉ」

あかね「ふふふ、あかりも興奮しちゃってるのね」

ともこ(え?あかりちゃんが濡れてる?)

ともこ(私を見てあのあかりちゃんが興奮しちゃってるの?)

ともこ(んっ、うそ、触ってないのに、考えただけで・・・気持ちいい)

あかり「ともこさんまた溢れてる・・・・かわいい・・・・」

あかり「お姉ちゃんどうしよう、あかり、なんだかせつないよぉ」

あかね「しかたないわね。実習はあとにしようかとおもっていたんだけど」



35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/11(木) 01:11:28.97 ID:1W00kY710


あかね「これから、女の子同士で気持ちよくなる方法を実践しまーす」

ちなつ「あ・・・あの、実践てあかねさんにも触っちゃっていいんですか?」

あかね「なに?ちなつちゃん。お姉さんに触りたいの?」

ちなつ「はい・・・」

あかね「仕方ないわね・・・今日は特別よ?」

あかり「ちなつちゃんずるい!あかりもお姉ちゃん触りたいよぉ」

あかね「あらあら。でもあかりはいつでも好きなときにおねえちゃんを触っていいのよ?」

ともこ「あかりちゃん・・・私は触ってくれないの?」

あかり「あ!ともこさんも触りたいよぉ。あかりどうしたらいいの?」

ともこ「赤座さんも触って・・・?」

あかね「吉川さんて意外とよくばりなのね?いいわよ?」

ともこ「赤座さーん!」


こうして吉川家と赤座家は親交を深く深くしていったのでした

おしまい



36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/11(木) 01:12:44.92 ID:cIPO3tgDP


エエー!!


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/11(木) 01:13:48.68 ID:LZKbw2XR0


最後の行が見えない


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/11(木) 01:14:18.48 ID:Cs8K9RBU0


これからだろうがぁー!!!!!!!!!!


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/11(木) 01:27:16.28 ID:rlUwnqS00


つづいてよぉ


関連記事

いせいとのけいけんってなぁに(^p^) 
[ 2012/10/11 13:41 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/1822-a38eaa91


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。