fc2ブログ









宥「私と弘世さんが入れ替わった?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 23:19:43.45 ID:z4ogS7bf0


菫(松実宥……手強い相手だった。決勝までに何か対処法を考えておかなければな)スタスタ

宥(白糸台の弘世さん……次は対策も通じないだろうし、どうしよう)テクテク

菫「うわっ」

宥「きゃっ!」

ゴツン!





2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 23:20:15.08 ID:z4ogS7bf0


宥「すまない、考え事をしていて……不注意だった」

菫「いえ、私もよそ見していたので……」

宥「……あれ?」

菫「……え?」

菫宥「「なんで私がここに!?」」



3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 23:21:15.63 ID:z4ogS7bf0


宥「……確認するぞ。私は弘世菫」

菫「私は松実宥です」

宥「つまり、私たちは互いの体が入れ替わっている、ということでいいのか?」

菫「はい、そうだと思います……」

宥「そうか……ふむ」

菫(さすが白糸台の部長さん、冷静だなあ)

宥「一体なにがどうしてこうなったんだ……」ウロウロ

菫「あ、足元気をつけてください。私の靴、今ちょっとすり減ってるから」

宥「えっ? うわ!」スッテーン

菫(意外にあわてんぼさんなのかな?)



4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 23:22:44.71 ID:z4ogS7bf0


宥「いたた……すまない、君の体なのに」

菫「いえ、気にしないでください」

菫(私の体、か……そういえば私、今は弘世さんの服を着てるんだよね……)

宥「どうかしたのか?」

菫(……寒い!)ブルブル



5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 23:24:13.17 ID:z4ogS7bf0


菫「あのう、マフラー貸してもらえませんか?」

宥「あ。ああ、すまない。気がつかなかった」バサッ

菫「すみません、私、寒がりで……」

宥「知ってる。マフラーだけで大丈夫か?」

菫「はい……」カタカタ

宥「……ふるえてるじゃないか。ほら」バサッ

菫「あ、私のカーディガン……」

宥「今の私は逆に暑すぎるくらいだから、これでちょうどいいんだよ」

菫「……ありがとうございます」



6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 23:26:55.37 ID:z4ogS7bf0


淡「菫せんぱ~い?テルーが遅いから心配してたよーって、うわっ!」

宥「げっ」

菫「あっ」

淡「菫先輩が阿知賀の人の衣服を剥ぎとって着てるっ!?」

宥「いや、その」

淡「大丈夫、阿知賀の人? 何があったの?」

宥「ああ、うん。これはな、試合後のユニフォーム交換、みたいな」

淡「変に気を使わなくていいんだよ! 菫先輩に何か乱暴されなかった?」

宥「おい」(低音)

淡「えっ?」



10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 23:28:33.23 ID:z4ogS7bf0


菫「えっと、大星淡、ちゃん?」

淡「へっ?」

宥「淡、でいい」(小声)

菫「そう。淡、ちゃん。私、ちょっと風邪を引いちゃったみたいで、休憩所で休んでたの」

菫「そこにひr、松実さんが来て、寒気がするって言ったら上着を貸してくれてたんだよ」

淡「そっかー。だからいつもよりちょっとよわよわしい感じがするんだね」

宥(うまく言いくるめたな)

淡「決勝も近いんだし、ホテルに帰ったらちゃんと休まなきゃだめですよ?」

菫「うん、ありがとう」にっこり

淡「ふぇっ!?」///



11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 23:30:41.96 ID:z4ogS7bf0


菫「もうちょっとここで休ませてもらってから行くから」にこにこ

宥(うわあ、私の顔、あんな笑顔ができるんだな)

淡「わわわかりました! おおおおおお大事にっ!じゃね!」ダダダッ

宥(淡のあんな反応も珍しいな。今度私もやってみよう)

菫「……なにか驚かせちゃったのかな?」

宥「ああ、驚いたと思う。すごく」



13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 23:34:13.00 ID:z4ogS7bf0


菫「一応ごまかせたみたいだけど……これからどうしよう」

宥「……とりあえず、阿知賀の控室に行かないか?」

菫「えっ?」

宥「この件、私たちだけで解決するには荷が重い。誰か信頼できる人に相談した方がいいだろう」

宥「白糸台でもいいんだが、うちは人が多すぎるからな。知られる相手はなるべく少ない方がいいからな」

菫「……わかりました」

菫(そうは言っても、控室で話すなら白糸台も変わらないんじゃ)

菫(……私のこと、気遣ってくれてるのかな?)



17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 23:38:02.04 ID:z4ogS7bf0


阿知賀部屋

憧「宥姉と弘世菫が入れ替わったぁ?」

菫「うん……」

穏乃「宥さん、じゃなくて弘世さん? は寒くないんですか?」

宥「ああ、この体が問題、と言うわけではないらしいな」

灼「首元見せてる宥さんって初めて見たかも」

憧「あんたたち順応早いわね……玄はあんなに驚いてるのに」

玄「お、お姉ちゃん……?」ヨロヨロ

菫「玄ちゃん、本当なの。信じてくれる?」

玄「お姉ちゃん……」モミモミ

宥「おい」ゴスッ

玄「あう」



19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 23:39:37.82 ID:z4ogS7bf0


憧「宥姉が玄にあんな厳しいツッコミ入れるなんて……もしかしてマジ?」

晴絵「ニワカには信じがたい話だけど……。玄、何か宥でなきゃ知らないことを聞いてみてくれ」

玄「えっと……お姉ちゃんの使ってる湯たんぽの種類は?」

菫「fashyのファニーモンスター」即答

玄「本当みたいです」

全員「おお……」



22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 23:42:02.47 ID:z4ogS7bf0


菫「それで、どうすれば元に戻ると思う?」

憧「やっぱり、入れ替わった時と同じことをすればいいんじゃない?」

灼「宥さんと弘世さんは、曲がり角で頭をぶつけたんだっけ」

穏乃「じゃあ、もう一回頭をぶつければいいってことだね!」

晴絵「まあ、常套手段だね。ちょっとやってみたら?」

菫「はい。……えい」ポコン

宥「……もうちょっと強く頼む」

菫「……えい!」コツン



23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 23:43:49.00 ID:z4ogS7bf0


灼「これは、宥さんには荷がおも……」

憧「優しいからねー。人を本気で殴るなんて無理かも。頭突きだけど」

菫「弘世さん、お願いできますか?」

宥「わかった。いくぞ」

菫「……っ!」ギュッ

宥「う、くっ!」



25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 23:47:04.05 ID:z4ogS7bf0


宥(私の体なのに、なんでこんなに罪悪感があるんだ……)

菫「じ、焦らさないで、早くお願いします……」ウルウル

宥「わ、わかった」

灼「なんか、えろ……」

玄「?」

菫「……っ!」ギュッ

宥「……えい!」コツン

憧「ダメじゃん」



27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 23:49:51.43 ID:z4ogS7bf0


穏乃「私にやらせてください!さあさあ、二人ともここにアタマ出して」

菫「え、ええ?」

宥「これでいいのか?」

穏乃「はい。それじゃ」ムンズ

灼「そんな、シンバル叩くサルみたいな……」

穏乃「行きますよー……、そいやっ!」ガツン!



29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 23:52:39.46 ID:z4ogS7bf0


灼「すごい音したけど、大丈夫?」

菫「痛い……」ジンジン

宥「ふおぉ……」ジンジン

晴絵「ダメかー」

憧「シズ、アンタもアンタで容赦ないわね……」

穏乃「だ、だって本気でやれって言ったじゃんか!」



32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 23:56:37.16 ID:z4ogS7bf0


晴絵「しかし、これでだめならちょっと打つ手が見つからないな」

玄「ずっとこのまま、なんてことはないよね?」

憧「うーん、どうだろ。小説とかだとそういう話もないではないわよね」

菫「そんな……」

灼「ちょっと、憧」

憧「あ、ごめん……」

菫(もし、戻れなかったら……)

宥「……大丈夫だ」ギュッ

菫「あっ」

宥「たとえどれだけ時間がかかっても、元に戻る手段は必ず見つけてみせるさ」

菫「……うん」



34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 00:00:11.78 ID:dBk2ZDAC0


コンコン

照「すみません、菫がここにいると聞いたのですが」

宥「げっ、照!?」

照「?」

菫「て、照! なんでここがわかったの?」

照「淡から、阿知賀の人と一緒にいたって聞いた。具合悪いんでしょ? 早く帰って休まないと」

菫「あのね、私はちょっと用事があるから」

照「菫の体の方が大事。阿知賀の人達も、すみませんが用事は後にしてもらえませんか?」

憧「ちょっと、どうするのよ?」小声

晴絵「向こうの方が正論だし、これは断れないよ」小声

菫「えっと……」



37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 00:02:53.59 ID:dBk2ZDAC0


照「ほら、行くよ菫」グイッ

菫「え、ちょっと、待っ」

宥「おい照、待てって!」グイッ

照「さっきからなんなんですか? 菫は疲れてるんです」グイグイ

宥「だからって話も聞かずにつれて行くのはよくない! まずは落ちついて」グイグイ

菫「ふ、二人とも手を離して……!」



40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 00:06:51.68 ID:dBk2ZDAC0


照「あっ」スポッ

玄「照さんの手がすっぽ抜けた!」

穏乃「勢い余った弘世さん(体は宥さん)が宥さん(体は弘世さん)の手を引っ張ったままバランスを崩した!」

灼「そのままもつれあって倒れこむ……!」

憧「なによその息のあった実況」

宥「うわっ」

菫「きゃっ!」

ゴチン!



41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 00:08:17.90 ID:dBk2ZDAC0


菫「いたた……くそっ、照のやつめ」

宥「うう……」

菫「……え?」

宥「あれ?」

菫宥「「元に戻ってる!」」

照「?」



45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 00:09:40.40 ID:dBk2ZDAC0


カクカクシカジカ

照「そういうことはちゃんと説明してくれないと……」

宥「ごめんなさい……」

菫「こんなこと言っても信じないだろう、お前」

照「菫の言うことなら信じるってば」ムスー

菫「阿知賀のみなさんも、ご迷惑をおかけしました」

晴絵「いやいや、ウチらは大したこと出来なかったから」



48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 00:14:03.13 ID:dBk2ZDAC0


菫「……じゃあ、松実さん」

宥「……名前でいいですよ」

菫「え?」

宥「あの、名字の方だと玄ちゃんと被っちゃうから」

菫「それもそうだな。じゃあ宥さん、また」

宥「はい。また決勝で」

菫「今度は負けないからな」

宥「ふふっ。私も頑張るね」



49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 00:15:08.24 ID:dBk2ZDAC0


憧「……なんか、いい雰囲気?」

玄「? なんのこと?」

灼「玄はまだ知らなくていいこと」

照「……菫、早く行こう」グイグイ

菫「わかったわかった。じゃあ、お世話になりました」



52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 00:17:48.49 ID:dBk2ZDAC0




玄「あれ、お姉ちゃん、マフラーは?」

宥「今はそんなに寒くないからいいかなって思って」

灼「宥さんが」

憧「寒くない?」

穏乃「珍しいですねー」

宥「うん。自分でも不思議なんだけどね」

宥「弘世さんのことを考えてるとね、いつもよりあったかくなれるんだ♪」



54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 00:19:31.98 ID:dBk2ZDAC0


照「ただいま」

尭深「あ、先輩方。おかえりなさい」

亦野「みんな心配してましたよ?」

菫「すまない、迷惑をかけたな」

淡「……菫先輩、まだ風邪治ってないの?」

菫「いや、もう完治したはずだが……どこかおかしいか?」

淡「なんかいつもより柔らかい感じがする」

菫「そうか?」



55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 00:22:53.37 ID:dBk2ZDAC0


照「菫の病気は根が深いから、完全に治療するのは難しいよ」

菫「は?何を言ってるんだお前は」

亦野「そんな大事なら、病院行かなくていいんですか?」

照「いいの。菫のこれは恋煩いだもん」

菫「なっ!?」

淡「えっ、ウソ!ホント!?」

菫「違うったら!」



57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 00:24:38.02 ID:dBk2ZDAC0


菫「まあ、でも、とにかく」

宥「えへへ……頑張ろうっと」

菫宥「「楽しみだな、決勝戦」」

カン!



59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 00:27:29.96 ID:Rb1wgW5j0


おつー


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 00:28:16.98 ID:OrWTFSUB0


乙ぞ!


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 00:37:22.12 ID:x5+5U01Si



すばらだった



関連記事
[ 2013/01/03 02:00 ] 咲-saki-SS | コメント(4)
タグ : 菫×宥

二人共可愛かった
[ 2013/01/03 02:27 ] [ 編集 ]

息のあった実況ワロタ
[ 2013/01/03 05:08 ] [ 編集 ]

入れ替わったまま控え室での反応もそれぞれ見たい気もする
[ 2013/01/03 06:21 ] [ 編集 ]

照の反応もいいね
[ 2013/01/03 11:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/2242-9a9c52a0


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ