スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

まどか「ほむらちゃん、あ、あのね、私、……」

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03(月) 23:14:13.14 ID:fL6O5/pR0


まどか(うう……今日もほむらちゃんに告白できなかった、いつも失敗しちゃうよ……)

まどか(わたしってダメなのかな……)

まどか(……いや!ここであきらめちゃだめ!今日こそはほむらちゃんに告白するよ!)

まどか(そのための作戦は>>8だよ!)





8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03(月) 23:15:33.76 ID:VVEq2BeP0


歌う


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03(月) 23:22:07.41 ID:fL6O5/pR0


まどか(歌うんだよ!愛を!ほむらちゃんへの愛を!ほむらちゃんへの愛が詰まったラブソングを!)

まどか「そうと決まったら行動だよ!」

さやか「うおっ!まどかったらいきなりどうしたのさ!」

まどか「さやかちゃん!ちょうどいいところに!頼みたいことがあるんだよ!」

さやか「おおう、私の嫁が今日はいつになくハイテンション、いったいなんだよ」

まどか「CD貸して!さやかちゃんが持ってるの全部!」

さやか「……え?」



15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03(月) 23:29:55.22 ID:fL6O5/pR0


まどほーむ

まどか「うう……さやかちゃんに理由話したら大笑いされちゃったよ……でもおかげで流行のCDを借りることが出来たし、早速これを参考にしながらラブソングを作っちゃうよ!」

キュプッ

QB「やあまどか、何をしているんだい?」

まどか「あっ!QB!実はかくかくしかじかなんだよ!」

QB「ふむ、ほむらへのラブソングか、それで君は流行の歌を聞いてそれを参考にそれを作ろうとしている」

まどか「うん!」

QB「でもさ、それっておかしくないかい?」

まどか「えっ?」



21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03(月) 23:37:24.80 ID:fL6O5/pR0


QB「僕には分からないけど君のほむらへの恋心はそこらにある歌をまねるだけで伝えることができるのかい?」

まどか「あ……」

QB「君たちにはそれぞれの感情がある、それならば恋という感情の歌は他の恋を見て作るべきものなのかい?」

まどか「……」

QB「君が歌うべき歌は人をまねたものじゃなくて自分の心の中から出たものじゃないのかな?」

まどか「……うん!そうだね!ありがとうQB!」

QB「きゅっぷい」



26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03(月) 23:48:52.99 ID:fL6O5/pR0


次の日 屋上

ほむら「まどかこないわね」

さやか「おかしいなーここで待っていてくれって」

パッ!ゴウンゴウン!

ほむらさやか「「!?」」

ゴゴゴゴゴゴゴ

まどか「どうも、鹿目まどかでございます、女14才、ここまでの人生を送ってきました、時に振り返ることもあれば、時に明日を見ることの楽しみをしる、世界の懐の深さを知る毎日でございます、それでは聞いて下さい『恋の暁、要酒』」

さやかほむら(なんかはじまったーー!)



31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03(月) 23:59:20.45 ID:fL6O5/pR0


まどか「あな~たに~あえ~た~時~がすぎ~あな~たに~あえ~ない~時~もすぎ~」

さやか(え?なに?これ?ラブソング?演歌じゃん!)

まどか「かわした~約束~時~がすぎ~ただ~ともにいる~事だけがのこ~った~」

さやか(しかも重い!歌詞が重い!)

まどか「しずむ~たいようを~見ていただけの~時を~あらためて~すごしてみ~たいと~」

さやか(ああ、こんなんじゃほむらも……)

ほむら「衣装、随分凝っているわね、おそらく歌詞とあわせるためにあえて暖色と寒色を同時に使用してイメージがつたわりやすく……」

さやか「めっちゃ熱心にみてるー!」



38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 00:08:46.91 ID:q/sUZJFe0


中略

まどか「ああ~恋の暁~要酒~」

まどか「……ありがとうございました、ほむらちゃん、どうだった?」

ほむら「……まどか、あなた、まさか……」

まどか「……うん」

ほむら「演歌歌手になりたいのね!」

まどか「うん!……へ?」

ほむら「がんばって!全力で応援するわ!」

まどか「へ?いや、あの、ちが!」

ほむら「安心して!私がまどかのマネージャーになるわ!」

まどか「へ?ほむらちゃんがマネージャー?…………うん!私がんばるよ!」

ほむら「ええ!がんばりましょう!」

さやか「それでいいのか」



40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 00:11:02.46 ID:q/sUZJFe0


まどか(うう~失敗したよー)

まどか(でも今までよりは一歩前進だ!この調子でがんばろう!)

まどか(というわけで次の作戦は>>43だよ!)



43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 00:12:43.29 ID:ixlXJxSM0


一人暮らしのほむらちゃんのためにメイドさん大作戦


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 00:18:06.88 ID:q/sUZJFe0


まどか(ふむふむ、最近のとーきょーの喫茶店はどこもメイドさんがいるのがふつうなんだ)

まどか「はっ!これは使えるかも!」

さやか「うおっ!どうしたまどか?」

まどか「さやかちゃん!頼みたいことがあるの!」

さやか「いきなりなんさね」

まどか「ちょっと変身して脱いで変身して脱いでを繰り返して!」

さやか「へ?」



51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 00:27:08.02 ID:q/sUZJFe0


ほむほーむ

まどか(このさやかちゃんの魔法少女服をはぎ取っ……譲ってもらった物を繋ぎあわせてつくったメイド服で!)

ピンポーン

ととととと

ほむら「はーいってまどか!?どうしたの!?」

まどか「えへへっ!ほむらちゃんのお世話をしにきたんだよ!」

ほむら「ほ……ほみゅ?お世話って?」

まどか「えへへ、今日の私はほむらお嬢様のメイドさんなんだよ!」

ほむら「ほっほみゅ~~~!?」



56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 00:35:17.75 ID:q/sUZJFe0


まどか「それじゃあお世話を始めるよ」

ほむら「お世話ってなにをするの?」

まどか「まずはーおそうじ!……は全然ほこりがたまってないね」

ほむら「そもそも家具がないから」

まどか「じゃ、じゃあ洗濯!……も」

ほむら「制服しか着ないから……」

まどか「そ、それならお料理!」

ほむら「もうカロリーメイト鍋の準備が……」

まどか「全滅だよ!それよりもカロリーメイト鍋ってなに!?」

ほむら「お、おいしいから……」



61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 00:42:46.96 ID:q/sUZJFe0


まどか「うう……なにも出来ることがないよ……」

ほむら「……ねぇ、じゃあメイドさん、頼みたいことがあるの」

まどか「へっ!なに!?なにかな!?」

ほむら「少しの間だけでいいから……ひざまくらしながら私とお話してくれないかしら」

まどか「!!!うん!おやすいご用だよ!」

ほむら「ありがとう、またあとで、一緒にカロリーメイト鍋を食べましょうね」

まどか「それは断るよ」



66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 00:47:58.32 ID:q/sUZJFe0


まどほーむ

まどか「けっきょくそのあと二人でお昼寝しちゃったんだー」

QB「そうかい」

まどか「あとカロリーメイト鍋も予想以上においしくてね、まさかあのチーズが」

QB「ねえまどか、思うのだけど」

まどか「ん?なにかな?」

QB「今日のは別にメイドじゃなくても出来たことだよね、メイドで行ったのは無駄になったんじゃないのかな?」

まどか「………………!!?」



69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 00:51:11.80 ID:q/sUZJFe0


まどか(ほむらちゃん、相当のやり手だよ……まさかメイド攻撃がきかないなんて)

まどか(うう~何か方法はないかな~ほむらちゃんでもズッキュンなやつ)

まどか(そうだ!>>73とかどうかな!?)



73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 00:52:04.85 ID:/4IGz7q40


愛情たっぷり手作りお弁当


79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 00:57:29.72 ID:q/sUZJFe0


まどか「そうだ!お弁当!」

さやか「おおう!なに?忘れちゃったの?」

まどか「さやかちゃん!頼みたいことがあるの!」

さやか「……えっちなのはいやだよ」

まどか「おべんとうのつくりかた教えて!」



86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 01:07:20.74 ID:q/sUZJFe0


さやほーむ

さやか「いやーまどかが最悪のメシマズじゃなくて安心したよ!」

まどか「へ?ただきちんとレシピ通りに計って作っただけだよ?」

さやか「いやいや、何かいやな予感がしていたからさ、あとはどうやって渡すかだね」

まどか「あ……どうしよう……」

???「お困りのようだね!」

さやか「な!だれだ!」

???「僕は通りすがりのきゅっぷい仮面さ!」

まどか「きゅっぷい仮面!」

QB「さあ、これをあげよう!役立ててくれ!」

まどか「これは!」

さやか「イケてる女子のための雑誌!」

まどかさやか「「杏杏!」」



88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 01:19:44.33 ID:q/sUZJFe0


翌日 昼休み 屋上

ほむら「カロリーメイトはおいしいわね……」

段ボールまどか「こちらあるふぁ、ターゲットはこちらには気づいていないようですおーばー」

段ボールさやか「こちらべーた、当然!杏杏特集の『必須!河川敷で暮らす際の段ボールスキル特集』に乗ってたもん!」

まどか「それじゃあいくよ!」

さやか「ゴー!」

ササササササササ!!!!

まどか(重要なのは100%確実にブツをターゲットにとどけること!そのためには相手に気づかれず鞄にねじ込む!)

さやか「いけっ!そこだっ!」

スッ

まどか(ミッションコンプリートだよ!)

さやか「ナイスだまどか!」



92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 01:23:56.34 ID:q/sUZJFe0




まどか「……よく考えたら」

QB「……うん」

まどか「ほむらちゃんの鞄に入れたところでほむらちゃんには私が作ったってわからないよね」

QB「……そうだね」

まどか「……なにしてんだろ、私……」

そのころ ほむほーむ

ほむら「さて、明日の支度を……あら?」



94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 01:30:45.66 ID:q/sUZJFe0


次の朝

まどか「……おはよう」

さやか「おおう、しずんでるなあ」

まどか「うん、だって、作戦がしっぱ……」

ほむら「ねえ、まどか」

まどか「え?ほむらちゃん?」

ほむら「おべんとう、とってもおいしかったわ」

まどか「へ?なんで……?」

ほむら「ふふっ分かるわよ、まどかの作ったおべんとうだもの、でも次からはちゃんと手渡しで渡してくれるとうれしいわ」

まどか「……うんっ!」

さやか(あ、元気になった)



97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 01:33:16.35 ID:q/sUZJFe0


まどか(やったっ!作戦大成功!)

まどか(ここで一気にいっちゃいたいな!そのための作戦は>>100!)



100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 01:34:43.65 ID:IqZ2T5430


学校での身体測定のときに二人とも上半身裸でスキンシップ


101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 01:35:43.74 ID:/4IGz7q40


一気にいきすぎだろ…


105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 01:42:04.78 ID:q/sUZJFe0


まどか(え、えっちなのもとってもいいとおもいます!)ムフー!

さやか「おーい、まどかー顔真っ赤にして何考えてるんだよー」

まどか「さやかちゃん!教えてほしいことがあるの!」

さやか「いやな予感しかしないけど聞いてあげよう」

まどか「身体測定で上半身裸にするにはどうしたらいいかな!?」

さやか「しらねぇよ!」



108 :ねおちしたらすまん 2013/06/04(火) 01:53:03.74 ID:q/sUZJFe0


まどか(ううう……よく考えたらうちの身体測定は体操服だよ……どうしよう)

ほむら「まどか、身体測定に行きましょう、身体測定は保険室よ?」

まどか「う、うん……いこっか」

ほむら「まどか?大丈夫?」

まどか「うん、大丈夫……きゃっ!」

バッシャーン!!!

まどか「ご、ごめんなさい!大丈夫?」

ほむら「ええ、幸いにも体操服が塗れただけですんだわ、着替えないと……ほら、まどか、いきましょう」

まどか「あ、うん」



116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 02:13:50.92 ID:q/sUZJFe0


まどか「ご、ごめんなさい、私のせいで」

ほむら「本当に気にしてないから気にしないで、先生にいえば上半身は制服でも許してくれるわ」

シュルル

まどか「ふぇ!?ほむらちゃんどうしたの?」

ほむら「へ?体操服を脱いでいるのよ?」

まどか「そうじゃなくておなかの怪我のことだよ!」

ほむら「ああ、魔女と戦ったときについた物だけど軽傷だから放っておいたのよ」

まどか「そんなのだめだよ!ほら!傷ポーチあるから見せて」

ほむら「ほむっ!?そ、それは少し恥ずかしいわ」

まどか「いいからお腹出して」

ほむら「え、ええ」



118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 02:19:04.32 ID:q/sUZJFe0


まどか「よく見るとちっちゃち傷がたくさんあるね」

ほむら「……いちいち癒すと魔力の無駄だから」

まどか「だめだよ、そんなことしちゃ、ほむらちゃんだって女の子なんだよ?」

ほむら「……ありがとう、まどか、でも大丈夫だから」

まどか「……むー、ほむらちゃんの、ほむらちゃんの」

ほむら「?」

まどか「ほむらちゃんのバカー!コチョコチョコチョコチョ!!!!」



119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 02:28:18.46 ID:q/sUZJFe0


ほむら「ちょっ!ふふふっ!あははははははっ!あははははっ!やめてぇ~まどかぁ~!」

まどか「やめないよ!ほむらちゃんが自分を大切にするって約束するまで!」

ほむら「あははははっ!わかったかりゃ!たしゃけてぇ~」

まどか「ほんとうに?」

ほむら「ほんとうだかりゃ~」

まどか「じゃあ放すよ!」

ほむら「はあっはあっ!くっ!」

まどか「いい?ほむらちゃんも美人さんなんだからもっときちんと……」

ほむら「……」

まどか「自分をもっと大切にしてもらわないと私が困っちゃうから…」

ほむら「隙アリっ!」

まどか「ふぇ?…あははははははは!ちょっと!ひゃめっ!ひょむらちゃん!あはははははは!」



121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 02:33:28.67 ID:q/sUZJFe0


まどか(うう~結局ほむらちゃんには逃げられちゃったよ……)

まどか(でも、ほむらちゃん、一見スマートでクールだけど、ほんとはとっても危なっかしくて)

まどか(だから、私がささえてあげられたらいいなって思ってしまうのでした)

まどか(……うん、この作戦でほむらちゃんに告白しよう)

まどか(最後の作戦は>>125だよ)



125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 02:42:00.78 ID:NTRcoBWZ0


裸リボン


128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 02:48:55.77 ID:q/sUZJFe0


まどか「……うん、ふつうの作戦なんて私には似合わないや」

さやか「ん?どうした?まどか?」

まどか「さやかちゃん、ほむらちゃんに告白したいから手伝って欲しいのだけど、だめかな?」

さやか「……ははっ!いいに決まってるじゃん、多分そこにいる白いのも同じだよ」

QB「きゅっぷい」

まどか「ふたりとも!ありがとう!じゃあ作戦スタートだよ!」

さやかQB「「おー!」」



132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 03:00:37.28 ID:q/sUZJFe0


ほむほーむ

ほむら「はあ……ただいま……ってえっ?」

ドンッ!

ほむら「……かなり大きなプレゼントボックスね」

ほむら「……みなかった事にしましょう」

プレゼントボックス「え?ちょっとまってよ!?」

ほむら「へ?まどか!?」ガサゴソ

パカッ

裸リボンまどか「ジャジャーン!」

ほむら「な、なんでそんな格好を!?あとなんでいるの?」

まどか「さやかちゃんに頼んで用意してもらった衣装がこれだったからと、QBがちょちょっとエントロビー操作して鍵を開けてくれたからだよ」

ほむら「え、ええー」



135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 03:11:48.69 ID:q/sUZJFe0


ほむら「美樹さやかのセンスにもおどろくしQBの軽さにも驚くわ」

まどか「うん、でも色っぽいから私は好きだな」

ほむら「まあ……似合ってはいるわね」

まどか「でしょでしょ?すこしえっちぃけどとっても可愛いんだ」

ほむら「そうね、とてもえっちぃけど可愛いわ」

まどか「いにちあしぶを取れたことだし、本題です」

ほむら「本題?」

まどか「今回はねっ、とっても大切なお話があるんだよ」

ほむら「?なにかしら?」



138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 03:14:06.13 ID:q/sUZJFe0


まどか「ほむらちゃん、あ、あのね、私、……」

まどか「ほむらちゃんのことが」

まどか「好きです」






139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 03:14:39.82 ID:q/sUZJFe0


眠い寝る
支援ありがとー



141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 03:17:06.90 ID:NTRcoBWZ0





144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 03:41:19.14 ID:j2tNudHl0


乙ほむ


150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 06:40:53.79 ID:uE5VvX7cO



スレタイに繋がったか



関連記事

最後もうちょっとだけでも続けようよ

でも全体のノリは好き!
[ 2013/06/06 21:52 ] [ 編集 ]

無事に告白できて良かったね
[ 2013/06/07 00:20 ] [ 編集 ]

裸リボンなまどかが見てみたいw
[ 2013/06/13 02:44 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/2841-6f0b39a1


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。