fc2ブログ









紬「ほうじ茶で過ごす二人の時間」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 22:37:23.34 ID:PevzRmry0


教師になってから思うことがある。
それは生活と仕事のギャップが大きすぎるということ。

人生の見本として教壇に立つ時間も、軽音部の中で素の自分を出す時間も、どちらも楽しすぎる。
楽しすぎるが故に、ひとりの時間はより一層寂しく感じられる。

OLであれなんであれ、多かれ少なかれそういうことを感じているのだとは思う。
でも、教師の場合、それが特に顕著……だと私は勝手に思っている。

出来合いのものを買ってきて、お酒を飲みながら過ごす夜。
教材の準備をしながら過ごす夜。
TVの音がやけに虚しく響いて、いたたまれない気持ちになる。

独り身である以上、仕方ないことだと思っていた。
彼女が遊びにくるようになるまでは。

ドアを開くと今日もほら……

紬「おかえりなさい、さわ子先生」
 




3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 22:38:50.63 ID:PevzRmry0


さわ子「今日もきてくれたのね」

紬「ケーキが余ってしまったので」

さわ子「座って。今お茶を入れてあげるから」

紬「はいっ!」

私はスーツを脱いでセーターに着替え、どてらを羽織る。
ムギちゃんはもう着替えて炬燵に入っている。
私も急須にお湯を入れて、すぐに炬燵へもぐりこむ。

炬燵に入ると、ムギちゃんが体を寄せてくれた。
ムギちゃんから熱を貰って、私の体はすぐに温まる。



6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 22:40:10.89 ID:PevzRmry0


さわ子「はい、お茶をどうぞ」

紬「ありがとうございます」

紬「あっ、今日は抹茶のシフォンを持って来たんです」

ムギちゃんはあらかじめ用意しておいた皿にケーキを置いた。
ケーキはひとつ。
フォークはにほん。

以前、ムギちゃんはフォークを1本しか用意しなかった。
それだと悪い気がしてしまうので、フォークを2本用意してもらうことにしたのだ。
……一緒に食べたほうが美味しいというのも、少しだけある。



8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 22:41:05.79 ID:PevzRmry0


さわ子「あっ、これ美味しい」

紬「そうですか? うふふ」

さわ子「ほら、ムギちゃんも食べて」

紬「はい……あら、ほんとう」

ムギちゃんは一口食べて、お茶をすする。

紬「お茶との相性もバッチリです」

さわ子「でも、ムギちゃんのお茶ほどじゃないでしょ」

紬「ううん。私、さわ子先生のお茶、大好きだから」

さわ子「そう?」

面と向かって言われると照れてしまう。
ムギちゃんは私のお茶を喜んでくれる。
お茶だけじゃない。簡単な料理を作っても、とっても喜んでくれる。



10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 22:42:05.20 ID:PevzRmry0


喜んでくれる子がいると、こっちとしても張り合いがある。
ムギちゃんが来るようになってから、通販で加賀棒茶を取り寄せて、お茶をいれるようになった。
それほど大きな出費ではないし、ムギちゃんの笑顔に比べれば安いものだと思う。

ケーキを食べ終わった後は、まったりテレビを見る。
番組は特に決めていない。
バラエティーだったり、クイズ番組だったり、流行りのドラマだったり。
どれも見飽きた番組だけど、ムギちゃんと見ると飽きない。

例えばクイズ番組。
ムギちゃんは一問一問答えを予想する。
そして正解が出ると一喜一憂する。
だから私も一緒に予想してしまう。
いつもはなんとなく見ていた番組でも、ムギちゃんと一緒なら楽しめる。

ドラマだってそう。
キスシーンを食い入るように見つめるムギちゃんや、
別れのシーンで涙を堪えるムギちゃんを見ているだけで楽しくなれてしまう。



13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 22:42:40.52 ID:PevzRmry0


さわ子「夕ごはんも食べていく?」

紬「いいんですか?」

さわ子「もちろんよ!」

紬「やったっ!」

小さくガッツポーズするムギちゃん。
アンチョビ&キャベツのパスタと温野菜を作ってムギちゃんと食べた。

夕食を食べてしばらくすると、ムギちゃんの家の人が迎えに来る。
それまでの時間、テレビを消してムギちゃんとお話する。

さわ子「そういえばあの話どうなったの?」

紬「あの話ですか?」

さわ子「あの、りっちゃんと……」

紬「あぁ、りっちゃんと梓ちゃんの……」

さわ子「えぇ」



16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 22:44:33.97 ID:PevzRmry0


紬「無事付き合っちゃいました!」

さわ子「本当?」

紬「ええ、初々しいりっちゃんと梓ちゃんがとってもかわいいんです!」

紬「先生も今度――って、さわ子先生!!」

さわ子「な、なに?」

紬「最近どうして部室に顔を出してくれないんですか?」

ムギちゃんが家に遊びに来るのは、私が軽音部に顔を出さなかった日だけ。
ケーキを持ってくるという名目だからだ。
それで、ついつい軽音部から足が遠のいてしまう。

さわ子「ごめんなさい。最近職員会議とかで忙しくて」

紬「それなら……しかたありません」

さわ子「明日は行くから、ね」

紬「やったっ!」

また小さくガッツポーズしてる。



17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 22:45:26.47 ID:PevzRmry0


さわ子「それで話は戻るけど……」

紬「りっちゃんと梓ちゃんがとってもかわいいの!」

さわ子「ええ、でもちょっと意外な組み合わせだなって」

紬「そう……ですか?」

さわ子「ええ、だってあの二人……」

紬「喧嘩するほど仲がいいって言います!」

さわ子「それにしても、ねぇ……」

紬「うー」

不満そうにムギちゃんが唸った。

紬「先生はあの二人が付き合うことに反対なんですか?」

さわ子「ううん。そうじゃないの。でも意外だなって」

紬「そうかなぁ?」



18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 22:46:15.13 ID:PevzRmry0


さわ子「唯ちゃんと澪ちゃんにはそういう話はないの?」

紬「ええ、残念だけど二人は付き合う気はないみたいです」

さわ子「残念なんだ?」

紬「だって唯ちゃんと澪ちゃんもとってもお似合いだと思うから」

さわ子「そっかぁ……」

紬「はい」

さわ子「ムギちゃんは、付き合ってみたいと思わないの?」

紬「私、ですか?」

さわ子「うん。ムギちゃん、唯ちゃんと仲良しさんじゃない。澪ちゃんとだって、ね」

紬「うん。確かに仲良しさんだけど、付き合いたいとは思いません」



19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 22:46:58.35 ID:PevzRmry0


私は何を聞いているんだろう。
これ以上は生徒と教師の会話じゃない。
わかっていても、私の口は止まってくれなかった。

さわ子「ムギちゃんは、女の子に興味ないの?」

紬「あります」

さわ子「なら……っ」


ムギちゃんの瞳が、私の瞳を射抜いていた。


紬「女の人になら興味、あります」
 



21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 22:48:13.13 ID:PevzRmry0


さわ子「……駄目よ」

紬「わかってます」

さわ子「ムギちゃん?」

紬「さわ子先生は良識ある大人だって知ってます」

さわ子「……うん」

紬「だから待ちます」

さわ子「えっ」

紬「卒業したら生徒と教師じゃなくなるから」

さわ子「……」

紬「……」



24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 22:49:32.20 ID:PevzRmry0


それきりムギちゃんは顔をそむけて黙ってしまった。
そのかわり、私に体を預けてくれた。

ムギちゃんが着ているどてらは私が去年プレゼントしたものだ。
「おそろい!」と言って喜んでくれたムギちゃんの顔が思い浮かぶ。
あの笑顔は、天使の笑顔だった。

……そうだ。ムギちゃんは天使かもしれない。
いや、きっと天使で間違いない。
翼はないけど、この子は天使だ。
だから私はこの子を手放しちゃ駄目だ。
こんないい子は二度と現れないのだから。

インターホンが鳴る。
執事の人が迎えにきたのだろう。
お別れの挨拶の代わりに、ムギちゃんのお凸にキスをした。

ムギちゃんは天使なのに真っ赤になった。



おしまいっ!

元ネタ的参考画像



25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 22:52:05.72 ID:4NzG3zYk0



画像共々和んだ



27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 22:53:15.34 ID:Z0NrghpX0


乙!
天使だな



29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 22:56:18.15 ID:KwDgrYIxP


短めでもいい話だった乙


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 22:58:52.41 ID:L/nZkkNO0


地味に好きなカプ




コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/2282-d4d042bb


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ