FC2ブログ









結衣「京子のやつまだ教室で寝てるよ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 22:40:28.36 ID:yPW9BXlV0


結衣「京子もう夜だぞ、起きろー!」

京子「んにゃ、ん……」

結衣「だめだ起きない」



2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 22:43:34.01 ID:yPW9BXlV0


結衣「今日はあかりもちなつちゃんもいないから部活はなかったけど、京子が
   寝てるから、帰れなかったんだぞ」

京子「Zzz……」

結衣「……いたずらでもしてみるか」ニヤッ





5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 22:45:25.24 ID:yPW9BXlV0


結衣「まったくいつも京子は面倒掛けさせやがって」

京子「zzz」

結衣「とりあず寝顔を写メっとくか」

パシャ



9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 22:47:34.50 ID:yPW9BXlV0


結衣「……やっぱ京子ってかわいいよな……もう一枚」

パシャ

結衣「待ち受けにしよう」フフ

結衣「京子の髪綺麗だ……シャンプーの香り……いいにおい……」



10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 22:49:53.23 ID:yPW9BXlV0


結衣「髪の毛サラサラだ……いいな」

京子「Zzz……」

結衣「触っても起きないな……」

結衣「京子のほっぺ……やわらかい」プニプニ

結衣「京子~起きないとキスしちゃうぞ~」



12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 22:53:39.06 ID:yPW9BXlV0


結衣「なーんて……京子ホントにしちゃうよ?」

京子「Zzz……」

結衣「……一瞬ならばれないよね……」

結衣「そーっと……」

京子「ん……」

結衣「!」

結衣「脅かすなよ。ていうか私は何やってるんだ……」

結衣「そろそろ起きてよ、学校しまっちゃうよ」

京子「Zzz……」



13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 22:56:19.42 ID:yPW9BXlV0


結衣「やっぱりキスするしかないな……もちろん京子を起こすためだ!……」

結衣「本当にしちゃうからな?……チュ」

結衣「うわわわわわ……本当にしちゃったよ……ほっぺたとはいえ……」

結衣「次は……」



16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 23:01:01.67 ID:yPW9BXlV0


結衣「口だな……」

京子「……あれ?ここどこ?」キョロキョロ

結衣「!……や、やっとおきたか京子」

京子「あれ結衣?結衣んち?」

結衣「追い寝ぼけてんのか?学校だよ。授業終わった後もずっと寝てたんだぞ」

京子「結衣はなんでいるの?」

結衣「京子が起きないから教室でだらだらしてたんだよ。まったく」

京子「わたしを守ってくれてたんだね!ありがと結衣!」

結衣「……い、いいから帰るぞ……」

京子「結衣でれた~」

結衣「うるさい!……」

京子「あ、待ってよ結衣~」



18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 23:04:24.07 ID:yPW9BXlV0


結衣「あのさ京子、ここ私のうちなんだけど」

京子「知ってるよ~」

結衣「そうじゃなくて、自分の家に帰れよ」

京子「いいじゃん、いいじゃん~」

結衣「まったく。……京子夕飯何食べたい?」

京子「結衣が作ったものなら何でも~」

結衣「それが一番困るんだよな」

京子「おじゃましま~す」



23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 23:08:57.85 ID:yPW9BXlV0


京子「結衣はなんだかんだ言って優しいよね!」

結衣「……」カアァ

京子「またデレた~」

結衣「う、うるさいなお前は……、というかここ1週間くらい毎日うちにきてるけど
   親とか大丈夫なの?」

京子「ん、大丈夫~!」

結衣「そ、じゃあ簡単なものしか作れないけどね」

京子「おーたのむ!」



27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 23:13:36.66 ID:yPW9BXlV0


京子「あーうまかった~」

結衣「おそまつさま」

京子「結衣は相変わらず料理うまいな~。結衣のご飯これからもずっと食べたいな」

結衣「たまにならな。毎日は面倒だ!」

京子「まーそうだよね。毎日きてごめんよ?」

結衣「どうしたんだ急に?」

京子「毎日来て迷惑かな~って」

結衣「別にいいけど……」

京子「でもさいつか結衣も結婚するでしょ?そしたら毎日誰かにご飯作るんだよ?」

結衣「まーそうだけど、ずっと先の話だろ?今は自分のことで精いっぱいだよ」



30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 23:19:22.20 ID:yPW9BXlV0


京子「まーそーだね!」

結衣「うん」

京子「じゃあ結衣が結婚するまでは結衣のご飯はわたしがたべる~」

結衣「じゃあ新しい料理にチャレンジしたら毒味させるか」ニヤ

京子「おーわたしなんでもくうぞ~」

結衣「じゃあそのときはラムレーズンも用意しておくか」

京子「ありがとー結衣」

結衣「まーいつものことだろ」

京子「いつものことだけど感謝してるよ、結衣」

結衣「お前も感謝することを覚えたか」

京子「うん!いつも本当にありがとね!」ニコッ

結衣「な、なんだ突然……」カアァ

京子「またデレた~」ニヤ



32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 23:22:30.99 ID:yPW9BXlV0


結衣「な、なんだよ今日は……そんなにからかって!」

京子「何って……」

結衣「ん?」

京子「な、何ってさっきのお返しだよ!」ニヤッ

結衣「さっき?」

京子「結衣さっき教室でわたしにイタズラしたでしょ?」ニヤ

結衣「!!!」



37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 23:26:13.68 ID:yPW9BXlV0


京子「結衣もなかなかやるね?」ニヤ

結衣「や、やるって何を?」

京子「とぼけても無駄だよ~。写メとったよね?」ニヤ

結衣「そ、そこから起きてたのかっ!……」カアァ

京子「わたしってそんなに可愛い?」ニヤニヤ

結衣「……う、うるさい!可愛いわけないだろ?」

京子「そう。じゃあ携帯見せて」ドヤッ

結衣「……やだ……」



42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 23:34:14.67 ID:yPW9BXlV0


京子「いいじゃん見せてよ~」

結衣「やだ、だめっ」

京子「そんなに必死に携帯握りしめなくても……」
京子「しょうがない勘弁してやるか」

結衣「……」

京子「あ、あとわたしのつかってるシャンプーは結衣のと一緒だよ」ニヤ

結衣「……もうやめろ……」カアァ

京子「自分の髪のにおい嗅げばいつでもわたしのにおいかげるよ~?」

結衣「……うるさい……」

京子「ふふ、結衣顔真っ赤~可愛い~」ニヤ

結衣「うう……」

京子「ほっぺつんつんしてみる?」

結衣「しない」

京子「ほれほれっ」ドヤ

結衣「……いい、しない」

京子「結衣の照れ屋さん~」ニヤニヤ



44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 23:36:10.75 ID:yPW9BXlV0


結衣「……もういいだろ……、そうだ京子ラムレーズン買いに行こう!」

京子「今日はもう遅いからやめとこうぜ」ニヤ
京子「それよりさ、次何したか覚えてる?」ニヤニヤ

結衣「っ!!!」

京子「その反応おもしろ~い」ニヤ

結衣「ちょ、京子……もう寝ない?」

京子「ねな~い」ニヤ



47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 23:38:37.12 ID:yPW9BXlV0


結衣「わ、私は寝ようかな……」

京子「寝かせるわけないだろ?」ニヤ
京子「さー何をしたんだ?わたしに?」

結衣「……ス」

京子「え?きこえないな~?」ニヤニヤ

結衣「……キス」



50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 23:40:47.18 ID:yPW9BXlV0


京子「どこに~?なにをしたの?もっと大きな声で!」

結衣「きょうこの……ホッペニ……チュウを……」カアァ

京子「寝てる人にそーいうことしていいのかな~?」

結衣「ゴメンナサイ……」



53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 23:46:45.72 ID:yPW9BXlV0


京子「なんでそんなことしたのかな~?」

結衣「……ガ………テ………イ……」

京子「結衣さん聞こえな~い」ニヤ



56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 23:50:24.29 ID:yPW9BXlV0


結衣「キョウコガ……カワイクテ……ツイ……ゴメン……」カア

京子「結衣は寝てる人がいると誰にでもそーいうことするのかな~?」

結衣「そ、それは……キョウコダケニ……キマッテルダロ……」

京子「まーそれならゆるす!」

結衣「う、うう……」

京子「じゃあさ……」



58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 23:53:07.19 ID:yPW9BXlV0


京子「わたしがあのまま寝てたら口にもしたの……?」

結衣「し、しないよ!」

京子「そ、そっか……でもさ、結衣ならしてもいいんだよ……」テレ

結衣「え!?」

京子「別に結衣にならなにされてもいいし……」

結衣「……京子……」



61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 23:57:52.61 ID:yPW9BXlV0


京子「……結衣……いいよ……」

結衣「……京子……じゃ、じゃあ目を閉じて……」

京子「っぷぷ!結衣冗談だよ?」ニヤニヤ

結衣「!!!!!!」

京子「結衣からかうと面白~い」ニヤニヤ

結衣「も、もう寝るからな、ばか!」

京子「ごめん、ごめん、からかいすぎたよ~」

結衣「うるさい、京子なんて嫌いだ!」

京子「ホントにごめんてば~」

結衣「……」

京子「結衣~」

結衣「……」



64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 00:00:09.57 ID:X9kQ/KGc0


京子(あれから一言もくちを聞いてくれなかった……ちょっとやりすぎたな)
  (もう結衣は寝ちゃったし)
  (まあでもこれで……)

京子「結衣の寝顔、わたしも写メとっていいよね……」

京子「ほっぺもつっついて……やわらかい……」



66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 00:04:24.63 ID:X9kQ/KGc0


京子「ほっぺにチュウもしとこう」

京子「結衣おかえし……」

結衣「Zzz……」

京子「よく眠ってる……」

京子「結衣いつもありがとう……わたし本当は結衣のこと大好き……」

京子「だから結衣に何されてもいいってのは嘘じゃないよ……」

京子「でもだめなんだ……だから寝てる今なら口にキスしてあげる…」

京子「……チュ……」

京子「ありがとう、さようなら……結衣」



70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 00:09:35.64 ID:X9kQ/KGc0


次の日
結衣「おはよう京子……あれ?」
結衣「京子がいないな?家に帰ったのかな。とりあえず学校に行こう」

あかり「おはよう結衣ちゃん」

ちなつ「せんぱいおはようございます」

結衣「二人ともおはよう。京子は?」

あかり「あれ?結衣ちゃんちじゃないの?」

結衣「いや、昨日の夜いなくなったんだよ。たぶん家に帰ったとおもうけど」

あかり「でも、朝会わなかったよ」

結衣「どうせ寝坊だな」

ちなつ「まったく京子せんぱいは~」

結衣「遅刻するぞ、急ご」



74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 00:14:07.56 ID:X9kQ/KGc0


教室

綾乃「今日は歳納京子一緒じゃないの?」

結衣「うん、たぶん寝坊」

綾乃「まったく歳納京子は……」

先生「席つけ~」

綾乃「じゃあまたあとで」

結衣「うん」

先生「えーまずみんなに伝えることがある」
  「歳納が急遽転校することになった。あまりに急で、昨晩引っ越したそうだ」
  「家庭の事情だそうだから、さみしいかもしれないけど、あまりみんな
   詮索するなよ。じゃあホームルームを終わりにする」


綾乃「ちょ、ちょっと船見さん知ってた?」

結衣「いや、昨日うちに来てたのに教えてくれなかった……」



81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 00:26:22.51 ID:X9kQ/KGc0


昼休み

結衣「あかり、ちなつちゃん部室に来きれくれる?」

あかり「わかった~」

ちなつ「はい!」



82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 00:26:54.75 ID:X9kQ/KGc0


結衣「実は私も朝聞いたんだけど……京子転校したんだ……」

あかり「えーーー!」

ちなつ「本当ですか?」

結衣「なんだか家庭の事情で急だとか、うちのお母さんも知らなかったし」

あかり「昨日結衣ちゃんちにいたんだよね?京子ちゃん?」

結衣「うん。今思うといつもと少し雰囲気が違ったような……私だめだな
   京子のことなんにもわかってなかった……」

あかり「結衣ちゃん……」

ちなつ「せんぱい……泣かないでください……」

結衣「私最後に京子に頭にきて無視しちゃった……すごくくだらないことで……」
  「最後に言ったのが、嫌い、だなんて……」
  「京子に謝りたいよ……う…うう」

あかり「京子ちゃんは怒ってなんかないと思うよ」

ちなつ「そうですよ……せんぱい……う……京子せんぱいがいなくなって
    うれしいはずなのに……なんで私泣いてるんだろ……?」

あかり「あかりだって悲しいよ……」



85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 00:30:38.72 ID:X9kQ/KGc0


結衣「京子……京子……」

ちなつ「せんぱい……」

あかり「結衣ちゃん……」

結衣「う……京子、さみしいよ……京子……」

あかり「結衣ちゃん、授業始まるからもどろ?」

結衣「う……グス……京子に会いに行く!」

あかり「え?でもどうやって?」

結衣「わかんない……でも会いたい……」



88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 00:32:50.01 ID:X9kQ/KGc0


あかり「でもあかりも京子ちゃんに会いたいな!」

ちなつ「うん……」

あかり「京子ちゃんに連絡とれないの?」

結衣「うん。携帯にはでない……」

ちなつ「じゃあどこに行ったかも?」



89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 00:36:26.55 ID:X9kQ/KGc0


結衣「うん。あっ、でも一つだけ方法があるかも」

あかり「なに?」

結衣「京子はあそこに必ず現れる!」

ちなつ「どこですか?」

結衣「コムケだよ!」

あかり・ちなつ「なるほど!!」



90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 00:40:30.69 ID:X9kQ/KGc0


あかり「でもコムケって人がすごく多いよね……」

結衣「でも京子が好きなのはミラクルぐらいだろ?」

ちなつ「……」

結衣「頼む!ちなつちゃん!

ちなつ「結衣せんぱいの頼みなら……がんばります!」

あかり「コムケっていつあるの?」



91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 00:45:25.25 ID:X9kQ/KGc0


結衣「次のコムケは年末だ」

あかり「ってことはじゃあ2週間後だね!」

ちなつ「そういえば京子せんぱい同人誌作ってなかったですよね?」

結衣「なんか今年は参加しないかもって言ってたな」

あかり「じゃあ京子ちゃん来ないかな?」

結衣「いや、一般参加で絶対に来るよ」

あかり「じゃあ、いろいろ調べて準備しなくちゃ」

ちなつ「わたしがんばります!」

結衣「二人ともありがと。かっこ悪いところ見せちゃったね。……授業も始まってるし
   ホントごめん!」

あかり「気にしないで結衣ちゃん。あかりたちにとって京子ちゃんは勉強なんかよりも
    大切だもん!」

ちなつ「そうですせんぱい!気にしないでください!」

結衣「ありがとう。じゃあ教室もどろうか」

あかり「うん!」
ちなつ「はい!」



95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 00:49:25.95 ID:X9kQ/KGc0


コムケ当日

結衣「綾乃達にも絶対見つけてこいって頼まれちゃったからね、
   二人とも京子を絶対見つけるよ!」

あかり「うん!」
ちなつ「はい!」

結衣「じゃあここからはばらばらになろう」

あかり「見つけたら連絡いれるね!」

ちなつ「がんばります!」

結衣「それじゃ」

結衣「……まずはミラクルん本売り場だな」



96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 00:51:08.88 ID:X9kQ/KGc0


結衣「いないな……コスプレしてるかもしれないからよく見ないと……」

結衣「……だめだ、他の人に聞いてもわからない……」

結衣「次はコスプレ会場だな」



100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 00:53:37.57 ID:X9kQ/KGc0


結衣「コスプレしてたら全然わかんない、ましてがんボーに入ってたら……」

結衣「でも京子ならミラクルんのコスだろうな……」

結衣「あっあかり!どう?」

あかり「だめだ、ぜんぜんみつかんないよ~」

結衣「そっかこっちもだめだ……」

あかり「でもあきらめないでがんばろ!」

結衣「ありがと、あかり、じゃあまた!」

あかり「うん、がんばろうね!」



101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 00:57:13.55 ID:X9kQ/KGc0


結衣「とは言ったものの、やっぱり人が多いな……」

結衣「あれっ?あのミラクルんコス……京子!」

結衣「……きょ、京子?」

  「はい?」

結衣「す、すいません、間違えました!」

結衣「違った……後姿がそっくりだった……」

結衣「やばいそろそろコムケの終わる時間だ……」



102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 01:01:59.39 ID:X9kQ/KGc0


結衣「やっぱり京子はきてないのかな……」

結衣「あかりやちなつちゃんまで巻き込んで……」

結衣「……グス……京子……どうして……泣いてる場合じゃないのに……」

結衣「……グス……」

???「ちょっと、泣いてるの?」



103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 01:06:29.14 ID:X9kQ/KGc0


結衣「!?京子!?」

綾乃「ごめんなさい、歳納京子じゃないわ」

結衣「あ、綾乃!」

綾乃「やっぱりあなたたちも来てたのね。その様子だと……」

結衣「京子見つからなかった……」

綾乃「でも最後まで探しましょ!」

結衣「綾乃ありがとう!もっとがんばるよ」

綾乃「ええ。お互いがんばりましょ」

結衣「それじゃ……」

綾乃(歳納京子……あなた一人いないだけで……)



105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 01:09:15.29 ID:X9kQ/KGc0


結衣「だめだ……どこにもいない……」

 ーこれにてコムケを閉幕いたします、ありがとうございましたー

結衣「!……」
  「まだだ、帰る人ゴミの中に……」



108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 01:14:46.97 ID:X9kQ/KGc0


結衣「京子は私の姿を見たら逃げてしまうはず……かくれよう!」

結衣「だめだ、京子らしき姿が見当たらない……」

結衣「あかりとちなつちゃんもだめそうだ……」

結衣「もう人も少なくなってきた……京子」

あかり「結衣ちゃん……ごめん……」

ちなつ「せんぱい……お役に立てず……」

結衣「二人ともありがと」

綾乃「やっぱりだめみたいね……」

結衣「あ、綾乃、そっちもだめ?」

綾乃「ごめんなさい……」

結衣「謝らないで。……あのさ綾乃二人をお願いできるかな?」



109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 01:19:50.64 ID:X9kQ/KGc0


綾乃「どういうこと?」

結衣「あかりとちなつちゃんと一緒に帰ってあげてほしいんだけど……」

綾乃「あなたはどうするの!?」

結衣「私は京子を見つけるまで帰らない!」

綾乃「だめよそんなの!」

結衣「いやだ!帰らない!」

綾乃「あなたが心配だわ。だったら私も残るわよ!」

結衣「でもあかりとちなつちゃんを二人で返すのは心配だ。
   綾乃、二人についててあげてほしいんだけど……」

あかり「結衣ちゃん、あかりたちも残るよ!」

綾乃「それこそだめよ……。わかったこの子たちは私にまかせて!
   でもあまり無理しないように……」

結衣「ありがとう綾乃」



110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 01:21:14.75 ID:X9kQ/KGc0


あかり「結衣ちゃん、早く帰ってきてね」

ちなつ「せんぱい……」

綾乃「さあ行くわよ……」



111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 01:22:53.54 ID:X9kQ/KGc0


結衣「まだ人はいる……最後まで私は探そう……」

結衣「早くしないと真っ暗になる……そしたら見つけられない……」



114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 01:27:46.80 ID:X9kQ/KGc0


結衣「コムケが終わって3時間も経った……クソ……」

結衣「寒い……京子はきてなかったのか……」

結衣「クソ……京子……京子……まだ…まだ……」

結衣「でももう係りの人すら……」

結衣「最後に一度でいいから京子に会って謝りたいよ……グスッ……」

結衣「京子……京子……京子……」

京子「結衣は相変わらず甘えんぼだな」

結衣「京子!!」



117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 01:32:36.75 ID:X9kQ/KGc0


京子「結衣っちょっと苦しい。いきなり抱きつかれても」

結衣「京子、京子!本物だな!?人違いじゃないな?」

京子「結衣、キャラ変わった??」

結衣「馬鹿!どれだれさみしかったと思ってるんだ!!」

京子「ごめん……色々黙ってて……あとあんなに一生けんめい探してくれて
   ありがとう」

結衣「知ってのか!?」

京子「うん。ミラクルんとは全然関係ないコスプレしてたらからね……」

結衣「なんで!なんでミラクルんじゃないんだよ……」



118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 01:38:16.51 ID:X9kQ/KGc0


京子「結衣が探しに来るんじゃないかと思って……見つからないように…… 
   でも来てくれなかったらどうしようって思ってた……見つからないように
   してたのに……おかしいよね……」

結衣「なんで?どうして何にも言ってくれなかったんだよ……」

京子「わたしが……ああしないと、わたしが寂しくて結衣から離れられないからだよ!
   わたしも結衣もお互い依存してた……だから……
   わたし頭悪いからああするしか……」

結衣「じゃあ離れなきゃいいだろ!」



120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 01:43:39.10 ID:X9kQ/KGc0


結衣「私が結婚するまで私の作ったご飯食べてくれるんだろ……」

京子「ごめん……あれは……」

結衣「いいんだよ、京子なら私の作ったご飯毎日食べて……」

京子「それって……」
  「でもいつか結衣も結婚するんでしょ……?」

結衣「じゃあ結婚しない!私京子のために一生結婚しない!」

京子「結衣……」

結衣「だから……私の作ったご飯毎日食べてよ……お願いだよ……
   ラムレーズンだって用意するから……」



122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 01:50:14.46 ID:X9kQ/KGc0


京子「結衣……ありがと……」
京子「でも……やっぱり毎日は迷惑でしょ……?」

結衣「毎日来るのは迷惑だよ、だからずっとうちにいてよ……」
結衣「うちにおいでよ……京子……これからは、おじゃまします、じゃなくて
   ただいまって言ってほしい」

京子「結衣……結衣……結衣ありがと……グス……」

結衣「京子……京子……ずっと一緒だよ……」



124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 01:59:02.78 ID:X9kQ/KGc0


帰りのバスの中

結衣「京子……こんなこと私が言うのもアレだけど、本当にいいのか?」

京子「家には電話したー」

結衣「なんて!?」

京子「結衣と駆け落ちした!って」ニコ

結衣「えっそれで?」

京子「勝手にしろって、だからいいんじゃない?」

結衣「まったく……」

京子「それよりさ……」

結衣「なんだ?今後のことか?」



125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 01:59:39.59 ID:X9kQ/KGc0


京子「ううん。眠い……」
結衣「お前は……」

京子「結衣ー、肩借りるね」

結衣「ん、いいよ……」

京子「……イタズラしちゃダメだよ?」ニヤ

結衣「やだ……するよ…イタズラ」ニコ

京子「え?……やっぱ結衣キャラ変わった?」

結衣「京子が変えたんだよ……責任とってね……」

京子「……わかった」カアッ



126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 02:02:35.18 ID:X9kQ/KGc0


京子「寝てもいいかな……?」

結衣「うんいいよ」

京子「おやすみ」

結衣「おやすみ」

結衣「やっぱり写メより本物のほうが可愛いな……」ニコ

結衣「私も寝よう……京子頭借りるよ……おやすみ……」



128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 02:13:05.28 ID:X9kQ/KGc0


結衣「やっとうちだ……疲れた」

京子「わざわざ探しにきてくれてありがとね、結衣」

結衣「もう勝手にいなくなるなよ」

京子「うん!」

結衣「ふ~ただいま~」

京子「……た、ただいま……」

結衣「ニコッ」

京子「な、なんだよ~」

結衣「なんでもない」ニコ

京子「ぐぬぬ……結衣のくせに……」

結衣「お風呂沸かすね……」

京子「……うん」
  (いつもやってたことなのに緊張するな……)

結衣「……あっ!」

京子「どうしたの!?」



130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 02:13:51.24 ID:X9kQ/KGc0


結衣「あかりたちに京子が見つかったこと連絡してない……」

京子「あ、みんなに迷惑かけちゃったのかわたし……」

結衣「大丈夫だよ、一緒に謝ってあげるから」

京子「ありがと結衣」

結衣「じゃああかりたちにはメールしとくか」

京子「……やっぱり待ち受けわたしだ~」

結衣「コラッ……勝手に見るな!」



132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 02:17:35.91 ID:X9kQ/KGc0


京子「いいじゃん、わたしだって待ち受け結衣だよ~」

結衣「えっいつの間に……」

京子「あの日に撮った~」

結衣「勝手に……」

京子「結衣だって勝手に撮ったじゃん!」

結衣「……そうだった……」

京子「いつもの結衣っぽくなった~」ニコ

結衣「う、うるさい!」

京子「結衣はそっちのほうがかわいいよ」ニヤ

結衣「……まったく」
結衣「あのさ京子……」



135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 02:24:00.90 ID:X9kQ/KGc0


京子「ん?」

結衣「わたし謝りたいんだ。京子に」

京子「なに?」

結衣「最後に京子に言った言葉が、嫌い、だったのがずっと後悔してた
   ごめん、あれ嘘だから……」

京子「うん!知ってるよ!結衣は私のこと大好きだもんね?」

結衣「……うん大好き……」カアッ

京子「私も大好きだよ結衣!」

結衣「ありがと京子……」

京子「わたしも他にも謝りたいことある……」



137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 02:33:57.30 ID:X9kQ/KGc0


結衣「なんだ?もう謝らなくていいのに」

京子「あの日、寝てる結衣の口にキスしちゃった……」

結衣「!!」

京子「ごめん、もう会えないと思って……」

結衣「……」

京子「結衣?怒ってる?」

結衣「おかえし!チュッ」

京子「!!!」

結衣「京子……大好きだ……」

京子「結衣……わたしも結衣のこと誰よりも大好き………」

京子「ねえ結衣……一緒にお風呂はいろ?」

結衣「まったく……京子はしょうがないな!」

 おわり



続編「駆け落ち京子」へと続く?



138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 02:34:56.94 ID:juROU66Y0



続いてほしいな



140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 02:35:27.95 ID:X9kQ/KGc0


ありがとうございました。

駆け落ち京子編は明日の夕方くらいに書きたいです。(できるだげがんばる)
ないようは二人がいちゃつくだけ、それだけ。



141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 02:35:46.47 ID:/e203oiV0


道中どうなるかと心配だったけどよかった
おつりん



145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 02:47:37.56 ID:N1dVqcgd0


乙でした
こういうほのぼの百合もっと増えてほしい
続編待ってます



関連記事

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/2021-40ffe657


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ