FC2ブログ









綾乃「綾ちと!」千歳「短編集やで~」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 19:04:49.56 ID:ZkVTGXA00


過去にキャラスレで書いたのを投下していきます


※昼休みの教室にて

千歳「綾乃ちゃん、なんだか眠そうやなぁ」

綾乃「ええ……生徒会の仕事…終わらなくて、家に持ち帰って徹夜で……ふぁぁ……」

千歳「え!? 昨日帰るとき、仕事全部終わったって言うてたやん!」

綾乃「あ…そうだった………まあいいわ……お願い、授業始まったら……起こしてくれるかしら……」

綾乃「zzz……」スヤスヤ

千歳「綾乃ちゃん、机で寝てもうた……」





4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 19:08:00.34 ID:ZkVTGXA00


千歳「……ありがとうな、綾乃ちゃん」ナデナデ

千歳「けど、あんまり無理はせんといてな。1人で抱え込まないで、うちにも荷を分けて。うちは綾乃ちゃんの……親友やから」

綾乃「zzz……」スヤスヤ

千歳(あかん……うちも眠くなって……)

千歳(昨日は……綾乃ちゃんと歳納さんの妄想が捗って眠れなかったから……)

千歳(うちもちょっとだけ、綾乃ちゃんの机で寝させて……)

千歳(大丈夫、ちゃんと携帯でアラームかけとくから……)

千歳「zzz……」スヤスヤ



6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 19:10:27.19 ID:ZkVTGXA00


結衣(わぁ、同じ机で寝てる……可愛いなぁ)

結衣(授業始まったら起こしてあげよう)

京子「おっ! 綾乃と千歳が仲良くお昼寝してる! さっそく寝顔を拝みに」

結衣「おいコラッ!」ズビシッ

京子「あいたっ!」


おわり



7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 19:11:30.77 ID:ZkVTGXA00


※綾ちと喫茶店

カラン♪

綾乃「いらっしゃいませー」

京子「よっ!久しぶり」

綾乃「って、歳納京子!?」

千歳「あら歳納さん、いらっしゃい!久しぶりやな~。元気やった?」

京子「うん!もちろん超元気さ!」

綾乃「半年ぶり…くらいかしら。来るなら来るって連絡してくれれば良かったのに」

京子「いや~、親の都合で急に帰ってくることになってさ。まあ3日くらいしたら東京に戻るけどね。その前に綾乃と千歳の店に顔出そうかな~って」

千歳「そうなんかー。ささ、とりあえず座って座って。半年の間に新作たくさんできたんよ~」



8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 19:12:47.27 ID:ZkVTGXA00


京子「おお!楽しみだ」ストン

綾乃「はい、メニュー表よ」スッ

京子「サンキュー」


中学の時に交際を始めた私と千歳は……大学を卒業したその年に、地元で店を持った。
従業員2名の、質素な喫茶店。
店を開いてから3年、大した売り上げはないけれども、それでも楽しく続けている。
地元ということもあってか、大抵のお客さんとは顔見知りになった。常連客も増えていき、やっと経営が軌道に乗り出したってところかしら。

そんな中やってきたこのお客さんは、もしかして……私が1番会いたかったお客さんなのかもしれない。
歳納京子。私の──昔の想い人。



10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 19:13:54.85 ID:ZkVTGXA00


京子「このコーヒーうめぇ!」

綾乃「と、当然よ!だって私が淹れたんですもの!」

京子「うん!この味すっごく好み!」

千歳「綾乃ちゃんはな、半年の間に歳納さん好みのブレンドを研究してたんよ」ニコニコ

綾乃「そ、そそそそんなことしてないわよ!」

千歳「ふふっ、ウソつかんでもええやん」

綾乃「ウソじゃないー!」



14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 19:15:19.95 ID:ZkVTGXA00


美味しそうにコーヒーを啜るその顔は、とても眩しく……
あの頃、私が憧れ追いかけ続けていた頃と変わっていない。

憧れなら、今でもしている。
社会の荒波にも負けず、周りの人と楽しく過ごすことも忘れず、多彩な才能で東京中を駆けずり回る彼女のことを凄いと思う。

けれど、今の私には……

千歳「ん?どうしたん綾乃ちゃん?うちの顔になんかついてた?」

綾乃「な、なんでもないわ」

かけがえのない、恋人がいる。

私の『好き』という感情は、全部千歳に向けられている。いつも側で支えてくれた、優しいあなたが、私の何よりの宝物。



16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 19:17:36.66 ID:ZkVTGXA00


千歳はもう、私と歳納京子との妄想で鼻血を出さなくなった。
だけど私は……今だに歳納京子のことを、京子と呼べていない。
照れたりするのは少なくなったけど、ムキになったりしちゃうのも昔のまま。
もう彼女に恋をしていないのだから……もっと普通のお友達として接したいのに。


千歳「綾乃ちゃん、ちょっと運びたいものがあるからきてくれへん?」

綾乃「わかったわ」

そして店の倉庫へと呼び出された私に、千歳は言った。

千歳「歳納さんのこと、名前で呼びたいんやろ?」

恋人には、すべてお見通しだった。



18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 19:21:25.25 ID:ZkVTGXA00


綾乃「でも、べつに今更……あっ、う、浮気とかじゃ全然ないんだからね!勘違いしないでよ!」

千歳「わかってるで。だって綾乃ちゃんは、うちにゾッコンやもん」ニコニコ

綾乃「うぅ……///」カァァ

千歳「片想いの相手じゃなくなったからこそ、もっと気軽に接したい。だったら、そうしたらええと思うで。歳納さんええ人やもん。恋とか関係なく、仲良くしたいってのは充分過ぎるほどわかるよ」

なんだか、昔に戻ったみたい。
歳納京子と仲良くしたい私に、そっとアドバイスする千歳。
あの頃はこんな関係を続けていたけれど……

綾乃「ありがとうね、千歳。あなたは私の……」

大切な恋人よ。と続けるのが照れくさかったので、

チュッと、ほっぺにキスをして誤魔化した。
これでも充分、恥ずかしいんだけどね。

千歳「綾乃ちゃん……ありがとな///」

嬉しそうに目を細める千歳が、たまらなく可愛かった。



22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 19:27:34.09 ID:ZkVTGXA00




綾乃「あの、その……」

歳納京子の前でモジモジと指先を合わせる私の背中に、そっと手が添えられたのがわかった。
千歳から勇気をもらって……

綾乃「京子って、呼んでいいかしら?」

京子「……うん!呼んで呼んで!」

あれから10年以上経った今、ようやく京子と呼べた。
もう恋じゃないけれど、彼女との距離が縮まってとても嬉しい。

でも、今1番嬉しいのは……
私の恋人の優しさを、あらためて実感したことなのかもしれない。

私の隣では、その恋人が柔らかなほほ笑みを浮かべている。


おわり



23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 19:31:45.34 ID:ZkVTGXA00


千歳「綾乃ちゃん、うち……ラブレターもらったんやけど」

綾乃「……ほえ? ラ、ラブ……レター? 千歳が……?」

千歳「う、うん。今朝学校に来たら、下駄箱に入っててな……。後輩の女の子なんやけど、お付き合いしたいって……」

綾乃「……へ、へ~、そ、そそそそうなんだ~。ち、千歳ならラブレターの一つや二つ、もらったりするのはと、当然よねぇ。だって千歳なんですもの」オロオロ

綾乃(……わ、私ったらなんでこんなに動揺してるのよ! 千歳はこんなに可愛くて優しい子なんだから、告白されたりしても全然おかしくないのに……!)

綾乃「で、へ、返事はどうするのかしら?」

千歳「うん、それなんやけど……正直迷ってて」

綾乃「………………………………え?」



24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 19:34:30.65 ID:ZkVTGXA00


千歳「その子には何回か遊びに誘われて一緒に行ったりしたんやけど、とってもええ子で……」

千歳「しかもうちのこと真剣に考えてくれているから、嬉しいなぁって……」

綾乃「…………………」

千歳「綾乃ちゃんは……どう思う?」

綾乃「どうって……そ、そんなの千歳の好きにすればいいじゃない! 私は知らないわよ!」

千歳「そ、そうやね……ごめん、くだらないこと聞いて」

綾乃「あっ……」

千歳「それじゃあ、また明日……」スタスタ

綾乃「あ、えっと……」

綾乃(……私のバカ! なんであんなことを……! 千歳は真剣に悩んでいるっていうのに、突き返すようなこと……)

綾乃(なんでよ……なんで、こんなに心がモヤモヤするの……?)



25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 19:38:20.55 ID:ZkVTGXA00



翌日の放課後

綾乃(旧倉庫から備品を取ってくるように西垣先生に頼まれたんだけど、そもそも旧倉庫ってどこだったかしら……? たしか体育館の裏に……)テクテク

後輩「池田先輩! 今日は来てくれて……ありがとうございます」ペコリ

綾乃(あそこにいるのって……千歳? それと、あの子がもしかして、千歳が言ってた……)

千歳「ううん、こちらこそありがとう。うちなんかを呼んでくれて」

綾乃(ど、どうしようどうしよう! どう見ても告白するシチュエーションよね? 盗み見するような真似は罰金バッキンガムなのに……!)

綾乃(気になってしかたない……だって、私の一番の友達なんですもの……)

綾乃(ごめんね千歳……ちょっとだけ、ここで見させて……)



28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 19:43:55.62 ID:ZkVTGXA00


後輩「それで、改めて私の口から言わせてください! 私は、池田先輩のことが……好きなんです!」

後輩「私と……お付き合いしてください!」

綾乃(千歳……!? ど、どうするの? 千歳がOKしちゃったらどうしよう!)

綾乃(ああでも、なんで私はこんなに不安なの? 千歳が……千歳が他の子と……)

千歳「ありがとう……けど、ごめん」

千歳「うち、実は……恋、してるんや」

綾乃(えっ……!?)

千歳「でもその子は、他の子に恋していて……うちが入り込む余地なんてない。それになにより、うちの一番の親友やから……心の底から、応援してあげたいんよ」

千歳「けどうちは……まだ、この恋心が上手く消せなくてな……」



29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 19:49:20.41 ID:ZkVTGXA00


後輩「池田先輩も……一途なんですね」

千歳「違う。うちは……未練がましいだけや。まだ次の恋に踏み出せない……」

綾乃(千歳……)

綾乃(ねえ、もしかして、もしかしてだけど……千歳の片想いの相手って、もしかして……)

後輩「私……なんとなく気づいていたんです。池田先輩が……杉浦先輩に恋していること」

綾乃「…………!!」トクン

千歳「あらら……分かっちゃうもんだった?」

後輩「ずっと池田先輩のことを見てきましたから、ね」ハハッ

千歳「そか……」

綾乃(そ…ん…な…………私の恋をいつも笑顔で応援してくれた千歳が、ずっと私の隣にいてくれた千歳が……)

綾乃(私……全然気付いてあげられなかった……)



30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 19:54:42.67 ID:ZkVTGXA00



翌日、授業中

綾乃(昨日は全然眠れなかった……。千歳のことが頭から離れない)

綾乃(どうして私なんかのことを好きになったの? どうして私、気付いてあげられなかったの? でも、気付いていたとしても私に何ができたの……?)

綾乃(千歳……)チラッ

千歳「…………」カリカリ

綾乃(強い人ね、千歳は……。昨日あんなことがあったのに、ちゃんと授業に集中してる……)

千歳「…………綾乃ちゃん?」チラッ

綾乃「なっ!?///」

千歳「どうかしたん?」ヒソヒソ

綾乃「な、なんでもないわ!」オロオロ



32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 20:00:07.51 ID:ZkVTGXA00



そういえば私は、なんであんなにオドオドしていたんだろう。
ラブレターをもらったって千歳に言われたときから、何故だか……怖かった。
怖くて、すごく焦って、とにかく嫌な気持ちだった。

ワガママよね、私……
千歳が恋するなら、全身全霊で応援してあげなきゃって、頭では分かっているのに……
千歳が私以外の誰かに特別な感情を向けるっていうのが……嫌だなんて

あれから三日経ったけど、例の告白の話は千歳とまったくしていない。


千歳「綾乃ちゃん、今度の日曜に歳納さんをデートに誘ってみない? うち、ちょうど遊園地の無料招待券を2枚持ってるから、綾乃ちゃんにあげるで」ニコニコ

綾乃「そ、そんな……悪いわよ!」

千歳「遠慮せんでええよぉ」



34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 20:04:53.14 ID:ZkVTGXA00


綾乃(やめてよ……そんな笑顔で、私に優しくしないで……)

綾乃(だって、あなた……まだ未練があるって、言ってたじゃない……)

千歳「このデートで、歳納さんをモノにするんやで!」

綾乃「ねえ、千歳……私と、行かない?」

千歳「え……?」

綾乃「私、千歳と行きたい……」

千歳「綾乃ちゃん、どうしたん? 真剣な顔して……」

綾乃「ううん、なんでもないわ……。ただ私が今一番一緒に居たいのは千歳だから、千歳と一緒に行きたい。それだけよ」

千歳「えっと……」

綾乃「千歳は、私と一緒じゃ嫌?」



36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 20:09:06.82 ID:ZkVTGXA00


千歳「そ、そんなことあらへんよ! けど……本当にそれでええの?」

綾乃「うん。久しぶりに2人で遊びましょう?」ニコッ

まだ気持ちの整理がつかない。私が千歳をどうしたいかなんて、考えてもよくわからない。
だから、時間をください……

恋人と親友の、境が分かるようになるまで。


おわり



37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 20:11:34.28 ID:ZkVTGXA00


綾乃「あっ!」ドテン

千歳「綾乃ちゃん大丈夫!?」

綾乃「だ、大丈夫よ。ちょっと転んだだけ…って、何かしらこれ?」

千歳「ああ、これにつまずいて転んだんやね。これは…段ボール箱?」

綾乃「こんな段ボール箱あったかしら?あら、蓋は空いてるわ。中身は…」ゴソゴソ

千歳「これって…」

綾乃「歴代の生徒会の…活動日誌?あっ、アルバムもあるわ」

千歳「初めて見たなぁ。古いのは10年前から……新しいのは5年前のまであるで。ちょっと見てみない?」

そして2人は先輩たちの想い出を紐解いてゆく……



39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 20:16:03.09 ID:ZkVTGXA00


綾乃「ほわぁ~、綺麗な紅葉ね」

千歳「生徒会で紅葉狩りに行ったんやな。あ、見て見て、こっちは雪合戦してる写真やで」

綾乃「みんな楽しそうね。想い出がたくさん詰まっている……素敵なアルバムだわ」

千歳「5年前まではこうして記録してたんやね、学園生活の想い出を……生徒会の想い出を」

綾乃「羨ましいわ。私たちの代の生徒会は正直ここまで仲良くないからね」

千歳「ふふっ、だったらうちらもやってみたらええやん」

綾乃「そうね。もっと会長や大室さん、古谷さんと……この生徒会を楽しみたいわ」

千歳「みんなええ人やもんね」



40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 20:17:56.76 ID:ZkVTGXA00


綾乃「会長はもうすぐ卒業しちゃうし……今までお世話になったお礼に、いろいろしてあげたいわ」

千歳「うん。松本先輩が会長でほんまによかった」

綾乃「大室さんや古谷さんも、ケンカしたり張り合いすぎたりしてたけど一生懸命頑張ってくれた」

千歳「先輩としてだけじゃなく、友人としても仲良くなれたらええなぁ」

綾乃「……今度みんなで、お出かけしましょ?」

千歳「ええなあ!うちカメラ持ってくで!昔の先輩たちみたいに、今からでもアルバム作ってみたいんよ」

綾乃「ふふっ、楽しみだわ」

綾乃「……さて、活動日誌のほうはどうなってるのかしら……」パラパラ



41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 20:19:45.51 ID:ZkVTGXA00


11月3日(月) 
あたらしい冷蔵庫を生徒会室に配置。前のはけっこうな年代物みたいで、相当ガタが来ていた。
かたづけをするうちに気づいたけど、一部の椅子や机なども相当古くなっているので交換が必要かも。
りさいくるに出した冷蔵庫だけれど、ちょっと名残惜しいわ……
大満足とはいかなかったけど、いつも冷たい飲み物をくれてありがとうね。あっ、それと、
好きな飲み物や食べ物をみんな入れてるけど、食べ過ぎには注意すること。
きちんとゴミは自分でちゃんと持ち帰りましょう


赤座あかね


千歳「これって、もしかして……」

綾乃「赤座さんのお姉さん!?」



43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 20:22:51.37 ID:ZkVTGXA00


千歳「赤座さんのお姉さんって生徒会入ってたんやな……」

綾乃「それ以前に、赤座さんにお姉さんっていたんだ……」

おわり



44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 20:25:49.85 ID:ZkVTGXA00


まだかな、まだかな……?
早く帰って来ないかしら。
この部屋で1人、あなたの帰りを待つの。
迎える準備はできてる。伝えたい言葉もちゃんと、すんなり口から出せる。渡したいものも……ほら、私の手の中に。

都内の高校に進学した私たちは、こじんまりとしたこのアパートの一室にルームシェアをして暮らしている。私たちはそれぞれ学びたいことを見つけ、学校は同じじゃないけど、一緒の部屋で生活して一緒に頑張って行こうと決めた。
けれど、ホントはただ……
恋人同士、少しでも近くで少しでも長く一緒の時間を共有したいだけなの。

中学の頃は親友で
今ではたった1人の恋人。
初恋は実らなかったけど……その恋が私にいろいろ教えてくれたから、今はあなたと一緒にいる。
いつも隣で支えてくれたあなたの優しさ。何より私の力になった。昔の恋はやっぱり忘れられないけど、今が1番幸せだって胸を張って言えるわ。



46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 20:29:39.02 ID:ZkVTGXA00


ガチャッ。

錆びたドアが軋んだ声をあげながら開いてゆく。その音を聞いたとたん、胸が高鳴ると同時に一気に緊張してきた。
ああ、やっと帰ってきた……!

「綾乃ちゃん、ただいま」

愛しい私の恋人。ねえ、今日が何の日だか覚えてる?
私はそっと、プレゼントのアクセサリーを差し出した。

私たちが恋人になってから一周年。
こんな私とずっと一緒にいてくれて、本当にありがとね、千歳。


おわり



47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 20:34:07.56 ID:ZkVTGXA00


綾乃「新しくできたこのスイーツのお店、とてもステキだわ! 内装もお洒落だし、何よりお菓子は美味しいし!」パクパク

千歳「せやなぁ。洋菓子も和菓子も揃ってるし、至れり尽くせりや」ニコニコ

千鶴(……このチーズケーキ、美味しい……。姉さんのあんみつも美味しそうだな……)

千歳「千鶴、あーん」スッ

千鶴「え、え!?///」

千歳「千鶴もあんみつ好きやろ? はい」ニコニコ

千鶴「あ、ありがと……/// ……あーんっ」パクッ

千鶴「……美味しい///」モグモグ

綾乃「あ、千鶴さん。私のプリンもどう?」



49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 20:36:32.83 ID:ZkVTGXA00


千鶴「え、そんな……いいんですか?」

綾乃「遠慮しないで。はい、あーん」

千鶴「……///」パクッ

千鶴「……美味しい///」

千歳「あらあら。ふふっ」ニコニコ

千鶴「えっと、じゃあ……私のチーズケーキも……どうぞ///」スッ

千鶴「あ、あーん……///」

千歳「あーん……うん、美味しいわぁ」モグモグ

千鶴「杉浦さんも……はいっ///」

綾乃「あーん……うん、とっても美味しい」ニコニコ

千鶴(よし……こ、この流れで、今度は姉さんと杉浦さんが互いに……!)



50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 20:39:15.34 ID:ZkVTGXA00


千歳「綾乃ちゃんもうちのあんみつ食べる? はい、あーん」

千鶴(キター!!)ソワソワ

綾乃「じゃあいただこうかしら。あーんっ」パクッ

綾乃「モグモグ……うん、ちょうどいい甘さ加減ね! ここのお店、やっぱり和菓子も美味しいのね」

千歳「せやろ? 行きつけのお店にしたいわぁ」

綾乃「じゃあ、私のプリンも……あーんっ」スッ

千歳「あーんっ……うーん! 美味しいなぁ」ニコニコ

千鶴(お、美味しすぎるこのシチュエーション……!)ダバー

綾乃「ち、千鶴さんヨダレヨダレ!」アワアワ



52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 20:45:06.17 ID:ZkVTGXA00


※帰り道にて

千歳「綾乃ちゃん、今日は誘ってくれてありがとうな」

千鶴「ありがとうございます」ペコリ

綾乃「ううん、こちらこそ。今日は楽しかったわ」ニコッ

千歳「ふふっ、けどホンマは、歳納さんと行きたかったんとちゃう?」ニコニコ

綾乃「ななななっ!! 何言ってるのよ!/// べ、べつに歳納京子のことなんて!」カァァ

千歳「綾乃ちゃん顔真っ赤やで」フフフ

千鶴(ちっ! 歳納め……)イライラ

綾乃「もうっ、千歳ったら……」

綾乃「……けど、私はあなたたちと行きたいからあなたたちを誘ったのよ」



54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 20:49:29.74 ID:ZkVTGXA00


綾乃「歳納京子とか関係ない……千歳と千鶴さんと遊びたかったから、誘っただけ。勘違いしないでよね。ホントのホントなんだから」

千歳「あ、綾乃ちゃん……///」

千鶴「杉浦さん……///」

綾乃「千歳は私と遊ぶときにいつも、本当は歳納さんと……とか考えてるの?」

千歳「そ、それは……えっと……」

綾乃「だったら、その考えはもうやめてよね」

綾乃「私は心からあなたたちと一緒にいたくて、付き合ってもらってるだけなんだから」ニコッ

千歳「……………///」ポッ



55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 20:52:17.80 ID:ZkVTGXA00


綾乃「わかって……くれた?」

千歳「う、うん……うん! うちも、綾乃ちゃんと一緒にいられて……心から嬉しい」ニコッ

綾乃「うん、私もよ」ニコッ

千鶴(姉さん……杉浦さん……)

千鶴(杉浦さんは、『あなたたち』って言ってくれた……)

千鶴(私もそばにいさせてくれて、ありがとう……)

千鶴(……だばー)

おわり



57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 20:56:56.46 ID:ZkVTGXA00


視線が合うだけでドキドキする。
近くにいるだけで、身体が熱くなる。
ほほ笑みかけられたりしたらもう……!

どうやらうちは、恋をしてもうたみたいや。

「綾乃ちゃんの幸せがうちの幸せ」と自分に言い聞かせても、この胸の動悸は収まらへん。

これが、恋なんやな……

こないな歯痒い想いをするくらいなら、恋なんて知らなければ良かった。
苦しくて、泣きそうや。
だって、綾乃ちゃんの好きな人はうちやないから……

だからうちは、これからも妄想に精を出す。
自分の気持ちには蓋をして、綾乃ちゃんと歳納さんだけを見つめる。
今まで通り、眼鏡を外して心の目を研ぎ澄ませて鼻血を出して……

そんで時々、いじらしい綾乃ちゃんの背中を押してあげて。

そうやって、過ごして行こう。
それしか道は、あらへんのやから。



58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 20:59:45.38 ID:ZkVTGXA00




「千歳は、その…好きな人とかいるの?」

二人きりの生徒会室で、綾乃ちゃんにそう尋ねられた。

「いないけど……まあ、うちのことなんて気にしないで、もっと歳納さんのこと考えなあかんで~」

嘘で誤魔化した。

「そ、そう。もし千歳に好きな人ができたら言ってね。私が…応援するから!」

罪の無い、けれど残酷な言葉。
うちはただ、笑顔で「ありがとな」と返すことしかできへんかった。



62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 21:05:29.90 ID:ZkVTGXA00




それからしばらくして、歳納さんに恋人ができた。
綾乃ちゃんの恋は、唐突に終わりを告げた。
けどそれは、うちにとっての「はじまり」でもあって……

「私は大丈夫よ。全然、気にしてなんかないんだから」

そうやって綾乃ちゃんは笑うけど、無理してるのがバレバレで……
ああ、ひょっとしたら、あの時うちが綾乃ちゃんに見せた笑顔も嘘やってバレてたりしたんかな?

うちらはどうしようもなく子供で、どうしようもなく弱くて、どうしようもなく強がりやから
嘘で塗り固めた笑顔で、取り繕うんやな。



64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 21:07:21.88 ID:ZkVTGXA00




歳納さんが別の人と恋に落ちるようにうちが工作したということは、いつまで経っても綾乃ちゃんに言い出せなかった。
皮肉なもんやな……
綾乃ちゃんの恋を応援するのはなかなか上手くいかへんかったのに。

結局うちは自分の気持ちを押し殺すことができず、かといって歳納さんに恋してる綾乃ちゃんに自分の気持ちを伝えることもできず……

せやから、綾乃ちゃんの恋を終わらせた。
うちとの恋を、始めるために。

ぺらぺらと慰めの言葉を口にして、しれっとした顔で綾乃ちゃんを抱き寄せて

うちってほんま、狡い人────

けどな、狡い人なりに責任持って
綾乃ちゃんのこと、幸せにするから。
この気持ちは歪んでもうたけど、それでもうちは……
綾乃ちゃんのことが、好きなんや。



65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 21:09:37.43 ID:ZkVTGXA00




それから、綾乃ちゃんと過ごす時間はさらに増えていって
うちの胸を締め付けていた罪悪感も、次第に消えていった。
幸せだけが雪だるまの様に膨れ上がっていくのやけれど
これで良かったんかな?とは、ときどき思ってまう。


おわり



68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 21:11:27.90 ID:ZkVTGXA00


手が触れるくらい近づいたのに、あと一歩がなかなか踏み出せない。
ベッドの上で千歳と向かい合うけど、顔を合わせられないの。多分、私の顔は真っ赤で……多分、千歳の顔もそうなんだと思う。

「綾乃ちゃん……わがままは嫌い?」

「ううん。千歳のわがままなら、なんだって……」

互いの心音が高鳴る。身体が芯から熱くなっていく。ふとした瞬間に気を失ってしまいそうな程の緊張感が私たちを包む。

恋人のわがままなら、できるだけ聞いてあげたいわ。
けど、心の準備はしたはずなのに……
いざこうして『する』となると、その……
恥ずかし過ぎるの!

……よく考えたら、別にわがままなんかじゃないわね。
恋人と、エ、エッチなことをしたいって、自然なことだと思うし……
で、でも、やっぱり私たちにはまだ早いというか……



71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 21:12:57.04 ID:ZkVTGXA00


もちろん、私も『そういう想像』をしたことはある。夢の中だけでも顔から火が出るほど恥ずかしかったのに、いざこうして『本番』となると……
もうダメっ。顔が火だるまになりそう。

「うちな、昔はしょっちゅう『歳納さんと綾乃ちゃん』で妄想してたんやけど……」
「『うちと綾乃ちゃん』で妄想しようとしたらめっちゃドキドキしてもうて、難しくて……」

「あ、あんなに私と歳納京子であられもない妄想をしておいて?」

「うん。頭ん中で考えるだけなのに恥ずかしくて恥ずかしくて……それでも妄想したくて……」
「……妄想だけじゃ、終わらせたくなくて」

緊張に耐えきれず、私はゴクリと唾を飲んだ。
千歳の声は真剣そのものなのに妙に色っぽく、私の胸をざわめかせる。



72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 21:14:57.74 ID:ZkVTGXA00


「でも、私たちまだ中学生だし……」

「うん。ちょっと早すぎるかもしれへんけど、でもうち……もっと綾乃ちゃんをこの身に感じたいんや」

「千歳……」

千歳の色香に当てられて、私の理性が溶かされてゆく。

「うち、綾乃ちゃんのことが大好き……」

ゆっくりと、背中に手を回され、緩やかな力で引き寄せられる。
近い。
こんなにも近い。
いろいろと伝わってくる。
千歳の匂い、千歳の感触、千歳の体温、千歳の息づかい
そしてなにより……
千歳の愛が。



73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 21:20:04.05 ID:ZkVTGXA00


もっと、もっと感じたい。
こんなにも情熱的に私を求めてくる、千歳の愛を。

もっと、もっと伝えたい。
私も同じよ、と……

「私も、千歳のことが大好きよ」

言葉だけじゃ足りないから
人は身体を重ねるのかもしれない。

私も千歳の背中に手を回し、ぐいっと引き寄せ……千歳が上になるように、ベッドに倒れこんだ。
見上げると、今にも鼻血を出さんばかりに千歳の顔が赤く染まっているのがわかった。
その顔が私の唇目がけ、ゆっくりと降りてくる。

深い深い、とろけるような激しいキスが、新しい私たちの始まりだった。


おわり



78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 21:28:58.29 ID:ZkVTGXA00


とある冬の夕方、山の上の寂れた神社で、私たちは他愛もない雑談に花を咲かせていた。
駅前に新しくできたカフェのこと、再来週の期末テストの対策、生徒会長の進学先、それから……

「うちな、好きな人ができたんよ」

私の苦手な、恋愛の話。

私の親友に好きな人ができた。その事実を聞かされたとき、胸の奥に穴が空いたような……そんな感じがしたの。

「一年の女の子なんやけど、町内の清掃ボランティアで知り合ってから仲ようなってな」

うつむく私の耳に、千歳の言葉は半分も入って来なかった。

そっか……
私、寂しがっているのね。
親友がどっか遠くに行っちゃいそうな気がして。
親友と過ごす時間が減ってしまいそうで。



80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 21:30:00.96 ID:ZkVTGXA00


……まったく、勝手よね。
私だって、他の女の子に恋してるっていうのに。

綾乃ちゃんの幸せがうちの幸せ。
千歳の言葉を想い出す。
だったら、千歳の幸せが私の幸せでなきゃいけないよね。

────でも。
夕陽に照らされた千歳の横顔を盗み見ながら、考える。
千歳も私と同じように……寂しがってくれてるのかしら?
私の恋をいつも応援してくれて、とても嬉しいんだけど
もしそういうことを思っていてくれてたら……
やっぱり少しだけ、嬉しいかも。

結局そのことは聞き出せないまま
私たちは冬の星座が顔を出すような時間まで、ぽつりぽつりとこの神社で言葉を交わしていた。


おわり



81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 21:31:37.12 ID:ZkVTGXA00


~放課後の帰り道~

綾乃「最悪……授業中に居眠りしちゃったわ……」

千歳「どんまいやで~。綾乃ちゃん夜遅くまで歳納さんのこと考えてたんやろ?そりゃしゃあないで」

綾乃「ち、違うわよ!」

千歳「わかってるって。でもな、徹夜で勉強して授業中寝ちゃうのはやっぱり良くないなあ」

綾乃「そうそう。反省しなきゃね……」

綾乃「……あっ!数学の時間ノート半分取り忘れてた!」

千歳「うちのノート貸すよ?明日学校で返してくれれば全然大丈夫やし」

綾乃「い、いいの?」

千歳「もちろん!困った時はお互い様やで」ニコッ

綾乃「ありがとね、千歳」ニコッ



83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 21:34:43.02 ID:ZkVTGXA00


~千歳の帰宅後~

千歳「けど、居眠りしている綾乃ちゃんも可愛かったなあ。こう、睡魔と戦ってウトウトするところとかたまらへん」ニコニコ

千歳「てか、うちももっと真面目に授業中受けなあかんな。最近は妄想が捗りすぎて、今日の授業中も……」

千歳「……ああああああああ!!!!!」ガタッ

千歳「し、しもた!綾乃ちゃんに貸したあのノート、あれには……授業中についつい描いてもうた、うちの妄想が……!」ダダッ

プルルルルル♪
プルルルルル♪……

千歳(お願い綾乃ちゃん、早く電話に出て……!)

綾乃『はい、杉浦で

千歳「綾乃ちゃん!?うちうち、うちやけど!」



85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 21:39:32.67 ID:ZkVTGXA00


綾乃『え、えっと、その声千歳!?』

千歳「千歳や!綾乃ちゃんに貸したノート今すぐ返して!お願い今すぐ!」

綾乃『ノ、ノートって……あの、も、ももももしかして、あれ……///』

千歳「……み、見た?」

綾乃『みみみみぃ!見てな、ななないわよ!』

千歳「あ、あれは違うんや!気の迷いというかなんというか、魔が差したというか!」アワアワ

綾乃『そ、そそ、そうよね!まさか千歳が、私と……』

綾乃『私と『千歳自身』とで、も、妄想するなんて……///』カァァ

千歳(…………あああああ!///)カァァ



86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 21:41:35.86 ID:ZkVTGXA00


~翌日~

千歳(ついやってしまったとか、魔が差したってのはホンマ。授業中、綾乃ちゃんの横顔を盗み見ていたら……つい筆を走らせて、ノートにあんな落書きをしてもうた)

千歳(いつもなら、歳納さんと綾乃ちゃんがイチャイチャラブラブする絵を描いてるはずなのに……!)

千歳(なんでなん!?うちはもしかして、心の奥では綾乃ちゃんと、そ、そういうことしたいなんて……考えてるん!?)

綾乃「お、おはよう千歳……」

千歳「あ、綾乃ちゃん!?」ドキッ

綾乃「こ、これ、ノート!ありがとね!」

千歳「ど、どういたしまして!」

綾乃「…………///」カァァ

千歳「…………///」カァァ



88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 21:44:16.83 ID:ZkVTGXA00


千歳(ど、どないしょ!意識したら全然顔合わせられへんようになってもうた!)ドキドキ

千歳(こんなの初めてや……。綾乃ちゃんもどこか気まずそうやし……)

千歳(ああもうっ!ドキドキが止まらへん!)

千歳(もしかしてこれが、恋の始まりってやつなんかなあ……)


おわり



90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 21:48:21.08 ID:ZkVTGXA00


いっそ拒んで。突き放してくれて構わへん。
だって、綾乃ちゃんは歳納さんのことが好きなんやろ?

「ごめんね、今まで千歳の気持ちに気づいてあげられなくて」

やめて。謝らんといて。
綾乃ちゃんは何も悪くないのに……

「千歳と離れたくない。ずっと一緒にいたい。だから私は、歳納京子じゃなくてあなたを選ぶわ」

そんなのあかん!
そんなの、自分の恋心を圧し殺して無理しとるだけやん!

うちの本心、気づいて欲しくなかった。
何も知らないまま綾乃ちゃんには自分の恋に向かって突き進んで欲しかったのに。
なあ、わかってよ。
綾乃ちゃんの幸せがうちの幸せってことを。



92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 21:55:18.24 ID:ZkVTGXA00


綾乃ちゃんは優しい子やから
気づいてもうたら、うちを泣かせないためにこうするしかないって言う……

そんな慰めはいらんのや!


────って、言えへん。
思うたことが口に出せへん。
綾乃ちゃんに伝えられへん。
それはうちが、綾乃ちゃんと結ばれることを望んでしまっているからで……

結局、うちは綾乃ちゃんに一言も言えないまま
その腕に静かに抱き寄せられた。

こんなに苦しいなら、もうおかしくなってしまいたい。
狂ってまえば、こないな葛藤しないで済む。

綾乃ちゃんの幸せが、うちの幸せなのに……
そのはず、だったのに。


おわり



93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 21:58:53.58 ID:ZkVTGXA00


櫻子「わぁい雪だぁ!」ドタドタ

向日葵「まったく、雪が積もったくらいではしゃいじゃって……」ヤレヤレ

千歳「でも綺麗やなあ。足跡一つついてへん、まっさらな銀世界や!」

櫻子「へっへー、その銀世界を櫻子様が侵略してやるぞー」ドタドタ

綾乃「あっという間に大室さんが足跡付けまくってる……」

向日葵「それにしても、学校の近くにこんな広い空き地があったなんて知りませんでしたわ」

千歳「うちと綾乃ちゃんは去年の冬にここで雪合戦したんやで」ニコニコ

綾乃「うう……思い出したくもないわ」ガクガク

向日葵「な、何かあったんですか?」



95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 22:04:16.77 ID:ZkVTGXA00


綾乃「千歳と雪玉でじゃれあってたら偶然歳納京子と船見さんがやってきて、今の大室さんみたいに走り回った歳納京子が私にぶつかって倒れて重なり合って……」

綾乃「千歳の鼻血で、一面の銀世界が紅で塗りつぶされた」

千歳「あはははっ、あれは良い想い出やな~」

向日葵「そ、それは大変でしたわね……ぶふっ!」ズドン

櫻子「ピッチャー櫻子、華麗にストラーイク!」

向日葵「……やりましたわね……」

千歳「これは雪合戦の予感や!」

綾乃「ちょっ、古谷さん落ち着いて!」



97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 22:06:14.50 ID:ZkVTGXA00


櫻子「へへーん!かかってこぶべらぶっ!」ズドン

向日葵「クリーンヒットですわ!」

櫻子「やったなおっぱい魔人!」ムキーッ

向日葵「先にやったのはそっちでしょう!?」


\ナンダトー!/   \デスワー!/


綾乃「二人で雪合戦始めてるわ……」

千歳「二人とも楽しそうやなあ。うちらも混ざる?」

綾乃「え、遠慮しとくわ。制服だし」



99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 22:09:56.59 ID:ZkVTGXA00


~10分後~

櫻子「冷たい」

向日葵「びしょ濡れですわ…」

櫻子「向日葵が雪玉ぶつけてくるから」

向日葵「だからあなたが最初にぶつけてきたんでしょう!?」

千歳「はいはい、そこまでやで~」

綾乃「ココア買ってきたんだけど、飲む?」

櫻子「ココアっ!?」

向日葵「そ、そんな!悪いですわ!…って、いつの間に買いに行ってらしたんですか?」

綾乃「あなたたちが雪合戦してる間に、そこの自販機でね」

千歳「二人ともビチョビチョになる思てな」



101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 22:16:13.17 ID:ZkVTGXA00


向日葵「す、すみませんご迷惑おかけして!」ペコペコ

千歳「気にせんでええよ~。ほな、冷めないうちに飲み。手も温まるで」

櫻子「うひょー!杉浦先輩池田先輩ありがとうございます!」

綾乃(やれやれ。可愛らしい後輩たちね)フフッ

千歳(ほっこりするわ~)ニコニコ


向日葵「そろそろ帰りませんと。夕飯の支度が…」

綾乃「そうね……って、あら?」

ポツポツ ポツポツ…

櫻子「うおお!雨降ってきた!」ビクッ

向日葵「大変ですわ!傘持ってないのに……」

千歳「うち、折り畳み傘あるで。しかも二つ」

一同「二つ?」



102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 22:20:09.42 ID:ZkVTGXA00


千歳「そうそう。……あった!」ゴソゴソ

櫻子「池田先輩すげー!かっけー!でもなんで折り畳み傘二つも持ってるんですか?」

千歳「それはな」

櫻子「それは?」

千歳「一個は自分用で、もう一個は……綾乃ちゃんと歳納さんが相合傘するために常備しとったのや!」

綾乃「は、はぁ!?」

千歳「突然のにわか雨に慌てる綾乃ちゃんと歳納さん。二人とも傘は持っていない。このままではずぶ濡れで帰ることに……しかし!」

千歳「そこに颯爽とうちが登場!折り畳み傘を一つだけ差し出し!綾乃ちゃんと歳納さんはくっつきながら相合傘で……あかんっ!」ブシャー

綾乃「……また雪原を赤く染めてしまったわ……」

千歳「でも今役に立ちそうで良かったわあ。大室さんと古谷さんに一つ貸すから、相合傘して帰るとええよ~。うちは綾乃ちゃんと相合傘するから。あっ、返すんはいつでも大丈夫やで」

櫻子「だ、誰が向日葵なんかと!」

向日葵「そ、そうですわ!櫻子と相合傘するくらいなら雨に濡れて帰ります!」



105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 22:25:09.24 ID:ZkVTGXA00


櫻子「私は池田先輩と相合傘して帰ります!」ギュッ

千歳「あらあら」ウフフ

向日葵「……えっと……私はこのまま帰りますわ!」

綾乃「ふ、古谷さん、私の傘に入る?」

向日葵「せ、先輩にこれ以上ご迷惑はかけられ」

綾乃「ほら、早く入らないと濡れちゃうわよ」

向日葵「す、すみません……///」

櫻子「池田先輩ありがとうございます♪」

千歳「ええよええよ~。大室さん、頭の後ろに雪ついてるで」

櫻子「え?……取れました?」ゴソゴソ

千歳「うちが取ったるで」サワサワ

櫻子「ひゃうん///」ビクン



107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 22:31:19.44 ID:ZkVTGXA00


千歳「あっ、取れた取れた」

櫻子「ありがとうございます!なんか変な声出ちゃいました」テヘッ

向日葵「…………」

綾乃(ふ、古谷さんからどんよりとしたオーラが……)

綾乃「あ、あの、やっぱり大室さんと一緒に傘入った方がいいんじゃないかしら?」

向日葵「べ、別に櫻子と一緒の傘なんて入りたくありませんわ!杉浦先輩と一緒がいいんです!」

綾乃「でも、私たち最終的には帰る方向違うし……」

向日葵「あっ……」

綾乃「大室さんとご近所なんでしょ?」

向日葵「そ、そうですけど……」モジモジ

櫻子「し、仕方ないなあ。私の傘に入れてやろうじゃあないか」ヤレヤレ

向日葵「こ、こっちこそ、仕方なく櫻子と相合傘して差し上げますわ!感謝しなさい!」

綾乃(やれやれ)

千歳(二人ともちょっと嬉しそう)フフッ



108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 22:36:01.16 ID:ZkVTGXA00


~そして、綾ちと二人きりの帰り道~

千歳「綾乃ちゃんと相合傘なんて久しぶりやなあ」

綾乃「そうね。ありがとね、千歳」ニコッ

千歳「どういたしまして」ニコッ

千歳「ところで、次は歳納さんと相合傘するんやから、心の準備しとかなあかんで」

綾乃「な、ななな何言ってるのよ!誰が歳納京子なんかと!」

千歳「あはは、綾乃ちゃん、さっきの古谷さんと大室さんにそっくりな反応やん」ウフフ

綾乃「う、うるさいわね///」プイッ

千歳「本当はしたいくせに」

綾乃「……バカっ」



109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 22:38:34.22 ID:ZkVTGXA00


千歳「綾乃ちゃん可愛いなあ」

綾乃「べ、別に歳納京子と相合傘なんてしなくても。私は……」

綾乃「千歳と出逢うまで、友達と相合傘なんてしたことなかったの。それ以前に友達が……」

綾乃「だ、だから、千歳と相合傘するならそれでもうとってもとっても幸せなんだから///」プイッ

千歳「綾乃ちゃん…………」

千歳「…………///」

千歳「……ありがとな」ニコッ

綾乃「ほ、ほら、さっさと帰るわよ。雨が酷くならないうちに!」

千歳「うん!」


おわり



114 : 忍法帖【Lv=31,xxxPT】(1+0:15) 2012/12/15(土) 22:59:20.68 ID:oXF/bKqS0


乙でしたー!


115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 23:00:56.42 ID:BzjyMxAD0





116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 23:02:55.28 ID:IGu9WH5+O


乙だった


117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 23:06:46.42 ID:L8B42ted0


おつおつ


関連記事

あやちとは純白
[ 2012/12/16 09:18 ] [ 編集 ]

あやちととか京鶴のssみる度に思うけど2年組の関係ってかなり複雑でドロドロだよな
ほんの些細なきっかけですぐに人間関係が拗れていまいそうな気がする
[ 2012/12/16 09:37 ] [ 編集 ]

↓それでもゆるゆり世界だから(今のところは)みんな仲良しで済んでいるが、なもりの百合姫表紙連載のような殺伐とした世界観だと…

想像したくないorz
[ 2012/12/16 13:47 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/2152-00e7e5b4


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ