FC2ブログ









あかり「櫻子ちゃんが向日葵ちゃんに怯えてる…」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 00:36:28.62 ID:zOb4SHj/0


櫻子「・・・・・・」キョロキョロ

あかり「さーくらーこちゃんっ」ギュウ

櫻子「ひえぇっ!?」

あかり「あ、ご、ごめんなさい・・・」

櫻子「はぁ、はぁ、な、なんだ・・・あかりちゃんか・・・おはよう」

あかり「おはよう櫻子ちゃん」ニコ

櫻子「う、うん・・・」キョロキョロ

あかり「?」




4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 00:40:14.02 ID:zOb4SHj/0


あかり「どうしたの?そんなに教室をキョロキョロと」

櫻子「えっ・・・、いや、まぁ・・・ちょっと事情があってさ・・・あはは」

あかり「事情?」

櫻子「・・・」キョロキョロ

櫻子「じ、実は・・・・・・」ボショ

あかり「・・・」ドキドキ



バァン!



櫻子「ひぇっ!」

あかり「な、なに!?」




向日葵「・・・・・・・・・」



5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 00:43:55.71 ID:zOb4SHj/0


向日葵「・・・・・・はぁ、はぁ」

あかり「向日葵、ちゃん?」

向日葵「・・・・・・はぁ」

櫻子「っ」カタカタカタカタカタカタ

あかり「さ、櫻子ちゃん!?どうしたの!?そんな震えて・・・っ!」

櫻子「あ、あ、あぁ・・・」

向日葵「・・・櫻子ぉ」

櫻子「ひっ」



向日葵「酷いじゃありませんの・・・うふふ。私を置いていってしまうなんて・・・ふふ」ニコ



7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 00:47:38.94 ID:zOb4SHj/0


ツカツカ

ツカツカ

ツカ

向日葵「いつまで経っても家から出てこないから。私、心配で胸が張り裂けそうでしたわ・・・」

櫻子「ご、ごめ・・・あの、向日葵、えと・・・っ」ダラダラ

向日葵「あら、櫻子。汗だくですわよ・・・」スッ

櫻子「あ、うん。・・・えっと、は、ハンカチは・・・」ゴソゴソ



ペロッ


櫻子「ひぇぇ!?」ビク

あかり「!?」

向日葵「・・・ん。しょっぱい♪」



8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 00:51:30.74 ID:zOb4SHj/0


あかり「ひ、ひ、ひひひ向日葵ちゃん!?////」



櫻子「向日葵さん!?私ハンカチあるからっ!ほら!ちゃんと持ってるから!あの・・・」

ガシ

向日葵「そんな、櫻子らしくもないですわ・・・」

ペロッ

櫻子「ふぁっ・・・ぁ、ひ・・・ぅ」ゾクゾク

向日葵「別に、ハンカチなんか無くてもこうして舐めとってあげますのに・・・」ズィ

櫻子「や、やめ・・・っ!」

向日葵「だ ぁ め 」



9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 00:55:26.98 ID:zOb4SHj/0


あかり「あ、あのっ・・・二人ともっ、ま、まだほらっ朝だ・・・よ?」カァァァ


櫻子「や、やめ・・・!」グィ

向日葵「ほら・・・遠慮しては駄目ですわよ?」グググ


あかり「あぁっ聞いてない!・・・だ、誰か他の人来ちゃうよぉ!?」


櫻子「そうだぞ向日葵!他の人が・・・!」

向日葵「他人なんてカボチャみたいなものですわ・・・!さ、く、ら、こ・・・」

櫻子「ぐ、うぅぅ!!」


あかり「も、もう見てられないよぉ・・・!」バッ

あかり「・・・」チラ



ドンッ



10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 00:57:28.77 ID:zOb4SHj/0


向日葵「きゃっ・・・」

櫻子「っ!」タタッ

向日葵「あ、このっ・・・待ちなさい、櫻子・・・っ!」

櫻子「うっさい!向日葵のばかー!!!」


ピシャン!


向日葵「・・・・・・!」ガァン



11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 01:00:30.38 ID:zOb4SHj/0


向日葵「・・・」

あかり「あ、あの・・・向日葵ちゃん」ソー

向日葵「っ!」グリン

あかり「ひぃ!?」

向日葵「・・・・・・・・・ねぇ?赤座さん・・・」

あかり「・・・・・・ふぇ?」

向日葵「櫻子って、可愛いですわよね」

あかり「・・・え?」

向日葵「可愛いですわよね」

あかり「え、う、うん・・・ふわふわしてて・・・」

向日葵「そう!」ダン!

あかり「」ビクッ



12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 01:06:40.15 ID:zOb4SHj/0


向日葵「櫻子は可愛いんですの!」

あかり「う、うん・・・」

向日葵「愛らしいんですの!」

あかり「そ、そだね・・・あはは」

向日葵「だから・・・だから私は・・・・・・」プルプル


あかり(向日葵ちゃん、ほんとに櫻子ちゃんの事が好きなんだなぁ・・・仲良しさんなんだ・・・)


向日葵「あの娘の隅から隅まで!」

向日葵「ぺろぺろしたいんですの・・・っ!!!!」



あかり「!?」



13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 01:12:03.82 ID:zOb4SHj/0


あかり「ぺろ・・・!?」

向日葵「櫻子は少し甘いんですのよ、赤座さん」

あかり「え・・・」

向日葵「それでいて、舐めるとぷるぷる震えるんですの。私、その姿がいじらしくていじらしくて・・・」カァ

あかり「・・・!」

向日葵「それにあの甘い声、匂い。キメ細やかでもちもちなあの舌触り・・・抱き締めた時の身体の柔らかさ・・・!」ギュウウ

向日葵「・・・かんっっぺきですわよね・・・」ゾクゾクッ



14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 01:15:50.23 ID:cwYTnRWG0


わ、わぁいひまさく……


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 01:21:05.06 ID:zOb4SHj/0


向日葵「昨日の櫻子ったら・・・ふふ、思い出すだけで・・・・・・えへへ」カァ

あかり(ひ、向日葵ちゃんのイメージが・・・あかりの中の向日葵ちゃんが・・・!)

向日葵「あぁ!櫻子!なんで逃げてしまったんですの!?私はこんなにも貴方を欲していると言うのに・・・っ!!!!」

あかり(櫻子ちゃん大変なんだね・・・)ホロリ

向日葵「始業までまだ時間が・・・なら」ダッ

あかり「ひ、向日葵ちゃん!?」



ガララッ

ちなつ「おはよー・・・みんなー、寒いねー・・・・・・・・・って、きゃあっ」ドンッ

タタタタ

ちなつ「え、な、なに!?なんなの!?」



17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 01:28:43.51 ID:zOb4SHj/0


あかり「ちなつちゃん、大丈夫?」タタタ

ちなつ「あ、あかりちゃん・・・な、何が起きたの?今、向日葵ちゃんらしきなにかが・・・」

あかり「あ、う、うーんと・・・・・・」

あかり(って、説明出来るわけないよぉ!!)



~屋上~

櫻子「・・・・・・うぅ、さむい」

櫻子「向日葵、最近おかしいよ・・・なんか、スキンシップが激しいというか・・・昨日なんか・・・」

櫻子「・・・」カァ

櫻子「わー!わーっ!わ、忘れろ!忘れろ私ィ!」ポカポカ

櫻子「・・・・・・へくちっ」

櫻子「・・・ずず」



21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 01:37:44.76 ID:zOb4SHj/0


櫻子「・・・」

櫻子「大体私舐めて楽しいのかな、向日葵・・・。汗とか・・・汚いと思うんだけど・・・」

櫻子「・・・」

櫻子「・・・」

櫻子「・・・」ペロ


向日葵「楽しいとか楽しくないとかそういう次元ではありませんわ」


櫻子「ふぉぉぉぉあえぉ!?!?」

向日葵「ふふ、自分で自分を舐める櫻子・・・・・・いい、実にいいですわ」ボソッ

櫻子「な、何をしにきた!?」

向日葵「それはもちろん・・・」

櫻子「・・・」ビクビク

向日葵「貴方をぺろぺろして〇〇〇して××××したあと、流れ出た櫻子の〇〇を×××に来たのですわ!!!」

櫻子「・・・な、あっ・・・!!!」



23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 01:43:39.35 ID:zOb4SHj/0


向日葵「ほら、そこは寒いですわよ櫻子。こっちに来なさいな」スッ

櫻子「や、やだ・・・」

向日葵「・・・ほら」ズィ

櫻子「やだ・・・だ、だって・・・やだぁ・・・」ジワワ

向日葵「泣いちゃうんですの?ふふ、可愛い櫻子・・・」ニコニコ

ツカ

ツカ

櫻子「やだぁ・・・もうぺろぺろはやだぁ・・・っ!」ポロポロ

向日葵「・・・いいんですのよ?もっとポロポロ泣いても・・・その涙ごと拭って差し上げますからね・・・」

ツカ

ツカ

櫻子「あ、うぁ・・・ああぁぁぁ・・・」ポロポロ


ガシ


向日葵「つーかまーえた」



25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 01:50:05.34 ID:zOb4SHj/0


ペロッ

櫻子「ひ、あ・・・ぁ」ゾク

向日葵「ん・・・ふふっ。ぷるぷるして可愛い」

櫻子「や、やめてよぉ・・・気持ち悪、いよ・・・」

向日葵「でも・・・ぞくぞくは・・・するでしょう?」


チュウゥゥ


櫻子「あ、やぁ・・・ぅぅ」カァァ


向日葵「・・・ぷは。あは、ほら、ここ。鎖骨に赤い跡がくっきり・・・」ツー

櫻子「ひぅっ・・・」ピクン



26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 01:53:23.83 ID:zOb4SHj/0


ペロ


櫻子「やぁ・・・っ」


ツツー


櫻子「~~~~~~~!」カァァァ


チュルリ


櫻子「ひっ!?や、やだっ・・・ひまわ、あ、ふ、ぅぅ・・・っ!!!」ゾクゾクゾクゾク

向日葵「んふ、・・・んん」

レロー

櫻子「み、耳はだ、だめ!だ、駄目だってば・・・や、やだ・・・入って・・・あ、あぁあ、ぁぁぁ・・・」

向日葵「♪」ギュウ



27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 01:58:23.83 ID:zOb4SHj/0


向日葵「・・・」

櫻子「~~~っ!」フルフル

向日葵「・・・ほんと、殺人的な可愛いさですわよね、あなたって」

ギュウ

櫻子「・・・う、うるさい・・・ばか・・・ば、かぁ・・・!」ポロポロ

向日葵「ん・・・いい匂い、やわらかい・・・」モフ

櫻子「うぅ・・・」

向日葵「あぁ、私の櫻子・・・ほんとに愛らしいですわ・・・ずっと、ずっとこうしていたい」スー

向日葵「・・・はぁ」

櫻子「・・・」カタカタ



向日葵「だから貴方なんて嫌いなのよ」ギュウ


櫻子「・・・え」



28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 01:59:31.58 ID:nKKmQeY70


え?


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 02:00:28.28 ID:L3eXAGzo0


お?


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 02:04:47.57 ID:zOb4SHj/0


櫻子「向日葵・・・ど、どういう、こと・・・?」

向日葵「・・・」

櫻子「向日葵っ!」グィ

向日葵「・・・」

櫻子「き、嫌いなのに、こんなこと・・・こんな、え、えっちなこと・・・するの?」ポロポロ

向日葵「・・・ええ」

櫻子「わ、私、私は・・・っ!向日葵も、向日葵が私のこと好きなのかなって!そう思ったから・・・だから・・・!」

向日葵「・・・本気で抵抗しなかった?」

櫻子「・・・・・・うぅ」カァァァ

向日葵「・・・ほんとうに可愛い」ナデナデ

櫻子「ふぁ・・・」

向日葵「可愛くて、小さくて、ちょっと御味噌がないけれど、私の大切な、大切なお友達・・・」ジワ

向日葵「・・・全部、全部櫻子のせいですわ・・・!」

櫻子「え・・・」



31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 02:07:48.84 ID:HksioEyAO


どういうことなの……?


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 02:09:56.70 ID:zOb4SHj/0


向日葵「この想いは・・・お墓まで持っていくって、私決めてましたのに・・・!!」

向日葵「貴方がそんな可愛いから!無防備だから・・・!だから・・・私、私はっ」ポロポロ

櫻子「ひ、ま、わり・・・?」


向日葵「好きですわ、櫻子・・・」ポロポロ


櫻子「・・・あ」

向日葵「貴方が好き・・・大好きっ!大好きなんですの!!」カァ

櫻子「向日葵・・・あの、あのね、私も・・・」

向日葵「だめ」ピト

櫻子「んむ」

向日葵「・・・駄目ですわよ、櫻子。その言葉を今聞いたら、告白したあとに聞いたら、私、抑えられなくなりますわ・・・」ポロポロ

櫻子「んむ・・・」



33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 02:14:33.10 ID:zOb4SHj/0


向日葵「私達は・・・女の子だから」

櫻子「・・・っ」

向日葵「りょ、両想いでも・・・いつかは別れるときが・・・きちゃうから」ポロポロ

向日葵「だから・・・」ポロポロ

櫻子「ひまわり・・・?」スッ

向日葵「・・・櫻子」キュ



34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 02:18:17.26 ID:zOb4SHj/0


櫻子「向日葵」

向日葵「・・・なんですの櫻子」

櫻子「私もね、向日葵が好きだよ」

櫻子「向日葵の笑顔とか、強そうに見えて実は弱いとことか、好き、それに・・・」

櫻子「おっぱいも好き」ニヘ

向日葵「・・・っ」カァ

櫻子「でもね、ぺろぺろする時の向日葵は嫌い。なんで、あんなこと、したの・・・?」

向日葵「・・・それは」

櫻子「ひーまーわーりー」

向日葵「う・・・」



35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 02:24:34.60 ID:zOb4SHj/0


向日葵「・・・なると思って」

櫻子「え?」

向日葵「櫻子が・・・私の事嫌いになるかも、一線を引いてくれるかもって思ったんです、の・・・」プィ

櫻子「私が、向日葵の事を?」

向日葵「・・・」コクッ

櫻子「・・・」キョトン

向日葵「それに・・・、どうせ嫌われるんだから、櫻子にエッチなことしてみたいなって・・・思って、その・・・あんまり可愛いから・・・ちょ、調子に・・・・・・乗っちゃって・・・」ポロポロ

櫻子「・・・」

櫻子「・・・ぷっ。あはは、なにそれっ」

向日葵「・・・?」



36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 02:29:23.03 ID:zOb4SHj/0


櫻子「私が向日葵を嫌いになるわけ、ないじゃん!」ニヘ

向日葵「・・・!」

櫻子「そりゃさ、ぺろぺろは嫌だったけどあれは無理矢理だったからだもん」

向日葵「え」

櫻子「ちゃんとした手順踏んでくれたら・・・ほら・・・あの、ね?////」

向日葵「・・・!」

櫻子「それに・・・」

櫻子「私と向日葵が離れ離れになることなんてないよ。だって・・・」


ギュウ


向日葵「!?」

櫻子「私が、私が離さないからっ」



37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 02:37:23.60 ID:zOb4SHj/0


櫻子「向日葵はさぁー、何を心配してるのさ。私が向日葵から離れるわけないじゃんっ」

向日葵「周りが許しませんわ・・・だって、私達女の子で・・・」

櫻子「関係ない」

向日葵「え?」

櫻子「だって私が離さないから」

櫻子「私がぎゅってするから、だから離れない」ギュムー

向日葵「・・・・・・っ」ジワ



38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 02:41:16.66 ID:zOb4SHj/0


向日葵「だって、そんなの・・・そんなの無理ですわ・・・!絶対、例えば親が許しま・・・・・・」

櫻子「えいっ」グィ

向日葵「わっ」


チュウ



40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 02:48:16.04 ID:zOb4SHj/0


向日葵「!!?!?!?」

櫻子「~~~~っ//ぷはっ・・・!」

向日葵「さ、さささささ櫻子!?」カァ

櫻子「向日葵可愛い」ツン

向日葵「あうっ」

櫻子「全部、ぶっ飛ばしてやんだから」

向日葵「・・・!」

櫻子「私と向日葵の邪魔する人は牛に蹴られて死んじゃえってね、えへへへ」

向日葵「・・・櫻子」ポロポロ

櫻子「だからさ・・・嫌いなんて言わないでよ、向日葵。離れるなんて・・・言わないでよ・・・」スッ

向日葵「・・・・・・はい」ポロポロ

櫻子「へへ、変な向日葵・・・昔の、ひまちゃんみたい」クス



41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 02:52:13.79 ID:zOb4SHj/0


向日葵「う、うるさいですわっ!?大体さーちゃんが、さーちゃんが可愛いのがいけな・・・・・・っ、あ」

櫻子「今だけはさーちゃんって読んでよ、ひまちゃん」モフ

向日葵「・・・いい、んですの?」

櫻子「うんっ・・・」

向日葵「・・・」

向日葵「さ、さー・・・ちゃん?」カァ

櫻子「なぁに、ひまちゃん?」ニコニコ

向日葵「・・・・・・っ!!!」カァァァ

櫻子「?どうしたの?ひまちゃん?」

向日葵「・・・も、もう」

櫻子「?」

向日葵「もう、我慢の限界ですわ・・・!」プルプル

櫻子「え?」



42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 03:04:45.46 ID:zOb4SHj/0


ガバァ

櫻子「ちょっ!?向日葵!?やめっ」

向日葵「もう・・・馬鹿!馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿!そんな・・・そんなこと言われたら私!」ムンズ

櫻子「え!?な、なんで私の制服を掴むの!?や、破ける、破けるからぁっ!?」

向日葵「さーちゃん・・・大好き、ですわぁ!!」ビリィ

櫻子「きゃーーーー!!?!!!?」

向日葵「あぁ、その、白い肌、あは・・・いい・・・良いですわさーちゃん!!!・・・さーちゃーーーん!!!!」

櫻子「やめ、ちょ、やだ今までの今までの話何にも意味無くなってるってばぁーーーー!!!!!」

向日葵「さーちゃん・・・えへ、えへへ・・・ ず っ と 一 緒 だ よ 」

櫻子「やっぱりやだぁーー!誰か助けてーーーー!!!!!!!」


ひまちゃん、さーちゃんEND



43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 03:07:07.91 ID:zOb4SHj/0


ねむねむよ

読んでくれてありがとバイバイノシノシ

良い夢を



44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 03:11:20.52 ID:fNwCkoRG0



もうちょっと書いてもいいんだぞ



45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 03:14:19.57 ID:zOb4SHj/0


>>44
久し振りすぎて長いのは暫く無理そうゴメンネゴメンネ
今度ははなでともとか書いてみたいな

ではほんとにノシ



46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 03:32:09.91 ID:gjNVOjPz0


乙乙


関連記事

発想がクラシックすぎる
10年くらい前の流行りだよこういう大嫌い大好き系のSS
一周回って懐かしさで面白かったわ
[ 2012/11/22 12:11 ] [ 編集 ]

変態向日葵さん流行ってんか
[ 2012/11/26 06:41 ] [ 編集 ]

結衣とか向日葵とか原作で比較的に常識人の突っ込みキャラは
SSではよく変態にされますね
[ 2012/11/27 20:22 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/2033-b0a9f8bc


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ