FC2ブログ









真姫「ラブラブライブ?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 20:42:37.82 ID:S76pKtxe0


――――――――

凛「真姫ちゃん可愛いニャ~」
スリスリ

真姫「ちょ、ちょっと!!////」

花陽「真姫ちゃんのお肌スベスベ、羨ましいなぁ~」
ペタペタ

真姫「んっ……花陽まで////」

穂乃果「ねぇねぇ真姫ちゃん、今度の休み一緒に映画でも行かない?」

真姫「ん~別にいいけど」

絵里「面白そうね、私もいいかしら?」

穂乃果「むぅ……ホントは真姫ちゃんと二人がよかったけど絵里ちゃんならいっか」

にこ「ちょっとあんたたち!!真姫ちゃんはにこと付き合ってるのよ!!」





3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 20:49:21.98 ID:S76pKtxe0


海未「え……?真姫とにこが恋人同士?」

ことり「女の子同士なのに……?」

絵里「ちょっと……どういうこと……?」

ざわざわ……

にこ「あんたたちが狙ってる真姫ちゃんはにこの恋人なの!!ラブラブライブだって真姫ちゃんはにこと出場するんだから」

穂乃果「そうなの?真姫ちゃん」

真姫「にこちゃん……付き合ってることみんなの前では秘密にしてって言ったわよね?」

にこ「あ、ごめん……でもこれで真姫ちゃんはにこと――」

真姫「……別れる」

にこ「え?」



6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 20:56:08.92 ID:S76pKtxe0


真姫「……約束も守れないにこちゃんとはもう無理」

にこ「じょ、冗談だよね?だってにこと真姫ちゃんは……」

真姫「正直にこちゃんにはもう飽きてたの、別にいいでしょ?お互い遊びだったんだし」

にこ「……違うよ、にこは遊びなんかじゃ」

花陽「しゅ、修羅場だよ……」

凛「怖いニャ……」

絵里「ハラショー」

真姫「まぁこれからもたまになら遊んであげるから」

にこ「嫌っ!!何で!?キスだってしてくれたのに……!!」



7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 20:59:01.86 ID:lTiM4V6X0


ハラショーじゃねぇwwww


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 21:02:43.59 ID:S76pKtxe0


穂乃果「キス!?////」

真姫「ちょ、ちょっと!!////それ以上言ったら本気で怒るわよ!!」

にこ「ひぐっ……ごめんなさい……、あやまるから別れるなんて言わないで、にこのこと嫌いにならないで……ぐすっ」

真姫「あーもう、うっとおしい!!」

にこ「真姫ちゃ……ひぐっ……」

穂乃果「にこちゃん!!真姫ちゃん嫌がってるんだから、あんまりしつこくしない方がいいよ」

絵里「部内恋愛を許可した覚えはないわ」

凛「これで真姫ちゃんはみんなのものだニャー」

にこ「そ…そんな……ひぐっ……」



12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 21:09:10.69 ID:S76pKtxe0


真姫「……もう帰るわ」

穂乃果「あ、真姫ちゃん、一緒に帰ろ」
ギュッ

穂乃果「えへへ////」

絵里「抜け駆けはズルいわよ、穂乃果」

ことり(穂乃果ちゃん……)

海未(これは……まずいですね)

凛「凛たちも真姫ちゃんと一緒に帰るニャ」

花陽「ま、待って~」


にこ「ひっく……うぅっ……ひぐっ」

海未「にこ」



15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 21:15:20.47 ID:S76pKtxe0


ことり「にこちゃん」

にこ「ひぐっ……あ、あんたたち……」

海未「このままでいいのですか?」

ことり「真姫ちゃんのこと……諦めちゃうの?」

にこ「でも……にこ、真姫ちゃんに嫌われちゃった……」

海未「まだなんとかなります!!(……多分)」

ことり「真姫ちゃんだって口ではあぁ言ってるけど本当はにこちゃんのこと大事に思ってるよ!!(このままだと真姫ちゃんに穂乃果ちゃんが……)」

にこ「あ…ありがとう……こんなにこに……ひぐっ」



20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 21:21:33.28 ID:S76pKtxe0


にこ「でも……どうしたらいいか……」

海未「……」

ことり「……」

海未(ことり、何か良い案は無いのですか?)

ことり(わ、私!?え…えっと……)

ことり「電話してみたらいいんじゃないかな?」

海未「それは良い考えです、連絡をとってにこの想いを伝える……最高のアイデアです」

にこ「わ、わかったわ……」
ピピピ…



真姫「ん……、電話?」

穂乃果「どうしたの?真姫ちゃん」

真姫「何でもないわ、ただの迷惑メールよ」

凛「真姫ちゃんに迷惑行為するなんていい度胸してるニャ~」



24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 21:27:48.89 ID:S76pKtxe0


にこ「……出てくれない」

ことり「き、きっと今手が離せない状況なんだよ!!」

にこ「手が離せない状況……?」

真姫『ン……ぁんっ……だめっ……気持ちいい……!!////』

穂乃果『ぬふふ……あれ?真姫ちゃん、携帯鳴ってるよ?』

真姫『そんなのどうでもいいわ……それより、もっと激しく……ぁあンッ……やっ…あンッ……////』


海未「いやいや、そんなことあり得ません!!そんなに心配することではありませんよ」

海未(真姫……穂乃果に手を出したらどうなるかわかっていますね?)



26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 21:35:59.32 ID:zVvMQHU40


安定のほのキチ


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 21:36:18.22 ID:S76pKtxe0


ことり「とりあえず、もう一回電話してみようよ」

にこ「わかったわ」
ピピピ…


真姫「ん……」

絵里「また迷惑メール?」

真姫「はぁ……うっとうしいわね」

凛「あれ?にこちゃんからの電話だよ」

花陽「にこちゃんの画像も出てる」

絵里「さすが元恋人同士ね、ハラショー」

真姫「か、勝手に見ないで!!////」

穂乃果「もう着信拒否にすればいいんじゃないかな?」



30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 21:42:43.70 ID:S76pKtxe0


にこ「……ひぐっ」

海未「これは……」

ことり「やっぱり直接会って話すのが一番なんじゃないかな?」

海未「それです、ことり!!では今から真姫の家まで」

にこ「今日は帰るわ」

海未「え?」

にこ「あんたたち、色々ありがとね……でもにこはもう大丈夫だから」
トボトボ…

ことり「あ……」


海未「ことり」

ことり「海未ちゃん……どうしよう……?」

海未「とりあえず私たちは穂乃果の家に向かいましょう」



32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 21:48:20.32 ID:S76pKtxe0


――――――――

雪穂「お姉ちゃん?まだ帰ってきてないけど」

海未、ことり「「!!??」」

海未「ことり、穂乃果に電話を!!」

ことり「かけてるけど出てくれないよ~!!」

海未「くっ……!!」


穂乃果「うわぁ、真姫ちゃんち大きいね~!!」

真姫「当然でしょ?この私が住んでる家なんだから」

穂乃果「明かりついてないみたいだけどお家の人は?」

真姫「仕事、いつも日を跨がないと戻ってこないわ」

穂乃果「そっか、寂しいね……」



34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 21:55:16.61 ID:S76pKtxe0


真姫「別に、送ってくれてありがと……、穂乃果も気をつけて」

穂乃果「ふふふ、真姫ちゃんの部屋見てみたいなー」

真姫「な、何言ってんのよ!?////そんな、見せて面白いものじゃないんだから」

穂乃果「もしかして人には見せられないくらい汚すぎるとか?」
ニヤニヤ

真姫「そ、そんなわけないでしょ!!綺麗に決まってるじゃない!!」

穂乃果「じゃあ確かめてもいい?」

真姫「望むところよ!!穴があくまで見ていきなさい!!」

穂乃果「わぁーい!!」

真姫「あっ……」



37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 22:02:47.48 ID:S76pKtxe0


――――――――

穂乃果「たっだいまー!!」

雪穂「お姉ちゃん、遅いよー!!」

穂乃果「ごめんごめん」

海未「今まで何をしていたのですか!?」

穂乃果「ぎゃああ!?――って海未ちゃん?何でいるの?」

ことり「穂乃果ちゃんの帰りが遅いから心配してたんだよ」

穂乃果「ことりちゃんも、ごめんね……携帯の充電切れちゃって」

海未「それで、こんな時間までどこに行ってたのですか?」

穂乃果「こ、怖いよ?海未ちゃん」

ことり「穂乃果ちゃん!!」



42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 22:09:03.34 ID:S76pKtxe0


穂乃果「私、先にお風呂入ってくるね!!」

ことり「あ、穂乃果ちゃん!!」

海未「逃げましたね……」


穂乃果「はぁ……何で海未ちゃんもことりちゃんもあそこまで」
チャプ…

海未「約46℃でしょうか、少し熱めですが良い湯です」

穂乃果「ひぃぃっ!?う、海未ちゃん!!」

海未「はい」

穂乃果「な、何で!?ていうかどうやって!?お風呂場まで一本道だよね!!」

海未「日々の鍛練の賜物と言うべきでしょうか」

穂乃果「いや、それ答えになってないし……」



46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 22:16:55.84 ID:S76pKtxe0


海未「……」
ジーッ

穂乃果「??私の身体どこか変かな?」

海未「い、いえ……////」

海未(とりあえずキスマークといった類いのものは見当たりませんね、少し安心です……)

穂乃果「変な海未ちゃん、でも海未ちゃんとこうして一緒にお風呂入るの久しぶりだよね?」

海未「そ、そうですね……////」

穂乃果「なんか嬉しいなぁ~」

海未「ぶほぉっ!!!!」

海未(嬉しい?穂乃果が私とお風呂に入ることを嬉しいと……////)

穂乃果「だ、大丈夫……?海未ちゃん」



48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 22:23:04.97 ID:S76pKtxe0


海未「で、では私はお先に失礼します!!////」

穂乃果「……」



ことり「どうだった?」

海未「外から見た感じ異常は見当たりませんでしたが」

ことり「海未ちゃん、顔赤いよ?」

海未「少し夜風に当たってきます……」

ことり(海未ちゃんには刺激が強すぎたかな?)

海未(穂乃果の胸……いつの間にあんなに成長を……////あぁ……早く私のものに……)



50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 22:29:24.75 ID:S76pKtxe0


翌日――――

真姫「……」
スタスタ…

にこ「あ……ま、真姫ちゃ……」

真姫「ふんっ」
プイッ

にこ「……」

絵里「ハラショー」

真姫「絵里」

絵里「真姫、ちょっと着いてきてくれるかしら?」

真姫「いいけど」


真姫「生徒会室?こんなところで何するつも――」

絵里「ちゅ……ッ、ン……れろっ……」

真姫「んんっ……ふぁ……ぁ…んっ……////」



52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 22:35:56.22 ID:S76pKtxe0


真姫「んぐっ……ぷはっ……、ちょっとどういうつもりよ!?」

絵里「あら?嫌だったかしら」

真姫「そういうこと言ってるんじゃなくて!!人に見られたらどうするのよ!?」

絵里「それは大丈夫、カーテンも鍵も閉めてるし誰も入ってこないわ」

絵里「ただ聞き耳立ててる子には聴こえてるかもね、ちゅるっ……ちゅぴッ……ン」

真姫「んくッ……ちゅぷっ……ぁ…はっ……ぁン……ッ////」

にこ「……っ!!」

絵里「はぁ……何だか私も興奮してきたみたい////」



56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 22:44:37.91 ID:S76pKtxe0


真姫「はぅっ……ぁ…や、ンン……っ!!////」

絵里「可愛いわよ真姫……もっと気持ちよくしてあげる」

真姫「いやっ……あんっ……そこだめ…ッ…ン、ぁあっ……んんんっ!!////」

絵里「ふふっ」

真姫「あぁンっ……いやっ…ぁっ、あっ……おかしくなっちゃう……っ!!////」

絵里「小さい頃からよく言われたわ、エリーチカの指は魔法の指だって」

真姫「あんっ……だめ、気持ちよすぎ…んっ……ぁ…ッ、だめっ……イくっ……!!////」

絵里「いいわよ、我慢しないで」

真姫「んっ……ぁ…ぁんッ…や、イくッ……イくぅぅぅぅっっ!!!!////」

にこ「……ひぐっ!!」



59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 22:49:16.59 ID:NrpQbuqm0


お婆ちゃんも魔法の指がこんな事に使われるとは思ってもみなかったろう


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 22:51:07.26 ID:S76pKtxe0


真姫「はぁ……はぁ……////」

絵里「どうだった?」

真姫「な、何でこんなに上手いのよ……////」

絵里「にことは全然違う感じだったでしょ?」

真姫「……にこちゃんとはこういうことしたことないわ」

絵里「あら?付き合っていたのに?まぁいいわ、ねぇ真姫」

絵里「私と付き合わない?やっぱりあなたを独り占めしたくなっちゃって……ダメかしら?」

真姫「……」

にこ「……っ」
ダダダダッ…



62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 22:59:20.52 ID:S76pKtxe0


――――――――

真姫「凛、今からちょっと私に付き合いなさい」

凛「真姫ちゃん!?練習は?」

真姫「そんなんどうだっていいわ」

凛「強引な真姫ちゃんも可愛いニャ~」
ズルズル…


凛「ここが真姫ちゃんの家……大きいニャ~」

真姫「早く入って」

凛「それで凛に何か話でもあるの?」

真姫「凛、あなたも私のこと好きでしょ?」

凛「口にするのは恥ずかしいニャ~////」

真姫「だったら私を気持ちよくしなさい」

凛「ニャ?」



63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 23:06:19.84 ID:S76pKtxe0


真姫「私を愛撫するの」

凛「で、でも凛……そういうのよくわかんない……」

真姫「いい?まずここを舐めるの」

凛「お、おっぱい……////」

真姫「最初は優しくするのよ」

凛「う、うん……////」
ペロッ

真姫「んっ……ぁ……、続けて」

凛「うん////」
ペロペロッ…

真姫「ぁっ……んく……ッ……そう、いい感じよ……////」

凛(真姫ちゃんが感じてくれてる……よーしっ////)
ペロペロ……チュパッ

真姫「んんっ……やっ…あっ…ぁん……ッ……あぁンっっ!!////」



65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 23:15:00.12 ID:S76pKtxe0


真姫「な…なかなか上手くなってきたわね」

凛「凛も身体が熱くなってきたニャ////」

真姫「なら私がお手本を見せてあげるわ」

真姫(本当はしたことないけど絵里がしてた様にすれば大丈夫よね……?)

真姫「目をつぶって、凛」

凛「うん」

真姫「ちゅ……ちゅぱっ……れろっ…ン……」

凛「んっ……ぁ、んぁ……ちゅぷっ……////」

真姫「ちゅるっ……ふぁ…んっ……ぁっ……////」

凛「ひゃっ……ぁっ……くすぐった……ぁんッ……!!////」

真姫「はぁ…はぁ……はむっ////」

凛「ぁあっ……だめ、耳だめ……ッ……んやぁ……っ////」



67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 23:22:32.82 ID:S76pKtxe0


真姫「すごい……凛のここ、こんなに……////」

凛「真姫ちゃん、だめぇぇ……////」

真姫「でもこうされると気持ちいいでしょ?」

凛「ああんっ……んっ……ぁッ…やっ……だ、だめぇぇ……!!////」

ガチャ

花陽「お、おじゃましまーす」

凛「か、かよちん!?どうして!?」

真姫「かよちんも呼んでおいたの、遅かったわね」

花陽「ご、ごめん……////」

凛「んんっ……あっ……いやっ……かよちん、凛の恥ずかしい姿見ないでぇぇ……!!////」



69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 23:31:00.13 ID:S76pKtxe0


花陽「ううん、可愛いよ凛ちゃん」

凛「いやっ……だ、だめなの……////」

真姫「ほら、かよちん、早く凛を気持ちよくしてあげなさい」

花陽「う、うん!!ガンバるよ////」

花陽「うわぁ~////凛ちゃんのここ……こんなに////」

凛「か、かよちん……見ないでぇぇ、凛……凛……っ////」

花陽「ちゅるっ……ぴちゃっ……はぁっ……はぁっ……////」

凛「んんっ……かよちん……ッ…ぁ……き、汚ないよぉ……ッ////」

花陽「凛ちゃんのすっごく美味しいよ////れろっ……ちゅぷっ……」

凛「やっ……ン、あっ…ぁあンッ……き、気持ち…いいッ……ニャ……////」



74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 23:40:52.29 ID:S76pKtxe0


凛「ぁんっ……んんっ……か、身体が変な感じだニャ……あっ////」

花陽「凛ちゃん、イっていいよ!!////」

凛「か、かよちん……あっ…やっ……だ、だめっ……んんッ、ぁぁあああッッ……!!!!////」

花陽「凛ちゃん……可愛いよ////」

凛「はぁ……っ……はぁ……っ……////」

真姫「まったく、一人でイってるんじゃないわよ……次は二人で私をイかせてみなさい!!」

凛「よーしっ、いくよ!!かよちん」

花陽「うんっ!!////」

真姫「ぁあッ……ンン…いやっ……だめっ……イ、イっちゃうぅぅぅぅぅぅぅ……!!!!////////」



77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 23:49:41.93 ID:S76pKtxe0


――――――――

にこ「…………」

ことり「にこちゃん……?」

にこ「」

海未「返事がない様ですが……死んでるのですか?」

ことり「えぇぇっっ!?」

にこ「生き……てるわよ……」

海未「それはよかった、では今日も元気に真姫奪還作戦と参りましょう!!」

ことり「がんばろー!!おーっ!!」

にこ「……前から思ってたんだけど何であんたらそんな協力的なの?」



79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 23:58:12.05 ID:S76pKtxe0


海未「それは心配だからに決まってるではありませんか!!(真姫に穂乃果をとられるのが)」

ことり「そうだよ、にこちゃんと真姫ちゃんがよりを戻してくれたら私も嬉しい!!(そうすれば穂乃果ちゃんは私とsweet&sweet holiday////)

にこ「あ、あんたたち……こんなにこの為に本当にありがとう……ぐすっ……」

ことり「じゃあ今日の作戦は海未ちゃんから」

海未「はい、ここは別れた原因について考えるべきかと」

ことり「それって確か、にこちゃんが付き合っていたことみんなに喋っちゃったからだよね?」

海未「しかしそれだけが原因とは考えづらいです」



82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/02(火) 00:06:04.08 ID:S76pKtxe0


海未「よく思い出してみてください、真姫は言っていました……にこに飽きたと」

ことり「それってどうしようもなくないかな……?」

海未「はい……」

にこ「……ひぐっ……うぇ……ひっく……」

ことり「に、にこちゃん、泣かないで!!」

海未「しかし、もう私たちにはどうしようもできません」

ことり「そんな……!!」

海未「例えばスピリチュアルな力を持っている人ならこの状況を打破してくれるかもしれませんが……」

ことり「そんな都合の良い人なんかいないよぉ~」



91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/02(火) 00:16:02.33 ID:QbLhioyo0


海未「で、では私たちはこれで……」

ことり「明日には必ず良い案考えてくるから!!」

にこ「……期待しないで待ってるわ」



にこ「……はぁ、真姫ちゃん……」

真姫「呼んだ?」

にこ「え?」

真姫「その様子を見るとまだこの私に未練タラタラみたいね」

にこ「何で……?」

真姫「近況報告、にこちゃんと別れてから私はメンバーの数人と身体を重ねたわ」

にこ「……そんなことにこに聞かせてどうしようっていうの……?」



94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/02(火) 00:22:59.47 ID:QbLhioyo0


真姫「チャンスをあげるわ」

にこ「チャンス?」

真姫「私をこれまでで一番気持ちよくしてみなさい!!」

にこ「そ、そんな……無理だよ、にこ……そんな経験ないし……」

真姫「私が離れていってもいいの!?挑戦しようともしないで諦めて、それでもあなたは私が惚れた女なの!?」

真姫「どうなのよ!?矢澤にこ!!!!」

にこ「……っ!!」

真姫「この私に挑戦しに来なさいよ!!にこちゃん!!!!」



99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/02(火) 00:32:43.44 ID:QbLhioyo0


真姫「はぁ……はぁ……どうなのよ?」

にこ「……すぅーっ……、にっこにっこにー☆しばらく見ない間によくもそう淫乱女になれたものね」

真姫「にこちゃん」

にこ「仕方ないからにこがあんたの欲求不満、解消させてあげるわ、だって……どんな真姫ちゃんだってにこは大好きなんだから!!」

真姫「にこちゃ――んんっ!?ぁ……んっ、んくっ……////」

にこ「ちゅっ……ちゅぱっ……、れろっ……ぁ…んっ……////」

真姫「ん…ぁっ……、にこちゃん……ちゅぱっ……////」

にこ「真姫ちゃん……、ちゅるっ……れろっ…、んく……////」



102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/02(火) 00:42:32.44 ID:QbLhioyo0


にこ「好き……好きっ……、どんなに嫌われてもにこは真姫ちゃんが好き……!!」

真姫「ぁっ……ン、やっ……にこちゃん、もっと……んんっ…あんっ……!!////」

にこ「真姫ちゃん……っ……大好きっ!!////」

真姫「ぁンっ……あっ、あっ、……私も、好き……やっぱり好き……っ!!////」

にこ「真姫ちゃん……真姫ちゃんっ!!にこの気持ち……全部受け取って!!」

真姫「んくっ……ぁあっ…あンッ……だめっ、気持ちよすぎて……んんぁあッ……!!////」

にこ「にこも真姫ちゃんの感じてる顔見てるともう……身体の中がにっこにっこにーって……あぁんッ……!!////」



104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/02(火) 00:50:07.53 ID:QbLhioyo0


にこ「真姫ちゃん……、にこ……もぅ……////」

真姫「あっ…ン、一緒に……イくわよ、んんッ……ぁあッ……はぁ…はぁ……////」

にこ「んんッ…あっ、にこ…イくッ、我慢できない……だめっ、や…ぁっ……ま、真姫ちゃん……愛してる、愛してるぅぅぅ!!!!////」

真姫「わ、私も……限界っ、ン…ぁんっ…あ……ぁあッ……にこちゃん、にこちゃんにこちゃんッッッぁあああああ……!!!!////」


にこ「はぁ……っ、はぁ……っ……はぁ……////」

真姫「こんな小さい体で……頑張ってくれたのね」

にこ「ん……まきちゃん……だいすき、すぅー……すぅー……zzz」



109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/02(火) 01:00:15.19 ID:QbLhioyo0


――――――――

絵里「え?二人、より戻したの?残念」

にこ「ちょっと、もう真姫ちゃんは正真正銘にこの恋人なんだからちょっかい出したら許さないわよ」

真姫「だそうだからあんたたち、いくら私に惚れてても手だしてきたらダメよ、ふふっ」

凛「凛はかよちんとラブラブライブだニャ~!!」

花陽「そうだねっ!!優勝目指して頑張ろう」

にこ「ま、優勝するのは当然、にこと真姫ちゃんだけどね」

凛「負けないニャ~!!」

海未「一件落着……ですね」

穂乃果「……っ!!」

ことり「穂乃果ちゃん?」



110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/02(火) 01:09:07.87 ID:QbLhioyo0


海未「まさか、まだ真姫に未練が?」

穂乃果「うん……」

真姫「穂乃果……」

穂乃果「もう真姫ちゃんちで美味しいご馳走食べられないよ~っ!!」

海未「は?」

ことり「穂乃果ちゃん、まさかそんなことの為に真姫ちゃんと……」

穂乃果「そんなことって!!真姫ちゃんち凄いんだよ、色んなご馳走が用意されてて、あとデザートも」

海未「はぁ……私たちの苦労は一体……」

穂乃果「また食べに行きたいけど、行ったらにこちゃんに怒られる……!!」

にこ「まったく、あんたは……それくらいで怒ったりしないわよ」



113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/02(火) 01:18:24.91 ID:QbLhioyo0


真姫「そうよ、別にいつでも来ていいわよ」

穂乃果「ホント?やったぁぁー!!」

凛「今度はみんなで行くニャ~!!」

花陽「お米も美味しいしね、うわぁ~楽しみぃ~////」

絵里「ならこれから真姫の家で二人の記念日として盛大にお祝いしましょうか」

真姫「こ、これから!?」

にこ「まーきちゃん!!」

真姫「何よ?にこちゃん」

にこ「にっこにっこにー☆」

真姫「はいはい、にっこにっこにー」

――fin――



115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/02(火) 01:24:29.68 ID:WqpSsdBe0



にこにー可愛い



120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/02(火) 01:52:24.52 ID:HOmcDayq0


やっぱりにこまきのラブラブライブは最高だな


関連記事

おいスピリチュアル姉貴出せよ・・・出してください
[ 2013/04/02 07:22 ] [ 編集 ]

デブネキはぶんなよ
[ 2013/04/02 09:25 ] [ 編集 ]

まきちゃんは相手が女の子だと誰にでもチョロられちゃうなぁ
[ 2013/04/02 13:16 ] [ 編集 ]

え、結局別れた理由は飽きたからなの?
糞やん
[ 2013/04/02 15:01 ] [ 編集 ]

名前どころか影すら出てきてない人がいるんですがそれは
[ 2013/04/02 16:16 ] [ 編集 ]

ふぅ…


ラブライブにエロなんて要らないんだよ


ふぅ…
[ 2013/04/02 22:53 ] [ 編集 ]

なんでや!9人揃ってこそのμ'sやろ!
[ 2013/04/03 09:54 ] [ 編集 ]

デブがいないデブライブなんて...
[ 2013/04/03 12:02 ] [ 編集 ]


絶対この画像からインスピレーションを得ただろ
[ 2013/04/03 18:51 ] [ 編集 ]

ことりと海未はぶれないな
[ 2013/04/07 11:58 ] [ 編集 ]

いつまでたってもうじうじして
手を出さないから発破をかけたのだと思われ

ほのかちゃんが純粋でよかった(なお取り巻)
[ 2016/03/09 19:24 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/2624-1501c625


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ