FC2ブログ









澪「聖なる夜に」

2 :名無し 2012/12/24(月) 21:38:44.90 ID:zajLGDS80


今日は、12月24日。クリスマス・イヴ

けいおん部の皆と私の家でパーティーを開いた。

パパとママも旅行で居ないため、大はしゃぎ。

ケーキを食べあったり、プレゼント交換をしたりと盛り上がり夜は更けていった。


律「もう遅いし、澪の家泊まっていこうぜ」

紬「お泊り!良いわね」

梓「でも、着替えとかどうするんですか?」

紬「ご心配なく、家のメイドに用意させるわ」

唯「さすがムギちゃん」

律「良し、決定だな」





4 :名無し 2012/12/24(月) 21:40:14.71 ID:zajLGDS80


澪「おいおい勝手に…」

澪「まあ、泊まるのは良いけど布団そんなに無いぞ?」

梓「そうなんですか?」

澪「私の含めて3組だ」

紬「一緒の布団で寝れば良いのよ!」

唯「そうだね」

紬「布団二組合わせれば、3人寝られそうね」

律「澪の部屋、そんなに布団敷けないからそっちの3人リビングだな」

澪「そうだな」

唯「後の二人は、布団一組で二人だね」

澪「そっちの二人は狭いな。組み合わせは?どうする?」



5 :名無し 2012/12/24(月) 21:41:38.82 ID:zajLGDS80


律「は?決まってるだろ?」

澪「え?」

律「ここは澪の部屋、澪の布団」

澪「うん」

律「澪が布団一組で二人の方に入るのは決定」

澪「何か、腑に落ちないけど…まあ良いか」

律「で、布団一組で二人だと狭いだろ?」

澪「うん」

律「なら、一番小さい梓とペアになれば良い」

澪梓「え?///」

紬「律ちゃん、ナイスアイデア」

梓「…でも///」

唯「あずにゃん、澪ちゃんと一緒に寝るの嫌なの?」

梓「嫌じゃないですけど…」

律「なら決定だ!」



6 :名無し 2012/12/24(月) 21:43:28.02 ID:zajLGDS80


……

唯「おやすみー」

紬「お休みなさい」

律「じゃあな」にやにや

律が不敵な笑みを浮かべ、部屋を出ていった。

澪「何か、凄く騙された気がする」

梓「上手く丸め込まれちゃいましたね」

澪「布団敷こうか?」

梓「はい」

敷き敷き

澪「さて、寝よ?」

布団をめくり、梓を招く。

梓「じゃ、じゃあ」

梓は照れくさそうにしながら布団の中に、もぞもぞと入ってきた。



8 :名無し 2012/12/24(月) 21:45:11.69 ID:zajLGDS80


いざ、こうして布団に二人で入ってみると何とも言えない恥ずかしさ。

さすがに布団一組に二人は狭かった。

お互いの身体が、ほぼ密着状態。

澪「冬場の布団は、冷たいな」

恥ずかしさを紛らわすかのように話しかける。

梓「そうですね」

梓「私、寒いの苦手なんです」

澪「そうなんだ」

梓「あの…抱っこ」

澪「ん?」



9 :名無し 2012/12/24(月) 21:46:33.65 ID:zajLGDS80


梓「温まるまで抱っこしてもらって良いですか?///」

澪「え?…良いけど///」

辿々しく梓を抱きしめた。

梓も私の背中に手をまわす。

お風呂上りの梓の髪から、シャンプーの香りが漂う。

梓「温かいです///」

つぶらな瞳で私に微笑みかける。

…可愛い///

梓「すぐに寝るの勿体無いから、お喋りしてません?」

澪「うん」



10 :名無し 2012/12/24(月) 21:47:50.69 ID:zajLGDS80


音楽の話などしていたがやがて…

梓「澪先輩って、サンタクロース信じてました?」

澪「サンタさん?」

梓「はい」

澪「中学生まで信じてたけど」

梓(中学生まで…)

澪「正体がパパとママだって分かってガッカリしたっけ」

梓「でも、居ないって分かっててもこの時期になるとお願いしちゃいません?」

澪「ああ、あるかも」

梓「私の今年のお願いは、叶いました」

澪「へえ、何お願いしたんだ?」



11 :名無し 2012/12/24(月) 21:49:40.96 ID:zajLGDS80


梓「…クリスマスに澪先輩と過ごせますようにって」

澪「え?」

梓「嬉しいです、こうやって澪先輩と一緒に居られて///」

澪「?」

梓(もう、鈍いですね…)

梓は、私の胸に顔を埋め少し間をおいて

梓「澪先輩?」

澪「ん?」

梓「私、澪先輩が好きです」

澪「へ?」

突然の事に、頭が付いていかず固まる。



12 :名無し 2012/12/24(月) 21:50:56.99 ID:zajLGDS80


梓は、胸に埋めていた顔を上げ

梓「私、ずっと澪先輩が好きだったんです///」

赤くなった顔で、私を見つめ告白。

か、可愛い///

その可愛さは、反則だよ梓。

自然と梓を抱っこしてた腕に力が篭る。

ギュウッ

澪「ありがとう」

梓「え?じゃあ?」

言葉に出すのが照れくさくって、私はただコクッと頷いた。

梓が満面の笑みを浮かべる。



13 :名無し 2012/12/24(月) 21:53:50.55 ID:zajLGDS80


しばらく、抱きしめあった後

梓「澪先輩ってキスした事有ります?」

澪「キス?無い無い///」

梓「お互いファーストキスですね///」

梓は、私の首に手を回し顔を近づけ

ちゅっ

澪「んっ」

私、梓とキスしてる…

とっても柔らかい。

しかし、すぐに唇は離れてしまった。

梓の柔らかい唇の感触をもっと味わいたくて

澪「あの…もう一回キスしよ?///」

梓「あ、はい///」



14 :名無し 2012/12/24(月) 21:55:34.83 ID:zajLGDS80


今度は、私が梓の首に手を回し顔を近づけ

ちゅっ

梓の唇は、とても柔らかくキスしてるだけで…

梓「んっ」

自然とキスは、軽いキスからディープキスへ。

私に従うように梓も口の中で舌を差し出す。

澪梓「ふぅ…んんっ、ちゅっふぁっ、ちゅ、ん…」

唾液で濡れた互いの舌が絡み合い、重なった唇の隙間から互いの唾液が零れる。

絡み合った舌が離れると、ツゥッ…と互いの舌の間で糸を引いて切れた。

梓は恍惚とした表情を浮かべていた。



16 :名無し 2012/12/24(月) 21:57:20.85 ID:zajLGDS80


その顔が凄くHで…

これが、理性が飛ぶって奴なんだろうか?

梓をゆっくりと押し倒した。

梓「え?///」

梓を見下ろし問いかける。

澪「梓は、Hしたことある?」

何を言ってるんだ私は?

梓「キスもしたことなかったのに、Hなんてしたこと無いですよ///」

澪「ふふ、そうだったな」

澪「してみる?」

駄目だ。もう、口が止まらない。

梓「え?」

澪「私とH」



17 :名無し 2012/12/24(月) 21:59:38.60 ID:zajLGDS80


梓は、しばし私から視線を外した後

梓「…してみたいです///」

梓がそう答えると同時に唇を奪った。

さっきよりも激しいキス。お互いの舌を絡め吸い合う。

澪梓「んぅ・・ちゅむ・んくっ・・ふうっ…ちゅっちゅっ」

一旦唇を離す。

澪梓「はぁはぁ…」

キスするのに夢中で、呼吸するのを忘れてしまった。

充分、呼吸した後もう一度キス。

キスしたまま梓のズボンに手を入れ、太ももをゆっくりと手で撫で回す。

梓「んんっ」

手を梓のあそこに持っていく。



20 :名無し 2012/12/24(月) 22:04:36.06 ID:zajLGDS80


梓「ひゃっ、あんっ…」

パンツの中に手を入れると、粘っこい液体が指に絡み付いた。

あそこは、既に濡れていた。

澪「梓は意外に、Hな子なんだな」

梓「え?」

澪「キスだけで、こんなに濡らしちゃうなんて」

梓の目の前に愛液の付いた指を持っていき、糸を引かせてみせる。

梓に見せ付ける様に愛液をペロペロと舐める。

澪「Hな味」

梓///

そっち系の用語だと、『受け』はネコ、『責め』はタチと言うらしい。

私の性格からして、ネコの方かなと思ってたけど、どうやらタチだったらしい。



21 :名無し 2012/12/24(月) 22:06:41.18 ID:zajLGDS80


澪「ここを弄るのは、まだお預け」

澪「先にこっちから」

パジャマのボタンを外し、脱がせる。

小さい胸のふくらみが露わになる。

梓「恥ずかしいです///」

梓は、手で胸を隠す。

澪「可愛いよ、梓の胸」

梓の手をどけ、胸を優しく揉み始める。

梓「ん!」

梓の胸を愛撫。

乳首を摘んだり、指の先でつぅっと触れてみたりと弄ぶ。

乳首がピンと立ってきた。

澪「どう? 気持ち良い?」

梓「はい…」



22 :名無し 2012/12/24(月) 22:08:45.01 ID:zajLGDS80


澪「そう、それじゃあもっと気持ち良くして上げる」

梓の乳首を舌先でレロレロと刺激する。

梓「ひゃん!…ああ…」

さらに乳首をチュパチュパと音を立てて吸う。

反対側の乳首を指で摘み、コリコリと刺激する。

梓「ああっ、んっ」

梓は、身体をよじらせ、声をあげる。

澪「梓は敏感なんだな」

恥ずかしいのか、声を抑えようとするのが可愛くて仕方ない。

澪「ふふ、あそこはどうなっているかな?」

再び、梓のパンツに手を入れる。

指に熱い愛液が、いやらしく絡みついてくる。

パジャマのズボンと一緒にパンツを脱がせると、その場所は愛液で溢れていた。



23 :名無し 2012/12/24(月) 22:10:24.54 ID:zajLGDS80


そこに舌を這わせた。ペロッ

梓「ひぁう!」

梓が可愛らしい声を上げる。

クリトリスを舌先で舐める。

梓「んっ…ぁああ!!」

梓が体を仰け反らせる。

どうやら梓は、クリトリスが弱いらしい。

クリトリスを時には優しく、時には激しく刺激する。

その度に梓の息は荒くなり、身体を震わせ、愛液が溢れ出す。

梓「ああんっ、あぁっ」

私の愛撫に梓は最早、我慢せずに声を出して喘いでいた。

梓「ああっ、はっ、んあっ…澪先輩、私もうっ…」

澪「梓のイっちゃうところ、見せてね」

梓「あ……っん」

羞恥と快感に梓が身を震わせる。



24 :名無し 2012/12/24(月) 22:12:37.70 ID:zajLGDS80


止めとばかりに、クリトリスをチュウっと吸い上げる。

梓「ああああぁああっ!!」

梓「澪先輩っ!」

梓は最後に私の名前を叫ぶとビクビクと身体を跳ねさせた。絶頂に達した様だ。

澪「イっちゃった?」

梓「…はい///」

布団に横たわる梓を抱き起こし、抱きしめる。

澪「梓のイク所可愛かったよ」

梓「そうですか///」

顔を真っ赤にして俯く梓の顎を持ち上げ

澪「可愛い所を見せてくれたご褒美に」

ちゅっ



25 :名無し 2012/12/24(月) 22:13:58.08 ID:zajLGDS80


そのまま深いキスを交わしてると

澪「ん?あれ?梓、また濡れてきちゃってるな」

梓「み、澪先輩のキスが上手だから///」

澪「え?私そんなに上手い?」

梓「はい///」

澪「ふふ、こんなに濡らしちゃって」

指先であそこをツゥッとなぞる。

梓「ひゃっ」

指先で撫でるだけで、梓の口から声が漏れる。

クリトリスを露出させクリクリと弄る。

梓「んぁっ…そこ、気持ち良いです」

梓の身体がピクピクと跳ねる。



26 :名無し 2012/12/24(月) 22:16:01.17 ID:zajLGDS80


右手で乳首をコリコリと摘む。

あそこを弄る指を小刻みに動かし、刺激する。

グチョグチョと卑猥な音が立つ。

澪「Hな音だな」

梓「ああああぁっ」

梓「み、澪先輩それ以上弄られると///」

刺激する私の左手を掴んできた。

澪「ん?」

梓「出ちゃいそうです///」

澪「…何が?」

梓「その…おしっこ///」

梓の言うおしっことは、恐らく潮吹きの事だろう。

澪「良いよ、出しちゃって」

梓「で、でも///」



27 :名無し 2012/12/24(月) 22:18:19.40 ID:zajLGDS80


澪「大丈夫、梓のおしっこ出る所見せて」

梓「ええ!///」

澪「我慢しなくていいから」

澪「それそれそれ」

指の動きを速める。

梓「あぁああっ、も、もう///」

梓「にゃああぁっ!」

ブシューと梓の股間から、潮が噴出された。

熱い潮が私の脚やお腹に飛び散る。

梓は、全身をガクガクと震わせた後グッタリして私にしがみついてきた。

自分の腕の中で息を荒くしている梓が愛しくて、そのままギュッと抱きしめる。

子供をあやすように、背中と頭を軽くポンポンと叩きながら優しく抱きしめた。
 
澪「沢山おしっこ出ちゃったな」

梓「恥ずかしいです///」



29 :名無し 2012/12/24(月) 22:20:33.58 ID:zajLGDS80


澪「今度は、梓が私を気持ち良くしてくれる番だぞ」

梓「えと、その…ど、どうすれば?///」

躊躇している梓を見かね、自分の服を脱ぎ上半身をさらけ出す。

梓「わ///」

ふふ、可愛いな。顔真っ赤にして私の胸に釘付けになってる。

そんな梓を私の胸に抱き寄せる。

むにゅぅっ

梓「わわっ///」

澪「梓の好きにして良いよ」

そう言われた梓は、私の胸に両手でゆっくりと触れてきた。

梓「おっぱい、柔らかいです///」もみもみ



31 :名無し 2012/12/24(月) 22:23:28.46 ID:zajLGDS80


梓はゆっくりと私の胸に口をつけた。

澪「ん…」

梓は胸をチュパチュパと吸い始めた。

一心不乱に私の胸に吸い付く。

そっと、梓の頭に手を置き頭を撫でる。

澪「ふふ…梓、赤ちゃんみたいだな」

梓「もう、そんな風に言わないでくださいよ///」

チューチューと赤子のように吸い続ける梓。

梓「脱がせますね」

梓が私のズボンとパンツをずり下ろす。

梓「じゃ、じゃあ///」

少し躊躇いがちに、私のあそこへと舌を這わせてきた。

澪「あんっ」

初めて味わう、舌の柔らかい感触は何とも言えない気持ち良さだった。



32 :名無し 2012/12/24(月) 22:25:54.66 ID:zajLGDS80


梓は一心不乱に、あそこをペロペロと舐めている。

まるで、ミルクを飲む子猫みたいだ。

梓「気持ち良いですか?」ペロペロ

澪「うん」

梓「良かったです」ペロペロ

澪「あっ、そこ気持ち良い」

梓「もっと気持ち良くして上げます」ペロペロ

澪「あああぁっ」

全身を突き刺す様な衝撃が走り、私は絶頂に達した。

梓「イッちゃいました?」

澪「うん///」



33 :名無し 2012/12/24(月) 22:28:06.68 ID:zajLGDS80


この気持ち良さを梓と一緒に、味わいたいな。

澪「梓こっちにお尻向けて?」

梓「こうですか?」
 
梓は、言われるがまま私にお尻を向ける。

梓のお尻をグッと掴み眼前へと引き寄せる。

梓「わっ!」

目の前に、あそこが露わになる。

そのあそこに舌を這わせた。

梓「ひゃ!」

梓が可愛らしい声をあげる。

梓のあそこを舌で舐める。吸い付く。

梓も喘ぎながら、私のあそこに口をつける。



34 :名無し 2012/12/24(月) 22:31:11.70 ID:zajLGDS80


澪「んん!」

梓「んっ…ふ…」

お互い、あそこを舐め合う。

澪「梓……気持ち良いか?」

梓「気持ち良いです」

梓も気持ち良くなってくれてるみたいで嬉しい。

あ、でもこの体勢だと気持ち良くなってる梓の顔が見えないな。

澪「梓こっちに頭向けて」

梓「はい?」

向かい合い身体を起こし梓を抱っこ。対面座位の体勢になり、梓の片脚を持ち上げる。

梓「え?」

梓の身体を抱きよせ、耳元で囁く。

澪「梓。一緒に気持ち良くなろ?」



35 :名無し 2012/12/24(月) 22:33:19.73 ID:zajLGDS80


自分のあそこを梓のあそこにあてがった。

そしてゆっくりと腰を動かし始める。

互いの愛液が混じり、ヌチョヌチョっといやらしい音が立つ。

梓「ああ!…澪先輩。これ、凄く…気持ち良いです…」

これなら、梓の顔が見える。

お互いのあそこを合わせたまま腰を動かしながら、ぎゅっと梓の足を掴む。

梓「はぁ…あああ……澪先輩…私もう……イっちゃいそうですぅ…」

澪「まだ駄目、私ももう少しだから一緒に。ね?」

梓「はい」

ヌチョヌチョッ、グチョッグチョッ。

卑猥な音が加速する。

澪梓「ああああぁああっ!!」

2人で声を上げ、一緒に絶頂に達した。



38 :名無し 2012/12/24(月) 22:36:11.21 ID:zajLGDS80


しがみ付いていた手にギュウッと力が篭められたかと思うと、ふっと力が抜けそのまま私に寄りかかる。

達した梓は全身で息をしながら、快楽の余韻に浸っていた。

そんな梓を優しく抱きしめると、額にキスを落とす。

さっきは、恥ずかしくて言えなかったけど今なら…

澪「梓、大好き」

梓「私も大好きですよ、澪先輩」

梓「サンタは、やっぱり居るんですね」

梓「クリスマスに澪先輩と過ごせたどころか」

梓「恋人になれてキスやHまで///」

澪「うん。……それにしても、随分偶然だな」

梓「え?」

澪「急に、私の家に泊まることになったり梓と一緒の布団に寝ることになったり」

梓「そ、そうですね///」



39 :名無し 2012/12/24(月) 22:37:18.36 ID:zajLGDS80


その頃リビングでは

澪梓 ギシギシ、アンアン

唯「澪ちゃんとあずにゃんは、プロレスごっこでもしてるの?」

紬「あれは、プロレズごっこって言って大人の遊びよ」

律(梓がクリスマスに澪と二人きりになりたいって言うから、ムギと協力して手筈してやったけど)

律(まさか、Hまでしちゃうとは///)

律「夜中って結構声が響くもんだぜ、お二人さん?」



おしまい



40 :名無し 2012/12/24(月) 22:38:20.56 ID:zajLGDS80


クリスマスに何を書いてるんだ俺は・・・


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/24(月) 22:40:39.58 ID:sNAGaQEm0


乙だ
よくやったぞ



42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/24(月) 22:41:31.53 ID:rZkINqmZP


おつん


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/24(月) 22:41:53.70 ID:yKQpLVdA0



よくやり遂げた



関連記事

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/2202-7e2a5eef


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ