fc2ブログ









御坂「佐天さんを見てるとイライラする」佐天「え……」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 19:29:40.50 ID:GEKVVaSO0


御坂「ごめん、ムラムラするの間違いだったわ」

佐天「えっ……///」



2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 19:30:36.82 ID:zpPMcQ1S0


続けて?


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 19:46:09.70 ID:tmP//J390


美琴「嘘に決まってるじゃない、無能力者なんて視界に入るだけでイライラするのよ」

佐天「え…」ショボン


美琴「でも佐天さんみたいに可愛い子は別よ」

佐天「え……//」ニコッ


美琴「ちっくしょう、可愛いわね」





10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 19:53:59.61 ID:tmP//J390


美琴「そうやってすぐに人の言葉を信じるのが馬鹿よね、馬鹿佐天さん」

佐天「え……」ウルウル


美琴「その単純さが可愛いのよ抱きしめてあげたいくらいに」

佐天「えっ……//」カァァ



13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 19:56:45.50 ID:tmP//J390


美琴「ったく無能力者風情で私と会話してること自体おかしいのに気付かないのかしら」

佐天「え……」グスッ


美琴「それなのに私とちゃんと接してくれてるのには感謝してるわよ、私の大事な佐天さん」

佐天「えっ…//」アタフタ



19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 20:08:52.35 ID:tmP//J390


美琴「無能力者なんて学園都市の生み出したただの失敗作よね」

佐天「え……」グサッ


美琴「後天的な開発なんてなくても佐天さんの明るさと可愛さは人類の誇るべき成功作よね」

佐天「えっ…//」クスッ



21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 20:14:51.26 ID:tmP//J390


美琴「レベル5第3位超電磁砲、レベル4ジャッジメントテレポーター、レベル1サーマルハンド兼ゴールキーパー、レベル0の佐天さん」

佐天「……」


美琴「その可愛さといったら完全にレベル6よね、私たちの嫁だもの」

佐天「え……//」



23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 20:16:47.59 ID:tmP//J390


美琴「才能もないのに都市伝説都市伝説騒いで馬鹿みたい、ちっとは能力開発の努力をしなさいよ」

佐天「え……」


美琴「料理の努力とか女子力高めるものばっかりで、お嫁さんになるなら最強なんだから」

佐天「えっ…//」



25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 20:18:34.81 ID:tmP//J390


美琴「友人のスカートを迷惑も考えずにめくったり空気の読めない馬鹿よね、佐天さんは」

佐天「えっ……」


美琴「女の子にそういう悪戯するから大丈夫な人だって私まで心を奪われて誤解しちゃうじゃない」ズイッ

佐天「え……ってちょっと御坂さん!?」カァァ



26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 20:19:57.14 ID:tmP//J390


美琴「努力もしないくせにレベルアッパーなんて使って、恥ずかしくないの?」

佐天「え……」


美琴「バストアッパーまで使ったんじゃないの、なによこれ」モミッ

佐天「えっ……御坂さ…ひゃんっ」ビクッ



30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 20:31:13.39 ID:tmP//J390


美琴「やろうと思えばレベル0だって体を鍛えたりできるのになにもせずにスキルアウトに襲われて、何がしたいの?」モミモミモミ

佐天「えっ……ッ//」


美琴「こんなに可愛いんだから自覚しなさいよね、危ないんだから」モミモミモミ

佐天「えっ…//っ…!//」



32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 20:35:27.75 ID:tmP//J390


美琴「第一襲われるような所に…」モミモミ

佐天「あッ、ぁの…御坂さん」

美琴「なによ?」モミモミ

佐天「スキル…っ…アウト、どころか…、現在進行形でっ…襲われてる…んっ…ですが…っ」

美琴「……佐天さんは「えっ…」だけ繰り返してなさい」モミモミ

佐天「あのっ…」

美琴「いい?」ビリッ

佐天「あぁぁあッ…!!」ビクビクビク

美琴「思ったより敏感ね…」



39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 20:45:19.23 ID:tmP//J390


美琴「第一襲われるような所に行くのがおかしいのよ、無能力者です襲ってくださいって言ってるようなものでしょ」モミモミ

佐天「えっ…んっ…!」ビクッ


美琴「みんな佐天さんを大切に思ってるんだからそういうことしちゃダメなのよ、みんな悲しむわよ」ピリッ

佐天「えっ……ぁぁんッ!」ビクビクッ



40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 20:49:59.82 ID:tmP//J390


美琴「レベルアッパーっていう反則をしてるのに喜んで、小学生がゲームで裏技の反則をして喜んでるのと同じレベルよ」モミモミ

佐天「えっ……っ…!」ピクッ


美琴「その喜びを見てたら佐天さんは今まで辛くて、それでも頑張ってたってよく分かったわよ、偉い子ね」モミモミ

佐天「えっ……ぁうっ…」ピクッ



42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 20:53:03.71 ID:tmP//J390


美琴「……」

佐天「…はぁ……はぁ……」ピクッ

美琴「……」

佐天「……はぁ……」ピクッ


美琴「…佐天さんのあれのせいで私のスカートまでぐちゃぐちゃに濡れちゃったんだけど…」

佐天「……はぁ…」ボーーー



45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 20:58:38.66 ID:tmP//J390


美琴「このっ」モミモミモミモミ

佐天「ひゃっ」ビクッ

美琴「えいっ」ビリビリビリ

佐天「あぁぁぁぁあんっ!!!」ビクビクビクッ

美琴「たぁっ」モミモミモミモミ

佐天「あぁぁ…んッ」ビクッ

美琴「とうっ」ビリビリビリビリ

佐天「…あぁッ…!!……ッ!!」ビクッ!!


美琴「まだっ!」モミモミ

佐天「…………」ビクッ

美琴「…あれ?」モミモミ



48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 21:00:31.41 ID:tmP//J390


美琴「…おーい」モミモミ

佐天「……」ビクッ

美琴「…佐天さーん?」モミモミ

佐天「……」ビクッ



美琴「やりすぎちゃったか」

美琴「…こうなったら」



49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 21:05:31.96 ID:tmP//J390


美琴「起きて佐天さん!」ビリビリビリ

佐天「ッ…ぁぁぁあんッ!!」ビクビクッ

美琴「…意識戻った?」

佐天「……はぁ…はぁ……」ボーーーー



美琴「…戻ったみたいね。今日はあと9回気を失うまでいくわよ」モミモミ

佐天「…ぁっ……んッ……」ビクッ

美琴「可愛い無能力者の佐天さん」ビリビリ

佐天「あっ…ッ!!」ビクッ



50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 21:08:18.67 ID:tmP//J390


美琴「これ私のスカート濡らしてるのってなんなの、佐天さん?この年になってオムツが必要?」モミモミ

佐天「…っ……」ビクッ


美琴「これはお漏らしじゃないから恥ずかしくはないのよ、大丈夫よ佐天さん」ビリビリ

佐天「……っ!!」ビクビクッ



51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 21:09:04.85 ID:tmP//J390


たぶん美琴が疲れるか飽きるまで無限ループなので


今度こそ終わり



52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 21:10:48.31 ID:O107/dIc0


あのさぁ・・・


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 21:19:58.32 ID:O107/dIc0


おうあくしろよ


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 21:36:32.55 ID:NxNs91Cb0


美琴「ほら、もっと声出してもいいのよ?」

佐天「…てください」

美琴「ん?何か言った?」

バシッ

佐天「やめてください!」



69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 21:39:58.58 ID:NxNs91Cb0


佐天「どうしてこんなことするんですか!?」

美琴「……」

佐天「御坂さんのこと友達だと思ってたのに…ひどいです!」

美琴「…ふうん、抵抗しちゃうんだ」

佐天「な、なんですか…?」



71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 21:45:08.86 ID:NxNs91Cb0


バチバチッ!!

佐天「きゃああああ!!」

美琴「全身痺れて動けないでしょ?」

佐天「う…あ……」

美琴「大人しくしてればもっと優しくしてあげたのに、もう手加減してあげない」


美琴「佐天さんのこと、私の玩具にしてあげる」



73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 21:50:26.30 ID:NxNs91Cb0


グチュッ!

佐天「あ…!」

美琴「あら、もうパンツの中ぐちゃぐちゃね」

佐天「それは御坂さんが…ひっ!?」

美琴「そうね、佐天さんは女友達に無理やり胸揉まれて電気流されて気絶しちゃったのよね」グチュグチュ

佐天「んんっ…!」

美琴「佐天さん、淫乱なのね」

佐天「ち、ちがっ…」



74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 21:57:13.14 ID:NxNs91Cb0


美琴「何が違うの?」ビリッ

佐天「ああああああっ!!」

美琴「ほら、電気流されるの好きなんでしょ?」

佐天「んあっ…!やめて…これ以上されたら…」

美琴「イッちゃうんでしょ?そんなこと分かってるわよ」ビリッ

佐天「んああああ!…?あれ…?」

美琴「どうしたの?やめて欲しかったんでしょ?」



76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 22:02:27.93 ID:NxNs91Cb0


佐天「うっ…」

美琴「ま、やめてあげないけどね」ビリビリッ

佐天「ああっ!!ダメ…!今度こそイキ…」

美琴「はい、ストップ」

佐天「はっ…はっ…」ビクビク

美琴「どうしたの?そんな顔して」

佐天「み、御坂…さん」

美琴「なあに?」

佐天「お願いします…!最後まで…気持ちよくしてください!」

美琴「……」

佐天「もう、我慢できないんです…」



78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 22:10:33.30 ID:NxNs91Cb0


美琴「やっぱり淫乱だったじゃない」

佐天「もう淫乱でいいですからぁ…はやく…」

美琴「……」ビリッ

佐天「ああああっ!イクッ!」

美琴「佐天さん、何か勘違いしてない?」ピタッ

佐天「え…?なんで…やめちゃうんですか…?」ハァハァ

美琴「おねだりすればイカせてもらえると思ってるみたいだけど、私は切なそうにしてる佐天さんを見ていたいの」

佐天「そんな…嫌です!イカせてくださいっ!お願いします!」

美琴「ダメよ。言ったでしょ?『玩具にしてあげる』って」

美琴「玩具をどう扱おうと私の自由よ」

佐天「い…やあ…」ポロポロ



79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 22:12:39.15 ID:NxNs91Cb0


美琴「あら、泣いちゃった」

佐天「ひっく…気持ちよくして…」グスッ

美琴「そんな顔しても興奮するだけよ」

美琴「ほら、もっともっと焦らしてあげる」

佐天「いやああああああ!!」



83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 22:24:32.89 ID:NxNs91Cb0


~数時間後~

佐天「ひっ…ひっ…」ビクビクッ

美琴「もう汗と愛液で全身びしょ濡れね」クスッ

佐天「もう…イカせてえ…」

美琴「そうね…そろそろ切なそうな顔も見飽きてきたしイカせてあげてもいいわよ?」

佐天「ほんとう…?嘘じゃないですか…?」

美琴「ええ、本当よ。ただし…」

佐天「…?」



84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 22:27:22.67 ID:NxNs91Cb0


美琴「イカせて欲しかったら、一生私の玩具になってもらうわ」

佐天「え…?」

美琴「いつでもどこでも私に電気を流されたり胸を揉まれてイッちゃうの」

佐天「そんなの無理に決まっ…ひっ!?」

美琴「佐天さんの体は私の玩具になりたがってるみたいだけど?」グチュ

佐天「あんっ!んっ!」

美琴「もう我慢できないんでしょ?散々焦らされたからすぐイキたいんでしょ?」

佐天「う…あ…」

美琴「返事もまともにできないのかしら?」ビリッ

佐天「んひっ!?ひゃ、ひゃい!」

美琴「ほら、なんて言うの?」

佐天「…にしてください」

美琴「聞こえない」



88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 22:32:01.51 ID:NxNs91Cb0


佐天「御坂さんの!玩具にして下さい!!もうイカせてくださいっ!!」

美琴「よくできました」ビリビリッ

佐天「あああああああああっ!!」

美琴「ほら!クリに電流流されてイッちゃいなさい!」

佐天「イキます…!んああああ!!!」ビクビクッ

美琴「ようやくイけたわね?私の玩具の佐天さん?」

佐天「はぁ…はぁ…」



90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 22:39:53.68 ID:NxNs91Cb0


美琴「でもね」ビリッ

佐天「 えっ!?今イッたばっか…ああっ!!」

美琴「誰も一回でやめるなんて言ってないわよ?」

佐天「いやっ!いやあっ!またイッちゃうううう!!」ビクッ

美琴「もう二回目?随分早いわよ?流石淫乱ね」ビリビリッ

佐天「もう、無理っ!限界です!壊れちゃいます!」

美琴「壊れちゃえばいいじゃない。佐天さんは私の玩具なんだから、壊れたって誰も困らないわよ」クスクス

佐天「ああああああああああっ…」プツン



93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 22:46:29.05 ID:NxNs91Cb0


佐天「」

美琴「あら、気絶しちゃった」

バチィ!

佐天「ひっ!?」

美琴「おはよう、佐天さん」

佐天「もう…ゆるしてくださひ…」

美琴「玩具は黙って私に責められてればいいの」

美琴「それにさっき言ったでしょ?」

佐天「いや…」

美琴「『あと9回気を失うまでやる』ってあと8回よ」

佐天「いやあああああああ!!!」

美琴「ふふっ…めちゃくちゃに壊してあげる…」


美琴「嬉しいでしょ?私の玩具の佐天さん?」



99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 22:58:33.23 ID:NxNs91Cb0


あと7回やりたい人がいたら書いてください
正直ssとか初だから喘ぎ声のバリエーションと展開が枯渇したんです



100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 22:59:40.52 ID:GEKVVaSO0





101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 23:05:08.36 ID:ho7sK82n0


「あぁぁ……あぁぁぁぁ……」
 細長い声が響く。
 苦しそうな、哀しそうな響き。だがそれを浮かべる涙子の表情は、口元の緩んだ呆けたもの。
 四つん這い。全裸。
 後ろに突き出された丸い尻を、さらに後ろから両手で掴まれ。
 左右に開かれた秘部には、美琴の口元が埋まっている。
 すでに一度イかされてスライムよりも柔らかくなったそこを、散々に舐められ――いや、ねぶられているのだ。



102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 23:10:12.46 ID:ho7sK82n0


 喘ぎを吐く度に、持ち上がった顎先から涎が落ちる。
 口から唾液が漏れることを恥ずかしいとすらもう思えない。
 無理もないだろう。
 彼女の長い髪が広がった、涙子の背中。
 美琴の口元が動くごとにフワフワと浮かぶ黒髪一筋一筋は、涙子の身体に微細な電流が走っていることを意味していた。
 人体の中で自由に動かせる粘膜である舌から、秘所の割れ目にある粘膜に対して、電気は直接流し込まれている。
 美琴の繊細な演算制御によって、性感神経をピンポイントに刺激しているのだ。



106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 23:15:40.03 ID:ho7sK82n0


「あっ、あぅっ、ひあっ、んんんっ!」
 あまりの快感に尻を前に逃がそうとする涙子。
 しかし、ただ鷲掴みにされたのではなく、両太ももの内側から差し込まれた美琴の両腕が、腰の外側を通ってから尻を押さえつけている。
 舌が秘所から離れる余地はなく、逆に自分の動きによって前後運動が加えられただけだった。
「んっ、ちゅ、んんっ……ちゅるっ……」
 美琴は白桃のような丸みに一心に舌を躍らせる。
 熱く生臭い性臭が鼻をつき、味も粘性も濃い液体が舌を通って口内に。
 そして文字通り目の前に見えるのは、綺麗な形をした、ココア色の窄まり。
 美琴が、弓のようにその両目をしなられた。
 笑ったのだ。
 



107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 23:21:55.28 ID:ho7sK82n0


「ひあっ、ああっ、ああああっ!?」
 ひときわ高い声があがる。
 流し込まれる電気が、その質をさらに研ぎ澄ませたのだ。
 神経を直接焼くように、しかし決して痛みにはならないように。
 美琴は涙子の生体電流を完全に把握しながら、気を失わず、心を壊さないギリギリまで快感の電気を送り続けた。
「ああうっ、ひぅっ、あっ、だめっ、だめぇっ!」
 舌の動きに比例して、涙子は顔を左右に振った。
 本能は極大の快楽を畏れている。
 しかし、
「あっ……あっ、あっ、あっ、あっ」
 その尻もまた、左右に振られている。逃げていない。
 むしろ腕を伸ばし、美琴の顔に押し付けるような、そんな動きに変わっていた。
 



110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 23:28:01.05 ID:ho7sK82n0


「あああああっ! ひあああっ! も、もうっ! もう私っ!」
 全身がガクガクと震え始める。
 快感の水面はもう涙子というコップから溢れかえりそうになっており――そして、少女はそれを拒否も忌避もする思考が、残っていなかった。
「イクっ! またっ! またイきますっ! あああっ!」
 じゅるるっ、と音が響く。
 すする音。その隙間に、微かな電流の音。
「!」
 涙子が仰け反った。
 両手を突っ張り、背筋を限界まで反らし、そして、
「あーっ! イクぅーッ!」
 秘所の入り口にまで侵入した美琴の舌先を締め付けながら、大きく、甘く、絶叫し。
 絶頂した。



111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 23:29:06.73 ID:ho7sK82n0


あと6回。
次の方、いればどうぞ。



115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 23:33:01.32 ID:jzpNX9Vt0


リレーSSって面白いな


119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 23:58:32.58 ID:rUBO33X1O


書いた人たちおつ


120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/28(火) 00:09:02.05 ID:ByczgpkI0





関連記事
[ 2013/05/28 19:30 ] とあるSS | コメント(4)

あと6回分はどこですかねぇ・・・
[ 2013/05/28 22:46 ] [ 編集 ]

残りも早くお願いします。そろそろ風引いちゃいます。
[ 2013/05/29 00:16 ] [ 編集 ]

ん?
んん?
続きはどこかな?
[ 2013/05/29 00:25 ] [ 編集 ]

電気ってすごい
[ 2013/06/04 03:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/2819-2a65ac70


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ