FC2ブログ









結衣「バケツの中から京子が見てる」


※微ホラー要素注意


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 23:49:37.83 ID:i0wKqf5d0


~海岸~


結衣「……」ハァ

結衣「まったく釣れないなあ……」


パチャパチャ


結衣「……」


パチャパチャ


結衣「……駄目だよ、京子、バケツの中のお魚触っちゃ」


パチャパチャ


結衣「……」ハァ




3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 23:52:24.46 ID:i0wKqf5d0


結衣「やっぱりエサが悪いのかなあ……」

結衣「ちなつちゃん、ちょっと餌貰うね」


ブチブチッ


結衣「……ほっ」ポーイ

結衣「……これなら、きっと釣れるよね」


パチャパチャ


結衣「……京子、駄目だって」

結衣「お魚さん可哀そうだろ?」


パチャパチャ


結衣「……」ハァ



6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 23:57:10.35 ID:i0wKqf5d0


結衣「……あ」


ピクッピクピクッ


結衣「……ほら、京子、見て……引いてる引いてる」

結衣「けど焦っちゃ駄目だ、ここはじっくりと……」


ピクピクッ


ビクッ


結衣「……いまだっ!」グイッ


パシャーンッ



10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 23:59:13.40 ID:i0wKqf5d0


結衣「はぁ……駄目だった……狙ってた魚じゃなかったよ、京子」ガクッ

結衣「ちなつちゃんの餌だから、絶対上手くいくと思ってたんだけどなあ……」

結衣「ま、いっか……取りあえずこの魚もバケツに……」


シーン


結衣「……あれ、京子」


パシャッ


結衣「バケツの中に居たお魚は?」



11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/07(水) 00:02:43.38 ID:kgrn7b6h0


結衣「え、もしかして京子、食べちゃったの?」


パシャパシャッ


結衣「そ、そっか……お肉大好きだもんな、京子」

結衣「当然、魚も食べるよね」


パシャッ


結衣「……はいはい、判ってるよ」

結衣「ちゃんと目的の魚も釣るからさ」



13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/07(水) 00:13:52.73 ID:kgrn7b6h0


結衣「……今度は綾乃の餌を使ってみようかな」

結衣「京子はなんだかんだで綾乃の事を気に行ってたし……」

結衣「きっと、きっと釣れるよね」


パシャッ


結衣「ふふふ、京子もそう思う?」


パシャパシャッ


結衣「ほら、そんなに暴れたら、またバケツから飛び出しちゃうよ」

結衣「気をつけないと」



14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/07(水) 00:15:56.88 ID:kgrn7b6h0



ブチブチッ


結衣「……ほっ」ポーイッ


パシャッ


結衣「……今度は釣れるかな」

結衣「釣れるといいな……」




16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/07(水) 00:19:25.97 ID:kgrn7b6h0


京子が居なくなってから、私は毎日海岸を歩き続けた

居なくなった京子が、流れ着いていることを望んで



ちなつちゃんは海岸沿いで見つけた

あかりは建物の奥で見つけた

綾乃は電柱の下で見つけた

千歳は船の下で見つけた

他の子達は全部見つけたのに


京子だけは見つからなかった



17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/07(水) 00:21:11.25 ID:kgrn7b6h0


私は毎日歩き続けた

海岸沿いを歩き続けた


見つからないって事は

京子は生きてるって事なんだよね


大丈夫

きっと見つけてあげるから





19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/07(水) 00:21:52.38 ID:kgrn7b6h0





そうした努力が実って

私は海岸の岩場で、京子の右手を見つける事が出来た






22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/07(水) 00:24:38.68 ID:kgrn7b6h0


水にふやけたその手は、私が10年以上見続けてきた、京子の手だった

手には、不思議な物が張り付いていた

いや、張り付くというか……齧りついていた

その不思議な物は、京子そっくりな上半身を持つ小さな……




魚だった



25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/07(水) 00:30:47.68 ID:kgrn7b6h0


結衣「……きょう、こ?」



私が呼びかけると、京子の肉を頬張っていたその魚はニッコリと笑った

その笑顔は、京子の物と同じだった



そうだ

これは、きっと京子だ

京子の肉を食べた魚が、京子になったんだ



26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/07(水) 00:34:22.86 ID:kgrn7b6h0


私は、身体の半分が魚になってしまった京子をバケツの中に入れて持って帰った

私は嬉しくなって、いっぱい京子とお喋りした




あの日、津波が町を襲ったこと

家や人々が全て流された事

いっぱい、いっぱい死体を見たこと

誰も助けが来ないこと



私が一方的に喋りかけてるだけだったけど、京子はニコニコしながら聞いてくれた

久々に誰かとお話しすることが出来た私は、少しだけ冷静になった



27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/07(水) 00:36:42.74 ID:kgrn7b6h0


結衣「……ねえ、京子」

京子「……?」

結衣「京子の身体を食べたお魚が、京子になるんだとしたら……」

京子「……」パシャッ

結衣「こ、こら、京子、撥ねを飛ばすなっ」

京子「……」クスクスッ

結衣「も、もう……」


そう、あそこに落ちていたのは京子の手だけだった

じゃあ、京子の他の部分は?

もしかしたら海の中で他の魚たちに食べられてしまったのかもしれない

もしかしたら他の魚たちも京子みたいになってるのかもしれない



29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/07(水) 00:40:39.71 ID:kgrn7b6h0



京子はお肉が好きみたいだった

けど、どんな肉でも良いという訳ではないしい

私が苦労して捕まえてきたネズミは食べなかったし

逆に「ある肉」は、すごく喜んで食べてくれた


ごめんね、あかり

この辺にはもうお肉なんて無いから

仕方なかったんだよ

あかりなら、判ってくれるよね



32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/07(水) 00:49:47.99 ID:kgrn7b6h0


こうして、私は毎日、海岸で釣りをしている

他の京子を見つけ出す為に

バケツの中から私の事を見上げている京子だって、一人っきりじゃさびしいよね

けど


結衣「……はぁ、綾乃でも、駄目か」


ピチャピチャッ


結衣(もう、お肉は残り少ない……)

結衣(このままじゃ、他の京子を探す事なんてできないよ……)


パシャパシャッ


結衣「あ、ご、ごめん京子、お腹空いてるよね」



33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/07(水) 00:50:31.55 ID:kgrn7b6h0


結衣「残り少ないけど……ほら、お肉だよ」


パシャンッッ

カリッ


結衣「痛っ……!」


パシャパシャッ


結衣「も、もう、京子、指切れちゃっただろ」

結衣「がっつきすぎ……」


パシャパシャッ


結衣「……あ」



34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/07(水) 00:50:58.77 ID:kgrn7b6h0


結衣「……そっか」


パシャパシャパシャッ


結衣「そう、だよね」


パシャパシャパシャパシャッ


結衣「私、どうして気付かなかったんだろ……」


パシャパシャパシャパシャッ


結衣「あかりや綾乃のお肉が好きだって言う事は」


パシャパシャパシャパシャパシャッ


結衣「より親しい人のお肉なら、もっと……」



36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/07(水) 00:58:37.73 ID:kgrn7b6h0


この季節になると海の水はかなり冷たかった

けど、これが京子の世界なんだ

なら、私も、これくらい耐えないと……


パシャッ


パシャパシャッ


ピチャッピチャッ



37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/07(水) 00:59:05.08 ID:kgrn7b6h0



冷たさに耐えて波の中を進む


きっと、きっとこの先に、京子達が居るはずだから


そう信じて



足が付かなくなるほどの深さに達した時


私は見た



並の合間に近づいてくる

京子たちの姿を



38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/07(水) 00:59:54.98 ID:kgrn7b6h0


ふと、気がつくとバケツの中に居たはずの小さな京子も、海の中に居た


私と共に泳いでいた


きっとバケツをひっくり返して、私を追ってきてくれたのだろう


しょうがないなあ、京子は……

もし海に入れなかったら、干からびて死んじゃってたかもしれないのに……



けど


けど、これで


やっと、あの言葉が言える


京子の身体がすべてそろっている今なら……



39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/07(水) 01:00:25.71 ID:kgrn7b6h0







おかえり




京子







40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/07(水) 01:00:52.03 ID:kgrn7b6h0


カリッ


カリッカリッ


バリッ

ボリッ


カリッ


カリッカリッボリッ


ピチャッ


ピチャッ


カリッ



42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/07(水) 01:04:36.07 ID:kgrn7b6h0


私の身体が京子達に食べられて行く

お肉が好きなんだから、仕方ないよね


けど、こうして京子に食べてもらえれば


きっと


きっと


私もお魚になって……


京子と一緒に……


一緒に……




ガリッ



46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/07(水) 01:22:24.88 ID:kgrn7b6h0


京子「ほら、結衣、はやくはやく!」

結衣「ちょ、ちよっと待ってよ、京子、私はまだ尾びれの動かし方に慣れてないんだから、そんな急がないで」

京子「大丈夫大丈夫!結衣ならすぐ慣れるって!」

結衣「そ、そうかなあ……」

京子「そんな事より、ほら、海の底であかりやちなつちゃん達が待ってるからさ、急ごう?」

結衣「あ……」


結衣(そうだ……あかりやちなつちゃん達も、京子に食べられたから)

結衣(お魚になってるんだ)

結衣(……嬉しいな、また、またごらく部が出来る)

結衣(嬉しいな……)

結衣(嬉しい……)



47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/07(水) 01:22:50.66 ID:kgrn7b6h0


こうして船見結衣は

海の底で

皆と共に

誰にも邪魔をされること無く

永遠に過ごしましたとさ



めでたし

めでたし



48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/07(水) 01:28:17.63 ID:83jCnu3V0





49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/07(水) 01:31:05.45 ID:j7TSvyzj0


はっぴーえんどかーよかったおつ


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/07(水) 01:51:21.88 ID:g5cFjAsv0


乙です


関連記事

津波ネタかあ
[ 2012/11/07 19:48 ] [ 編集 ]

いや、インスマウスの影っぽい感じもする。
[ 2012/11/07 20:40 ] [ 編集 ]

(∵)
[ 2012/11/07 21:01 ] [ 編集 ]

病んだ結衣が見た最後の幻想…かも
[ 2012/11/08 05:56 ] [ 編集 ]

ぱんぷきんな…
[ 2012/11/08 22:34 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/1964-a097fd11


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ