FC2ブログ









櫻子「おーい」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 02:23:46.60 ID:nAzbe8no0


スレ立て代行 ID:J6vDgK8c0


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 02:26:12.12 ID:J6vDgK8c0


ありがとうございます 前投下したやつの後日談です
・えっちです
・みじかいです
・質がわるいです
おねがいします



8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 02:27:22.67 ID:J6vDgK8c0


学校寮、向日葵の自室

櫻子「おーい向日葵、きたぞー」コンコン

向日葵「あら、早いですのね。もしかして私にはやk」

櫻子「少しでも長く勉強教えてもらおうと思ってなー、おじゃましまーす」ゴソゴソ

向日葵(最近スル―スキルが高くなってきて困りますわ、放置プレイかしら)

櫻子「来ていきなりでごめん、早速なんだけど、ここ、解き方はわかるんだけどさー」

向日葵「はいはい・・・えっとここは・・・」





9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 02:28:34.91 ID:J6vDgK8c0


櫻子「ふぃー・・・あぁー肩こるわ、同じ姿勢は」

向日葵「私の方がこりますわよ」

櫻子「嫌味か」

向日葵「えぇ」ニコ

櫻子「てめー」グゥゥゥ

櫻子「んーお腹すいたなぁ」

向日葵「あら、もうこんな時間ですのね、今日は準備してなかったですわ・・・」

櫻子「あーごめん早く来すぎちゃったからか」



11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 02:29:48.31 ID:J6vDgK8c0


櫻子「じゃあ授業料込みで櫻子様が夕食を振舞ってあげよう!」

向日葵「えっ、それは悪いですわ、せっかく来てくれたのに・・・」

櫻子「まぁまぁ、たまにはやるといったんだからまかせてみてはどうだろう?」

向日葵「なんですのその口調・・・まぁいいですわ」

向日葵「ごちそうになりますわ」

櫻子「まかせろ!」



14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 02:32:59.19 ID:J6vDgK8c0


スーパー

櫻子「んと、あとは・・」

向日葵(・・・中華系ですわね)

櫻子「予想してんだろ、ワクワク感なくならない?」

向日葵「えっ!?つ、つい」

櫻子「大丈夫、食えるもんは作るから」

向日葵「食べれる物で無いと困りますわ・・・」





15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 02:34:02.36 ID:J6vDgK8c0


向日葵宅

櫻子「っいしょっと」ジュワー

向日葵(昔と比べて随分手際が良くなりましたわね)

向日葵(こういうところも努力していたのね・・・)

櫻子「♪~」グツグツ

櫻子「♪~♪~~」フリフリ

向日葵「」



17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 02:35:04.55 ID:J6vDgK8c0


向日葵(ナチュラルに誘っているとしか思えないですわ・・・)ゴクリ

向日葵(鍋振ってるじゃない時なら、ちょっとくらいいいですわよね)

向日葵「・・・」ソロリ

櫻子「よしこっちは盛り終わりだな」

向日葵「・・・」ギュッ

櫻子「うきゃっ!!!」ビクッ!



19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 02:36:23.50 ID:J6vDgK8c0


向日葵「たまには私の方からイタズラしてもいいですわよね?」ギュグリグリ

櫻子「うっ、後ろから急に抱きつくな!!///」ワタワタ

櫻子「あと、おしつけんなぁぁ」

向日葵「うふふ・・・」グリグリ

櫻子「へんたーい!!」グググ

向日葵「酷いですわー」ギュー

櫻子「いや当然だろ!?」



20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 02:37:36.83 ID:J6vDgK8c0


向日葵「うふふふ、でも心地いいですわ。櫻子もそうでしょう」

櫻子「んー・・・、急にするのはやめて・・」

櫻子「・・ドキっとすんじゃん」モジモジ

向日葵「」

向日葵(なにこの可愛い生物)

櫻子「もーご飯できたぞー!早く食べよ!!」



21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 02:38:42.59 ID:J6vDgK8c0


向日葵「ごちそうさまでした、とてもおいしかったですわ」

櫻子「あははお粗末さーん」ゲフッ

向日葵「ちょっと・・・・下品ですわ・・・もう」

櫻子「いーじゃん向日葵しかいないんだし」

向日葵「せっかく黙ってればすごく綺麗で可愛らしいのに」

櫻子「怒ったらいいのか恥ずかしがったらいいのかどっちだよ」

向日葵「・・・・せっかくですし照れて欲しいですわ」

櫻子「そこはつっこむなよ!!余計恥ずいわ!!!////」



23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 02:40:57.57 ID:J6vDgK8c0


勉強中…

櫻子「―――おーし、でーきた」

向日葵「もう12時を回ってますわね」

櫻子「そろそろお風呂いって、寝ますかぁ!」ノビー

向日葵「えぇ、櫻子先にいってきなさいな」

櫻子「悪いねぇ、お言葉に甘えさせていただきます」ハハー

向日葵「片づけて寝る準備をしておきますわ」



25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 02:42:48.91 ID:J6vDgK8c0


就寝前

向日葵「ふー・・・さっぱりしましたわ」フキフキ

向日葵「櫻子?」

櫻子「おぉーう・・・」ウツラウツラ

向日葵「先に寝ててもよかったんですのよ」

櫻子「んー・・・・油断したら向日葵襲ってくんじゃん・・・・」

向日葵「どういう意味よ」

櫻子「・・・今日も含めて・・・今まで結構あったじゃんか」

櫻子「不意打ちちゅーとか・・・」



26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 02:44:01.94 ID:J6vDgK8c0


向日葵(昔より記憶力もありますわね、迂闊に行動できませんわ)

向日葵(でも今なら勢いでいけちゃうかしら・・・・)

向日葵「・・・・櫻子、明日用事はあるんですの?」

櫻子「んー・・・?・・・・連休は予定いれてなーい・・・」

櫻子「・・・・・ひまちゃんちで勉強する以外考えてねーや・・・・」

向日葵(よし!!)ガッツポーズ

向日葵(しかもひまちゃんをさらっと寝ぼけて言った、うん、うん)



27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 02:45:08.82 ID:J6vDgK8c0


向日葵「・・・・櫻子・・」サワ

櫻子「んー・・・」モソモソ

向日葵「・・・(ドキドキ)」フニフニ

向日葵(さっ、櫻子の・・・・胸・・・・)ドキドキドキドキ

櫻子「・・・!なっ///ひまわっ」ビクッ

櫻子「んっ////ちょっと、ひまわり・・・」パシッ



28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 02:46:38.11 ID:J6vDgK8c0


向日葵「・・・・んっ」チュッ フニフニ

櫻子「ん゛っ!?」ビクンッ

向日葵「・・・・ぷはぁ・・・さーちゃん」フニフニフニフニ

櫻子「あっあっ・・・んんぅ・・・」ガクガク

向日葵「・・・」スッ

櫻子「ふぅ、はぁはぁはぁ・・・」ドキドキ

向日葵「・・さーちゃん」ギュゥゥ

櫻子「ふぁああ!!」ビクッ!

向日葵「!」ビクッ

向日葵(いつもより反応が大きいですわ・・)



30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 02:47:42.88 ID:J6vDgK8c0


向日葵「さっ、さく・・・さーちゃん、こんな時間に大声出したら・・・///」

櫻子「だっ、だって////」

向日葵「・・・・さーちゃん」

櫻子「そ、その呼び方・・・」

向日葵「・・・先にあなたが使ったじゃない、さっき」

櫻子「ね、寝ぼけてたんだから・・・・」

向日葵「・・・二人きりの時はひまちゃんがいいなぁ・・・・」

櫻子「・・・・////」

向日葵「・・・・」ジーッ

櫻子「もう、・・・ひまちゃんのいじわる・・・・・」モジッ

向日葵「」



33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 02:49:02.89 ID:J6vDgK8c0


向日葵(あぁ・・・理性なんてありませんでしたのね)ブチン

向日葵「さーちゃん」ガシッ

櫻子「ひまちゃん?」オロオロ

向日葵(4択!、①押し倒す②押し倒す③押し倒す④押し倒す)

向日葵「」ググッ

櫻子「ひゃっ」ポスン

向日葵「」ゴソゴソ

櫻子「まっ、まってひまちゃん、ぅぅ///」

櫻子「な、なんで脱がすの!////」

向日葵「」フニ

櫻子「ふひゃっ!」ビクン



34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 02:50:19.12 ID:J6vDgK8c0


向日葵(さーちゃんのむねをじかにかんじる)

向日葵(ひかえめだけどすごくあったかくしっとりしててやわらかい)

向日葵「さーちゃん・・・」フニ

櫻子「きゃうぅ///」

向日葵「・・・・可愛い」

向日葵「それに、本当に綺麗だね、さーちゃん」ウットリ

櫻子「/////////////////////」



35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 02:51:21.52 ID:J6vDgK8c0


櫻子「うぅ////////////////////」

向日葵「・・・さーちゃん」

向日葵「わたし・・・・さーちゃんと」

向日葵「もっときもちいいことしたいな」

櫻子「・・・・////」ドキドキ

向日葵「いや・・?」



36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 02:52:23.95 ID:J6vDgK8c0


櫻子「・・・・ひまちゃん、ずるいよぉ」

櫻子「きもちーことしたい・・・」

櫻子「でもわたし・・・その・・・」

櫻子「あんまりえっちなことしらないから」

櫻子「よくわかんない・・・」

櫻子「ちょっとこわいな・・・」

向日葵「」



39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 02:53:41.03 ID:J6vDgK8c0


向日葵(新雪を踏む気持ちというのはこのことかしら)

向日葵「だいじょうぶだよ、こわくないよ・・・」

向日葵「いっしょだから・・・だいじょうぶ・・・」

櫻子「・・・うん」

向日葵「・・・・」ヌギッ

櫻子「わっ・・・」

向日葵「ふぅ・・・」ゴソゴソ



41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 02:54:53.00 ID:J6vDgK8c0


櫻子「おっ、おおお・・・・」

櫻子(やっぱ、おっきーなぁ・・・)

櫻子(昔はよくこのことでケンカしたりしてたなぁ)

櫻子(でも、いま・・・)

櫻子(ちょ、ちょっといやらしくみえる////)

櫻子(それに、やっぱひまちゃんは綺麗だなぁ)

櫻子(スタイルいいなぁ、・・・やわらかそうだなぁ・・・)

向日葵(さっ流石に下着を脱ぐときは恥ずかしいですわね////)

向日葵「・・・っしょ///」ポヨン

櫻子「ぅゎ///」



42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 02:55:59.70 ID:J6vDgK8c0


向日葵「さ、さーちゃんもぬいで///」

櫻子「ぅー///」

向日葵「ぬがないなら、ぬがせちゃうね」

櫻子「!///」

櫻子「じ、じぶんでできるよ!!///」

向日葵「えんりょはいらないよ」プチプチ

櫻子「わっ!///」

向日葵「」ヌギヌギ

櫻子「」



43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 02:57:08.20 ID:J6vDgK8c0


向日葵「じーーーーーっ」ガンミ

櫻子「ひまちゃんみすぎだよぉ!!!///////////////」

向日葵「はっ」

櫻子「もう・・・///」

向日葵「・・・それじゃ、はじめましょうか・・・」

向日葵(あまりにも綺麗すぎて完全に思考停止してましたわ)



44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 02:58:22.19 ID:J6vDgK8c0


向日葵「・・・さーちゃん、あしひらいて」

櫻子「う、うん」スッ

櫻子(は、恥ずかしいいいいいいいいいいい/////////////)

向日葵(さーちゃんのだいじなところ)

向日葵(qあwせdrftgyふじこlp)

向日葵(!? 落ち着くのよ向日葵!!)

櫻子「ぅぅ、ひまちゃん、まだぁ・・・?」

向日葵「はっ!ええと・・」



45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 02:59:33.71 ID:J6vDgK8c0


向日葵「・・・」チュ

櫻子「!!!!」ビクン

向日葵「・・・んっ・・ちゅっ・・・」クチュクチュ

櫻子「あ―――ひゃ、うぅん」

櫻子(な―なに―これ―――)

櫻子(そら、とんでるみたい)

櫻子(・・・ふわふわ)

向日葵(・・・胸も触って・・・)

櫻子「ふぁぁぁ、ふぅっ、んんんぁぁ////」



46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 03:00:39.36 ID:J6vDgK8c0


櫻子「ふぁぁぁ、ふぅっ、んんんぁぁ////」

櫻子「きゃっ、う、ううにゅぅ、ふぁ、ふああ////」

向日葵(可愛い・・・・)

向日葵(・・・いいにおい)

櫻子(こ、こんなふうにするんだ///)

櫻子(ひとりのときもちょっとさわったらすごかったから)

櫻子(すぐやめちゃったけど、ひまちゃんにしてもらうと、す、すごい)

向日葵(慣れてきたみたいですわね・・・・それじゃあ・・・)



47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 03:01:43.72 ID:J6vDgK8c0


向日葵「さーちゃん・・・」

向日葵「さーちゃんのだいじなところ、さわるね」

櫻子「・・・?」

向日葵「・・・」ツプッ

櫻子「!!!?」ガクン

櫻子「!?!?んっふぅ、ふっふっ、ふぁぁ!!」ガクン

向日葵(すごっ・・・ものすごく狭いですわ・・・・)ヌチュヌチュ

櫻子「んああああ、ひまっ!ひまちゃぁあん!!」ガクガク

向日葵(指が千切れてしまいそう・・・・)チュプチュプ

櫻子「あっあっあっ、んっんんん、ああああああああ!!!」ガクガクガク

向日葵「!」



48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 03:02:51.02 ID:J6vDgK8c0


向日葵(さーちゃんが、いちばんきもちいいところまできた)

向日葵(どうしてかしら、わたしがきもちいいわけじゃないけど)

向日葵(すごくどきどき、すごくしあわせ)

向日葵「さーちゃん・・・だいじょうぶ?」

櫻子「はーっ、はーっ、はぁ、はぁ、はっ、・・・ふぅぅ」ガクガク

櫻子「・・・・す、・・・っごい・・・」

櫻子「わたしが、・・・なくなっちゃうかと・・・おもった」

向日葵「・・・・きもちー?」

櫻子「・・・・うん、きもちー」クスッ

向日葵「」ドキドキ

櫻子「!」



50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 03:03:52.48 ID:J6vDgK8c0


櫻子「わっ、ひまちゃんびしょびしょだよ、わ、わたしのおしっこが////」

向日葵「いいですのよ、これはえっちなことなんですの」

向日葵「ちょっとよごれちゃうのはしかたないの」

櫻子「で、でも・・・」

向日葵(本当に無垢なのね・・・・罪悪感を感じてしまいますわ・・・)

向日葵「・・・ごめんなさいね、かってにこんなこと・・・」

櫻子「・・・?なんであやまるの?」



53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 03:04:56.15 ID:J6vDgK8c0


向日葵「・・・えっちなこと、しってほしかったからってかってにしちゃって・・・」

櫻子「そんなことないよ・・・しりたいってわたしもおもったし・・」

櫻子「そ、それより、ひまちゃんもきもちーことしよ?」

向日葵「えっ・・」

櫻子「・・・そっちがいいだしたんだよ・・・」

櫻子「ちゃんとさいごまでしよ・・・」

櫻子「・・・えっちなことなんだからさ」

櫻子「ほんとにすきなひとじゃないとできないんだし・・・・」

櫻子「・・・ねっ?」

向日葵(誘ってるようにしか見えませんわ)



54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 03:05:59.21 ID:J6vDgK8c0


櫻子「ひまちゃん、あいかわらずおっきーね」プニプニ

向日葵「ん、もう・・・」モジッ

櫻子「・・・・ぽふ」モミモミ

向日葵「・・・・ん・・・あぁ・・ん////」

櫻子(もの凄いえっちい!!!)

向日葵「ん・・・はぁ・・・・・・あぁぁ・・・・ん」

櫻子「・・・えっと」モミモミ

櫻子(えっと確かこの辺・・・かな・・・?)ツプ

向日葵「ひゃっ!?」ビクッ

向日葵「あっ、あっ、さーちゃん////」



55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 03:07:22.35 ID:J6vDgK8c0


櫻子(おっぱいとだいじなとこさわっちゃうとぎゅーできないなぁ)

櫻子(そうだ、ちゅーしてあげよう)

櫻子「・・・ひまちゃん・・・んちゅ・・・」モミモミクチュクチュ

向日葵「!?」ビクビク

櫻子「んちゅ・・・んんー」モミモミクチュクチュ

向日葵(そ、そんな同時されたら・・・・////)

向日葵「―――――!!!」ガクガクガクガク

櫻子「んっ!?ぷはぁ、わっわっわっ!」ビチャビチャ

向日葵「はーーーーっはーーーーーっ・・・・」ガクガクガクガクガク

櫻子(いちばんきもちーとこまできたんだ・・・・)

向日葵(あっ、あっさりイかされましたわ・・・・・////)



56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 03:08:28.21 ID:J6vDgK8c0



向日葵「よいっしょ・・・」グイ

櫻子「・・・・だいじなところくっつけるの?」

向日葵「えぇ、いっしょにきもちーとこまでいけますわ・・・」

櫻子「いっしょに・・・」

向日葵「えぇ・・・」

櫻子「いっしょかぁ・・・うれしいなぁ・・・」

向日葵「わたしもうれしいよ」

櫻子「えへへ」



58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 03:09:43.39 ID:J6vDgK8c0


向日葵「さぁ、さーちゃんはじっとしてていいから」

向日葵「もどかしくなったらうごいてもだいじょうぶだよ」

櫻子「・・・うん」

向日葵「・・・・・んっ、ふっ、ふっ、ふっ」

櫻子「うわっ、ふあっ、ふああっ、んぅぅ・・・」

向日葵「はぁ、はぁ、はぁ、はぁ、はぁ、んっふぅ・・・」

櫻子「ふぅっ、ひ、ひ、まっちゃん、んん、ひまちゃん」

向日葵「はぁ・・はぁ・・さーちゃん・・・」



59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 03:11:19.38 ID:J6vDgK8c0


櫻子「ふぁぁ!あっあっあっ!あんっ!くぅぅ・・・ふぁあん!!」

向日葵「はぁあ、ふぁああん、さー、っちゃ、・・・ん」

櫻子「あん、んああん!、あん!ひまっ、ちゃ、いっちば、きちゃ、あっあん!!!」

向日葵「はぁあん!んっくぅ・・・い、いって、さー、さーちゃぁぁん!!」

櫻子「ふぁぁぁああああああああああああ!!!!」

向日葵「んんんんんんんんんんああああああ・・・」ガクガク

櫻子「ふぁぁぁぁ・・・」ガクガク クテッ



60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 03:12:22.93 ID:J6vDgK8c0


向日葵「・・・・・はぁ・・・はぁ・・・」ビクッ

向日葵「・・・・さーちゃん・・・・」ギュッ

櫻子「ふぁ・・・・」キュッ

向日葵「・・・・・あいしてる・・・・・」

向日葵「・・・・だいすきだよ・・・・さーちゃん・・・」ギュゥゥゥゥゥ

櫻子「ふぅー・・・うん・・・・」

櫻子「・・・・・ひまちゃん、だいすき・・・・」ギュッ



61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 03:13:23.84 ID:J6vDgK8c0


お風呂・シャワー
向日葵・櫻子

シャー
櫻子「・・・・」

向日葵「・・・・」

櫻子「・・・もう!」

向日葵「なんですの?」

櫻子「パジャマぐちゃぐちゃなってんじゃん!!」

向日葵「・・・・・そばに脱いでしまってましたものね・・・」

向日葵「今日は私のを貸してあげますので洗濯しときましょう・・・」

櫻子「う゛ー・・・」



62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 03:14:41.60 ID:J6vDgK8c0


向日葵「・・・・どうして機嫌が悪いんですの?」

櫻子「・・・」

櫻子「・・・・・可愛いの持ってきたのに・・・」

向日葵「・・・!」

櫻子「ひまわ・・・ひまちゃんと一緒に寝るからかわいーの持ってきたのに・・・」

向日葵「」キュン

向日葵「さーch」

櫻子「今日はもうしないよ」



63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 03:15:45.73 ID:J6vDgK8c0


向日葵「・・・・さーちゃん・・・意外とドライですわよね・・・」

櫻子「はぁ・・・・」

向日葵「あっ、明日それ着てもう一晩泊まって」

向日葵「さらにもう1回、えtt」

櫻子「しないよ」

向日葵「最近私への風当たりきつくありませんこと?」

櫻子「今のひまちゃん相手だとこのくらいが適当だと思うけど」

向日葵「うぐぐ・・・」

櫻子「あと私が大学うかんなかったら、最低1年はまた別々の生活だよ?」

向日葵「」

向日葵「一緒に勉強頑張りましょう」キリッ

櫻子「はい、先生ーよろしくお願いします」キュッ



66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 03:16:50.62 ID:J6vDgK8c0


櫻子「先出るねー」ガチャ

向日葵「はーい」

向日葵「・・・・」

向日葵(思いだしたら・・・・)

向日葵「・・・」ニタァー

櫻子「キモい顔するのやめてね、幻滅するから・・・」ガチャ

向日葵「なっ!?してませんわよ!!?」

櫻子「・・・・はぁ」ガチャ

向日葵「・・・・さーちゃんに溜息をつかれるようになるなんて・・・・」ガクッ



67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 03:18:04.01 ID:J6vDgK8c0


翌日

櫻子「さて、じゃあ帰るかー」

向日葵「えー」

櫻子「・・・・ホント、ひまちゃんってこの数年でいろんな意味でバカになったよね」

向日葵「あなたのせいですわよ」

櫻子「そうだけど、もうちょっと何とかなんないの・・・・」

向日葵「えtt」

櫻子「死ね」

向日葵「・・・オブラートに包みなさい」



68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 03:19:14.03 ID:J6vDgK8c0


櫻子「ひまちゃんにはこのくらいでいいよ」

向日葵「・・・・どうしてこうなった・・・」

櫻子「そっくりそのまま返してやるわ、その言葉」

向日葵「・・・・頑張ろうね・・・受験・・・」

櫻子「・・・・そうだねー・・・」

向日葵「一緒に受かったら、同棲しましょう・・・」

櫻子「えー」

向日葵「酷い!?」



69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 03:20:39.42 ID:J6vDgK8c0


櫻子「だってひまちゃん、やらしいことばっかしてくるんだもん」

向日葵「いけないことですの?」

櫻子「節度を持て」

向日葵「あぁ、さーちゃんが賢くなり過ぎてしまったわ」

櫻子「喜べよ」

向日葵「・・・・・ふふふふ、花子ちゃん心配するわよ?」

櫻子「大丈夫だって、んじゃまたな」

向日葵「えぇ・・・」


花子「楓・・・」ギュー
楓「花子お姉ちゃん・・・?///」

おわり



70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 03:21:16.94 ID:nAzbe8no0


えっちくてよかった



74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 03:58:09.52 ID:wN5YiO5h0


乙!


75 : 忍法帖【Lv=9,xxxP】 2012/02/06(月) 04:11:58.04 ID:Lgi25pek0


おつ


関連記事

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/215-5298c897


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ